ここから本文です
koubejyunntarouのブログ
お山に行きましょう(^^)/

書庫全体表示

薬で様子を診ましょう!と、一週間が過ぎ、本日再診です。勤務後急いで病院に行きました。月曜日は混むかなぁ?と 思っていましたが、なんと待っている患者さんは、二人だけ。がら空きでした。ラッキー(^^)/

でも、30分が過ぎ、1時間が過ぎ・・・後から来る患者さんが次々に診察室に行き、それからドカッと患者さんが来られて、1時間半が過ぎ・・・もう、待合室は、二人だけ・・・。受付終了タイムはとっくに過ぎて、なんだか閉店? 模様。

「忘れられてるかぁ?」っと 受付の人に
「すみません、2時間ほど待っているのですが・・・まだですか?」
と聞きますと、
「えっ?💦・・・リハビリに来られたのでは・・・もう、済んで帰られたのかと?」

「あっ、リハビリの事は聞いていませんし、薬が切れた一週間後にまた来てください。再診しますから。」とDoctorさんに 言われてきたのですが・・・

「あっ、す す すみませーん」

ふらふらになって 診察室に行くと、Doctorが疲れている私を見て、「調子が悪そうですが大丈夫ですか?」

「あっ。。。2時間以上もずっと 待っていたので ちょっと疲れてしまい・・・」

Doctorは、「えっ?2時間??? 今日は空いていましたよ。ちょっと待ってくださいね。」
「おーい、コレ どういうことなのかな?」と受付の人を呼びつけました。

「す・・・すみません・・・再診とは知らないで、リハビリに上がられたのかと思いまして。。。」
Doctor曰く、「誠にすみませんでした。本当に申し訳ないです。」

ふぅ・・・コレ、最近の切れおじさんなら 怒鳴りまくっているかもぉ?

手術は勧めないDoctorです。
「自然に良くなる場合もありますし、焦って急ぐことはないと思います。あの手術は、痛みが取れたとしても痺れ感は残るのです。もう少し 様子をみませんか?」

「このままでは、山にも登れませんし、仕事にも支障が出てきています。こんな痛みと痺れでこれからの人生を送るのなら、手術をお願いします。」

「・・・もう少しだけ 待ちませんか? 手術を控えていた患者さんが、手術の前日に急に治ってしまった例や、手術しても「除圧」はできますが、更に痛みと痺れが酷くなる場合もあるのです。できれば、体にメスを入れる手術などせずに、良くなる方もいらっしゃいますので、もう少し様子をみてみませんか?どうしても耐えられなくなれば、直ぐに 脊椎手術専門病院を紹介しますので、そこはお任せください。」

「わかりました・・・投薬で もう少し様子を診てみます・・・」

「痛みが前より取れたようなので、痛み止めは出しておきますが、できれば飲まない方が体に良いかと思います。血流と痺れを取るお薬の方は、引き続き飲んでくださいね。今日は本当に申し訳ございませんでした。今後 このようなことが無いように徹底いたします。それでも 遅いな?と感じられたら、遠慮なく受付に申し出てくださいね。」

「あっ、今からリハビリは行いますか?」とDoctorに聞かれたので、
「こんな時刻ですし、別の病院でリハビリしてもあまり変わりませんでしたので。」
「そうですか、そうですね。しない方がよい場合も多いですし、次回まで、リハビリもしなくていいですがら、薬が無くなったら、また再診だけに来てください。」
と、笑顔なDoctor・・・。

受付でも、再度「誠に申し訳ございませんでした・・・」と、受付の方が謝りますが、会計を忘れてます💦。この人 大丈夫なのかぁ?

ふぅ・・・自宅に帰ったら夜の8時半過ぎ・・・
そら、2時間も座っているだけで、腰が悪化しましたよぉー( ;∀;)

それにしても整形外科医なのに、体にメスを入れることは良くないとか、痛み止めは体に悪いとか・・・リハビリも効果が無ければやらないでかまわない・・・
人柄は良さそうな 笑顔の絶えない 40代くらいのDoctorなんですが・・・

直ぐに切ることを勧める医者が多い中で、ちと珍しいですね。
それとも 
手術を勧めておいて 失敗したら 後で「手術を紹介されたのに、余計に酷くなった」と言われたくないからの保身なのかも・・・。
私たち教員も、答えがはっきり出ないときは、後の結果を問われるので 即答を避けるように指導されています。
私は、迷わず ズバッと「即答」しますがっ(笑)

ただ、このDoctorは、脊椎管狭窄症の「失敗」&「しても変わらない」例が多いことを体験しているような気がします。


まぁ、Doctorの心底は どうなのか判りませんが・・・そりゃ、私とて 全身麻酔に体にメスを入れるのは 不安です。
ファイバーを使った顕微鏡手術も 限界があります。

しかし、普通に生活がしたいですし、山も登りたいです。

そんなことを考えていると メンタル面が凹みますっ。

何も考えずに もう 寝る方が良いですね。

おやすみなさい。


  • 顔アイコン

    先日の、まさに修行の様な山行き、精神力ですね。私もストレッチすると暫く調子いいです。一進一退です。悪化するようなら診てもらいますが、今でも注射で失神するくらいなので、なかなか足が向きません。そのうち治んないかな〜などと悠長な構えで。私の場合は精神修行が必要のようです。

    [ solori ]

    2019/2/4(月) 午後 11:45

  • 病院あるあるに、あってしまいましたね。
    これは、怒っていいパターンです。苦笑。
    私も色々調べてますが、患者もドクターも、腰や首の手術、膝の手術には、する、しない、と、別れるんですよ。メスを入れて治った。人や、術後しばらくはよかったけど、やっぱり、悪くなった、違うところが悪くなった。しないほうがよかった、酷くなった。とか。でも、このドクターは、痛み止めの副作用をきちんと伝えてますね。薬出したほうが儲かるのに。私、気になってたんですよ。痛み止めは何を飲んでるかわかりませんが、痛み止めの副作用は、害があるので、腎臓の悪い私は、飲めません。健康体の人にも害があります。それを言ってるのだと思うので、良心的ではあると思います。手術をするなら、整形の手術は、実績のある、きちんと、数を挙げている病院をきちんと調べてから、チョイスしたほうがいいですよ。
    私も腹は切っても、腰や首の手術には、神経を使おうと思っています。

    [ あゆくま ]

    2019/2/5(火) 午前 6:13

  • 顔アイコン

    > soloriさん こんばんは。
    はい、低山歩きでも 本当に修行のように感じました。これからも、しばらく低山の修行?が続くのでしょうか・・・💦
    私も注射が大嫌いです。なので 腰に8僂眞躰与砲鯑れ込む神経ブロックは、逃げましたっ。
    本当に 健康って 一番の宝ですね(ー_ー)!! ふぅ。soloriさんもストレッチでいい感じが続くといいですね。
    コメントありがとうございました(*'▽')

    koubejyunntarou

    2019/2/5(火) 午後 10:12

  • 顔アイコン

    ぴちをくん こんばんは。
    荒治療でも もう、脊椎事 新品に入れ替えてほしい! それほど、この痛みと痺れとこそばい?神経通・・・感覚がなくなってきて怖いです。
    まぁ、夏草やー兵どもがー夢の跡ぅ。ですね💦

    ゆるゆるDoctorも 精神科ならいいんですけど、外科医なら、ズバッと背骨をゴリゴリ削っても いいかもです。

    そうですね。医者も人手不足でブラックですから・・・
    なんだか どこも 人出不足なのに
    給料は上がらないまま。独りで抱える仕事がきつくなってますね。

    阿部さんは、統計を歪曲してまで、アベノミクスが成功したように見せたいのでしょうね。

    ああ、雪山に行きたいです・・・が そんなのは「夢」 今は。普通の生活ができたら・・・それだけです。ふぅいー。💦💦💦

    koubejyunntarou

    2019/2/5(火) 午後 10:22

  • 顔アイコン

    > あゆくまさん こんばんは。
    外科医はクールでも しっかりと思い切って完治したいなら、「やりましょう!」くらい言ってほしいほど 症状は日に日に 酷くなるいっぱうです。
    胃も荒れ始めましたし。

    本当に 手術して 削ってもらっても いいです! 歩けないし、腰痛の酷さと じんじんする両足の痺れ。

    へそから下を切り落としたい気持ちです。💦

    コレは、皆さんが リスクを背負ってまで手術する気持ちが判ります。

    koubejyunntarou

    2019/2/5(火) 午後 10:27

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事