ここから本文です
koubejyunntarouのブログ
お山に行きましょう(^^)/

書庫全体表示

テント泊装備 重量15.1kg  担いで登れるのか・・・リハビリ検証に行ってまいりました。
イメージ 1
中学1年生 登山部で登った懐かしのお山。再スタートはココです(^^)/
イメージ 2
いやー、標高が上がりますと、今が一番緑が輝く季節ですね。光のシャワー。
イメージ 3
では、重たいザックで どれぐらい対応できるのか? 腰は大丈夫なのか?リハビリ実験です。まだ手術から2ケ月チョイ。 じっとしていられません(笑)
イメージ 4
快晴です。しかも湿度も温度もかなり低くて 汗もかきません。風が強いです。
イメージ 5
うーん。久々のザック。15kgを超えるとズシッと体に来ますねー。でも腰は大丈夫みたいです(^^)/
イメージ 6
千ヶ峰の山頂が見えました。取りあえず「お試しリハビリ」ですので、本日は標高差250mで15kg越えザックで登れるか?それが 目標です。
イメージ 7
おおっ、ワラビの群生地ですよー。帰りに山菜捕りをしようかなぁ?
イメージ 8
うわー。ナイスビュー(^^)/ 一番奥に見えているのがホームの六甲山地です。
イメージ 9
スミレもかわいいんですけど ワラビが気になるぅ・・・・
イメージ 10
標高900mを超えると寒くなってきました。緑もまだホンワカしています。
イメージ 11
一歩 一歩 踏みしめて 腰の具合を確かめながら 進みます。 セルフなので、またカメラを取りに戻るのが大変ですがっ💦
イメージ 12
やったぁ! 山頂に着きました(^^)/ たったの1時間20分でしたが、15.1Kgを担ぎ上げることができて 感激ですっ。
イメージ 13
ふぅー。一人独占。GWが終わった平日は こんなに静かな山行ができるのですね。
イメージ 14
氷ノ山も見えました。今年は雪が少なかったので確認できません。
イメージ 15
笠形山です。ここから縦走もできるのですよ。 ただ車が2台ないとできないか…
イメージ 16
瀬戸内海に浮かぶ香川県の小豆島も確認できました。
イメージ 17
日没までに テントを張りました。山頂なので風がきつくて往生しましたっ(笑)
イメージ 18
絶景かな?の今日のテント場(山頂でテント張る人も居ないです。風が強いから)ですっ。今夜はココで 眠ります。ただ寒いですよ。ユニクロダウンを来ました。
イメージ 19
氷ノ山の西に 陽が落ちていきます。
イメージ 20
テントも黄昏ています。
イメージ 21
サンセット in 千ヶ峰
イメージ 22
また明日。お疲れ様。
イメージ 23
そろそろ暗くなってきました。テントに入って ディナーを食べましょう(^^)/
イメージ 24
山はやっぱりいいなぁ。
イメージ 25
あはっ。ディナーと言っても アルファ米とレトルトカレーにどん兵衛・・・こういう時はお鍋でもしたいなぁ。でも 重量がかさみますし。
でも、山で食べると これでも 美味しいのですよ(^^)/
イメージ 26
夜景を観ながら至福のコーヒーを頂きます。
イメージ 27
神戸の西部や明石の夜景がこんなにもはっきりと見えるとは知りませんでした。
イメージ 28
まだ稜線は赤みがかっています。本日のお月様は三日月。なんだかロマンチックですね。この景色を静かーに独占できるのは 何十年ぶりでしょう?
ただ、周りには鹿さんが居ますがっ(笑)
イメージ 29
夜景モードで ホームの六甲山を なんとか撮影できました(^^)/ 摩耶山の赤い光と六甲最高峰の青い光で判りました。有馬も繁盛しているのか電気が煌々と!
六甲と千ヶ峰は直線距離で約60km強離れています。
イメージ 30
あれ? 明石海峡大橋かなぁ?肉眼では確認しずらかったです。でも、安物のコンデジを最大にアップさせると、なんとレンボー色に輝く明石海峡大橋が撮れました!!
イメージ 31
9時過ぎに眠ったのですが、真夜中に起きてしまいました。テントから顔を出して夜空を見上げますと 「満天の星!」 ※コンデジは映らなかったのでイメージです。
イメージ 32
ああー、寝坊してしまいましたっ。慌てて外に飛び出しました。サンライズ。 ご来光です(^^)/ 皆さんに良いことがありますように!
イメージ 33
朝食は、焼きぞバロールの気持ち。
イメージ 34
モーニングコーヒーは、最高ですっ!
イメージ 35
おはよう 六甲山(^^)/ しかし 山 山 山ですねー。
イメージ 36
ふー。やっぱり山でテント泊はいいなぁ。しかも 北アルプスみたいに牛ぎゅう詰めじゃないし。こっちの方が 私向きです。
イメージ 37
北アルプスの涸沢テント場・・・これなら家の方が静かですっ
イメージ 38
取りあえず、目標の15.1Kgを担ぎ上げて テントで眠ることができて大満足(^^)/
イメージ 39
奇麗にお片付けして 下山しまーす。
イメージ 40
ふー、爽やかな朝。 腰も痛くないですし 本当に来てよかったです。
イメージ 42
ココが意外と知られていない「岩展望」です。登山道からちょっと外れています。
イメージ 41
景色ばかり見てワラビを撮るのを忘れていました。ザックを置いて 引き戻しの刑に処されましたっ💦
イメージ 43
ちょぴり 栄養土壌に栄養が無いのか 細いのばっかりですが、食べるのが楽しみです(^^)/
イメージ 44
はい、たっち。
時間があるので、林道を山の裏側に降りて 峰山高原に参ります。
イメージ 45
途中の村落にある巨大すぎ 寝回り10m 高さ43mもあります。写真に入り切れなかったです。
イメージ 46
笠形山登山口のグリーンエコー笠形に続く道に まだこいのぼりが無数に泳いでしました(^^)/
イメージ 47
標高500m〜600の里山の緑が まぶしいくらいに 鮮やかでした。
イメージ 48
近年リゾート開発(日本で一番新しいスキー場)された峰山高原に、やってきましたが。。。まるで変ってしまってしまいました。なんだこのゲル(パオ)のテント群は・・・
イメージ 49
大砲みたいな人工降雪機・・・スキー場などもはや下火なのに・・・何故 自然豊かな峰山高原を破壊してまで作る必要があったのでしょう。
オマケにココは、豪雪地じゃありません。暖冬ならば雪は10㎝くらいです。例年でも30〜50㎝程度の積雪地帯。
イメージ 50
森が壊され。荒れ地に・・せめて草の種でも撒いたらどうなのでしょう。雨が降る度に泥だらけの水が奇麗な川に流れ出します。
イメージ 51
稼働は1.2月だけ。そのために山を破壊し、川を汚す。そんなに金が要るのかな。まぁ、数年後は廃墟になりそうな気がします。
イメージ 52
山頂の近くまで地肌むき出し。そしてレストハウスを創るのでしょうか・・・鉄骨が組み合わせれています。
イメージ 53
この高原も終わりましたね・・・。四季折々楽しめたお山に高原だったのに・・・
イメージ 54
ここはキャンプ場だったのですが、そのキャンプ場のど真ん中をブルが削った荒々しいゲレンデが通っています。
イメージ 55
リゾート・・・聞こえは良いですが・・・
きっと 廃屋のレストハウスに 廃線された錆だらけのリフトの残骸が残り、ゲレンデ後は荒れ地になり、森が回復するまでに数十年以上かかるでしょうね。
こっちも 掲載しています。アメーバーブログ↓

  • jyunntarouさん リハビリ検証 ご成功おめでとうございます!
    良かった〜!
    他に、言葉がありません!
    私も何だか、とっても嬉しいです!

    [ めたるおとん ]

    2019/5/8(水) 午後 8:00

    返信する
  • 顔アイコン

    > めたるおとんさん こんばんは。
    ありがとうございます。
    取りあえずはいつもの30kg越えの半分でチャレンジ。
    距離も標高差も僅かですが、目標に達することができました。
    喜んで頂けるなんて 光栄です('◇')ゞ
    また、少しずつ トレーニングを積んで ハードな山にチャレンジしていきたいと思っています。応援よろしくお願いいたします。

    koubejyunntarou

    2019/5/8(水) 午後 10:18

    返信する
  • お母さんがワラビ見たら、飛んでいくかも!笑笑。
    ワラビは、藪の中に生えてる方が太いですよね。
    でももう、こちらのワラビは、成長して、とられませんよ。
    少しづつ重さを増やして、背中に筋肉をつけた方がいいですね。
    でもやっぱり、常日頃鍛えてきてたから、そういう人は、回復力が早いのは、本当ですね。
    ブログ記事に書きましたが、また、闇に戻ります。
    正直、バカだと自分で思います。でも…無いんですよね。働き場所。やりたいことが職として…。
    ただ、今回は、もしかすれば、私のやりたい保育を勧められるのでは?と、淡い期待も少し…と、闇でブラックな職種だから、期待しない方がいいですね。

    [ あゆくま ]

    2019/5/8(水) 午後 10:27

    返信する
  • 私も連休中にテント泊行ってきましたよ〜^^
    お山でゆっくり過ごす時間は最高に贅沢ですね♪
    それにしても驚異的スピードで回復されてますね!

    rosa_multiflora_0107

    2019/5/8(水) 午後 11:13

    返信する
  • 顔アイコン

    > あゆくまさん おはようございます。
    はい、少し不安がありましたが、テント泊用のザックを背負って歩けることができました。術後から欠かさずトレーニングしてきて良かったです。
    保母さんに戻られるということですが、しんどいことも山ほどでしょうが子供さんからの嬉しい感動も頂けますよ。
    よき若手の聞き役 指導役として がんばってくださいね(^^)/
    私はしばらく 自由を堪能します(金欠になるまで)
    でも 自由になったからこそ自然とゆっくりと触れボロボロになった心身を回復できています。でも 子供たちが懐かしくもありますよ。伏魔殿はもういいですがっ(爆)

    koubejyunntarou

    2019/5/9(木) 午前 9:16

    返信する
  • 顔アイコン

    > みぃさん おはようございます。
    テント泊 いいですよねー。ちょっと寒かったですがっ(笑)
    少しずつ、元の体に戻して また 山を駆け巡りたいです。
    退院したその日から、トレーニングを欠かさずに行ってきたのが良かったのかもしれません。
    歩けることは本当に幸せなんだと感じている今日この頃です。
    山屋までは、沢山の野鳥がさえずっていましたよ(^^)/
    でも 何の鳥やら(笑) 写真もコンデジでは不可能な動きですし…
    むずかしいですねぇー。

    koubejyunntarou

    2019/5/9(木) 午前 9:21

    返信する
  • 顔アイコン

    ぴちをくん おはようございます。
    ハルジオンにカラスノエンドウ? もう野生ですねっ(笑)
    来週頃から下旬にかけて氷ノ山辺りでも根曲りダケが旬を迎えます。しかし人がいっぱいです。
    テント泊装備がなんとか担ぐことに成功しましたので、そろそろ大きなお山を狙いますよ(^^)/
    平日のお山は、最高に静かですっ。あっ、あのワラビ偽物だったようです・・・(ー_ー)!! ワラビに偽物ってあるのかぁ・・・

    koubejyunntarou

    2019/5/9(木) 午前 9:26

    返信する
  • 顔アイコン

    ワカメごはん、鉄板ですね、+カレーなんてイイな。病み上がりテストで15キロですか!凄い。今は万全でも20キロが限界かなぁ、歩荷トレは決まって水のヘタレな僕です。山頂独り占め、羨ましいです。

    [ solori ]

    2019/5/9(木) 午後 7:10

    返信する
  • 顔アイコン

    テントを担いでの山歩きでしたか!
    腰の方も特に影響なく良かったですね。
    次回はちょっと遠征なのでしょうか?
    大自然の中で復活してきてください。
    僕の場合は台高の縦走では根性がないのでツエルトで眠りました。台高の山は険しいようですが、テン場もたくさんありそうな感じでした。

    ヨー君

    2019/5/9(木) 午後 10:30

    返信する
  • 顔アイコン

    > soloriさん こんばんは。
    アルファ米は美味しくないので、レトルトカレーを混ぜると食べられます(笑)
    今までは仕事で平日の山に行けませんでしたが、山がこんなに静かとは・・・びっくりです。
    20kg以上担げないと縦走は難しいですし冬場は25kg超えなので、今からボチボチです('◇')ゞ
    少しずつ がんばります。soloriさんも がんばってくださいね('◇')ゞ ありがとうございました。

    koubejyunntarou

    2019/5/9(木) 午後 11:54

    返信する
  • 顔アイコン

    ぴちをくん こんばんは。
    うーん。なんだか 変かなぁと思い、家に持ち帰ったら「ワラビじゃないよー、コレ。」ちゃんちゃん💦
    どーみても ワラビでしょうにぃ。
    山菜は難しいですね。プロに教えてもらいながらじゃないとお腹を壊してしまいそうです(笑)
    来週は根曲がりダケをゲットするぞぃーーー(^^)/
    山菜の旅 お疲れさまでしたっ(^_-)-☆

    koubejyunntarou

    2019/5/10(金) 午前 0:00

    返信する
  • 顔アイコン

    > ヨー君さん こんばんは。
    ブログ見ましたよ(^^)/
    ツエルトで頑張ってましたね。台高縦走は、ほんとルーファイが難しそうです。
    高見〜大台ケ原 もう ほぼ手中にしましたね。
    大台からなら余裕で大台辻まで往復できますし、バリエーションもありますから 楽しみですね。
    私も時間がありながら まだまだ腰が無理できないので
    歯がゆいです(ー_ー)!!
    でも、来週は 雪山に行きたいですっ(ー_ー)!!!

    因みにツエルトは、虫が入って来るし、夜露で中がべとべとになりませんでしたか?
    軽量で重宝するのですが、そこがツエルトのネックですね。

    koubejyunntarou

    2019/5/10(金) 午前 0:08

    返信する
  • 顔アイコン

    > koubejyunntarouさん
    この時期は虫の活動もなく、お天気も夜露のできるようなこともなく、快適でした。
    落ち葉の上っていうのが良かったのかもしれません。

    静かな平日の山、思う存分楽しんできてください。

    ヨー君

    2019/5/10(金) 午前 7:46

    返信する
  • 顔アイコン

    > ヨー君さん こんばんは。
    あっ、夜露付きませんでしたかっ。標高が高いので虫もまだ大丈夫だったのですね。野宿とツエルトの差は大きいです。囲まれ感と安心感がまるで違いますね(^^)/
    私もテントは重いのでツエルト山行考えます(^_-)-☆

    koubejyunntarou

    2019/5/10(金) 午後 8:33

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事