ここから本文です
koubejyunntarouのブログ
お山に行きましょう(^^)/

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

イメージ 1
畳岩尾根ですね。ココも殆ど記録がありませんが、岳沢小屋の方が残雪期に登ったブログがありました。
北尾根や明神、南陵などのバリルートは、人気がありますが、この畳岩界隈は、全く誰も取り付いていません。
イメージ 2
おおっ、人が歩いていますっ(^^)/ あそこが縦走路かっ!!!
イメージ 3
やっと自撮できる場所に来れました。それまでは、絶対に自撮は無理っ(^^)/
イメージ 4
ふぅー、落ち着いて座って景色が眺めれるー(^^)/
緩やかな台地です。あと もう少し もう少し・・・
イメージ 5
明神よりも 高くなってきましたっ。もう少しで3000mに到達です(*^^*)
イメージ 6
道との遭遇ですっ!!!!
イメージ 7
思わず、バンザーイ!
イメージ 8
標高2981m。
イメージ 18
ありがとう・・・無事 登り切れました。

ジャンダルムに向かうか?
いや、ちょっと 両足の踵の上が痛すぎるんですけど・・・
緊張感がほぐれてから、この痛みは ごっついです。
ありゃ、靴下脱いでみてみたら・・・( ;∀;)
見事に皮が剥がれて、ズル剥けて血が出ています💦

あっ・・・・ずっと靴が斜め45°以上に固定されて登って来ましたので、踵の後ろの部分が一手に重さを被っていたのですねぇ・・・

ジャンダルムまでたったの標高差200mもありません。
どうする?
でも、緊張感がなくなったら コレだけの痛みを感じるのですねぇ・・・((+_+))
イメージ 9
よしっ、ジャンは諦めて、あそこの無名ピークを 今日の登頂記念としましょう。
イメージ 10
おおー、丁度真下が畳岩ですよー。ってことは、奥壁のてっぺんかなぁ?
イメージ 11
はい、たっち。 老体にムチ打って ようがんばったです(笑)。
イメージ 12
西穂〜奥穂 縦走者さんは、いっぱい いっぱい おられましたよ。流石に人気コースは凄い人ですっ。
イメージ 13
あっ、いつも冬季に登る飛騨側が見えてますっ。笠ヶ岳は、夏はこんな感じで見えるのですねー。
イメージ 14
今年の1月、蒲田富士から見た笠ヶ岳です。
ああ、夏の北アもいいけれど やっぱり冬の北アが 懐かしいです(^^)/
イメージ 15
鎖場が渋滞していますっ。
なので、鎖場の横の崖をバイパス?として 下りまーす。
イメージ 16
え? えっ? それはないでしょう・・・💦
「人が降りてきてるんやから、混んでいないこっち登ろっ!」
って、年配の(自分もですがっ)方が、渋滞を避けて、私の方に登って来始めました・・・・・
登山は、登り優先ですので、下っている私が道?を譲らなければなりません。
「ここで道を譲るとなると、飛騨側に避けるしかないかぁ?」

下から、「行けますよねー?」の声。
「あっ、はい・・・」のワタシ。

しゃーない、飛騨側の方へジャーンプ(笑)
すると、
「すごい!」と 言われました。

はい、足の皮剥けてるのに・・・ええかっこして
もう、一回ジャーンプ・・・
あっ・・・
飛び降りたところに小石が・・・わぁおー、ズルっ・・・堕ちるっ・・・
気がついたら、左足のつま先が信濃側に回り込んで、体は飛騨側に向いたまま・・・
180°体を捻って 止めていました。
「ぐにゃり」
膝の腱が伸びましたよー。

「大丈夫ですかぁー」と心配されましたが、
「はい、はい」と 作り笑顔で、下に降りていくワタシ・・・

で、人が居なくなってから、
「うううう。コレはヤバいなぁ・・・」
膝を曲げると、ずきん ずきん・・・💦

ええ歳こいて、えーかっこして ジャンプなんかするからや・・・
あほか。ぼけか。かすっ。 と自分をけなしまくりましたが、覆水盆に返らず。
あーあ。
畳岩登攀を終えたら、なんだか 縦走路は とっても安全に感じてしまい、気が緩みっぱなしだったのです。

よく 登頂後に滑落遭難する場合がありますが、張りつめていた気が一気に緩んでしまう、そのパターンだと思います。
気が緩んだばかりか、左膝の靭帯まで緩んでしまったようですっ。
イメージ 17
ふぅ、休んでいたら ひっそりと咲いている白い花を見つけました。可憐な白い花に笑われているようでした。
イメージ 19
両足の皮ズル剥けて、左足膝の靭帯伸ばして・・・トリプルパンチで、やっと天狗のコルに着きました。
イメージ 20
しばらく、休みますぅ。
イメージ 21
ジャンダルム・・・行きたかったなぁ・・・
いや、それよりも この足で岳沢のテントまで 帰るのがヤバイかぁ?
イメージ 22
この天狗沢を降りていきます。
ふぅ、でもまだ午後1時前です。普通なら1時間チョイで降りれそうな感じですが、3時間は、かかりそうです💦
予定では、テントを畳んで、余裕で上高地発18:00のアカンダナ駐車場行きのバスに乗るハズだったのですが・・・

無理ですねぇ・・・
まぁ、ヘッドランプも食料も ユニクロダウンにシュラフカバーもありますし、いざとなれば、ビバークでもしましょう。

自分が蒔いた種ですから・・・

イメージ 23
あっ、登った畳岩が良く見えます。赤〇の所が オコジョくんと 遊んだ?所です。
しかし、よく登ったなぁ・・・あんなとこ。
イメージ 24
やっと雪渓地点まで 降りてきました。畳岩の全景が見えました。

ふぅ、歩いていたら、なんだか足の痛みが少なくなってきました。ココは、標高2460m、あと300m下れば 岳沢小屋です。

イメージ 25
お花畑が続きます。ふぅわー、岩場と対照的です。岩場もいいけれど、こっちも素敵です。
足を痛めているおかげ?で、ゆっくりペースなので 花をゆっくりと見ながら降りることができました。
もし、足を痛めていなければ、早くテントに帰ろうと、時間だけ気にして、花には目を向けていなかったかもしれません。
イメージ 26
山から、そよ風が降りてきて、花たちが ゆらーり ゆらーりと揺れています。
ああ、こんなに ゆったりと 花や景色を見て降りるなんて 初めてです。
足は痛いですが、この感じ・・・ほんと 素敵でした。
ハイジやペーターが その辺で 寝転んでいそうな アルプスです。

口笛はなぜー 遠くから 聞こえるの?♪ 教えてぇーおじいさん♪

あっ、もう自分は、そのお爺さんのオンジくらいの年齢なのに、いつまでペーター気分なのでしょう・・・

イメージ 27
蝶もいます。
イメージ 28
オニユリも 一つだけ ポツンと咲いていました。

ケガの功名? まったりと さわやかに 降りてくることができました。
イメージ 29
はい、たっち。

食料は、まだまだ 担ぎ上げていましたし、水もたっぷりと残っていますし。この時刻からテント畳んで、上高地まで18:00のバスに 間に合う体の状態でありませんので、もう一泊 予備日を使います。

どうせ帰っても 暑いだけ。 15℃の風にあたっていましょう、そうしましょう。
イメージ 30
朝の上高地散策。
イメージ 31
あっ、畳岩に雲がかかってますよー。
イメージ 32
いろいろ あったけど いい山旅でしたー。 
イメージ 33
いただきまーす! って、トリックです(笑)
ちょっと お値段高かったから あきらめましたっ💦
イメージ 34
はい、たっち。 


今回の山旅は、雪渓 岩壁 お花畑 パノラマ オコジョ ケガ・・・
いろいろありましたが、
かねてからの 願い・・・
「畳岩単独登攀」

もう、あきらめていましたが、 年齢的にも最後かなぁ? と思い
チャレンジしました。

自分で考え、自分で登る。 ルートを間違えれば 詰まってしまう・・・
道は、先人が切り開いてくれたありがたい賜物ですが、
こういう マイナーな 道やマーキングすらない 自分で切り開いていくバリエーションルートがやっぱり 好きですね。

このルートを紹介してくださった 三歩さん 本当にありがとうございました。この場をかりて御礼申し上げます。

                             -jyunntarou-

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事