ここから本文です
koubejyunntarouのブログ
お山に行きましょう(^^)/

書庫全体表示

イメージ 2
おいっ、またかっ!
イメージ 1
「先生 どうにかできませんか。」・・・謹んでお悔やみ申し上げます。

もし、自分が担任するお子が、このようなことを書いたとすると どうするか・・・
先ずは、話をゆっくり聞いてあげる。(・・。時間もないかっ💦)

本当は、この父親と話をしなくちゃいけないのですが、最近のモンスターお父さんは直ぐに切れてしまい、暴言や威圧をかけてくる傾向が強くなっています。

学校のセンセーなど「屁」としか見ていませんので、話し合いに持っていくこと自体が難しいです。
なぜ このような父親が増えて居るのか・・・
統計は出ていませんが、私の経験上は、お父さんの社会的地位が危うい。プライドは高いのですが、認められずに仕事場で悶々として 転職を繰り返しているケースが目につきます。
自尊心の低下→家族の中で権力を振るう→家族での孤立化→立場の弱い学校へいちゃもんをつけて口撃を繰り返し、無茶な要望を突き付け、腰を曲げ、ぺこぺこ対応する教員を見て 自分の力を鼓舞します。

こういう傾向が強い方は、学校だけでなく あらゆるサービス業に対して理不尽クレーマーとしてモンスター化していきます。

病気もそうですが、病巣までたどり着かない場合は、対処療法しかないです。

しかし、ここで処方箋を間違えますと、病気は更に悪化していきます。

教員は、暴言や脅迫、暴れまくる父親に対しては 無力です。
ちょっとでも 言い返したら 「訴えてやる!」が定番です。

ボイスレコーダーで 録音しておけばいいのですが、「まさか 録音などしてないやろなっ!相手の同意がないと 法律違反や!」などと 最初に釘を刺してきますので
非常に手をこまねいてしまいます。

勿論、殆どのお父さんは こんな非常識な方とは違います。しかし、こういう無理難題を押し付け、暴れまわるお父さん(祖父)が全国的に増加の傾向があることは事実です。
疲れ果ててしまっているこの国の社会的構造から、このようなモンスターパパやジジが出現する割合が高まったのだと 個人的に分析しています。

教員もそうですが、児童相談所の職員も 大変です。
逆上した保護者に怒鳴られるなど日常茶飯事。「お前の家族に危害を加える」と脅かされることもある。と 児童相談所の所長のコメントが新聞に掲載されていました。

小学校教員は、朝から夕方まで ずっと子供たちとクラス(暮らす)生活を送りますので、こういう保護者の子供さんと過ごす教員は、針のむしろです。
子供にボイスレコーダーを持たせた親も実際に 居ました。
授業を毎日 参観に来て ずっと教室で教師を監視し続け わが子と教員のかかわりをメモしながら、放課後に、そのメモを元に 教員の言動を毎日指導する保護者も実際にいました。その担任は、ほぼ病気になり 休業しました。
それが、狙いなのでしょうか?
俺の力で 教師を辞めさせてやった!どうよ。

まぁ ベテランの私でも なかなか こういう保護者対応は難しいです。

教師と言う看板を背負っている限り、言われるまま、要求をのまざるを得ないまま。

やはり、学校も専属弁護士を置くべきです。しかし、そんな予算はくれません。

最近の公立病院で見た啓発ポスターです。「医院の指示に従わず、大声で怒鳴ったり 暴力を振るう患者さんに対しては、直ぐに警察に連絡させていただきます。」診察待合室や、薬局や会計の待合室に それぞれ貼ってありました。
病院クレーマー対策専門の弁護士事務所もあります。

学校や児童相談所も 専門の弁護士が必要ですが、予算的に現実性は皆無です。
ならば、警察へ・・・
警察も このような常識を超えたクレーマーで 仕事が増えてしまうと、これまた疲弊してしまいます。
疲弊が疲弊を呼び、負のスパイラルに堕ちていきます。

平成19年〜28年の10年間に 虐待を受けて亡くなった児童数は、1000人近くになり、死亡までは、至らなくても保護される児童の数は年間3万人〜5万人の推移を辿っています。

軽いゲンコツ一つで 児童虐待
それも 件数に入っているのかもしれません。

子供に「出ていけっ」と叱るだけでも 児童虐待。
それも 件数に入っているのかもしれません。

ならば 昭和の時代で きちんと統計を取りますと、膨大な数になったでしょうね。
私は父親に殴られぱなっしでしたし
学校の先生にも殴られっぱなしでした。(笑)

古い話でごめんなさい。
「巨人の星」と言う マンガ アニメが流行ったのですが、
イメージ 3

父親から、殴られ 蹴られ ちゃぶ台返しを喰らい、大リーグ養成ギブスを無理やり装着さされ、それはもう 虐待を超える? お話でした。
今、再放送も 許されないでしょうね。

「太陽に吠えろ」という 熱血刑事ドラマが流行ったことがありました。
イメージ 4

次々に 名言を残して 若手の刑事が殉職していきますが、渋い署長さんは(石原裕次郎)辞任はおろか、降格もさせられず 署長を続けているという、現代では考えられない設定となっています。

正統なクレームは、当たり前です。そうしないと ユーザー側の泣き寝入りもあります。しかし、度を越した理不尽ないちゃもんをつけて、暴言や暴力・脅迫で 何でもそれがまかり通ることを 止めなけらば 社会的損失が生まれます。

話が、いつもまとまらずに 頓挫してしまいます・・・(ー_ー)!!

ともかく 子供たちと接する時間がない 今の公立学校。 
患者をサンプルとして研究が目的な病院と患者の立場になってくれる病院は選ぶことができますが、子どもは親を選ぶことができませんし、学校も先生も選ぶことができません。
勿論、私たち教員も 選ぶことができません。

40人近くを一人の教師が、朝から夕方まで 子供や保護者全員に納得してもらえるのは不可能に近いです。口八丁尾手八丁で洗脳し、新興宗教的な教祖様なら できるかもしれませんが・・・

本当に、バブルがはじけてリーマンショック。いざなぎ景気を超えるなんて、誰も実感していない超拘束時代。世の中しんどいことだらけです。

約100年前のドイツ語作家 フランツ カフカ のどん底絶望名言で 今日は閉めさせていただきます。

「将来にむかって歩くことは、ぼくにはできません。将来にむかってつまずくこと、これはできます。いちばんうまくできるのは、倒れたまんまでいることです。」

この将来を「山」に置き換えると 今の自分にぴったり当てはまります(ー_ー)!!

でも、寝たっきりは、足腰にはらくちんなのですが、体に更によくないような気がして、痛む腰、感覚の鈍い痺れた足で、お昼過ぎに ちょこっと「散歩」に出かけようと思います。

雪山のバリエーションが恋しいですが、先ずは、数百メートルでも 歩くこと。
それも 無理になったら 手術に臨もうと思います。

  • 顔アイコン

    これは痛ましい事件です。
    見ているだけでもかわいそうな話です。
    また、それに先生が生徒に「いたずら」をしたとかいうニュースも流れています。
    子供を取り巻く環境はどんどん悪くなっているのでしょうか?
    この先どうなるのでしょうね。
    僕も今日は休みだったのですが、昼からお天気が崩れるとのことなので、昼からジムに行って汗を流して来ようと思います。
    ジュンタロウさんも無理をしない程度に体を動かしてきてください。

    ヨー君

    2019/2/3(日) 午後 0:52

  • なりたくないですよね。教師に。
    私のお友達というか、元、先生の人は、こういう親の対応が上手い?!ためか、いつも押し付けられてましたね。結局、学校に限らず…弱いものいじめ。一般人の反社会勢力化。ですかね。知識だけはあって、頭でっかちだから、痛いところを突いてくる。私は学校には、警備員と警察介入は、もう、必要だと思います。十分、脅迫罪ですから。子どもや保護者も守られる存在であるならば、教師やそれに携わる人たちも守られるべき存在です。先日、大学病院の広い待合室で、白衣を着た医者2人と、看護師数名に、遠くの果てまで響き渡る声で脅迫じみた暴言を吐く男性がいました。あそこまできたら、他の患者さんの容体が悪くなりますよ。排除しないと。
    どうしてこんなに、ストレスを抱える日本。私はこの、怒号にフラッシュバックを起こしてしまいました。

    [ あゆくま ]

    2019/2/3(日) 午後 4:40

  • 顔アイコン

    はい、なりたくない職業ランキング(健康を害する 早死にする)
    1位 大手広告代理店 2位 IT企業の下請けSE 3位 チェーン飲食店店長 4位 若手官僚(自殺率激高) 5位 看護師 6位タクシードライバー 7位客室乗務員(意外と安月給) 8位 自衛官 9位 教師(ストレス激高) 10位 トラックドライバー

    ストレスが多いから、他職業に就いている人を対象に マスコミも加わって いじめる。
    がんじがらめにして、カッチコチにしてしまう。精神疾患率がどの職業でも右肩上がり。
    ハチャメチャだったですが、昭和の時代が懐かしい。平成の次は、更に ガチガチになり、ストレス抱えた人たちが溢れかえり、誰でもよい殺人とか こういうモンスターとか もっともっと出現率が高くなりそうですね。
    くわばら くわばら。

    koubejyunntarou

    2019/2/3(日) 午後 9:36

  • 顔アイコン

    > ヨー君さん こんばんは。
    あらっ。また変態教師ですかっ・・・まぁ、競争率もどんどん下がりましたし、色んな趣味の人が教員になる時代ですから・・・。でも昔から、教師のいたずら事件は続いていますねー(ー_ー)!!。
    娘の通った小学校でも 痴漢行為をして逮捕された青年教師がいましたし、学級経営の神様と言われた同僚が、これまた 現役教え子に手を出して、それぞれ懲戒免職。身近にありますものねー。

    遊びができない人が多いですから、そっちに走るのか?
    神戸は特に その手の懲戒免職になる教師が続きましたので、余計に縛られまくりです。

    管理がきつくなればまた、やっちゃうというイタチごっこ。
    でも、もう 教師と言う職業が堕ちすぎましたので、信頼を取り戻すのは不可能です・・・(ー_ー)!!

    koubejyunntarou

    2019/2/3(日) 午後 9:49

  • 自分も親や先生に殴られて育ちました(笑)
    まぁ今の親の暴行は昔とは違うんでしょう。

    障害者も一部では生んだ親が殴る蹴るはあるようです。
    先週、障害者と販売中に座談会風に話しが始まってしまって一部の障害者が昔を思い出したのか?倒れてしまいました。
    いやぁよっぽどボコられたんかなぁ...

    親はケアしなきゃいけない立場ですが受け入れられない親もいると思います。

    就労支援AもBも凄い世界です。
    人から、つまらない仕事をやらされてた頃を思うと今は、やりがいありますね!

    [ yamajog ]

    2019/2/4(月) 午前 1:50

  • 顔アイコン

    > yamajogさん おはようございます。
    昔はボコボコでしたね。それでも子供たちは自殺や親に命を奪われることはなかった。
    自分のストレスが溜まっているからDVで発散させる父親が増えたのでしょう。
    やりがいのある仕事。よかったですね。がんばってください(^^)/

    koubejyunntarou

    2019/2/4(月) 午前 6:46

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事