ここから本文です
koubejyunntarouのブログ
お山に行きましょう(^^)/

書庫全体表示

今日は、少し寒かったですね。 でも ひんやりした朝のお山もすがすがしいです。
イメージ 1
Aさんに、スズランスイセンと教えてもらいました。かわいいですね。
イメージ 2
今朝は、昨日の雨で、植物にたくさんの水玉がひっついています。
イメージ 3
登山の雨具も こうやっていつまでも撥水作用が続けることができたら いいのになぁ。(高級なゴアテックスの雨具でも、撥水作用が無くなれば蒸れます)
昔の人の蓑とか、かやぶき屋根だとか・・・巧く透湿と防水を考えて作られていますね。ただ、重いのと嵩張るのが 現代で受け入れられない所でかね。
イメージ 4
何だか、キノコが目に行ってしまう 今日の朝のリハビリ散歩です。
イメージ 5
おおっ、このキクラゲは、耳たぶみたいな弾力性があり、マジで食べれるんじゃないかと・・・。
イメージ 6
サルノコシカケ・・・コレも持って帰って お茶にしたら健康によいかも???
イメージ 7
ツツジが、ほわっと満開かな? ヤマツツジにも多くの種類がありますねー。
イメージ 8
ヤンキー座り?まで、できるようになりましたっ。ただ、まだまだ腰の下や太ももの違和感、足裏の痺れは取れませんがっ💦 
イメージ 9
昨日は風雨が強かったので、桜の花びらが道にたくさん舞い落ちていました。
イメージ 10
おーい! 水道タンクに映る影の自分! 元気かぁー(笑)
イメージ 11
ストレッチも少しずつ 取り入れています。のびぃーっ。のびのびぃーっ!
イメージ 12
流石に、標高の高い六甲山は雲の中。ここの気温を考えると、山頂部では小さい霧氷ができている可能性もありますね。摩耶山との標高差は約230mなのですが、この差により、雪や雨の多さがまるで違ってくるのですよ。六甲山に霧氷はできますが、摩耶山では、私は見たことがありません。
イメージ 13
おっ、先日登った(いや、下った)天狗岩が見えています。
イメージ 14
登山ルートは、こんな感じですね。でも、ほぼ「道」はありませんでした💦
イメージ 15
種類が違うのかな? まだまだ蕾固しですねー。それとも個体差なのかなぁ?
イメージ 16
風が冷たくて、なんだか「晩秋」を思い浮かべてしまいました。落ち葉もあるし…。
イメージ 17
ほらっ、秋っぽいでしょう? 今年はどんな秋を迎えるのかなぁ。さみしい秋でしょうが、その分思いっきりのびのびと 秋の自然を楽しもうと思います。(腰が治っていたらの話ですがっ・・・)
イメージ 18
ワラビ?ゼンマイ? では、ありません。 シダの赤ちゃんです。
イメージ 19
ほら、蛇が鎌首を持ち上げているように、すくすく育っていますね。しかし、シダのブッシュを分け入って、ルートを探すのは大変なのですよ( ;∀;)
イメージ 20
あれ?一輪だけ 咲いていますよ。椿は、息が長いですねー。(^^)/
イメージ 21
ちょっとバリルートにに入ってみました。猪のぬたばを発見しました。この山域で数頭が生息しているらしいですが、私はまだ出会ったことはありません。六甲山なら何回も遭遇しましたが。
イメージ 22
バリルートに入りますと、サルノコシカケもでっかいです(^^)/ 売り物になるのかなぁ?(笑)
イメージ 23
稜線に出ました。なんとか道はついているようです。先に進んでみます。
イメージ 24
げっ・・・シダの密生地ですがなぁ・・・コレは無理っ。引き返します。
イメージ 25
ソメイヨシノもいいけれど、ヤマザクラは、風情を感じさせてくれますね(*'▽')
イメージ 26
六甲山にかかっていた雲が消え、山頂が見えました。山頂からこちらを見た景色は、コレです。↓
イメージ 27
赤〇を付けた所が 今いる所だと思います。(六甲山最高峰から見ています)

ーーーーーーーーーーーーーーーーー閑話休題ーーーーーーーーーーーーーーーーー
昼から、母の入院見舞いに 行きました。 私が入院していた時も、母は入院していましたので、随分長い入院生活です。
イメージ 28
この街が「そばめし」発祥の地らしいです。いや、大阪が発祥の地だともいわれていますが、なんせ大阪と神戸は、昔から仲があんまり良いとは言い難い関係です。どっちでもいいですから、同じ関西人。仲良くしていかないと、あの地震から神戸は、経済の地盤沈下が激しい街ですから・・・( ;∀;)
イメージ 29
色んなお国柄の食べ物屋さんが、個性的な店を構えています。下町の風情は、ニュータウンにない人間らしさ?が漂っていました。
イメージ 30
市場がありましたが、シャッターが閉まっていて、閑古鳥でした・・・。
イメージ 31
何筋かに分かれて商店街もありますが、とても大阪のような賑わいはありません。
イメージ 32
この界隈は、鉄人28号の作者 横山光輝氏が 在住されていましたので、鉄人の街になっています。

おふくろは、ギブスをしていても 口は相変わらず達者でした。
ただ・・・
「あれ? 今日は木曜日やのに あんた仕事は?」
と、・・・・マジな顔です。

「いや・・・定年退職やから・・・」
「ああ、そうかいな。それは、それは。」

おいおい・・・。息子はいつになっても 子供と思っているのでしょうね。まぁ、世話の焼ける次男坊でしたから。

さて、皆様も 親御さんの高齢化(自分たちも)問題で、苦労していませんか?
あんまり 根詰めるとこっちまで 疲れ果てて共倒れになってしまいます。
少しは気を抜くことも 必要ですよ。

でも もう直ぐに自分の番が回ってきます。

人生とは 何なのか?

何故に この世に生を受け 最期は己の肉体と闘いながら、命の炎を失うのか・・・

何が目的で この世に 生まれてくるのだろう。

生きるのは、やはり 修行かも しれませんね。

明日も明後日も 皆さんにとって 良い日でありますように。



  • 坐骨神経痛の症状が出てる気がします。
    どうしてよかばうから、坐骨神経痛になってるのか?もともと坐骨神経痛もあったのか…
    うちは父が母と年がかなり離れていて、私も年をとって生まれたので、随分前に、自宅で全身麻痺の父の介護を仕事と自分の病気、入院数度、手術も経験。家の中はパニックな数年間でしたけどね。
    でも、生まれたら人は確実に老いていくからこそ、後悔したくないですねー。

    [ あゆくま ]

    2019/4/11(木) 午後 9:01

    返信する
  • 顔アイコン

    jyunntarouさん こんばんは。 そうですねー、人生って何なのでしょうねー。私には全く分からないので、答えられません。(笑) 申し訳ないので、谷川俊太郎さんの詩「生きる」を贈ります。 著作権が怖いので、ご自分で検索して下さいネ。(笑) いや、当然ご存知ですね、この詩は。 ふたたび失礼いたしました。m(__)m

    [ めたるおとん ]

    2019/4/11(木) 午後 11:38

    返信する
  • 顔アイコン

    > あゆくまさん
    座骨神経痛ですか?歩けるなら気にしない方がいいかもですよ。狭窄症になるお年でもないし、ヘルニアだと強烈な痛みが来ますので。
    大変な時期を 家族で乗り越えられたのですね。お母様をこれからも大事にされてくださいね。
    本当に、普通に健康ならば それが一番の幸せなのですが・・・人間は欲深いですので、健康になればまた、感謝を忘れがちになってしまいますね。
    歳を喰うのは、ホント 面倒ですよー。できていたことができないようになる毎日って・・・子供たちと真逆ですね( ;∀;)

    koubejyunntarou

    2019/4/12(金) 午前 7:52

    返信する
  • 顔アイコン

    > nさん
    お父様・・・謹んでお悔やみ申し上げます。
    これほどまで子供に愛されているお父様は、とても素晴らしい方だったんだろうなと思います。
    大好きな人を失う悲しみは、希望も夢も飛ばしてしまうのは当然で、飛んでしまわない人間の方が悲しいと思います。
    ただ、健康だけにはご留意され、いつかは、天国のお父様に向かってnさんの笑顔を見せてあげられたらいいですね。

    生きていくことは、何の意味があるのか?
    誰かを愛し、愛されると 考えれば、nさんとお父さんは、それを果たせています(^^)/。

    心の底から滲み出た メッセージ ありがとうございます。
    これからも ご遠慮なく つぶやいてくださいね。
    年代層が近いかと思われますので、お互いに ぼちぼち 歩みましょう。

    怖い話?山小屋の霊現象でしょうか・・・。山の霊現象は怖くないですけど、生きている人間の方が怖いですっ💦💦

    koubejyunntarou

    2019/4/12(金) 午前 8:36

    返信する
  • 顔アイコン

    > めたるおとんさん
    灰谷健次郎の作品が好きでしたので、そこには多くの谷川俊太郎 まどみちお などの「詩」がありました。
    私もそれを使って授業もしましたが、今では そんな授業をすると、変な奴と思われてしまう昨今の現場です。
    6年生を担任した時に 「生きる」の授業をしました。一番気に入ったところを聞くと、男子は ミニスカート!」 でしたかね(笑)
    「なんで それが いいんですかいな?」 と聞くと
    「センセーも、アルプスよりこっちやろ?人間は正直でなければあかんでぇ!」
    の ツッコミに 「まぁな・・・」と 言うと
    男子たちの大拍手が起こりましたが、女子はドン引きでしたっ💦

    そんな俊太郎さんの詩を 思い出させていただき、ありがとうございます(^^)/

    今、一番つらいのは、子供たちと一緒に 笑えないことです。

    koubejyunntarou

    2019/4/12(金) 午前 8:53

    返信する
  • 人は何故、生きるか?

    所ジョージが言ってます。
    【人は感動する為に生きている】更に
    【長生きする為に生きるなら亀になればいい】

    まぁなかには感動できる生活までいく余裕の無い人もいます。
    障害者なら生きてるだけで精一杯の人も。
    あとは始めから血も涙もない人も。
    ただ漠然と生きてるだけの人も。

    自分はこれがシックリしました。
    感動に年齢は関係ない。感動しなきゃ意味がない。

    [ yamajog ]

    2019/4/12(金) 午後 10:22

    返信する
  • 顔アイコン

    > nさん おはようございます。
    >父の子供で本当に幸せでした。
    これが 何よりも一番ですよ(#^^#)
    どうしたらこんな いい父親になれるのかなぁ?私は、娘二人は東京に嫁いでしまい・・・幸せなのかどうかぁ?疑問(笑)ですっ(^^)/

    腰は、2・3日前から、やっとこさ違和感が少なくなり、かなり以前の調子にもどってきました。
    背筋を伸ばして散歩できる喜びを 噛みしめています。
    もう、一生 山登りはダメかなぁ・・・と落ち込んでいた日々もありましたが、専門医にかかってよかったです。

    あっ、nさんも六甲に登るのですか(^^)/ 誰も行かない変な?コースばかりですが、会えたらいいですね。また、行きたいコースがあればお申し出ください。

    そろそろリハビリのステップアップで、距離を伸ばそうと考えています(^^)/
    どうぞ、退職してヒマ(笑)ですから、遠慮なく訪問してくださいね。
    ぼちぼち で お互い健康に 生(行)きましょう。
    ありがとうございました。

    koubejyunntarou

    2019/4/13(土) 午前 10:24

    返信する
  • 顔アイコン

    > yamajogさん おはようございます。
    人それぞれによって 与えられる感動は違うのでしょうね。

    私みたいな 健康を害して 手術・リハビリを重ねたら 歩けるようになったことだけでも ものすごい 感動ですし。
    障碍者さん(私の教育の原点)も、健常者には感じれない「感動」をたくさん得ていますよ。そして、多くの感動も頂きました。

    1月爆風の富士山頂では、涙が出ました。子供たちの登頂旗を握りしめながら・・・(失敗の連続が続いた後なので)

    感動に大きいも小さいもないのでは?

    人の悪口聞きながら、1万円超のミシュラン☆☆☆のランチを 噂話や自慢話に花を咲かせて、食べても 感動はしないと思いますが。
    バリエーションを突っ切った後の、カップラーメンの方が「感動」しますしね。
    感動するには、自分に相応の目標を持ち、達成感を味わうことが感動なのだとも 思います。
    人が立てた偉業や文学・アートなどや大自然からも 受動的な 感動を得られますが、どちらかといえば、能動的な感動を得たいですね。

    koubejyunntarou

    2019/4/13(土) 午前 10:55

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事