ここから本文です
koubejyunntarouのブログ
お山に行きましょう(^^)/

書庫全体表示

槍ヶ岳は諦めて、35Lのザックにパンパンにテン泊装備を詰め込んで、「生野高原」のお山に出かけました。
ねらいは、だーれも居ない草原の山頂(杉山1088m)で、まったりとコーヒーを飲む?
では、お時間があれば、その 「まったり登山」レコをご覧ください。

イメージ 43
おーい。自衛隊のお兄さん・・・日本の為に頑張っているのは承知済みですが… 急に車線変更はダメですよぉー。💦 危うくぶつかる所でした(*_*) 
イメージ 1
紅葉前線は、標高300~500mまで降りてきています。実際にはもっと鮮やかでしたが、安物コンデジでは、再現できませんね。
イメージ 2
昇り竜? 植林を外れた尾根筋だけに 紅葉が観られます。(大峰309号からのコレは、もっと見事です)
イメージ 3
標高500mチョイ。山々は艶やかな錦に飾られていました。もう午後4時前。登山口がよく判らないので焦ります。
イメージ 4
と、言いながらも、峠にある「草置城」の道標に導かれ・・・車を止めて、えっちらほ。・・・えっ? これ お城ですかぁ?
イメージ 5
千町ヶ峰(1141m)の前峰がまだまだ 綺麗に色づいていました。
イメージ 6
左側は、紅葉しているのに右側は、既に落葉しています。何故に? 日当たりの関係かなぁ?
イメージ 7
黄葉のお山の上、飛行機雲がクロスしていました。ココは標高650m程です。
イメージ 8
午後4時30分。やっとこさ登山口に着きました。途中、物凄い悪路(掘れ込んだ砂利道)を通り、スタッドレスでしたので、何とかカペラでも 登りきることができましたが、スタック寸前でした(*_*) 舗装路に飛び出して「ほっ」

しかし、35Lのザックにテントや銀マットに補助ロープ等は、外付けにして本日は、水も入れていますので18kgですっ。
イメージ 9
では、久々の一般ハイキングコースを まったりと登って来まーす。ってか もうじき、日暮れちゃいますがっ💦
イメージ 11
展望デッキがありましたが、なんも見えません(笑)
イメージ 12
「岩塊流」保護の為に、直進はできません。この地帯に入らないように登山道はロープでずっと仕切られています。
イメージ 10
「岩塊流」のひとつ。(くじら岩)です。
うーん・・・大峰や台高の沢の詰めや、六甲のバリ沢の詰めの方がもっと「岩塊流」なのですが・・・。ここは、ハイキング道なので、多くの人が訪れますので、岩の苔とかが痛むからでしょうね。
イメージ 13
ロープ越しに見た「岩塊流」です。日本庭園風ですが、そないに珍しいとは思えないのですが・・・。
イメージ 14
「林塊流?」(笑) こっちの方が 素敵に見えますよ(^^)/ でも、もう陽は落ちてヘッデン準備です。(カメラは、露出を上げていますので明るく見えますがっ)
イメージ 15
今夜は、三日月ですねー。真っ暗になりました。稜線から洛陽を見るつもりだったのに、ナイトハイクですよー(/ω\)
イメージ 16
テン泊にふさわしい落ち葉に埋もれた平坦地を見つけました。ふぅ、ココでもうテントを張るかなぁ・・・
「おいおい、草原の山頂から ご来光を見るんじゃなかったのかいなっ!」
と また厳しいお方が出てきます。
もう、ゆっくりしたいけど・・・
やっぱり 山頂を目指します。因みにこのコースは来たことがありませんので、ちとナイトハイクは不安です。
イメージ 17
「山上庭園?」 そんなにいいモノなのか?
富士山にも「お庭」って言うモノがありますが・・・。しかし、暗くてよく判りません。
イメージ 18
ヘッデンで見る限り、フツーの稜線なのですが・・・明るくなると綺麗な所なのでしょうね。
イメージ 19
道を左に外れるように「竹田城」と矢印がありました。
あの、日本のマチュピチュ? 「竹田城跡」が見られるのか?
イメージ 20
雲海(実は谷霧)で名高い「竹田城跡」
イメージ 21
アレかなぁ? 山上の城跡ライトアップみたいですね。でも、ココは明るければナイスビュースポットみたいです。
イメージ 22
落ち葉ラッセルです。落ち葉が堆積して、道が埋もれてよく判りませんが、赤テープが要所に貼られていて助かりました。
イメージ 23
右⇒?←左? もうちょっとパワーのあるヘッデンが欲しいですっ。
イメージ 24

おおっ、やっとこさ 縦走路から離れる 杉山分岐点に来ましたよー(^^)/ ほっ。
イメージ 25
馬酔木? 何だか夜に見るとクリスマスツリーみたいです。
イメージ 26
あそこがピークかぁ? 登山道を外れて「直登」で急いで登りますっ。
イメージ 27
やったぁ! 登山口から2時間もかかって・・・(途中迷う)(休む)登頂です!
イメージ 28
山頂の草原にテントを張りました。左上の光は三日月です。 頭上は、満天の星ですが、コンデジでは捉えられません。
めっちゃ、綺麗ですよ(^^)/ 来て よかったぁ。
イメージ 29
カップ焼きそば「モッチッチ」が今夜のディナー(笑)。山飯が流行っているのに、いつもカップ麺やパンばっかりです(/ω\) まぁ、コマメじゃない性格ですし・・・。
イメージ 30
テントの入り口は東に向けました。ほい、ご来光をテントの中から見る?セコイ考えです。
そんな ご来光を期待しての 「ココア」ですっ。
あー、うんまい! 風も無く、無音の世界です。
時折、「ぴぃーっ」と悲しげに鳴く鹿さんの声が、こだましていますが。
イメージ 31
シマムラのダウン(2980円)も 暖かいですよー(笑) 気温は、6度前後。思ったほど寒くはありません。
イメージ 32
では、東に向いている入り口から ご来光が見られますように・・・・おやすみなさい。(自宅出発時に見た天気予報では、明日は曇り時々小雨)
ケータイの電波も入りませんし、スマホも持ってませんので、その後の情報は一切ありません(笑) 晴れるもん! 山男の勘じゃぁあああ!(笑)
イメージ 33
おはようございます。6時間も寝ましたよ(^^)/
起きた時、自宅の布団と間違えて 目覚ましのスイッチを切ろうとしたほど、まったりと眠れました(厳冬期用シュラフ イスカ850 -25℃まで耐えれる仕様)

朝は、ホットドックとコーヒーの気持ち。
さてと・・・ご来光を拝みますかっ。
イメージ 34
「げっ!」 曇ってますがなぁ・・・あちゃー。
草原の山から ご来光を見ながら コーヒーを飲む! の 目的がぁ・・・(/ω\)
イメージ 35
真上を見上げますと、星が出ています。あっ、流れ星が一つ、ぴゅーんと・・・・
願い事 言うヒマなしっ(笑)
イメージ 36
おおっ、宵の明星・・・雲の中から金星が現れましたっ。
頼むっ! あの空の隙間の空間から 太陽くん! 待ってます( `ー´)ノ
イメージ 37
来い! ずっと待っているオジサンの為に たのんますっ。
イメージ 38
今日登る予定の段ヶ峰の稜線も染まって来ました。荘厳です。
イメージ 39
ダメか・・・
イメージ 40
と、あきらめた瞬間に・・・・どうぞ+ボタンで拡大してみてください。
イメージ 41
来る。。。絶対に。
イメージ 42
キタ――(゚∀゚)――!! やったぁ!!!

この続きは、明日にでも レコします。
あきらめないこと
信じる事
♪ I believe  in  future  信じてるぅ ♪

もう、何年前でしょうか・・・
暗くなっても みんなで歌うために 一本切れた弦で「ビリーブの放課後練習」
ついでに、クリスマス会に披露するための 何十年ぶりのエレキギター練習も・・・

今の時代は、もう こんなことは許されませんね。
今は職場にデジカメ持参は、厳禁されています。(スマホは良いのはおかしいですがっ)
学校の指定されたデジカメを借りる場合には、許可証を書かなければだめですし、画像を全て抹消して返却の予定日時とハンコをついて、やっとこさ使えます。また、SDカードも登録してあるモノでなければダメです。

何もかも ダメになった時代です。

昔が懐かしいなぁ・・・。

  • やっぱり、山を夜に1人で歩く勇気ないなー。向こうから誰か来るとか、後ろをずっと誰か付いてくるとか、私、ありそうだもん。笑笑。
    でもご来光は一度見てみたいなー。手を合わせたくなるものでしょうかね。
    そうそう、カメラ。小学校教師を途中でやめて跡を継いで園長になった
    うちの園長もデジカメシステム、そうしてました。でも、各クラスが違うのに足りない。それなら各クラスに一台買えや!と、思ってたけど。だから言うこと聞かない私は個人で。しかもプリントも決められたもの一台。たりるわけないやん!しかもみんな使うから故障率高すぎ!いつも使えない。そして、すぐ壊す!と、キレられる。それ、違うやろ。なーんてね。せこいよね。現場。

    [ あゆくま ]

    2018/11/13(火) 午前 7:33

  • 顔アイコン

    夜景の無い山は、星空が綺麗でした。流れ星も一つだけ見えましたよ。(^^)/
    教師がこどもを撮影できる時代ではなく、肖像権もありますので、今の時代は、学校HPやら広報でも下を向いて誰だかわからない写真などしか掲載できません。
    それは、この時代ですから仕方が無いですね。
    そうそう、現場は教育費が減らされる一方ですので、ほとんどの職員がポケットマネーで教材を買ったりしているのが実情ですね(/ω\)

    koubejyunntarou

    2018/11/14(水) 午後 10:09

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事