ここから本文です
koubejyunntarouのブログ
お山に行きましょう(^^)/

書庫全体表示

3時間目の算数の授業中の事でした。

痛みと痺れをこらえて、コンパスで描いた円を利用して、二等辺三角形と正三角形を描くことを 頑張って教えました。

教師用の大きなコンパスで、腰を抑えながら 黒板に円を描きました。
でも、出来上がった円は、真円でなく 変な円になってしまいました(-_-;)
「じゃがいもみたいやなぁ・・・」と言うと 子供たちは笑っていました。

なんだか クレヨンしんちゃんみたいに ほっぺたが膨らんでいる「円」でした。

「ふぅ、ごめんな。ちょいと腰が悪いから、ちゃんと円を描けなくて・・・ほら、中心が途中で右に動いちゃってるねー。・・・でも、もう一回チャレンジしていい?」
そう、お子達に言うと お子達の笑い声が消えました。

そして二回目にチャレンジです。
今度は、左手を腰に添えないで、左手はゴムでできたコンパスの針部分(中心)をブレないように抑えながら、ゆっくりとゆっくりと右手でコンパスを回していきました。
すると・・・
「がんばれーせんせー! がんばれーセンセー!」と みんなが応援してくれるのです。
なんだか、たった一つの円を黒板に描くだけで、こんなに 子供たちから応援してもらえるなんて・・・ 本当にちょいと涙が出そうになりました。

腰の痛みを我慢して、コンパスの軌跡は、だんだん円になっていきます。
「がんばれぇー!」「がんばれぇー!」
そして、ぴったりと 描き始めの円の線に到達し、まん丸の円ができました。
すると、教室から拍手が上がりました。

「・・・円を一つだけ描いただけで 拍手かぁ? ははは。なぁーんもできひん担任になってしまってごめんな・・・でも、黒板に円を描いただけで、子供たちから応援されて、拍手されるセンセーって 日本中探してもおらんやろなぁ(笑)」

子供たちの顔を見ると、なんだか それでも誇らしげです(*'▽')

逆に言いますと、日本中の小学校で、円を一つ描くだけで 担任に応援や拍手を送る子供たちも これまた 珍しいと思いますので・・・。

想えば、二学期にコンパスで円を描く授業をしたときに、なかなか子供たちは描くことができませんでした。どうしても中心の針が動いてしまうからです。
その時は、バリバリ元気だった私は、
「中心がずれるからやろ! 手首や腕を斜めにして 柔らかく回すんや!力を入れすぎると、中心はズレる!わかった?」
などと、えらそうに 上から目線で 指導していましたが・・・

3学期の今、円をろくに描くことさえできなくなった担任に対して、「指導」するのではなく、
応援や 拍手をくれる子供たち・・・
立場が逆転しました。
そう、2学期のえらそうに指導していた私を反省させてくれました。
どうしても 円が描けないお子に対して・・・
「そうそう、おしいなぁ。 もうちょっと 手首を緩めてごらん。がんばれ!ファイトぉ。おおおお! できた!できたやん! やったぁ!」
と、応援してあげられていなかったなぁ・・・・。反省(ー_ー)!!

そう、学校のセンセーなんて 半分以上は 教えているようで 子供たちから逆に教えてもらっているんですよ。

やっと真円が描けたので、中心から円の線に向けて、教師用の定規で1本だけ線を引きます。
「もう2本線を描いたら、二等辺三角形にならないかなぁ? ちょっと考えてみて!」
そうすると、一番後ろのお子が手を挙げました。

動かすと腰が痛いし、痺れますので 下半身はやや曲げて、黒板側に向けています。
なので、上半身は 子供の方を向けて 体をひねった状態になりました。

えーっと。〇〇君! と 指名した時に・・・
体が すっーと 浮き上がる感じになったのです。
「えっ? 何? この感じ・・・」
黒板側に向けた足を、お子達に向きなおした瞬間・・・・
神が降りてきましたっ。

ウソじゃないです。腰の痛みと痺れが一瞬で全く消えちゃったのです(◎_◎;)
「どうしたん?センセー・・・」

「いや、腰が痛くないねん。痛いのどっかに消えた・・・」
「うそーっ!」のお子達。
「ほらっ」
そう言って、私は 教室を歩きました。
「わーっ!先生が歩いているぅ!!!!」

本当に、数か月前の自分の体に戻ったのです!!!この感覚、久しぶりです(^^♪
「みんな 見て!」
私は、調子に乗って、教室の後ろまで背筋をしゃんと伸ばして、モデルさんのように歩きました。

皆も驚いていますが、何より私自身がびっくりです。

ほうぅ! やった 全く痛くないし、痺れもせぇへん!

・・・が・・・
そんなに 甘くはなかったです。
30分後、4時間目の途中から、
「ううっ」
はい、また 元通り?の 痛みと痺れがお帰りになられましたっ💦

ショックぅ・・・

ですが、あの30分という腰の痛みも痺れもなくなって、普通に歩けたのは、どういうことなんでしょう?

朝、飲んだ痛み止めが 瞬間的に効果を発揮したのか?
朝、飲んだ血液の流れを良くする薬が 瞬間的に効果を発揮したのか?
昨夜飲んだ、痺れを改善する薬が 瞬間的に効果を発揮したのか?

お昼の給食後に、また薬を飲みました。

でも、放課後になっても、夕方の会議になっても 痛みと痺れは 逆に酷くなってきました。

「おかしいなぁ? 薬の効果が全く出てこない・・・」

今日も、定時過ぎの「早め」に退社しました。
しかし、やっぱり 腰を刺すような痛みと、座布団みたいになった下半身は、痺れていつも通りです。

はて? あの30分の全く痛みも痺れもなく、歩き回れたアレは なんだったのでしょう・・・。

勝手に解釈しました。

ジャガイモみたいな円を描いて失敗し、笑われました。しかし、二度目のチャレンジ時では、子供たちの顔が真剣でした。しかも途中から応援の声・声・声。そして、完成した時の大拍手👏・・・

コレかもしれません。
昨夜は、いろいろとあって 落ち込んでいました。
もう、生きていく価値もないのか・・・
など、弱い弱い自分が居ました。

すると 痛みも痺れも酷くなり、肩こりや首こりまで激しくなり、全身カッチコチになって 指先まで冷え込んで痺れてきたのです。

今朝の通勤は もう 本当にキツかったです。

それが、なんだか こんな老いぼれ教師を 皆が応援してくれた時の感動。そして、たった一つの円を描いただけで、笑顔で拍手をしてくれたお子達の顔を見た時に、頭がふわーっとなったのです。

そう、脳内物質のモルヒネ(エンドルフィン?)が 出たのだと思います。

数年前、膝を壊しながらも 真冬の大台ケ原に テント装備の重いザックを担ぎながら、痛みと闘いながら登りました。しかも真夜中登山です。おまけに廃道の危険なコースでした。
午前2時過ぎに 爆風が吹き始め、限界になり 雪の峠にテントをなんとか設営し、痛み止めの薬を飲んで やっとこさ眠れたものの、朝起きると 膝は腫れあがり、歩くのもやっとな状態でした。
しかし、テントからポシェット(ペットボトルと羊羹とパン)だけの空身になって 根性で大台ケ原まで往復し、さらに膝が悪化。
テントに帰ってきたら、もう、左足は動きません。痛み止めを飲んでも 無理でした。(今日のブログの表紙が、ここです)

しかし、テントを撤収してこの日に帰らないと、明日は仕事です。
しかも、悪場続きのルートです。
アイゼンを装着するだけでも 悲鳴を上げる始末。

暗くなって もう ダメ・・・歩けない・・・
もう一つ下の峠で 歩くのを諦めました。
痛みと危険コースとの闘いで、非常に喉が渇いた状態でした。

大きな岩からぼこぼこ音を立てて湧き出る水(金明水)を入れたペットボトルを開けて、ごくんと一口飲みました。
金名水・・・なんだか 不思議な力がありそうな味でした。
もう、いいや。全部飲んでしまえ! と ごくんごくんと飲んでいますと、なんだか妙な気分になり、不安だった気持ちが、ふっと吹き飛んだ気持ちになりました。
「流石に、石清水の金名水。おいしいなぁ。しかも不思議な味やなぁ・・・神の水かぁ?」

「ビバークするしかないか・・・」
と、天を見上げて 星を観ていたら・・・? うん?
左足を動かしても 針で刺すような痛みが 全く消えてなくなったのです。
「えっ?うそ?なんで?」
自分でほっぺたを捻ってみました。痛い! 夢じゃなさそうです。

それから なんと 走るように峠を下り、つり橋をいくつか超えて、最後の長ったらしい川沿いのコースも トレランのように走ってしまいました。
全く 痛みも何もない 不思議な感覚。
そして なんとも言えない 心地よい感覚・・・

車に到着しても、まだまだ これから冬富士でも 軽く登れそうなHighな気持ちと、腫れあがっているのに全く痛みを感じない左足。ルンルン気分で車に乗り込んで、村まで降りて、街に近づきました。

なんなのか この感覚・・・・

しかし、やっと見つけたローソンに車を止めて、夜食を買おうと車から降りようとした瞬間・・・左膝からの猛烈な激痛が襲って来たのです。
ストックで 杖にして それこそ 頭の中が狂うほど痛い足を引きずって、半分泣きながら食べた焼きそばが 美味しいのかどうなのか 味すらわからないほどでした。

今回の 授業中に訪れた 全く痛みのない世界。そしてHighになる気分。
全く 同じでした。

痛みの極限に到達し、そこで 絶望感から 何か 不思議な安ど感や、嬉しい事に出会ったら 脳内麻薬が分泌されるのだと思います。(エンドルフィン)

しかし、持続性がありませんし、その後の反動が非常に厳しいです。

クライマーズHighは、厳しい岩場の登攀後や、冬山で単独遭難一歩手前でよく出る現象だそうです。

でも、まさか 教室で コレが出るとは・・・びっくりです。
これは、何Highになるのでしょうか?

クライマーズHighじゃなく クラスHigh? そんなの聞いたことありませんね(笑)
ランナーズHighなら ありますけど。

でも、自分は お子達に 助けてもらえるだけでも 幸せを感じています。

ありがとう・・・ね。





  • それは子供達が神だからですよー!!
    すごいね。
    私昨日、先生方とお話しして、なんだかんだ、真剣な先生もいらっしゃるんだなーと。
    捨てたもんじゃないや。と、思いました。
    私の今日の記事、見る気力があれば読んでみてください。
    我が県は、昔から、とても日教組が強い地盤です。
    それがいいか、悪いか?は、私は文科省ではなく、保育園は厚労省なので、よくわかりませんが…
    でも、先生を追い落とす、人生をダメにさせてやる!という子供がいる中で、先生を応援して、拍手できる子供達が育ってることって、すごいじゃないですか?私はすごいと思いますよ。今や、保育園児でも、保身のために、保育士を売ることもある時代なんですから。小学生だったら、保身のために、先生をやめさせようとしたら、いくらでも嘘をつく時代です。悲しいけど。
    でも、素晴らしいじゃないですか?
    誇りを持ってください。子供達に愛されてること。

    [ あゆくま ]

    2019/1/31(木) 午前 11:23

  • 顔アイコン

    > めたるおとんさん ありがとうございます。心が救われました。お返事は、ブログのゲストブックにお送りいたしました。今後ともよろしくお願いします。

    koubejyunntarou

    2019/1/31(木) 午後 11:45

  • 顔アイコン

    > yauママさん こんばんは。
    ほんと、これから 思いっきり山に行こうと思っていましたが、山どころか仕事もままならず・・・
    優しいお言葉ありがとうございました。
    私がこの体なのですが、実家も雪で押しつぶされそうで、いろいろとあり、儀母のこともあり、いろんな試練です💦
    あっ、この病気介護被保険者になるのですか・・・流石にプロですね。
    はい、いざとなれば。お助けをお願いいたします。あんしんすこやかセンターなど知りませんでしたっ。情報ありがとうございます。
    今年の桜は満開で、よい春が来ますように(^^)/
    まぁ、なんとか取りあえず3月まで、勤めあげなくちゃ。
    それまで なんとか 頑張るつもりです。応援ありがとうございました。心がすーっとしました。感謝しています。

    koubejyunntarou

    2019/2/1(金) 午前 0:13

  • 顔アイコン

    > あゆくまさん こんばんは。
    阿部さんは、日教組が大嫌い。なので全国学力テストをして日教組の強い自治体は、得点が低いという証拠をでして、日教組潰しに出たのです。しかし、予想に反して、データー上ではなんら変わりないことが判明しました。
    文科省なんて所詮は出世の事務次官になるための競争。本当に教育を真剣に考えているのか疑問だらけです。
    あゆくまさんのような マジのやらせでない質問には、タジタジでしょうね。ああいう会は、質問者が予め決められていまして、答えも用意しているサクラが居ます。

    今日は若手や中堅の悩みを午後8時過ぎまで聞いてあげていました。バリバリのように見えて、やはり皆それぞれに悩みを抱えていることがわかりました。

    「こんな環境では 子供たちがかわいそうだっ!教師もだっ!」また、管理職に職場を是正するよう勧告に行きました。 腰が痛いけれども 口だけはまだ 元気です(笑)
    これだけ言い切れるのも、バックにお子達がいてくれるからです。

    koubejyunntarou

    2019/2/1(金) 午後 10:40

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事