ここから本文です
koubejyunntarouのブログ
お山に行きましょう(^^)/

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

ー5時間目 社会ー(昔のくらし)
裁断機で切った長方形の厚紙を お子たちに渡しました。
メンコを創ります。
3枚創ります。
表には、自分の好きな絵を 真剣に描いてくださいな。
真剣にやでぇー。
「色鉛筆で塗るんですか?」
「当たり前や!超、お気に入りの絵を 真剣に描くんや!」

まぁ、富士山やピッケルを描いている子も居れば、ニャロメを描いている子もいるし、好きな食べ物やキャラ、お札の絵を描いている子もいます。

真剣に描き終えた時間を見計らって・・・言います。
「ほーい、手を止めてぇ!」
流石に、今の時期になると さっと皆が手を止めて私の方を向きます。

「相手のメンコをひっくり返すと、そのメンコが自分のモノになります。」

「えええー!」のお子達。
「取られたら、後でかえしてくれるんですかぁー?」
「いんや、かえせねぇー。取った相手のメンコは、俺のモノぉー。返してほしけりゃ、取り換えせぇー!」それが 昔のくらし 昭和の少年時代じゃ!

「おおおーっ!」の野郎(男子)たち。
相手に返すのは、今の時代当たり前。そんな勝負で相手のモノを取っちゃうなんて、とんでもなくイケナイことと 幼稚園・保育園・ガッコーのセンセーや親・・・にせんど聞かされて育ったお子達。

「真剣に描いたお気に入りのメンコが 取られてしまう・・・。どうする?」
「いややー。」のお子たち。

「ふふふ。甘い!甘いわ! 人生は、競争じゃぁあああ!取られたくなければ、練習して強くなれぇえっ( `ー´)ノ そして相手のお気に入りのメンコを奪い取るのであーる!」 の 私。

みんな今、平等に3枚ずつ持っているなぁ。それが、10分後には・・・ある子は5枚、いや10枚に!そう金持ちに!

「3枚取られたらどうするんですか?」のお子。

「ぼーっと生きていてちょーだい!」の私。
ざわざわざわわ・・・のお子達。

「ぼーっと生きていたくなければ、取られるな! 取れ! 相手のメンコを奪うのじゃ! それか、金持ちに(たくさんメンコを稼いでいる子)借りなさーい!。しかし、ちゃんと人生やり直して、きっちりと返しなさい。借りたものは返す! 以上、練習始めっ!」

もう、必死のお子達、終いには、上着を脱ぎ棄てて、シャツ一枚になる熱い子も?

ー6時間目 社会(昔のくらし)・メンコ大会

先ずは、選手入場から始まります。
私が、マーチングの曲を口ずさみ、クラスのみんなは、その場で足踏みします。
「ぜんたーい、とまれっ!」
司会者の私は
「ただいまよりぃー、第2056回 全日本 メンコ選手権大会を行いますぅうう。」
お子達は、大笑いしながらも 何だかマジな雰囲気になってきています。
※どうせやるなら、これぐらいの雰囲気を醸し出しませんと、あきません。
「選手宣誓」
男女各1名ずつが教室の前に出てきて・・・
「僕たち、私たちは スポーツマンシップにのっとり、正々堂々と戦うことを誓います!平成31年 1月25日 選手代表 〇〇 □□!」
「審判長からの話」
「えー。。。審判長の 〇〇ですっ。今日は、どうか練習の成果を出して、どんどんメンコを奪い取りなさーい!」

「では、試合を始めてくださいっ、ピーっ!」

まぁ、教室は熱くなる一方で、エアコンも止めて 少し窓を開けました。

10分も経たないうちに・・・金持ち?から借金生活を始めたお子も出始めました。

20分経過・・・はい、見事な格差社会ができあがっております。
借金をすぐに返済し、笑顔が戻ったお子。
借金に借金を重ねて にっちもさっちもいかなくなったお子。
借金生活は嫌なので、だまって 金持ちのやり取りを見ているお子。

「はい、ストーップ!」
自分の席に座りなさい。
(さっと 行動できるようになりました。)

今、何枚メンコ持ってる?
ハイ!ハイ!ハイ! と 意気揚々に手を挙げるお子達の顔は輝いています。
「6枚!」「7枚!」「10枚!」
では、今 メンコを全部取られて 借りている人は?
・・・下向き加減に5・6人のお子達が手を挙げました。

同様に、たった1枚だけしか残っていない子や、借金が嫌なので、借りずに0枚のお子も居ました。

輝いているのは、4枚以上のお子たちだけ。

「しゃーないな・・・こうなることは承知済み。ここに新しい厚紙があります。借金している人、0枚の人・・・センセーがあげるから、取りにおいで!」

「ほっ」の借金生活のお子達。

「ただでもらえると思うなよー。」
かわいいポーズを表現して「くだちゃい!」と 言えばもらえます。もちろん、私がそのかわい子ぶりっ子表現を見本として見せます。みんな大笑い。

「くだちゃい!」「くだちゃい」「くーだっちゃいいいん!」

そして、借金生活や、ギリギリの生活をしているお子達に、特別給付金を出してあげました。

さぁ、第二ラウンド! チーン!

直ぐに、また・・・「くだちゃい」のお子が・・・
またまた 「くだちゃい」のお子が・・・

出しても出しても 直ぐに給付金をもらいに来ます。

そして、なんと 6枚生活を送っていた〇〇君も・・・
「くーだちゃい」と、
「あれ。前半は余裕やったのに・・・どうしたん?」
「気が付いたら、いつの間にかに2枚になって、1枚になって ビビってしまってもう勝てんようになってん・・・」

「そうか・・・この一枚から、また 立ち直れな。行けっ、勝負をかけろっ!」

そして本日の大会が終了しました。
なんと20枚以上の大金持ちも・・・
やっぱり0枚のお子も・・・

本日の宿題は、百字の続きと、新たに渡した厚紙3枚で、お家の方が忙しくなければ、お父さんやお母さんやおじいちゃんやおばあちゃんや、または、飼っているわんこにも 頼んで 最強メンコを 作ってくること! そして 練習も積んでくること!

「センセー。パソコンで写真入りを作ってもいいですか?」
「おお、ぜんぜんええでぇ。シールやスパンコール張ってデコってくださいな!」

こういう宿題は、顔が光ってますねー。

じゃ、さよーならぁ!

教室が静かになって テストの採点を一人でしていましたら・・・
ドアの向こうに 大勢のお子達が。。。ピョンピョン飛んで、教室の中をのぞいています。
「えっ?もう4時過ぎているのに 忘れ物かぁ?」

と、ドアが開いたら、去年受け持ったお子達でした・・・
「センセー入っていい??」
「えっ、なんでこんな時間に・・・まぁ どうしたん!」
「ドッジの放課後練習が終わってん」

あっ、そうか 大会に出るんや。がんばれー。

もう高学年になるのに、教室に入ってきたお子達は、一気に3年生の時の顔に戻りましたっ(笑)
なんだか 教室の掲示物を見て、ああっ、なつかしー! とか・・・
たった1年前なのに(笑)

この子達も 随分とおおきくなったなぁ・・・
談笑していると こっちも 去年を思い出します。
「みんなで センセーの家に行くから、まっといてよ!」
「えーーーー!!!」
「ちょっと それは勘弁を!」
そんな 会話をしていたら すっかり会議に行く時間を過ぎて、「ああっ!」のまた会議遅刻ダメ男になっちゃいましたっ💦

ふぅ。 そして 誰も居なくなった教室で・・・

自分は、良くない教師なのかもしれない・・・な。
そんな 心の葛藤が始まりながら、腰の痛みを抑えつつ、職員室へと急ぎました。

腰は痛くって まだ 介護されています。お子達は介護疲れもなく、本日も肩をたくさんたくさん貸してくれました。

勤務時間をとっくに過ぎても会議は終わりそうにありませんので、「ごめんなさい。ちょいとリハビリに間に合わないので・・・いつもごめんね・・・」と言い、病院に急ぎました。

家に帰ると、「じっちゃーん!」と2歳の孫が 飛びついてきました。
子供だましの手品に、ジェットコースターースターごっこに、二人で懐中電灯をつけて夜の展望デッキまで 大冒険?に。

腰が痛いので、よたよたですが、やっぱり 孫も変わった大人?に初めて出会ったようで、随分とハイな気持ちにさせてしまうのは、クラスのお子と同じです。

それがいいのか悪いのか・・・
子供は巧く扱えますが、オトナは 苦手。
ピーターパンシンドローム は この歳になっても 治りませんね(ー_ー)!!
路線バスが 各地で廃止に追い込まれています。
地方のみならず、東京の都心でさえもだそうです。
しかも 黒字路線なのに・・・

そういえば、こちらもバスの便も少なくなりましたっ。

原因は、運転手不足だそうです。
運転士が不足する→シフトを組めないので、午前ラッシュ→自宅待機→夕方から夜にかけての帰宅ラッシュ・・・合計拘束時間16時間を、一人で賄わなければならない。しかも、休日出勤もザラで、平均年収を44万円も下回る、過酷労働。

あるバス会社では、若手の運転手が4年間で8割も退職したそうです。

同じくタクシーの運転手も激減。
最近は車を維持できない若者が増え、車離れが激しく、公共機関を利用するのが都市部では、当たり前の生活になってきているのに、肝心の公共交通機関が縮小傾向にあります。
タクシーの運転手も 同じく激減していますので、一人当たりで働く時間が長く、それに見合う報酬が返ってこない・・・

教員も保育士も介護士も 建設・飲食・旅館・コンビニの店員まで 人出不足で、一人当たりの仕事量が半端でなく、「どこが働き方改革!?」と 多くの職種の方々が思っているのではないでしょうか。

すでに多くの外国人労働者で、支えられてきていますが、日本にやってくるアジア系の方々は、ブローカーに100万〜150万円ほどの支払いが待っています。
しかも、転職は認められずに、ブラック企業で絞るだけ搾り取られて、返済能力もなく、夜逃げや犯罪に至るケースも増加の一方。

AI社会到来!と世の中はマスコミに乗せられていますが、まだまだ公共機関の自動運転にまでは時間がかかります。
しかもAIについての知識・技術を持つ人材までもが、足りません。

本当にAI社会に移行するなら、会計士 税理士 弁護士・・・こういったホワイトカラー族の存続が危ぶまれています。


エンジンが残っても、GSが消えてしまいますので、ガソリンや内燃機関のパーツも供給がなくなり、やがては遺物と化してしまうのでしょう。

AIに労働を取られて亡くなる産業もあれば、それを巧く生かし 成長を遂げる産業も生まれるでしょう。
とにかく 生産年齢人口があまりにも急激に落ち込み始め、しんどい仕事には就かない若者が増えていくので、益々 労働のバランス力を失う日本・・・

政府もいい減、統計などの隠蔽操作を組織ぐるみで行うのは、やめにしてもらいたいですね。

ああ、年金など本当に受給できるのでしょうか・・・?







全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事