ここから本文です
koubejyunntarouのブログ
お山に行きましょう(^^)/

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

イメージ 1
ちょいと 行ってくるわなー。腰、痛ててっ。
イメージ 2
ギンギンに痛いし、痺れるけれど、本日は丹生山(515m)にチャレンジ。。。って、サミットまで登れる気はしないけれど・・・
イメージ 3
えっ? コレ ・・・銃弾でないかい・・・アポロ・・・こんな登山道で狩かぁ?
イメージ 4
河童が出そうな池を超え・・・
イメージ 5
9(ナイン)を超えて・・・
イメージ 6
腰の痛みと 下半身の痺れで ダウン・・・コレ、サミット(頂上)まで、絶対に無理やなぁ。
イメージ 7
お気に入りの雑木林に到達すると・・・
イメージ 8
こういう姿勢になると、挟まった脊椎管が広がって また歩けるようになるのが、脊椎管狭窄症の典型的な症状です💦
イメージ 9
あかん・・・ココで、ノックアウトです。カウントが入ります。
1.2.3.4.5.6.7.8(エイト!)ファイティングポーズ。
イメージ 10
何とか カウント8で 立ち上がりました💦
イメージ 11
春ですねー。私の春はあるのかぁ? っと・・・いや、前向きに行きましょう。
イメージ 12
こんな何でもない所でも、今の私にとっては岩登りⅢ級レベルですっ( `ー´)ノ
がんばれ!
イメージ 13
ふぅ・・・やっと第一峠に着きましたが・・・限界ですっ。えらい病気になってしまったもんやなぁ・・・3年前は29分で山頂まで駆け上っていたのに・・・。
イメージ 14
標高325mが今日の限界。富士山で言うと5合目当たりになるかなぁ・・・
イメージ 15
でも、もう少しだけ 頑張ってみます。
イメージ 16
八丁と言うことは、8合目かぁ? ここからキツイのは、丹生山も富士山も同じレベルに感じますっ。
雨も降っていますし、誰も居ないし、下山は大丈夫なのかっ(ー_ー)!!
どうする? 8合目・・・。
まぁ、富士山みたいにアイスバーンでないし、気温も風も大丈夫・・・腰の痛みと痺れに耐えられるかどうか・・・ですっ。
イメージ 17
あの、切り株で 休もう!
イメージ 18
ふぇー。脊椎管よ 広がれぇー! 流れろ髄液、広がれ神経の束っ!
イメージ 19
六地蔵様・・・2体は 行方不明か・・・石で補っていました。元気なころは、気づかなかったなぁ。
イメージ 20
コルの手前の尾根に こういう所があったんですねー。立ち寄ったのは今回初めてです。
イメージ 21
ふぅ、根性で標高480mのコルに着きました。山頂は、あっちです。
イメージ 22
あれ?この辺りが伐採されて スキッとしたんですねー。明要寺跡か・・・ココは、悲しい歴史のある山塊ですから。
イメージ 23
あれ?道がない・・・元気だった頃だと 飛び降りでいましたが・・・ごそごそ。右側の石垣の切れ目を 痺れた足で降ります。足の感覚があまりありませんので、この高さでも危ないです。
イメージ 24
「丹生神社」の鳥居をくぐります。もう少し、もう少し・・・ここを上がればサミットです。ファイト!
イメージ 25
あれ? 2月なのに正月のしめ縄が残っています。お正月気分かっ。いや、腰の限界でそんな気持ちにはなりませぬぅ。
イメージ 26
山頂直ぐ下の広場に着きました。この木は なつかしいなぁ。
イメージ 27
でかい うろ。 何かが棲んでいそうですが、巣の気配はありませんでした。
イメージ 28
娘がまだ 小さい時に 一緒に登ったなぁ。ここに乗せてあげたのを思い出しました。
イメージ 29
2000年の写真です。もう19年前ですかっ・・・人生は長いようで短いかも?
イメージ 30
ここは、相撲大会が行われていましたが、今も土俵は残ってます。いつも通りの独り相撲です。突っ張りを入れていますが、腰が引けてますっ(ー_ー)!!
イメージ 31
小屋で休みますっ。
イメージ 32
木のベッド・・・に見えたので・・・
イメージ 33
あー・・・もう、限界値超えました。腰を休めます。ふぃー💦 💦 💦
イメージ 34
やっとサミットに着きました。腰が良くなりますように・・・受験生の皆様に春が訪れますように・・・。
イメージ 35
標高515mサミットからの 展望ですが・・・小雨が降っていてもやっています。
イメージ 36
雪がココだけに残っていました。いつ降ったのかなぁ?さすがに標高500mを超えたら、先日の雨が「雪」に変わっていたのですね。
雨は夜更け過ぎにー♪ 雪へと変わるだろう♪
イメージ 37
腰が悪いので瓶は重かったのですが、なんだかコレが飲みたくって・・・担ぎ上げ?ましたっ。
オロナミンCの気持ち。
イメージ 38
さて・・・下れるかなぁ・・・それが 心配。なんせ 今の私にとって 標高500m越えは、3000m級のアルプス並みですから。
イメージ 39
標高400mの岩場で ちょっと 心配な自分。何を想ふ?
イメージ 40
upすると 衝原湖に架かる赤い橋が見えました。降りれるのかなぁ・・・痺れた足とキンキン痛む腰で。
イメージ 41
うわっ、ここの下りは 私にとっては岩場のⅣ級クラスになりますっ。
イメージ 42
足の裏が 痺れていて感覚が無いですから、本当にヤバいです。この病気になりますと、何でもない場所が チャレンジルートに変わってしまいます。
イメージ 43
「シダの滝」と勝手に命名しています。 この山塊は本当にシダが多いです。バリルートの藪漕ぎでは、こいつに苦労します。今は、フツーの下り道で苦労していますがっ(ー_ー)!!
イメージ 44
お気に入りの雑木林で 休みます。新緑の季節が待ち遠しいです。
イメージ 45
お約束  激痛のレッツリンボー
イメージ 46
サイクリングターミナルは、廃墟になりましたが、トイレだけは使えます。
イメージ 47
たわわ。
イメージ 48
はい、たっち。生きて帰れましたっ。(決して大げさではありません)

復活するには、やはり手術しかないと 思いました。
この痛みと痺れでは、山登りが楽しくないです。コレは、痛みと痺れとの闘いに挑んでいるだけです。

丹生山系は、秀吉の明要寺焼討ちにまつわる悲しい話が残っています。丹生山にかつて明要寺という大伽藍(※だいがらん・大きな寺院)がありました。

天正6年(1578)、織田信長は播磨地方平定の命令を羽柴秀吉に出したのです。
しかし、明要寺は信長に反旗を翻した三木の別所氏に味方してしまい、三木城への食料補給ルートになっていたことを秀吉軍がかぎつけました。

羽柴秀吉と別所氏のはげしい闘いが起こり、秀吉は弟秀長と大軍を率いて三木城を包囲し、兵に犠牲者を出さずに籠城攻めを何年も行ったのです

この時に明要寺は焼討ちに遭い、闘う準備をしていた僧侶たちの多くは逃げ場を失い深い谷へと落ちていきました。
また、寺には多くの稚児(子供)もいたのです。
戦が始まり、これらの稚児たちは、みんなかたまって北東の尾根伝いに逃げて行きましたが、遂に現在の稚児ヶ墓山の山上辺りで秀吉軍に発見され、切り殺されました。。
犠牲者は数千人に及びました。・・・雨の夜だったと伝わっています。

ふぅ、明日は仕事・・・仕事も山も 肝心要な腰がコレですから、しんどいです。腰の痛みと両足の痺れもキツイですが、これからの事を思うと メンタル面の方がシンドイです。

でも、コレは自分に与えられた試練。
人生って そんなに 甘くはないですねっ。



イメージ 2
おいっ、またかっ!
イメージ 1
「先生 どうにかできませんか。」・・・謹んでお悔やみ申し上げます。

もし、自分が担任するお子が、このようなことを書いたとすると どうするか・・・
先ずは、話をゆっくり聞いてあげる。(・・。時間もないかっ💦)

本当は、この父親と話をしなくちゃいけないのですが、最近のモンスターお父さんは直ぐに切れてしまい、暴言や威圧をかけてくる傾向が強くなっています。

学校のセンセーなど「屁」としか見ていませんので、話し合いに持っていくこと自体が難しいです。
なぜ このような父親が増えて居るのか・・・
統計は出ていませんが、私の経験上は、お父さんの社会的地位が危うい。プライドは高いのですが、認められずに仕事場で悶々として 転職を繰り返しているケースが目につきます。
自尊心の低下→家族の中で権力を振るう→家族での孤立化→立場の弱い学校へいちゃもんをつけて口撃を繰り返し、無茶な要望を突き付け、腰を曲げ、ぺこぺこ対応する教員を見て 自分の力を鼓舞します。

こういう傾向が強い方は、学校だけでなく あらゆるサービス業に対して理不尽クレーマーとしてモンスター化していきます。

病気もそうですが、病巣までたどり着かない場合は、対処療法しかないです。

しかし、ここで処方箋を間違えますと、病気は更に悪化していきます。

教員は、暴言や脅迫、暴れまくる父親に対しては 無力です。
ちょっとでも 言い返したら 「訴えてやる!」が定番です。

ボイスレコーダーで 録音しておけばいいのですが、「まさか 録音などしてないやろなっ!相手の同意がないと 法律違反や!」などと 最初に釘を刺してきますので
非常に手をこまねいてしまいます。

勿論、殆どのお父さんは こんな非常識な方とは違います。しかし、こういう無理難題を押し付け、暴れまわるお父さん(祖父)が全国的に増加の傾向があることは事実です。
疲れ果ててしまっているこの国の社会的構造から、このようなモンスターパパやジジが出現する割合が高まったのだと 個人的に分析しています。

教員もそうですが、児童相談所の職員も 大変です。
逆上した保護者に怒鳴られるなど日常茶飯事。「お前の家族に危害を加える」と脅かされることもある。と 児童相談所の所長のコメントが新聞に掲載されていました。

小学校教員は、朝から夕方まで ずっと子供たちとクラス(暮らす)生活を送りますので、こういう保護者の子供さんと過ごす教員は、針のむしろです。
子供にボイスレコーダーを持たせた親も実際に 居ました。
授業を毎日 参観に来て ずっと教室で教師を監視し続け わが子と教員のかかわりをメモしながら、放課後に、そのメモを元に 教員の言動を毎日指導する保護者も実際にいました。その担任は、ほぼ病気になり 休業しました。
それが、狙いなのでしょうか?
俺の力で 教師を辞めさせてやった!どうよ。

まぁ ベテランの私でも なかなか こういう保護者対応は難しいです。

教師と言う看板を背負っている限り、言われるまま、要求をのまざるを得ないまま。

やはり、学校も専属弁護士を置くべきです。しかし、そんな予算はくれません。

最近の公立病院で見た啓発ポスターです。「医院の指示に従わず、大声で怒鳴ったり 暴力を振るう患者さんに対しては、直ぐに警察に連絡させていただきます。」診察待合室や、薬局や会計の待合室に それぞれ貼ってありました。
病院クレーマー対策専門の弁護士事務所もあります。

学校や児童相談所も 専門の弁護士が必要ですが、予算的に現実性は皆無です。
ならば、警察へ・・・
警察も このような常識を超えたクレーマーで 仕事が増えてしまうと、これまた疲弊してしまいます。
疲弊が疲弊を呼び、負のスパイラルに堕ちていきます。

平成19年〜28年の10年間に 虐待を受けて亡くなった児童数は、1000人近くになり、死亡までは、至らなくても保護される児童の数は年間3万人〜5万人の推移を辿っています。

軽いゲンコツ一つで 児童虐待
それも 件数に入っているのかもしれません。

子供に「出ていけっ」と叱るだけでも 児童虐待。
それも 件数に入っているのかもしれません。

ならば 昭和の時代で きちんと統計を取りますと、膨大な数になったでしょうね。
私は父親に殴られぱなっしでしたし
学校の先生にも殴られっぱなしでした。(笑)

古い話でごめんなさい。
「巨人の星」と言う マンガ アニメが流行ったのですが、
イメージ 3

父親から、殴られ 蹴られ ちゃぶ台返しを喰らい、大リーグ養成ギブスを無理やり装着さされ、それはもう 虐待を超える? お話でした。
今、再放送も 許されないでしょうね。

「太陽に吠えろ」という 熱血刑事ドラマが流行ったことがありました。
イメージ 4

次々に 名言を残して 若手の刑事が殉職していきますが、渋い署長さんは(石原裕次郎)辞任はおろか、降格もさせられず 署長を続けているという、現代では考えられない設定となっています。

正統なクレームは、当たり前です。そうしないと ユーザー側の泣き寝入りもあります。しかし、度を越した理不尽ないちゃもんをつけて、暴言や暴力・脅迫で 何でもそれがまかり通ることを 止めなけらば 社会的損失が生まれます。

話が、いつもまとまらずに 頓挫してしまいます・・・(ー_ー)!!

ともかく 子供たちと接する時間がない 今の公立学校。 
患者をサンプルとして研究が目的な病院と患者の立場になってくれる病院は選ぶことができますが、子どもは親を選ぶことができませんし、学校も先生も選ぶことができません。
勿論、私たち教員も 選ぶことができません。

40人近くを一人の教師が、朝から夕方まで 子供や保護者全員に納得してもらえるのは不可能に近いです。口八丁尾手八丁で洗脳し、新興宗教的な教祖様なら できるかもしれませんが・・・

本当に、バブルがはじけてリーマンショック。いざなぎ景気を超えるなんて、誰も実感していない超拘束時代。世の中しんどいことだらけです。

約100年前のドイツ語作家 フランツ カフカ のどん底絶望名言で 今日は閉めさせていただきます。

「将来にむかって歩くことは、ぼくにはできません。将来にむかってつまずくこと、これはできます。いちばんうまくできるのは、倒れたまんまでいることです。」

この将来を「山」に置き換えると 今の自分にぴったり当てはまります(ー_ー)!!

でも、寝たっきりは、足腰にはらくちんなのですが、体に更によくないような気がして、痛む腰、感覚の鈍い痺れた足で、お昼過ぎに ちょこっと「散歩」に出かけようと思います。

雪山のバリエーションが恋しいですが、先ずは、数百メートルでも 歩くこと。
それも 無理になったら 手術に臨もうと思います。

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事