ここから本文です
koubejyunntarouのブログ
お山に行きましょう(^^)/

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

本日は、丸一日学校を参観してもいいデーの日でした。
普通の参観日は、1時間の参観だけですが、1時間目から給食、そして6時間目まで参観自由ですので、保護者さんが入れ代わり立ち代わり・・・
子どもたちも緊張していますし、いつもとは違う雰囲気になります。
あっ、私は普段のまんま。ありのーままのぉー。(でも営業笑顔を作っていた?)かもです(笑)
なんやかんや言っても、やはり一日中参観は、ちょっと気遣い疲れが出るのも正直にあります。休み時間もずーっとですから。

こんな日に なんと・・・給食後の昼休みに、コンサートをするそうです。
給食の食缶を返しに行こうとしたら、出場男子グループから、「センセーはよ、教室にかえってきてやー!」
「えっ? 今日やるのぉ??」
まぁ、さすがに昼時は、保護者の皆さんも、一旦お家に帰って、昼食を食べなければなりませんから、誰も残らないでしょう。

教室に帰って来ましたら、前のように コンサート会場が出来上がっていました。もちろん保護者の方は、誰一人いませんでした。

しかし、ある元気なお子が、廊下で「コンサートが始まります。お母さま方も観にきてくださーい!」と宣伝し、無理くり? 一人のお母さんが入場させられ?ました。

先ず●●君の独唱が終わって、そのお母さんの顔は びっくりした様子でした。
アンコール! アンコール アンコールの大合唱コンサート会場になりました。
すると次は、男子3人組が出てきて
「夢を叶えてドラえもん」を歌い始めました。

イメージ 1
すると、それにあわせて 観客のクラスのお子達も 一緒に歌い始めて、大合唱!もちろん私も 一緒に歌ってしまいましたがっ('◇')ゞ

観客のお母さんは、もう 笑顔で溢れています・・・

はて? 誰のお母さんだったっけ・・・
私は、なかなかお母さんの顔を覚えられないタイプですので、いくら考えてもどの子のお母さんなのか判りません💦

そのお母さんが、ニコニコして 私に話しかけてきました。
「センセー、すごいです。なんか みんなが一緒になって・・・きっとこの子たち、大人になっても絶対に忘れませんよ・・・」と もう顔がほこほこ。
ああ・・・誰のお母さんだろ💦💦

そして、オオトリ?は、勝手にワタシが参入!(笑)
ギターを取り出して、「いくでぇー!バブバブロックンロール!」
「イェーイ!」 のお子達。
そのお母さんの顔が またまた びっくりして 目をぱちくり!ぱちくり!

バブバブバブっぶぅー(バブバブっぶぅー) ♪
バブバブバブっぶぅー(バブバブっぶぅー) ♪
ノリノリで 踊りながら 歌いまくります。

「何・何・何 この異空間・・・」 お母さんの驚いた顔。

そして、今回・・・コンサートが終わると・・・なんと 歌ったお子達のグループのサイン会がありましたっ( ゚Д゚)
「サインを欲しい人は、並んでくださーい」

「芸能人かっ!」と 突っ込みたくもなりましたが、
あれまっ、行列ができてますよっ(笑)

えええええっ! その列に そのお母さんも並んでいるのですっ( ゚Д゚)

「よかった。おばちゃん 感激したよー。」と、そのお母さんが、サインしているお子たちに言いますと、
「あっ、誰のお母さんですか?」と お子が尋ねました。

「●●組の●●のお母さんですよ。」

私は、「えっ!えええぇええぇええっ!」
なんと、違うクラスのお母さんだったのですっ( ゚Д゚)💦

あああ。。。そりゃ 顔を思い出せないはずですぅ・・・。

そのお母さんは、飛び切りの笑顔で 私や子供に「ありがとうございましたっ」と挨拶をして教室を出ていかれました。

6時間目の体育です。
縄跳びや長縄をした後は、親子ドッチボール大会!
最初は、遠慮していたお母さん方も 
子どもたちに バンバンあてられてしまいますので・・・
ついに 本気モード全開(笑)

うわー! つよい! 
と、ビビりだす お子達。
ちっちゃい妹さんや 弟さんも 一緒にやっていますので 大丈夫かあ?

はい、お母さま方が本気になりますと、お子達は負けてしまいましたっ(笑)
まだまだ若いですねっ。
すごい技も出て、お子達から「おおおおおー!」の声。

今度は、親子入り混じっての チームで 楽しくおしまーい!

はーい!みんな集合!
お母さま方も集合お願いします!

では、子どもたちから 感想を言ってもらいます。
はい! 「めっちゃつよいとおもいましたっ」
はい! 「めっちゃ こわいと おもいましたっ」→お母さま方から笑い声。

なんやかんやで ドッジも無事楽しく終えました。速い球でお母さんもタジタジにさせてしまうお子たちもいれば、逃げまくっているお子もいました。でも、その中で目立ちはしませんでしたが、地味ですが、小さな妹弟さんを体張って守ってあげていた 男の子たちがいました。

帰りの会 「ナイスな人」コーナーで
「●●君と〇〇君が、必死にお尻で、私の妹を守ってくれていたのが、ナイスでしたっ!」
と、真顔である女の子が発表しました。

「お尻で守るっ!ぎゃーはっはは。」
と 笑う一部のお子達に 私は 釘をさしました。

小さな子供を守ってあげている姿は とてもかっこよかった。ドッジボールは上手じゃないけれど、お尻だろうが、何だろうが、体を張って、速い球に当たらないように守ってあげていた姿は、センセーはとても立派だと思う!!!!」

はい、その地味な活躍をしていたお子達に光を当ててあげる・・・。それを教師は見逃したらダメだと思います。
認められる・・・存在価値・・・居場所

コレができない教師が多いから、不登校や自ら命を絶つ子供が増えていると思います。

「センセー! 今日、会議あるぅ?」
「今日はないでぇー!」
「やったぁ!!!」

本日は、「漢字大会をして!」と言う要望があり、私が黒板に問題を出して 子供たちがチョークでそれぞれ黒板に漢字を書いて行きます。

4時になったので、「はぁーい、おしまーい。早く帰らないとやばいでぇ!」
「さよーなら センセー!」
笑顔で 帰っていく お子達。

ふぅ・・・
教室に一人残って ふと ギターを手にして
口に出てきたのは、「夢を叶えてドラえもん」でした。

ボロボロリーン♪
お・と・な・に なったら わすれちゃうのかなぁ?♪

すると、ドアが開いて、若手のセンセーが、現れました。
「セ。。。センセー、会議です!」

「えっ? 明日違うの?」
「あっ、木曜に変更になったと この前伝えましたがっ・・・」

「あっ、ごめん ごめん。ドラえもんの歌 うたってたぁ・・・」
「廊下まで、いい音色が聞こえていましたよ」とにこっとする若手教師。
「じゃ、職員室におりてきてくださいね」
「はーい」

こんな ダメな教師でありますっ。

やはり、職を間違えたかなぁ・・・・
でも、やりがいのある仕事なんですけどねぇ・・・会議に研究・研修・・・なんでそちらばかりに力を入れるのか?
私には 理解できません。

あっ、昨日の注射・・・めっちゃ効いています。
歩けるんです。走れるんです。
もう、びっくりです。

痛みをとってくれた お医者さんに 感謝・感謝です。

子供たちの 心の痛みを取ってあげられるような そんな教師でありたい・・・
子供たちの 心の居場所を作ってあげたい。
子供たちの チャレンジする気持ちを作ってあげたい。
・・・
・・・
まだまだ、できていないことばかりですが
理想だけは まだ捨てきれない おんぼろぼろほろ 教師ですっ(ー_ー)!!

どんな仕事も、自分自身の生きていく術だと思いますが、誰かの為に少しでも役に立っているというプライドが無ければ ダメなんじゃないか?

こんな甘っちょろい考えをしているから、もう流されていく自分を食い止めることができなくなってしまいました。

でも、最後の力を振り絞り、少しでも 自分が描いている理想の教師に近づいて終わりにしようかと思っています。
                            −jyunntarouー


全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事