ここから本文です
koubejyunntarouのブログ
お山に行きましょう(^^)/

書庫全体表示

教師は、無限なく働かなければならない「聖職者」なのか?
それとも 労働者なのか?

昔はいざ知らず、現代では「サービス業」だと思います。しかも、残業時間もサービスで行います。

どの職業も 大変だと思います。
しかし、本来の仕事以上に、別の仕事が山ほどあるのは・・・どうなんでしょう?。

本来の仕事以上に別の仕事があるから、不登校に いじめ 自殺問題も減らないのでしょうね。
何かあったらタダで済まない世の中ですので、多角度的に必要以上に怯え、小さく小さくなってしまっている若い教師たちの姿が見られます。

大阪地裁は、どのような判決を出すのでしょう?
それによっては、更に教員のなり手が減り、人手不足の加速に拍車がかかるのではないでしょうか?

同様に、多くの職種で 人出不足が出てきています。

SNSで 色々な職種の実情が暴露され、若い人は 自分の時間が持てない職業を敬遠する傾向にあります。

しっかりとした目的や夢があれば 少々のサービス残業も疲れませんが、消化試合のような仕事では、同じ残業でも 疲労度は倍増しますね。

今日は、15分だけ 放課後に残ってもいいでー、そういうと やったぁ!のお子達。
うん??? 黒板アートじゃなく 本日は、黒板いっぱいに漢字が書いてあります。
自分たちで 漢字教室?を 始めたようです。

先日、苦労を重ねて8合目まで登った〇〇君。
本日は「やったぁ!」と叫んで、9合目まで上り詰めました。

みんなで 漢字大会を しています。
その中に きらりと光る〇〇君の笑顔がありました。

そう、みんなと一緒に 楽しんでいるのです。
今までは、漢字には全く自信が無くて、大会にもエントリーせずに、黒板に絵を描いているだけでした。
それが みんなとともにエントリーして 一緒にワイワイと漢字を楽しんでいる姿に
成長を感じました。

こんな 放課後サービス延長保育?(笑)なら なんぼでもオッケーです。
腰が痛くても 苦になりません。

その場だけが楽しい!も ストレス解消には良いのですが・・・(単発性快楽)
やはり、失敗を重ねて、やっとのおもいで「何か」ができるようになれば これからの楽しみが続きます。(持続性快楽)

それは、山にも同じことが言えますね。

しかし、全てが持続性快楽を求めすぎても これまた 問題があります。
単発性を織り交ぜて、持続性を 高めるのが ベターだと 思います。

「センセー、明日も頑張って学校に来てよ!」と 笑顔で帰って行った子供たち。

・・・

普通は、教師から 生徒に言う 言葉ですよね💦

そう思うと 子供たちは たくましく なったような・・・気がします。。。


本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事