ここから本文です
koubejyunntarouのブログ
お山に行きましょう(^^)/

書庫全体表示

イメージ 1
さてと、取りあえず 登りますか。夏に来た時には懸垂下降せずにクライムダウンできましたので、Ⅱ級〜Ⅲ級弱のクライミングです。
イメージ 2
あれ? 後続部隊はココで本格的に登攀用具を出しましたよ。この赤い人がガイドさんで、色々指示を出していました。赤い人(リーダー)の指示命令の雰囲気から大学山岳部でなさそうです。その間に登らせていただきます。
イメージ 3
ここが、下降時の懸垂下降のアンカーです。しかし青いロープが残置されていました。残置も劣化が進みますと危ないですから使用時は注意が必要です。
イメージ 4
アンカー地点からコルを見下ろします。ホールドスタンス共に豊富で、クライムダウンは十分可能です。
イメージ 5
おおっ、縦走するハズだった明神岳(2931)が目の前です。
イメージ 6
この明神岳前衛峰(約2885?m)登頂です(^^)/
で、明神岳に向かいましたが、腰の調子が悪くなり・・・「えっ?ココでかぁ…」
と、数十m進んでから 「止めておこう・・・ココで降りれなくなるとえらいことになる・・・」
明神岳に向かうのを止めました。雪もすっかり溶けていましたので10数分あれば、山頂に行けるのですが。とても残念でしたが、故障者の単独登山は慎重に決めないと迷惑をかけてしまいます。
イメージ 7
下降時に、登攀してきた後続隊の方に声を掛けました。
「クライミングの練習ですか?」
「はい、ガイドツアー登山です。」
イメージ 8
後続隊が、確保されて登ってきました。
私が降りて来て 安全場所で待っていますと「申し訳ございません」と律儀です。
まさか、私が降りてくるとは思わなかったと思います。こちらこそ「申し訳ございません。」と言いました。
イメージ 9
コルまで降りて、ゆっくりと景色を見ながらのモーニング「アップルパイの気持ち」
イメージ 10
すると、この単独の方も奥明神沢から登って来られました。年齢は私の10歳以上年上の超ベテランさんでした。
Ⅱ峰のクライミングの話や北鎌尾根の話に花が咲きました。
驚いたのは、この方も脊柱管狭窄症だったのです。
それと装備が本当に軽そうで無駄がなく、使い古したチョークバック(岩登りの滑り止めの粉を入れる袋)を見ると、相当なクライマーさんだったのが判ります。
イメージ 11
谷に日が差してきました。直射日光を浴びて、雪が中途半端にズルズル腐りますと危ないです。ほどほどにアイゼンが効く内に降りたいです。しかも、下りの方が腰に力を入れなければなりません。
イメージ 12
まだ、雪が締まっていましたのでクライムダウンをすることなく、ここまで降りてきました。今の雪の状態でココで尻セードをしたら、滑落になってしまいます。
赤〇は、岳沢小屋です。まだまだ遠いですっ💦
イメージ 13
角度が緩くなり、雪も柔らかいのでココから一気に尻セードをします。(雨具のズボンがダメになるのを解っていながら)
それほど 腰にダメージが来ています。
※後に尻セードの動画をアップしますね。(参考に)
イメージ 14
やっと岳沢小屋近くまで降りて来れました。この春山シーズンはサングラス必携ですよ。下界は、恐らくこの時期に珍しく猛暑だと思いました。ココでも少し暑く感じますから。
イメージ 15
でも、大滝はまだ凍っているように見えました。この大滝の左ルンゼからクラッシックルートの南鐐へ取り付いて奥穂に登れます。
岳沢からは、この時期までは一般道は使えませんので、雪見ハイカーさんかアルパイン登山者さんしか来ません。
イメージ 16
乗鞍岳には、GWから標高2700mまでバスで上がれます。今の私には、そっちの方が向いていたかもしれません(ー_ー)!!
イメージ 17
岳沢小屋デッキにて。小屋の人は今の時間帯に明神沢からここに降りて来た私を不思議そうに見ていましたし、何か買ってほしそうな顔をしていました(笑)
当然、私以外誰もいませんので。
尚、小屋泊まりは予約が要ります。テントは予約は不必要です。
来年は、小屋泊まりにして荷物を減らし 軽装で明神岳縦走をしたいです。20数㎏を担いで縦走するには、手術した腰と年齢を考えたらもう無茶ですっ💦
イメージ 18
やっとこさ マイホテル(テント)が見えました。
イメージ 19
雪が腐って グランドキャニオンみたいになっています。ズボズボと歩きにくいです。
イメージ 20
それにしても空が蒼いなぁ。のんびーり。腰を伸ばして雪面でひっくり返って寝そべっています(笑) だぁーれも 居ない春の北アは初めてかも?
イメージ 21
遅くなりましたが、モーニングコーヒーですっ。ココで飲むコーヒーは、本当にうんまい(^^)/ 最高ですよ。
イメージ 22
静かだと思ったら 英会話が聞こえました。 半袖短パン姿の外人さん達が登って来て、ここで雪に閉ざされて道が無くなるので、「オー!NO!」とか言っていました。
イメージ 23
のんびりした後、テント撤収です。これがまた腰に負担をかけましたっ💦
しかし、まだまだ20kg以上は雄にあります。はぁ、下れるのかなぁ?
イメージ 24
30㍑+5の小屋泊まり1泊専用のザックにテン泊&クライミングセットは、はち切れそうです。
イメージ 25
ばいばい、北アさん。 春夏秋冬、今度は人生でまだ来たことのない錦織の秋に来ようかな?
イメージ 26
近そうでまだ遠い河童橋。
イメージ 27
この辺りは、雪が凍っています。つるんつるんです。
イメージ 28
ううう。この石畳的な何の変哲もない登山道が、一歩一歩腰にびくん びくんと響きます。
イメージ 29
ほっ。やっと上高地ゾーンへ。 周りは外国人さんだらけです。
イメージ 30
はい、河童橋に着きました(ひぇーっ)です。赤〇はテントを張っていた所です。
イメージ 31
おいおい、意外とアカンダナ方面のバス待ちの方がいっぱいです。登山者はいませんがっ。全員ハイカーの皆さんです。
張り切っているお姉さんが「ザックはトランクへ入れましょうか?ピッケル・飲料水などは外して中に持ち込んでください。それと、このバスに乗れるかどうかビミョウです。次のバスになるかもしれません。」
あー💦
でも、ギリギリ一番最後に乗り込めました(^^)/
イメージ 32
アカンダナ駐車場に着きました。ふと下を見ると つくしが顔を出していました。ここの春は、下界よりも2ケ月遅れなんですね。
イメージ 33
はい、たっち。
イメージ 34
新緑と残雪の山。帰るのがモッタイナイ程です。
イメージ 35
平日なのに駐車場は、結構な車の数でした。バスも満員になりますね。
イメージ 36
新緑と青い空。 大学時以来の五月下旬の北アでしたが 爽やかな風が最高でした。

しかし、テン泊でアルパイン縦走は不可能だと判りました。何事も経験ですね。取りあえず、なんちゃってアルパインと好天気な北アに触れることができましたし、無事帰って来れたことが何よりの成果? ですかね。

脊柱管狭窄症で腰椎手術をして2ケ月と20日。
やはり、まだまだ20数Kgを担いでのアルパイン縦走は無茶でしたね(ー_ー)!!

でも、人生行ける時に行っておかなくちゃ、悔いが残りますしね。(^^♪

オマケ 奥明神沢の尻セード動画↓

  • よき人生の先輩に出会いましたね!
    しかも、よく、登りましたねー!
    秋のこちらの景色も抜群ですよ。

    [ あゆくま ]

    2019/5/24(金) 午後 10:32

    返信する
  • 顔アイコン

    jyunntarouさん 残雪期北ア明神岳アルパインソロ リハビリチャレンジお疲れ様でした。そして的確で早いご決断をなさってさすがと思いました。 縦走は今後のお楽しみということで、とにかくご無事でのご帰還おめでとうございます。素人の私にはよく分かりませんが、jyunntarouさんは急登に強い方なのですね。 それから、富士山や大好きなお山が沢山見られた事、愛情のモンベルダウンの暖かさ、苦〜いふきのとうそば、みんな最高です! 年上の登山者さんも、立ち姿だけでも達人の風格を感じます。 またまとまりませんが、おかえりなさい!

    [ めたるおとん ]

    2019/5/25(土) 午前 0:24

    返信する
  • 顔アイコン

    とりあえず無事下山、お疲れ様でした。
    安全が何よりです。
    静かな山の空気を吸って精神的には元気になりましたか?
    肉体的にはちょっとつらい?
    ボチボチ行きましょう。

    ヨー君

    2019/5/25(土) 午前 0:28

    返信する
  • 顔アイコン

    > あゆくまさん おはようございます。
    はい、70を過ぎて単独アルパインとは 凄い方でした。若い時から岩ばかり登られていたそうです。私も頑張らねば・・・ひぇー。腰がっ。
    九州のお山の紅葉も素敵ですよねー(^^)/ 行きたいです。

    koubejyunntarou

    2019/5/25(土) 午前 8:56

    返信する
  • 顔アイコン

    > めたるおとんさん おはようございます。帰って来てから爆眠です(笑)
    20数キロの荷物になるとてきめんに腰に来てしまいましたっ。💦
    まぁ、早期リハビリでは無茶すぎましたかっ(ー_ー)!!

    色々と最高などとお褒めのお言葉…色々とありがとうございました。敗退して帰ってきたので、この言葉は身に沁みました( ;∀;)

    無茶はできない年齢と体ですので、今回は慎重な判断で、行けるところまでにしました。
    急登りが得意じゃなく、急登りだと手下肢を使ってよじ登るので「腰」に負担が少なくなるからですねー(笑)。
    体力も落ちたし、またまた 普段からのリハビリに励んで、次こそ縦走をリベンジしたいです。
    あっ、来月は富士山かな?(笑)

    koubejyunntarou

    2019/5/25(土) 午前 9:03

    返信する
  • 顔アイコン

    > ヨー君さん おはようございます。
    筋肉痛 腰痛 足の痺れ 3重苦ですっ💦
    ほんと自力で帰って来れたことが 一番の収穫かもです。
    昨日は爆睡しましたっ。
    ううう。明日は登れるのかっ? 数年前はPから〇〇平まで1時間で登り上げましたが、今回は3時間はかかるか(笑)
    日暮れまでには着くでしょう(爆)

    koubejyunntarou

    2019/5/25(土) 午前 9:07

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事