ここから本文です
koubejyunntarouのブログ
お山に行きましょう(^^)/

書庫全体表示

母親が 緊急入院との電話が・・・先ほどありました・・・。
正月にやっぱり DVD(激レアさん)を 観てもらうべきだった・・・か・・・。

ずっと ずっと 大人になってからも 母親には、心配ばかりをかけてきた。。。やんちゃを通り越したハチャメチャ次男坊の私。


役に立ったのは、あの震災のときぐらいかな・・・ 
おにぎり🍙をザックに満載し、峠を二つ超えて 自転車で駆け付けた時だけだったかもしれない。

傾いた家、ケガを負った父親。
避難先の中学校は 満員で入れない。

水もガスも電気もなにもない。第一、余震が続くので、傾いた家で過ごすわけにもいかない。
下からどんどん火災が広がってきた。
まだ夕暮れじゃないのに 西じゃなく南の空が黄昏ている。
火事だ・・・ものすごい火災だ。

くそっ。母親に負傷した父親に 妹をどうしたらいいのかっ!
余震が来るたびに 家が崩れる・・・
道端で こうして 立ちつくすしかないのか・・・
乗ってきた自転車なんか 何も役に立たない。

傾いてしまっている掘り込みの車庫・・・何とか強引にシャッターを上げた。
天井が落ち込み、親父の自慢の車の屋根とがくっついて、一体化していた。。
車が、掘り込みの車庫の崩落を 止めているようだ。

もう 悠長なことなど やってられない。
思い立ったら 無茶な行動でも 小さい時からやってしまう性格・・・

「おやじ・・・車のキーはどこや・・・」
「一階の事務室の・・・机の上にあると思う・・・」

窓ガラスなどもう 粉々になっているので 靴のまま事務室に入り込んで、キーを探す・・・「あった・・・」

「おやじ、車どうなるかわからんけど がまんせいやっ」

「お前・・・何をするんや・・・」

ドアが天井で圧迫されて 開かない・・・
けれど、そこは 火事場の馬鹿力。

ゴキッという 音を立てながらドアが開いた。
しかし、ドアはもう 閉まらない。

そんなんどうでもいい。エンジンを掛けてみる。
ジュルジュルじゅる・・・バボーン・・・
エンジンがかかった。

なんだろう・・・コレはどこかで観たようなシーン・・・
そっか デロリアン号・・・バックトゥザフューチャーというアメリカンな映画で、過去や未来に行ける車・・・

ガレージの天井が 崩落するのが早いのか、
脱出する車の方が速いのかっ!

行けっ、トヨタのオヤジデロリアン号。未来に向かって・・・
アクセルを強く踏んだ。
ガガガガガー
車の屋根が悲鳴を上げ、ガレージの天井も悲鳴を上げて ギャーッと耳をつんざくような金属音を発しながらも・・・車は、ガレージから飛び出したっ。

しかし、映画のように 脱出したとたんに掘り込みのガレージが崩壊し、家が崩れ落ちてくるシーンは無かったです。ガレージはまだ空間を維持していました。

大事なもんだけ 傾いた家から取り出して 着の身着のまま 母 父 妹を乗せた 屋根のひしゃげたドアが閉まらない おやじのデロリアン号は、大渋滞の中、何時間もかかって峠を越えて、我が家に着いた。

同じ神戸市でも 我が家は 一部損壊で済んでいたし、電気が通じていた。水道もまだ出ていました。(数日後に一滴もでなくなりましたがっ)

取りあえず、初めての親孝行だったかと思います・・・

それ以外は。。。親孝行したことないか・・・(ー_ー)!!

明日は、お山に行く予定でしたが、取りあえず 母親の様子を見に行きます。

人は何故? 何のために生きているのか?
私たちの世代は 今 親の介護で 疲れている人が多いです。

元気で長生きが 一番良いのですが
みんながみんな 健康を保ったままの 長寿国ではありません。

50-80問題 それが 60-90問題になってきています。

親の介護が終わったら直ぐに 自分が介護される歳になってきています・・・・

人生って何でしょう。

歳を取ることの 辛さ・・・親もそうですし 自分自身も 不安になります。

仕事でも山でも、普段の生活の中でも「老い」を最近感じています。

それと闘いながらもがきながら 受け入れながら 人は死を迎えるのですね。

その歳にならないと 判らないことが多いです。

私もそうでしたから・・・。

おやすみなさい。


  • 子供のいない私が言うのもなんですが…やんちゃでも、ワルでも…元気に健康に育ってくれたら、親は嬉しいと思います。
    まして、命がけで助けに来る。私の周りには、コンロに湯呑みを置いて、お湯を沸かそうとして火事になりかけたり、子供にはそばにいるのに頼れず、赤の他人の私たちにご飯を食べたい…と、痴呆になって電話を毎日かけてくるけど、息子は医者なのに知らんぷり…とか、そんなの、幸せか?と、思います。子供は、たくましいくらいが可愛いんです。

    [ あゆくま ]

    2019/1/5(土) 午前 9:57

  • 顔アイコン

    なかなかね。老後の問題は深刻ですね。
    両親が元気な時は良いのですが、いつの間にやら80や90で、定年がやっと終わったと同時に自微分の時間が 介護に取られる・・・

    幸せに大往生を迎える人ばかりだと良いのですが・・・
    子供たちも厳しい不況が続き、親の介護もままなるぬ。人生いつのんびりできるのぃーーーーー!

    koubejyunntarou

    2019/1/5(土) 午後 9:30

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事