ここから本文です
koubejyunntarouのブログ
お山に行きましょう(^^)/

書庫全体表示

本日は、台風24号接近中ですが、家でのんびり−も飽きてきましたので、チョイと鬼婆様にお会いに? 摩耶山の婆谷ルンゼの様子を探りに出かけました。日曜日なのに道が、がら空き状態でした。
イメージ 1
天上寺のご住職さんに「その格好で、今からどこへ?」と尋ねられ
「ちょっと谷へ・・・」
「早めに帰って来なさいな・・・不審者と思われますよ。」
「不審者かぁ・・・」 誰も居ない オテル ド 摩耶 を通り過ぎ・・・
イメージ 2
日曜日なのに、人っ子一人居ない、摩耶山頂「掬星台」で、のびぃー。
イメージ 3
展望台デッキも 独り占め。まだ、風も雨も 台風を感じさせません。
イメージ 4
ああ、そうかぁ。公共交通機関は、ほとんどストップですよね。
イメージ 5
ロープウエイ君も、今日は「休暇」を取っております。
イメージ 6
今日は、ロープを使わずに老婆(ババ)谷(中俣ルンゼ)に入りますので、チェーンスパイクを装着しました。
イメージ 7
台風21号で、谷は荒れ放題です。本日の24号で、更に酷くなるのでしょうか・・・
イメージ 8
今日は、水源地が満水ですね。左岸を巻いて降りて行きましょう。
イメージ 9
倒木や枝が詰まっちゃってます。でも、チェーンスパイクを装着していますので、ぬめった倒木も踏みつけながら降りれますよ。
イメージ 10
もう、全身ドロドロに・・・・
イメージ 11
婆谷中俣ルンゼの鬼婆の頭です。この下は切れてチョックストーン滝になっています
イメージ 12
鬼婆様の頭を踏んづけて、クラック沿いに降りました。岩が硬いのと、ガバホールドなので、見た目よりも難しくはなかったです。
イメージ 13
鬼婆様の頭がチョックストーンになっています。
イメージ 14
鬼婆様の頭よりも、ココの方がクライムダウンが難しそうです。行く? うん。
イメージ 15
水流の芯を狙って、挟まれながら下降します。昔は、ここは懸垂下降していましたが、懸垂下降ばかりに頼ると、いざロープが無い時のことを想定して、「稽古」を積んでおかないと・・・
イメージ 16
ココからは、斜度がキツイので背中のザックと足を使いながら、チムニー降りです。
イメージ 17
ふぅ、意外と濡れながらも水芯を狙う方が、降りやすいです。周りの岩はヌメッテいますので、そちらを下降する方が危ないです。
イメージ 18
バイバイ、鬼婆様!また、来まーす(^^)/
数年前にnさんとココに来た時は、「圧倒」されて高巻しましたが、今は、水芯を狙うと、思ったよりも簡単に登ったり下ったりすることができる!という事が判りました。
イメージ 19
それよりも、意外と難易度が高いのがココなのです。
イメージ 20
最初は、ハングしているので、水芯は無理です。右岸の危なっかしい岩場を正面降りで、クライムダウンしていきます。
限界に達したら、左岸にジャンプします。コレが、膝を傷めていますので、やや不安でしたっ。
イメージ 21
ほっ。無事ジャンプして着地に成功しました(^^)/ でも、膝がぁ・・・痛い!
イメージ 22
下から見たら、こういうルートの降り方です。後は水芯を降りていきます。
イメージ 23
げっ、コレもあるのを忘れていましたっ。でも、挟まって降りたらイケるでしょう。
イメージ 24
正面向きで挟まりながらズリズリと降りていきます。
イメージ 25
そのまま正面降りは、途中で無理になりますので、背面クライムダウンに変えます。
イメージ 26
ほい、何とか無事着地。しかし、自分がチョックストーンになったように降りてきますので、ダムのように水が溜まって全身びしょ濡れにはなっちゃいます。でも、水温が20℃近くありますので、寒くはないです。
イメージ 27
特にお尻やザックがびしょ濡れですぅ(^^)/
イメージ 28
痛っ! 出血大サービスの刑に処されましたっ(/ω\)
イメージ 29
また、こいつにやられたかっ・・・「ハリギリ」という樹木です。何故にココまでも尖がって生きているのでしょう・・・。
まるで、サメの歯みたいです。
イメージ 30
お花。
イメージ 31
秋です。マロンブッセの気持ち。
イメージ 32
ダム君、本日は大泣き?しています。
イメージ 33
おやくそく。 レッツリンボー。ちと 角度がエグイかっ。ピシっ。痛っ。
イメージ 34
中高年は、ストレッチしながら谷を下りますっ。(ホンマかいな)
イメージ 35
振り返ると、綺麗なナメ滝です。しばしの癒しですね。
イメージ 36
はい、中俣大滝(勝手に命名)に着きました。ここもフリーで降りれますが、せっかく補助のホムセンロープとエイト環も 持参していますので、懸垂下降で降りる「稽古」をしてみます。
イメージ 37
「懸垂下降」は、準備&後片付けをするのに時間を取られますが、クライムダウンよりかは、「安全」に降りられますね。
イメージ 38
中俣大滝は、ひな壇状になっていますので、簡単にシャワーClimbingできますね。ただ、高さが8mほどありますので、油断のスリップに注意です。
イメージ 39
さて、今度はこの二股を右に取ります。婆谷右俣に入ります。ここからは、下りでなく、登りに変わります。
イメージ 40
直に「右俣大滝」(勝手に命名)が直に現れます。高さは12〜13mはあります。右岸を高巻できますが、ここも水芯を狙います。所謂「直登」です。
イメージ 41
最初の下段チムニーを登るのですが、濡れるのは必至ですねー。
イメージ 42
足裏 膝 尻 肩 肘 ザック 何でもいいから、フリクションを稼いでのチムニー登りで、下段はOK(^^)/
イメージ 43
ひぃえー、袖からいっぱい水が浸入して来ましたっ。高さと斜度はありますが、ここでひるんではダメです。って言うか、ホールドやスタンスがしっかりしていますので、見た目よりも簡単です。
イメージ 44
ほい、滝口に登り詰めました(^^)/
イメージ 45
ガンバレ、中高年の自分・・・でも、しんどいですっ。馬力がなくなってますねー。
イメージ 46
この岩に腰かけて休もうと思ったら・・・なんか書いていますよ。
イメージ 47
「大乗院」・・・コレは、この上の焼失してしまった、旧天上寺から流れ落ちてきた人工岩ですね・・・。
イメージ 48
ダムの左岸に挑戦も、敢え無くこの掴んだ木と共に落ちてしまい、敗退ですっ。
やはり、右岸かぁ。
イメージ 49
自然の滝より面倒な 砂防ダムですっ。
イメージ 50
おおっ、やっと詰めの石垣が見えてきました・・・。なんだろう、この急斜面で体力が一気になくなりました。日曜の登山は、気持ち的に疲れますねっ💦

画像が50枚を超えたので、ストップがかかりました。

後半は、また 明日にでも掲載します。

最後まで目を通していただき ありがとうございました。

台風は、徐々に神戸に近づいてきましたが、先の21号よりは、雨風はマシです。
どうか、皆様の地域で災害が起きませんように。

  • 住職の不審者扱いが…苦笑。
    危ないですよ。とか、遭難しますよ。とかじゃないんですね。笑笑
    台風で、我が家のそばで土砂崩れで、主要国道と鉄道線路が巻き込まれ、通行止。
    明日からの通勤に大打撃!!
    しかも、いつ回復かも未定。
    我が家も交通手段が…まぁ…車はありますが。そちらも被害がないこと祈ります。

    [ あゆくま ]

    2018/9/30(日) 午後 8:37

    返信する
  • 顔アイコン

    今のところ大阪も先日の台風よりは風が弱いです。台風の左側にいるせいでしょうか?
    車に何かぶつかるのが嫌なので。近くのスーパーの立体駐車場に避難させました。明日の朝、駐車料金を払って取ってきます。

    ヨー君

    2018/9/30(日) 午後 9:23

    返信する
  • 顔アイコン

    > あゆくまさん こんばんは。
    台風被害大変ですね。
    こちらは、前回みたいなことはなく、もうそよ風です。雨も普通の雨の日?くらい。
    21号が強烈過ぎたので、今回は小さな嵐くらいで済みました。
    でも、被害が出ている地域もあるので、明日の朝にならないと詳細は分からないですね。
    交通網遮断大変でしょうが、国道なら直に手をつけてくれますので、いましばらくの辛抱です。

    住職に「不審者」と見られたのは、仕方ないですかね(笑)

    koubejyunntarou

    2018/9/30(日) 午後 10:44

    返信する
  • 顔アイコン

    > ヨー君さん こんばんは。
    神戸も大したことなく、もう風も雨も止んでいます。この前の21号が強烈過ぎましたね。
    えっ! そういう裏技があったのですか・・・まぁ、モノが飛んできて車が凹んだら数万円で済みませんからね。駐車代など知れたものですね。
    石垣、ヌメヌメで前より更に登れませんでしたよー(笑)

    koubejyunntarou

    2018/9/30(日) 午後 10:48

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事