SFCで一人旅/修行

あまり更新しないブログですが、よろしくお願いします。m(_ _)m

全体表示

[ リスト ]

SSSSとは

昨日のファン限定記事に、僕のSSSSに当たったことがちょっと分かりづらいかなと
思うので、香港逃亡記の途中ですが、本日の記事は「SSSS」について説明させて
ください。

「SSSS」とは?

「SSSS」は「Secondary Security Screening Selection」(2次セキュリティ検査選択)
もしくは「Secondary Security Screening Selectee」(選ばれし者)の略です。それは
アメリカ空港しかありません。国内線には特に多いようです。

文字通り、保安検査のことですが、もし「SSSS 搭乗券」をググってみれば、いっぱい
出てきます。まず面白い定義を:

http://zhulin.blog.so-net.ne.jp/2006-04-30
「抽出された幸運な乗客は、米国の誇る最高レベルのセキュリティチェックを骨の髄まで
味わうことができるという、身に余る光栄が待っているのだ」

↑の説明である程度、どのぐらいヤバイことが分かるでしょうか?(笑)

普通なセキュリティチェックは金属、X線検査のみですが、SSSSに当たると、
保安検査場で別レーンに並んで、強化バージョンを受けます:

- 靴を脱ぎ、持ち込み手荷物に入ってるものが出されて、全てを一緒にX線+爆発物検査
- 体の爆発物調査(係員の手で調査か、機械など)

爆発物検査は丸い紙を使って、物の周りを拭いて機械で解析したり、人間がデカイ装置に
入って全身を検査したり(CTスキャンみたい)します。

時間は結構かかります。10分は最低限で、20分以上の場合もあります。

(公式な)選択条件:
- 片道の航空券しか持ってない人
- 監視リスト(watch list)に載られた人
- 無作為(ランダム)選択
- 航空券を購入する時、身分証明(IDやパスポート)を提出してない人

しかし、航空会社には選択権があるため、よく聞かれてることはGHさんとのやりとりや
対応する時など、嫌われたら、GHさんが搭乗券に「SSSS」付いたりすることもあるようです。

アジア、アフリカ、中東系の人は当たりやすいと言われてます。一度「SSSS」に当たったら、
次の搭乗でまた当たる可能性がすごく高いです。

よくないものばっかりみたいですが、人によってはいいことも:

- 搭乗時刻まで時間がなく、保安検査場は混んでるとき、GHさんが手書きで「SSSS」を
 付けて、航空会社の係員と一緒に保安検査場へ行って、特別レーンを利用したが、
 普通な保安検査を受けて、搭乗に間に合ったとか

- よく選ばれてることを知ってて、持ち込み手荷物がないようにして、一般の人より
 速く保安検査を済むとか

などなど…

ちなみにオンラインチェックインなどでプリントアウトした搭乗券では「SSSS」マークを
消せますが、搭乗するときは「SSSS」受けたマーク(☆型の穴やTSAのハンコなど)がないと、
搭乗できなく、保安検査場に戻り、特別検査を受けなければいけないです。

「SSSS」についての詳しい説明は:
Wiki(英語)ページ
(日本語Wikiには載ってません)

この記事に

閉じる コメント(10)

顔アイコン

で、何をやったんですか? 正直におじさんに話してごらん(爆)

2008/10/19(日) 午後 10:04 CollectionSuica 返信する

顔アイコン

要は手ぶらで行けばたいして困らないと。

2008/10/19(日) 午後 11:54 [ デューク ] 返信する

顔アイコン

アメリカにはこんなシステムもあるんですね…。
セキュリティが強化されているとはいえ、ランダムで決まるとは…(汗)。

2008/10/19(日) 午後 11:54 [ ear*h_7**_300 ] 返信する

顔アイコン

CSさん、

僕も分かりませ〜ん!(爆)

ホントですよ。可能性あることなら、多分パスポートの提出が
遅かったから?その他の話せることは何もあ・り・ま・せ・ん!(笑)

2008/10/20(月) 午後 8:06 [ こう ] 返信する

アバター

デュークさん、

いや、SSSSの検査は手ぶらでも、中々面倒ですよ。

クリーンルームに入る時にエアシャワーを浴びるようなことも
あって、僕はキライですね。^^;

2008/10/20(月) 午後 8:10 [ こう ] 返信する

アバター

アースさん、

随分前からありますが、911事件以後結構当たりやすくなってきます。

ランダムはまだいいですが、GHさんの好き嫌いでも付けられるのは…

2008/10/20(月) 午後 8:12 [ こう ] 返信する

顔アイコン

へぇ〜、SSSSとはそういうことでしたか。
改めてこの記事を見ると、絶対に当たりたくないなぁ〜
仮に当たってしまったら、自分も二度とアメリカに行きたくなくなるかも

2008/10/20(月) 午後 8:39 Atsushi 返信する

某航空会社の方に聞いたのですが、SSSSは表向きには「ランダム」と言っても、実際には、国籍、氏名、渡航履歴、航空券のルートなどのデータからコンピューターが総合的に分析して抽出しているそうです。特に「通常では考えられない旅程」で旅行をしていると引っかかる可能性が高くなります。例えば、0泊2日で日米を往復するとか、頻繁に入国を繰り返すとか、欧州から北米大陸経由で日本に向かうなどです。したがって、国際線でいわゆる修行をするとSSSSにあたる可能性が高くなってしまいます。また、頻繁に飛行するビジネスマンなどは、自分の飛行履歴を残さないためにマイルを貯めることはしないという話を聞いたことがあります。

2008/10/21(火) 午後 3:30 しらかば 返信する

アバター

Atsushiさん、

そうです。結構恐ろしいです。(笑)
僕の場合は軽めでした。詳しくは今度の記事で…

2008/10/21(火) 午後 9:26 [ こう ] 返信する

アバター

しらかばさん、

補足ありがとうございます。僕は説明不足でした。m(_ _)m

僕は最初からSSSSがランダムって、信じてません。(笑)
国籍、人種も選別に大きく左右します。特に中東系の人…

後はしらかばさんのおっしゃった通り、変則ルートは
SSSSが当たります。2つ空港で1日2回往復など、修行する行為で
あれば、ほぼ100%で当たるですね。

SSSSは国際線より、国内線のほうが多いようです。

2008/10/21(火) 午後 9:41 [ こう ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事