ここから本文です
koubejyunntarouのブログ
お山に行きましょう(^^)/

書庫全体表示

楽屋(階段の踊り場)で、髪の毛を水で濡らしてヘアスタイルをかっこよくし、出番を待っている※※君を発見しました。

そうか、今日がデビューなんや。

私は、「おっ、がんばれー!」の一言をかけて、コンサート会場(教室ですがっ!)に入りました。
黒板には、※※コンサートと 派手に書かれ、総合司会者のマネージャー君が、いつも通りの手馴れた前説をし、会場を温かい雰囲気にもって行きました。
「さっ、〇〇君の登場です!」
教室のドアが開かれ、水でヘアスタイルを決めた※※くんが さっそうと拍手の渦にまみれて 登場しました。・・・が・・・何やら様子がおかしいです。

しばらく 棒立ちになったかと思えば・・・
掌に人の字を書いて、3回も飲み込んだのです。
始めは、ギャグかな?と思いましたが・・・
真剣な顔で震えだしました。

そして・・・「う・う・うたえません ごめんなさい。」
みんなは、がんばれー!と声をかけるのですが、
遂に私が介入してしまいました。

「おー、ようがんばった。緊張するもんなぁ。次は、ユーチューブでその曲を流すから、それと一緒に 歌おうか? なかなか アカペラは難しいもんなぁ。出演しようと決め、それを実行するだけでもえらい!ナイス(^^)/」
みんなも 拍手を送りました。

「おい、まだ時間3分あるから、マネージャーさん、なんとかしなさーい!」
そう言いますと・・・
さっと 代理の子が出てきて、替え歌を即興で作り場を盛り上げました。すると、ついにマネージャー君まで 出演者となり 専属歌手の〇〇君作詞のラップを歌い始めました。

厳しいこともあるけど それは 乗り越えるためにあるんだよ
笑いあり、涙あり そんな〇組 最高さ
できないことも あるけどさ いつの間にかにできちゃうよ
乗り越えようぜ みんなで やれば 登れるさ
・・・・
・・・・

そんな このクラスの実情を綴った歌詞が、長く続きます。

しかし、出だしは良かったのですが、最後はラップじゃなく
作文を読むみたいになったのが 3年生らしくて かわいかったです。


この雰囲気を察したのか、他のクラスの子まで 窓から見ています。
「あっ、勝手に見るなよー」と窓を閉めようとしたお子に、
「そのまんま開けときー。休み時間やから 他のクラスの子が窓から見ても、全然いいやん。お客さんが多い方が コンサートがもりあがってええやろ?」

そして 残り1分は、私がギターを取り出し、私がテキトーに作詞作曲した「VAVVAVロックンロール」を歌い、クラスみんなで 大合唱。
ロックンロールは、現代の子供たちにとっては とても新鮮な感覚のリズム&メロディに感じるそうで、ノリノリで大好きなようです。

最期にみんなで「イエーイ!」で決めた瞬間に、キーンコーンカーンコーンとチャイムが鳴りました。
「はい、掃除!掃除!やること ちゃんとやりましょう!」

次の休み時間に マネージャーさんが、ほこほこ顔で、報告にやってきました。
「センセー、来週の火曜日まで 出演者予約でいっぱいですよー!めっちゃ調整に忙しいねん! 」と 自分が考え出した このライブ企画がヒットし、とても嬉しそうです。

・・・その出場予定者の顔触れは・・・
意外や意外。大人しいお子も いるのです。
そして ライブ初・・・女の子も・・・

私がTV出演した「激レアさんを連れてきた」ではなく、「ふつうの子を連れてきた?」ですね(笑)

激レアでなくてもいいのです。
失敗してもいいのです。
なんでもありです。

私も、正式に歌のチャンピオン□□君にチャレンジしようかなぁ?
ボーイソプラノには とても適いませんので
ギター弾き語りの「ビリーブ」とか
お母さん世代が 子供の頃によく耳にしていた
「愛は勝つ!」とか 藤井フミヤの「トゥルーラブ」とか
それか もう、ビートルズなんか 歌ったら どうなんかなぁ?

まともにやったら勝ち目がないので、色々と古い歌で勝負するしか手はないですね。

っと、子どもにはアカペラで、自分はギターの弾き語りという、完全に悪い教師ですっ(笑)

本当の狙いは、一生懸命練習を重ねているチャンピオンと、インチキ担任教師とのガチ勝負で、子供たちがどちらに票を入れるかです。

低学年なら、発達年齢的に完璧に教師に投票します。
しかし、もし このクラスが 本当に育っているならば・・・
チャンピオンの□□君に 軍配を上げるはずです。

さて、そう言いながらも 出場者殺到中ですので、私が出演するのは、まだまだ先でしょうね(笑) それが先ず、嬉しいことです(#^^#)

昨夜は、腰が痛くて 気が付いたら 服を着たまま、記事を書きながらパソコンをお腹の上に置いた状態で眠ってしまっていました。

ふぅ。

今朝は、本当に腰が痛くて 歩くのもままならず・・・

病気ってのは、いきなり襲ってきますね。
これまでの 普通の生活スタイルが くるっと変わります。

皆様も お体には十分ご留意され 心身ともに 休み休みながら 自分をいたわってあげてくださいね。

行ってきまーす。


本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事