ここから本文です
koubejyunntarouのブログ
お山に行きましょう(^^)/

書庫全体表示

山行後に思うこと

イメージ 1
コレが今回の登山コースです。聖宝谷付近は、一般向きでは無いと言われてきましたが、そうでもありません。
ピッケルと出刃がしっかりしている12本爪アイゼンがあれば大丈夫です。

イメージ 2
この病気にり患してから、初めて千m以上の上り下りをしましたが、やはり国道歩きで腰を痛めました。
イメージ 3
グラフでも判るように、急斜面では腰は大丈夫でしたが、閉鎖された国道歩きがとても苦しかったです。
やはり、完治を目指すなら 手術しかないと思いました。

イメージ 4
聖宝谷のアイゼンの食いつきです。富士山のように1mmとかじゃなく、しっかりと爪が深く刺さっています。
なので、蹴り込まなくてもいいので 腰の負担は少なかったです。

山が人生ではないですが、やはりまだまだ 山には登り続けたいです。
平地での歩行は100mも歩き続けることができませんが、急斜面なら 登り続けることができる・・・なんか 私に向いている?ような・・・
皮肉な 病気です(ー_ー)!!

今日は体調が優れず(腰痛の上に 風邪気味)
放課後も お子達のお相手も不可能で 机にもたれて 休んでいました。

「センセー、じゃ、帰るね。ばいばーい」との声も 聞こえたような聞こえなかったような・・・

お子達が帰った後、黒板に
「センセー、お大事にね」といっぱい いっぱい 子供たちからのメッセージが書かれていました。

ふぅ。
あと少し・・・がんばるしかないですね。

ピンチはチャンス。

少しは、休むのも 必要ですね。

イメージ 5



  • 顔アイコン

    myさん こんばんは。
    情報ありがとうございます。
    この病気・・・もう おへそから下は切り取ってしまいたい気持ちになっちゃいます(ー_ー)!!
    同じ病気で苦しんでいる方への希望の☆になる!と気分転換してお山に無理くり復帰していますが・・・
    ちょっと 正直苦しいです・・・( ;∀;)

    本日もストック片手に なんとか出勤。
    子供たちに介護されながら・・・なんとか最後のお勤めまでがんばります。
    それが済んだら、一か八か手術に踏み切ろうと思います。

    色々と研究しましたが2か所も狭窄してしまっていますので、自然治癒は不可能でしょうね。薬も効いていませんし・・・。

    でも、また 腰の痛みと闘わない、すかっとした気分でお山に登れる日が来ることを信じています。

    いろいろと 本当にありがとうございました('◇')ゞ

    koubejyunntarou

    2019/2/20(水) 午後 8:49

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事