ここから本文です
koubejyunntarouのブログ
お山に行きましょう(^^)/

書庫全体表示

午後からは、ちょいとお仕事に出かけました。
すると元クラスのお子(4年生・5年生の元気者の男子たち。良く叱り 良くおプロレスのお相手をした野郎たち)が車のにおいをかぎつけ、集まってきました。
「センセーっ」そう言うなり、いきなり私に抱きつき、離れません・・・

担任を外れたら、本当にかわいいやんちゃ坊主くんたちです。
学校のセンセーはどうしても 叱るのが仕事でもありますから・・・
それが責任でもあります。
しかし、その責任を外れたら 本当にかわいくて ひと時を忘れて楽しく談笑してしまいました。

仕事が終わり、車で帰ろうとしたらスリッパ姿でいつまでも いつまでも 追いかけて来ようとする男の子・・・
バックミラーで見て見ると、大きく 大きく いつまでも手を振り続けていました。
イメージ 1

それと 元同僚で仕事の事務資料など 自宅まで届けてくれたお姉さんセンセー。
「子供も、職員の皆さんも センセーが帰って来てくれたらなぁ・・・と言っていますよ。ぜひ、腰が治られたら戻ってきてください。マジです。」とお世辞でも嬉しいことを 笑顔で言ってくれました。

この仕事は現在人手不足で、大変です。
私もまだまだ教員免許が有効ですので、来年度の再雇用や今年度の臨時講師としての「教師復帰」は可能です。

でも・・・もう、惜しまれて辞めるくらいが丁度ですし、やるだけやって燃え尽きましたので、今のところは復帰は考えて居ません。

でも、本日久しぶりに 子供たちと触れ合うことができ、ちょっぴりと懐かしさが出てしまいましたっ(*'▽')

子供たちと真剣にかかわる仕事ならば 復帰も考えますが、働き方改革も結局は絵に描いた餅。また15時間労働で くたくたになり やりたいことの10%もできない教育現場なら 私のようなタイプの教師はしんどいだけです。

こういうおかしな現場をなんとかしたいと思いつつ、現実は無力なのだなぁ・・・って悟ってしまいます。

教育とは、その子の良い所を引き出すのが本来の姿。
今の教育は、はみ出た良い所も悪い所も鋳型に押し込み、プレスして みんな同じにしてしまうのが現実です。

プレスからはみ出した所謂「不良品」とみなされたモノは 処分されます。(教師とて同じこと)

そんなことが何世紀も続くようじゃ、いつまでたっても この国に成長はないでしょう。

勿論組織を守るためには 我がままや人に迷惑になっても押し通すのは良くないことだと思いますが、それ以上によくないことを している教育団体って 日本国中至る所にあります。
イメージ 2
イメージ 3








コレに大ナタを・・・いや・・・メスでもいいです。

教師同士の細かなプライドをかけた競争に喜びを感じている教師モドキさんを一掃し、新しい流れを呼び込まないと、澱んでしまいます。
イメージ 4
熱中時代(水谷豊主演) など 今やドラマでも 熱血教師の居場所はありません。

あっ、久々に 仕事の話をしてしまいました。
どうにかこうにかして 内からの改革をもっと 声を上げて進めなければ 旧態依然な構造と目的は、変わらないでしょうね(ー_ー)!!



顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事