ここから本文です
koubejyunntarouのブログ
お山に行きましょう(^^)/

書庫全体表示

「ねぇ、早く登ろうよぉーわんわん!」
この子・・・昨日も登山者を下まで見送りしていたのに、またほとんど眠らずに2登するの?眠らず2登を狙うと誰かさんのようにバテるでぇー(笑)
イメージ 1
「わかったから、行くがなぁ・・・」
イメージ 2
「うーん、すごい張り切りよう・・・にスゴイ体力(@_@;)・・・冬富士も登れるかもぉ・・・」
イメージ 9イメージ 10
 
 さすが、名ガイド犬コマちゃん・・・余裕ですなぁ・・・恐るべき体力(@_@;)
「おーい、こらぁ、ついていかれへんわー!早すぎぃー」でも、しっかりとコマちゃんの足跡を追えばいいのでーす(^◇^)
イメージ 11
 
 
 
うーん、裸足で(当たり前かっ)この氷点下の雪道をあのスピードで眠らずに2登連ちゃん・・・
 
タダ者ではないなぁ・・・ヤツは・・・
 
 
 
まぁ、彼女を信じて足跡をたどりますかぁ?プロやしぃー(笑)
 
 
 
 
 
 
 
しばらくの間、彼女とは出会えずに置いておきぼりにぃー。あーシンドイ。あの子のペースじゃムリムリっ!バテましたがな!
 
で、ちょいと広場みたいな所で、スノーシューに履き替えていたら、コマちゃんが「遅いよーワン!」って上から降りてきたぁ・・・
イメージ 12
まるで、「お客さん、ちょっとペース遅いですワン・・・」ってな感じ(笑)
イメージ 13イメージ 14
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
今冬初めてのスノーシュー、アイゼンと違って穏やかな気持ちになります。
あっ、稜線から御来光を見ようと思ったのに・・・間に合わなかった・・・
 
でも、こんなに綺麗な林間での御来光もいいなぁ・・・(*^_^*)
イメージ 15
オレンジ色の雪を登りまーす!富士山みたいなアイスバーンじゃないから、まったりと自然を楽しめますね
イメージ 16イメージ 3
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
でも、コマちゃんの足跡がないっすよ?あの子どこで遊んでいるんやろ?
イメージ 4イメージ 5
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「おーい!こまぁーどこいったん?」
「こまぁー!こまぁー!」
っと叫んでも、「シーン・・・」
 
「さすがに眠らず2登は、止めて帰ったかな?」
 
仕方がないからガイド無しで「自力」で登ろうっと(笑)
イメージ 6
ふぅー、もうちょいで稜線やー! ガンバ ガンバ!
イメージ 7
コレを上がれば、もうすぐ頂上やぉ!まっ、途中までやったけど、コマちゃんガイドありがとうね(^u^)
・・・と思ったら・・・後ろから猛スピードでぇ・・・(@_@;)
イメージ 8
なんと、彼女が走って来たぁ!そして、私をかるーく抜かして、頂上目がけてまっしぐらぁー!
「あっ、せこい!コマ、せこい!私が先に登頂するのだぁー!!!!!!」
と、ここから人間VS犬の走りっこ大会(笑)
 
さぁ、結果は????

山頂手前で急に下から走って来たコマちゃん・・・ずるい!私が先に頂上へ行くもんねー(^O^)/・・・・
イメージ 1
後、山頂まで30m・・・どうしてもコマちゃんに追いつかず(コマちゃんも少しだけバテてますが・・・)
やっぱり、負けましたぁ(当たり前かっ!(笑)
 
よいこらしょっと。富士山では頂上でコーヒーなんか飲める状態ではなかったので、念願の登頂コーヒー(^O^)/です。
イメージ 2
おい、コマちゃん、君は登頂何回?千回は登ってるでしょうね。それにしても広い山頂からは、絶景の景色です。
イメージ 12
 
イメージ 21
 
 
あのぅ・・・
お客さん・・・
 
例の
甘納豆おくんなせぇ・・・わん
 
ちゃっかりしてんなぁ・・・君!
 
山頂からは、郷土の兵庫県最高峰の氷ノ山(1510m)の姿もこの時期珍しく見えました!標高こそ富士山の大石小屋と同じくらいですが、日本海側にそびえ立ちますので、積雪は3〜4mにもなり、なかなか手ごわい山になります。
 
イメージ 29
ガイド犬と、氷ノ山・・・なんかいい感じで撮れました。
 
イメージ 30
 
 
冬富士登山のために、支援物資をして頂いたHさん・・・
 
おいしい焼きりんごバウムを、氷ノ山みながら、駒ノ尾山頂で食べますね。
 
「うまい!」
こりゃ、ええわー
 
ありがとうございます<(_ _)>
 
 
 
日本海側を望みます
イメージ 31
瀬戸内海側を望みます
イメージ 32
  秋に泊まった避難小屋です。   
イメージ 34イメージ 33
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
そろそろ帰るかなぁ・・・コマちゃん。
では、下山でーす。コマちゃん、ガイド「よろしくっ!」
イメージ 3
「はいよ!お客さん、こっちだワン!」
イメージ 4
・・・すると、なんと信じられない光景がっ!この子・・・足をピンと伸ばして体を横たえて、この雪の斜面を滑り降りるのですっ!(@_@;)・・・
思わず、大声で笑ってしまいました。このワンちゃん・・・こんな技も会得しているのですねー。ただ、驚いてしまって、その瞬間をカメラで収められなかったのが残念です。
イメージ 5
 
イメージ 6
ありゃ、
また、お客さん放って、先々行きやがって…
甘納豆返せぇー(笑)
まぁ、足跡たどるかぁ・・・
 
と・・思ったら、ちゃっかり待っていました(^O^)/
イメージ 7
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  単なるガイドではなく、山を楽しんでいるワンちゃんな気がします。
 
ありゃ、本当に居なくなった・・・・       仕方がないから、ラッセルしましょかぁ
イメージ 8イメージ 9
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ありゃ、調子に乗ってズカズカってスノーシューで、登りと違うルートを降りていたら・・・ちょいと不安に(;一_一)・・・おい、ガイドさーん!頼むわぁ!
イメージ 10
・・・と思った矢先に、いきなりアップで登場してきたコマちゃん・・・アンタ・・・
おちょくってるなぁ・・・さては。
イメージ 11
 
 
 
 
お客さん・・・
遅いし、コースまちがってまんがなぁーワン!
 
特別料金甘納豆追加)しますでワン!
 
 
 
しゃーないなぁ。ほれ、甘納豆3粒あげるからぁ・・・たのんますぅ。
そしたら、下の写真の満足顔(笑) うーん。プロや!
イメージ 13
ほいよー、お客さん、こっち、こっち ついて来なはれーワン!!!
イメージ 14
ほんまに現金なやっちゃぁー・・・あっ、現金⇒現甘納豆っすか!
 
ワンちゃんのおかげで、やっと第二林道に飛び出す事ができましたぁ(^.^)
ワンちゃんは、のんきに「遅いなぁ・・・お客さん・・・ヒマでしたわ・・ワン」と毛づくろい?して待っていました。
イメージ 15
しかし、ここから確か林道を百メートル位降りてから、また道なき急斜面を下ったような気がしてきた。朝は、まだ暗くてヘッドランプだったから周りの状況が判りにくかったですが・・・彼女は林道をどんどん下って行く。そしてカーブでコマちゃんは見えなくなった。
 
念のために地図を出してみた・・・ありゃ、この林道・・・駒ノ尾山荘から離れて、違う村に出るやんかぁ・・・
うーん、これは戻らないとエライ目にあうぞ。
林道を下って見えなくなってしまったガイド犬に「コマー!引き返すわ!」って叫んでも、帰ってこないので、トボトボ林道を登り返しました。
 
「あっ、ここ!ここの急斜面!それに足跡ものこっている!ここを降りるんや・・・」と安心していたら、なんとワンちゃんが走って戻って来た!
イメージ 16
「おいっ!コマちゃんっ!きちんとガイドせんと甘納豆やらへんぞ!お客を違う村に下ろしてどないするんやぁー!」つんつんと指で鼻を押しますと、なんか「すんまへーん・・・」的な顔でした(笑)
イメージ 17イメージ 18
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
お客さん・・・こっちでしたわワン!    沢の水を必死に飲むコマちゃん
 
ちょっと彼女疲れ気味になってきました。そりゃ、不眠の二日連続ガイド仕事ですからぁ。
おい、コマちゃん、つかれたやろ? 一緒に降りましょうよ。ついておいで!
イメージ 19イメージ 20
 
 で、私の後をトボトボついて来ました。ちょいと元気なさそうです・・・。ガイドを失敗したから、反省?(笑)
イメージ 22
やっと「○ノ尾山荘」に着きました!コマちゃん、ありがとう(^O^)/
バイバイ、またね。 疲れたやろ?ゆっくりお休みー
 
イメージ 23
ところが、この子「お家」に帰らずに、まだ下に置いてある車の所まで、よたよたついてきます・・・。
そして、私が車に到着したとたんに、アスファルトの道の真ん中でダウン・・・しました・・・
イメージ 24
アップすると・・・こんな顔で、すやすやと眠っています。お疲れ様・・・・
イメージ 25
すぐ上に自分のわが家があるのに・・・律儀なヤツやなぁ・・・・・
あっ、起してごめん・・・・       じゃ、春にまた会おうな!ありがとう。
イメージ 26
イメージ 27
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
         (帰るの?さみしいワン・・・)
その後、車の横の落ち葉の上でぐっすり眠ったコマちゃん・・・エンジンをかけたら目を覚まして、首を上げてこちらを見ていますが、さすがに今回は疲れたのでしょうね。車を追いかけては来ませんでした。
イメージ 28
 
でも、このワンちゃん・・・素敵だなぁ・・・って思います。
みなさんも岡山県西粟倉村の駒ノ尾山荘のコマちゃんに会いに行きませんか?
夏場や紅葉時には、ここからかなり離れた標高900mの登山駐車場に居る時もあります。
神出鬼没のコマちゃんです(^O^)/

今から、6年前の日記の再掲載です。
この 有名な山案内名犬「こまちゃん」を ある登山者が車で連れ去ってから 行方不明になってしまいました。

かわいいからって なんでそんなことをするのかなぁ・・・
駒ちゃんのお母さん犬は、雪崩で亡くなりました。

だから、駒ちゃんは この山で 登山者の皆さんと一緒に登って お母さんのことを思い出していたのです。

そんな事情も知らないで・・・かわいいからと 自分のペットにするために連れて帰る・・・

あかんでしょう・・・

連れ去らてから もう5年の月日が経ちました・・・。

こまちゃん、どこかで 元気にしているかなぁ?

  • 我が県には、ガイド犬、平治号という犬が登山口に銅像になってます。
    本も出ているはずです。
    犬はちゃんと振り返って、ついてきてるか、確認するんですよね。
    本当にいじらしくて、可愛い。

    [ あゆくま ]

    2019/2/26(火) 午後 10:16

  • 顔アイコン

    > あゆくまさん こんばんは。ああ、そちらでも立派なガイド犬が居たのですね。
    動物は言葉を持たないから ニンゲンの癒しになるのでしょうね。言葉は時として、凶器になりますから、ゲンコツの一発でも喰らった方が、さっぱりと終わるかもしれません。

    まだまだ これから これから ファイトですよ('◇')ゞ

    koubejyunntarou

    2019/2/26(火) 午後 11:28

  • ワンちゃんが体を横たえて滑り降りた斜面は、jyunntarouさんは当然「シリセード」でしたか?(笑) 種族を超えて山が大好きな個体が存在するのですね、感動しました。いや、失礼。

    シリセードは「尻制動」なのかと思ったら「グリセード」の変化系なのですね。
    でもどちらも「制動」による制御は必要ですよね。
    しかし「制動しない人生。」は魅力的ですがね。(^_^)

    [ めたるおとん ]

    2019/2/26(火) 午後 11:32

  • 顔アイコン

    > めたるおとんさん おはようございます。
    はい、このガイド🐶は、人懐こくて人気者でした。まさか、手足を伸ばして滑り降りるとは・・・びっくりしました( ゚Д゚)
    尻セードで大けがや命を落とした方も居ますので、ほどほどにしとかないとヤバいです。グリセードは、カッコいい?ですが、足腰腹筋にものすごく力を入れなくてはならないので、若者向き?です。(笑)
    制動しない人生・・・魅力的ですね。でも 一歩間違えると奈落の底?に一直線ダイブ(爆)( ゚Д゚) ですがっ。
    何回も 私・・・山で堕ちました(笑) 骨折・脱臼・靭帯損傷…懲りないですね〜!(^^)!
    今は、腰がコレなので 制動しまくってますよ( ;∀;)
    薬の調合って 怖いのですね。 AIで処方箋もいいかもです!

    koubejyunntarou

    2019/2/27(水) 午前 7:02

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事