ここから本文です
koubejyunntarouのブログ
お山に行きましょう(^^)/

書庫全体表示

近所の整形外科医院は、痛み止めと湿布薬&リハビリだけで、全然治りません。痛みは薬で少しマシになりましたが、痺れは酷くなる一方です。

そこで 大きな病院に行く時間もないので、通勤途中にあるMRIを設置した腰部脊柱管狭窄症に対応した医院に勤務時間後サービス残業をせずに 直ぐに向かいました。

イメージ 1
これが、そうか・・・MRI
しかし、予約制かぁ・・・。そりゃ直ぐに撮ってはくれないでしょうね。
イメージ 2
待合室の片隅に「パソコンを自由に・・・」とありましたので、見ようとしたらパスワードを求めて来ました。どっかに書いていないかなぁ?その辺を見てもありません。仕方がないので受付の方に聞くと、「はいはい」と出てきてくれて、パスワードを打ち込こんでくれました。
ネットに繋げたら、即フリーズ。マウスのアイコンも動きません。はぁ。。。
「すみません、パソコン固まりました・・・」と受付の方に聞くと、
「え・・・できるかなぁ・・・」とパソコンには弱そうですが、マウスをバンと叩きつけたら、矢印のアイコンが作動して・・・(笑) ネットにつながりました。
流石に整形外科は パソコンも荒治療???
イメージ 3
ふぅ、やっと自分のブログに到達した瞬間に、「〇〇さん」第一診察室にお入りください。とのアナウンスが・・・ありまっ。

そして、症状を言いますと、直ぐに
「脊椎管狭窄症」の疑いが大きいですね。時間ありますか? MRIを今から撮りますがいいですか?

えっ。予約なしで いきなり MRI?・・・思ってもみませんでしたので、びっくりしましたが
「はい。大丈夫です。」と 答えますと 直ぐにMRI室に案内されました。
イメージ 4
中で、着替えをします。ふぅー。
イメージ 5
こんな 青いズボンに履き替えました。

では、MRI撮影です。撮影技師は私より年配なようで 大丈夫かなぁ?でも、ここの医院は、なんだか皆さん ゆとりがありそうで 親切ですねぇ。

MRIも事前に問診票と検査承諾書を書かねばなりません。
イメージ 6

ぐぅいーと 機械が動き、目の前10㎝位に壁が来ます。問診票にあった「閉所恐怖症ですか?」との質問事項の意味が解りました。これ、かなり閉塞感がありますっ💦
まぁ、強風で支柱がズレて、目の前にツエルトの屋根部分が落ちてきて、顔面スレスレまで迫って来ている中で眠る感じと似ています。

ポン・・・ガガガガガ ブブブブブ ガンゴンガンゴン ガー まるで道路工事!
わざとスピーカーで鳴らしているのか?仕方なく機械から出る音なのか?判断しかねますが、もう少しこの音・・・静かにならないのでしょうか?
しかし、途中から ♪ぶっぶぶ ズーズー ぶぶぶぶ ズン♪ のリズミカルな拍子に変わりました。
どうせなら この音を楽しめぇー!
で、MRIの拍子にあわせて ラップを心の中で 作詞して このリズムに乗せました。

なんでこんなに うるさいの イェイ!
なんでこんなに 狭苦しいの イェイ!
まだなのか まだなのか 30分の検査は長いぜ ベイビー!

そんなことをやっていましたら、機械音が止まりました。
「はい、検査終了です。お疲れさまー!」

待合室で待つこと10分。再度呼ばれて診察室へ。

そこには 私の腰部分の画像が液晶画面にばっちりと映っていました。
「典型的な見事な脊椎管狭窄症ですね・・・」と Doctorに告げられました。
イメージ 7
この画像は、私のではありませんが、これとよく似ています。ただ、私はこの神経の束が2か所で絞られて 細くなっていました。

「手術しか治す方法はありませんか?」とDoctorに尋ねると、とても困った顔をしました。

「はい、最終的には手術になりますが、いきなりは、あまり薦めません。薬とブロック注射で 様子を見ていかれたらどうでしょう? 今の痛みと痺れが少しマシになって日常生活で困らないなら、できるなら手術は・・・」と意味深な顔です。

「もし、手術するならどこの病院になりますか?」とDoctoに聞きますと。。

(〇〇医療センター)は、近いですが、止めておいた方がいいです。あそこは規模が大きいですが、実は・・・脊椎の専門医が一人も居なくて・・・危険です。紹介するなら、〇〇病院 □□病院 ▲▲病院です。この病院には脊椎専門医が居て、手術も安心でしょう。

しばらく 沈黙が続きました・・・

医師の顔からして、手術は 顔に「止めておけ」のサインが出ています。

「・・・投薬とブロック注射で 少し様子を見ていきたいので、今度いつ来たらよろしいですか?」
と Doctorに 言いますと
何やら、ほっとした顔になり・・・
「はい、私もその方が良いと思いますので、先ずは 神経系の痺れを改善するお薬と、血液の流れを良くする薬。そして 痛み止めを一週間 飲んでくださいね。それと ブロック注射は、初回は1時間以上かかりますので、5時過ぎまでに来院してください。じゃ、その方向で 様子を診ていきましょう。」のDoctor。

なんで、Doctorは、手術を勧めないのか・・・
実は、父親も母親も この手術をして 全く無駄に終わったのです。余計に酷くなったのです。

ドリルやカンナ?で、神経の束を圧迫している骨や椎間板をゴリゴリを削ります。母は、背骨にスクリューでねじ込んだ矯正器具を入れられましたが、今も痛くて日常生活ができていません。

ネットで調べますと、この手術のリスクが どんどん出てきます。

しかし、この痛みと痺れが続いて 歩行障害も出てきていますので、山はもちろん、仕事上も生活上も困っています(ー_ー)!!。

父も母も この「苦痛」から 逃れたい一心で、手術に踏み込んだのだと思います。

私も 完全に治る安全な手術なら受けたいです。
もう一度 山にも登りたいですし・・・
しかし、オペを受けたから 治るとも なんとも確約が取れないのが 脊椎管狭窄症手術の難しい所です。

この病気は遺伝するらしく、いつかは自分もなるだろう。と思っていました。
なので、娘たちが就職や進学で関東に進んだ時点で、10年前ほどから単独でハードな山を攻めていました。

腰が悪くなる前に、もう、バンバン登りました。

そして、バンバンケガをし、故障もし 膝 肩 指 関節や靭帯がボロボロでした。
骨折もしましたし・・・それでも 治りきらないで また 山に向かいました。

時間がない・・・
実は、3年前から 腰から下が痺れて歩きにくい症状が出ていました。
それでも 登り続けました。
悔いのないように。

その点は、計画通りに 進んだと思います。

仕事も やりたいように やってきました。(心が病んでしまったこともありましたが。。。)

悔いはないのですが、実際に 山も仕事も 獲られたら・・・
私の存在は 消えてしまいます。

ああ、こんなことを考えていますと、腰痛よりも ハートをクリニックすることにもなりかねません。

でも、与えられた試練。
どう 乗り越えていくのか・・・

とにかく 3月末までは ストック片手に 今の仕事を頑張らなきゃ。

しかし、腰痛&痺れて歩きにくい・・・
こんなのと 余生を共にしなくちゃならないのか・・・

もし、この痛みと痺れと歩行困難が続くのであれば、私も 父親母親が辿った道を歩かなければなりませんね。

さて、取りあえずは、お持ち帰りの仕事を しないと・・・

  • >脊柱管は生まれつき広い人と狭い人がいることが知られています。

    だそうなので、やっぱり遺伝なんでしょうか?
    もうダメなのか?も、よく分かりませんが...

    自分の方は楽な仕事の連続で人間関係も、ほぼなく楽しんでます。
    しかも、ただ働いて話しているだけで介護と障害者の知識が凄く入ってくる。
    かつての苦労がバカバカしい。何の役にも立たない知識や技術。
    いつか前の職場に遊びに行ってやろうと思います(笑)

    ところで世の中がAI化する事は無いですよ。
    マシンはすぐ壊れる。複雑で高度なモノほど。
    そんなのに人命を託せる訳がない。
    やっぱり人です。

    [ yamajog ]

    2019/1/29(火) 午前 0:44

  • 私も5年前MRIで診断されてあらゆる治療をして自分では体操をしてますが腰痛と脛までの痺れはひどくなっています。
    この一年間は某大学病院の針灸院に通っています。

    [ ゆう ]

    2019/1/29(火) 午後 3:56

  • 顔アイコン

    やっちゃんさん ありがとうございます。

    koubejyunntarou

    2019/1/29(火) 午後 10:58

  • 顔アイコン

    ぴちをくん ありがとうございます。

    koubejyunntarou

    2019/1/29(火) 午後 10:59

  • 顔アイコン

    ヨー君さん ありがとうございます。

    koubejyunntarou

    2019/1/29(火) 午後 10:59

  • 顔アイコン

    アオダイショ〜さん ありがとうございます。

    koubejyunntarou

    2019/1/29(火) 午後 11:00

  • 顔アイコン

    田舎の猫・みけさん ありがとうございます。

    koubejyunntarou

    2019/1/29(火) 午後 11:01

  • 顔アイコン

    ゆうさん ありがとうございます。

    koubejyunntarou

    2019/1/29(火) 午後 11:02

  • 顔アイコン

    あゆくまさん ありがとうございます。

    koubejyunntarou

    2019/1/29(火) 午後 11:03

  • 顔アイコン

    みなさま、少し心が落ち着いたら ゆっくりお返事させていただきます。すみません。何だか 落ち込んでいますので、申し訳ないです。ごめんなさい。

    koubejyunntarou

    2019/1/29(火) 午後 11:05

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事