ここから本文です
koubejyunntarouのブログ
お山に行きましょう(^^)/

書庫全体表示

イメージ 1
20数年前に 君は 摩耶山で 小さな命を 失おうとしていた。 それを拾ってきてここに植えた。
君は、違った地で生きようと 懸命にがんばった。
そして 君は・・・木として 立派に育った。
しかし、同じような事をしている
それは 生きるものの 掟なのか。
イメージ 2
昔の君の姿と同じ・・・
君は 光を遮り この小さな命を奪う。
自分の子供が 育ってくれるのを 願わない親はいないだろう。

種は、風で遠くに運んでほしかったんだよな。
風に乗って 摩耶山まで 飛んで行ってほしかった。

そうだろ。

だから、私が風になろう。

帰ろうか
摩耶山に・・・

イメージ 3
あれ? 君も花を咲かせるんだ。
イメージ 4
まさか?
君も花を咲かせるんだ。

知らなかった。
今まで知らなかった。
イメージ 5
窓の外 
イメージ 6
萌えるように 命が輝きだしていた。
イメージ 7
新しい枝が伸び 
イメージ 8
山は 息吹の風が舞う。
イメージ 9
雑木林の命

毎年 繰り返されていたんだ。

そんな事を 気にすることなく 見ることもなく

ただ 毎日の仕事に追われていた。

気づいてれば もう少し 助けることができたのかもしれない。
イメージ 10
明日は、故郷に帰るか・・。

お陽様の当たる居場所があれば いいんだけどなぁ。


  • 顔アイコン

    NICE

    蜂蜜の風

    2019/4/14(日) 午後 11:15

    返信する
  • この汚れた地球でも、殺伐とした社会でも、懸命に生きる命があるんですよ。
    健気ですよね。

    [ あゆくま ]

    2019/4/15(月) 午前 10:35

    返信する
  • 顔アイコン

    > あゆくまさん
    効率の良いロボットを設計図通りに大量生産するのが教育や保育ではないですよね。
    出来が悪けりゃ、流れ作業ロードからはじかれごみ箱に捨てられる製品のように・・・
    育ちが悪けりゃ、間引き 間伐 ええんかい?
    と、理想を持って 燃え尽きましたよ(苦笑)
    子どもに理想を持つのか?子供を利用して自分の理想を追うのか?
    でも 現実は 後者の道を選ばざるを得ない仕組みに なってしまった教育界。
    あかんやろう それ! が いっぱいいっぱいですよねー(ー_ー)!!

    koubejyunntarou

    2019/4/15(月) 午後 0:15

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事