ここから本文です
koubejyunntarouのブログ
お山に行きましょう(^^)/

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

イメージ 1
本日21/04の朝のリハビリ散歩で見つけたお花たちです。無料フリーソフトをダウンロードして 編集してみました('◇')ゞ
5時に起きて 1時間散歩とは 本当に隠居生活ですー(笑)

それと 本日はフリーになってから初仕事をしました。
イメージ 2
ギター教室と学習サポートです。
ゲームや遊び ツッコミ・ボケ罰ゲームやら 色々と楽しく学習するのが狙いです。
気が付いたら2時間半ぶっ通しで 嫌なお勉強も あっという間に過ぎ去り、後半30分は、ギターのレッスン。

いやー。久しぶりに笑いましたよ(^^)/ 久しぶりに真剣な顔見ましたよ('◇')ゞ
しかし、楽しくて気が付けば、連続3時間程座りっぱなしだったので 腰がっ💦

せっかくの日曜日なのに どんなお子もお勉強など「えっ・・・いやぁー!」と叫びたくなるハズですが、それを型にハマらず、面白おかしくやってしまう所がミソです。公務員という固い殻を被った鎧武者(現職中もフリーに限りなく近かった?)よりも好きなように 伸び伸びと教えることができます。

資金があれば 山に小屋でも建てて 少人数でお勉強の他にも ギターや絵画・工作に探検やクライミングに沢登り・・・夜は、テント張って 歌自慢大会やら肝試しなども面白いかな?

要は、〇〇していると楽しい! と感性を育み 勉強も自然も好きになり、気づいたら自らチャレンジしているような環境づくり。何かに自信を持つと 大人も子供も人間だけじゃなく生物全てに「生きる喜びの活気」が出始め しっかりと居場所も確立できます。
今の公立学校じゃ、教員がどこに向いてどんな仕事に燃えているのか・・・このブログを閲覧してくれている皆様方には、もうお判りだと思います。

小さなことからコツコツと。

先日の新聞記事
「誰か一人でも 寄り添う教師が居たら 自死の選択はなかったであろう・・・」
その言葉が すごくすごく心に突き刺さっています。
果たして、現場で働いる教師の耳に少しは届いているのだろうか?
忙殺に振り回されている現代のチェーン店化教育現場で、心の奥から「助けてサイン」を発信している児童・生徒と寄り添える「ゆとり」があるのか・・・甚だ疑問です。

出来なかったことができるようになる。
それが 今 即効で役に立つものでなくっても良い。

もともと勉強が大嫌いで、家出も何回もしていた私です。
山でも遭難をして これまた 失敗だらけ。
ギターも ある所で 一発で予選落ち。
おチビだし 短足だし 背の高い何でもできちゃう兄キと比べられて、罵声ばかりの毎日 生きている価値あんのかぁ 俺?

腐る気持ちを打ち消すかのように 少年だった私は「冒険」を繰り返していたのではないでしょうか?

でも近頃は冒険や探検ができない時代。
できてもゲームのバーチャル的なモノ。

VRをはめて疑似体験も なかなか楽しいですけれど
風がないやん 匂いがないやん 寒くないやん 暑くないやん 美味しくないやん!

どこか心の片隅には、どうせリセットできるやん。

スポーツ飲料がこれほどまでに「甘い」「美味い」と感じ、こもった熱が山のそよ風で渇いているあの感じ。
寒い寒い雪山の中での カップラーメンが ミシュラン☆☆☆を超える時だってある。

生きている実感を味わうこと・・・それが一番の教育かもしれません。


開くトラックバック(0)

イメージ 1
どうも一般道ハイキングでは飽き足らず・・・バリエーションに行ってきました。
イメージ 2
標高約700mの摩耶山付近は、桜が「満開」になっていました。10日程下界とは差がありますね。
イメージ 3
今年は、ゆっくりと桜やツツジを観ることができました。気分的に大違いです。
イメージ 4
満開の桜の木の下で。明日のことは考えずに、ただ「奇麗やなー」と素直に観られます。
イメージ 5
山上の公園に日時計が置かれていました。現在午前9時過ぎ。ぴったんこです。昔の人は腕時計など考えられなかっただろうし、増してや電波時計など・・・因みにスマホが普及してから 腕時計のシェアがかなり減ったそうです。
イメージ 6
さてと、本日は道なき道を突破して、未知なる地蔵谷源流部に入って未だネットに挙げられていない幻の「滝」に遭遇できる?かどうか調べます。先ずは、藪に突っ込みます('◇')ゞ
イメージ 7

道は無し。歩いたところが道になる(笑) って 登山が許される術後3ケ月の半分しか経っていませんがGO!('◇')ゞですっ。
イメージ 8
藪漕いで やっとこさ水が出てきました。この地蔵谷の詰めは、途中で道が曲がりますので、ほぼ誰も歩いた形跡がないです。
イメージ 9
しかし、この谷もご多分に漏れず、ダムダムダムのオンパレードです。高巻くのがとても面倒です。
イメージ 10
えーっと、このダムですねぇ。右岸を巻きます。
イメージ 11
ノーロープでも降りれないことはありませんが、万が一滑り落ちると「腰」がヤバいですから、懸垂下降でごそごそと降りていきます。
イメージ 12
滝はあっても 小さいのばかりで 簡単に下ることができます。
イメージ 13
また ありました。結構高いですので これも右側を立ち木や根っこ掴んでクライムダウンします。
イメージ 14
ロング10mチョイの斜瀑です。豪雨の時は迫力がでそうですが、本日はちょろちょろとしか水は流れておりません。
イメージ 15
ふむふむ。標高500m当たりの このダムですね。
イメージ 16
小腹が空きました。ドーナッツの気持ち。
イメージ 17
本渓は、避けて 黒岩尾根に突き出る 659P西ルンゼ(勝手に命名)に突っ込みましたが、滝らしい滝は見当たりません。
イメージ 18
見事なキノコの団体です。
イメージ 19
おっ、やっと滝らしい滝に遭遇しました。落差約15m 長さ30m程の斜瀑です。コレも降雨後に来たら迫力ある滝に化けるかと思います。
イメージ 20
ややヌメッていますが、寝ている(角度が緩い)滝ですので問題ありません。
イメージ 21
4段程に分かれています。流心に沿って直登して行けます。
イメージ 22
あそこが滝口みたいですが、後ろに何やら見えています。
イメージ 23
ふぅ。滝口のすぐ上にダムがありました。なんだか、とぼけた表情のダムですね。
イメージ 24
ダムを超えると、ブッシュが広がっていました。猪の棲みかとかヌタ場や獣道が交差しています。
イメージ 25
ゴソゴソとブッシュをかき分け進みます。何だか六甲とは思えない静けさです。
イメージ 26
この辺りは、傾斜が小さく水が染み出ています。六甲では珍しい湿地帯となっています。珍しい湿地性の動植物が見られるかも?と期待はしましたが、これといったモノが見られないばかりか、靴がぐしょぐしょになりました。
イメージ 27
黒岩尾根一般道に出ました。このGさん方は、この辺りで山菜を捕っていました。話を聞くと、採れたての山菜を摩耶山上の広場で天ぷらにして食べるそうです。
イメージ 28
そのまんま一般道の黒岩尾根を歩かずに、尾根を挟んだバリルート沢にまた下降して行きます。
イメージ 29
レッツリンボー💦 腰がまだまだ痛いですので 中途半端ですっ(ー_ー)!!
イメージ 30
うーん・・・ものすごい堆積物です。しかも 何だか凡谷みたいで滝もなさそうです
イメージ 31
しかし、靴紐は腰を曲げて結べるようになったので 回復はしてきています。
イメージ 32
やっと滝らしき場所に遭遇。高さはまぁまぁですが、コレも斜瀑で簡単に下降できます。なんだか肩に担いでいるロープが、意味がないような・・・(ー_ー)!!
イメージ 33
降りて下から見上げています。数段に分かれていますが、やはり寝ていますので迫力に欠けますね。ここも降雨後は楽しいかもしれません。
イメージ 34
おおっ。今度こそ切れてますっ(^^)/ 頼みます。垂直滝がありますように。
イメージ 35
まぁ、角度はあったのですが高さが3〜4m程の小さな滝でしたっ💦 
イメージ 36
ちょいとダム横の急斜面では、滑って落っこちそうなので8mmロープスリングを利用して降りています。
イメージ 37
小腹が空きました。えいようかん の 気持ち。
イメージ 38
スミレは 山深い所で ひっそりと咲くのが似合っています。いい色していました。
イメージ 39
谷間にこんなデカいバケツの落し物がっ・・・ダムを造るためのコンクリートを索道で空中に運び上げていたものです。落ちたのか?破棄したのか? ココは国立公園なので責任をもって回収してほしいです。・・・でも、誰も来ないか?こんな所(笑)
イメージ 40
小さな釜をもった連続滝も現れましたが、如何せん規模が小さすぎます。
イメージ 41
と、直ぐに本流の川に出てしまいました。降雨後は渡渉は免れませんが、本日は飛び石伝いに濡れずに対岸に渡ることができました。
イメージ 42
それにしてもお天気がよいです(^^)/ しばらく河原でぼけぇーっとします。
イメージ 43
トェンティクロス上部の穏やかなハイキングコースを少しだけ歩いて、今度は桜谷西尾根(破線道)を黒岩尾根P659まで突き上げます・
イメージ 44
天狗岩?にも見えないことは無いか・・・この西尾根は一応VRなのですが、小路はついています。しかし激登りの急坂は、底のすり減った運動靴では滑りまくりですっ💦 そろそろ買わなくちゃならないかもです。
イメージ 45
ひぇー、P659に到着。腰と足の付け根が痛むし、標高差240mの激尾根は、超しんどかったです。でも、土曜の好天気でも このルートはまるで人の気配はありませんでした。
イメージ 46
659Pから、黒岩尾根のハイキング道まではブッシュ化しておりました。本当に静かな所です。
イメージ 47
このまま黒岩尾根道を摩耶山まで行けば良いのですが・・・もう一度アドベンチャールートを通って、地蔵谷源流部へ向かいます。
イメージ 48
小腹が空きました。アミノ酸チャージの気持ち。馬酔木がまだ咲いています。
イメージ 49
いきなり展望が開けました。ずっと谷間を歩いていましたので感動です。高取山・須磨アルプスの向こうは淡路島です。
イメージ 50
ありました・・・ほっ。実は、ダム横の急斜面を懸垂下降した時に、落としてしまっていたのを途中で気が付いて、これを取りに戻ってきました。千円もしない安物なのですが、十年ほど愛用していた相棒なので、どうしても取りに帰って来たかったのです。
イメージ 51
ロープを投げて生木の幹に引っかけて 直登します。
イメージ 52
ひぇー。ブッシュ漕ぎながら やっと摩耶山頂のTV送信所の裏手に出ました。
イメージ 53
ほぇー、チカれました。棒はストック替わりですっ。激斜面でしたので有効でした。
イメージ 54
摩耶山上の「掬星台」から見た阪神間です。夜になると「100万ドルの夜景」として多くの旅行者(今はアジアの国々の人がほとんど)を迎えます。
イメージ 55
古木ですが、見事に満開を迎えました。
イメージ 56
今日は青空がとても奇麗です。今年は桜をゆっくりと堪能できました。来週は六甲山辺りで満開になるかと思います。六甲山は北東北から北海道南部の気候に当たります。
イメージ 57
あー、久々にVRを歩いて 非常に腰と足が痛いです。
でも、新緑の中をすがすがしく歩けて満足です。

少しずつ 六甲山地を歩いて 回復し 大きな山を目指したいと思います。
イメージ 58
岩場での💦 スリング引っかけて登ろうとしたら岩が崩壊・・・( ゚Д゚) ↓

開くトラックバック(0)

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事