ここから本文です
koubejyunntarouのブログ
お山に行きましょう(^^)/

書庫日記

記事検索
検索

全55ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

転校?先 アメバ小学校→https://ameblo.jp/jyunntarou2

おはようございます。

雨の予報が お日様が照りつけていますよ。

2019年の8月も 終わっちゃいますが、最後のクマゼミさんが1匹

これでもかっ! っと 去り行く夏の最後に シャンシャンシャンと力を込めて 鳴いております。

去り行くブログの最後に 力を込めて チャチャチャっと 記事を書こうか?(笑)

いいえ。

さりげなく すぅーっと 消えましょう。

さて、Yahoo学校が 閉校になりましたので
明日から 正式に ameba学校に転校します。

仮入学はしていますが、やはり 7年間も通ったYahoo!学校が捨てきれずに、最後の今日の日まで 正式に転校せずに 悶々と 通い続けましたが・・・

気が付くと 周りにもう、お友達が いなぁーい(笑)
みぃーんな 転校してしまいました。(/・ω・)/

名門の フェイスブック学校やら ツイッター学校 
そして 近年目覚ましく発展した インスタ映え学校にと・・・

でも ameba学校にも 転校していかれた お友達もいますので
少しは、安心しています。

今夜には、多くの荷物(2323記事)を 運び込みますので 少し時間がかかるかもしれません。

思えば 
毎年 出会いと別れを繰り返してきた職に就いていました。

その数 37年間で 1321人の教え子さんを 送り出しました。

その教え子さんも 40代後半〜10才の現役小学生まで 幅が広くなりました。

この子達が 今日の日本を支えてくれています。

あっ、来週は クラス同窓会に呼ばれています。

たまには Yahoo!学校 同窓会も いいかもぉ(笑)


訪問していただいた方々の 

ご健勝とご多幸をお祈り申し上げ、このブログを終了することに いたします。

長年に渡り たくさんの ご訪問 ありがとうございました。

                                           2019  8  31  −jyunntarouー
イメージ 1















転校先 
アメバ小学校→https://ameblo.jp/jyunntarou2
今朝の朝刊から
イメージ 1

陸上自衛隊の集団カンニング・・・
あっ・・・
高校時代を思い出してしまいましたっ(^^)/

県立〇〇高校2年4組 出来の悪い集団です。
そう、あのテレビにも出演した「大峰山遭難事件」の時のクラスです。
頭の能力を学習に使わないで、いらんことばっかりに使う集団でしたっ。

文化祭でロックバンドに出場したのも このクラスだけ。
クラス全員で「峠の茶店」を経営して
女子に浴衣を着てもらい、大繁盛? したのは このクラスだけ。
私たちのロックバンドが 体育館で出場するときだけ 店を閉めて
応援に来てくれたのは、このクラスだけ。
紙テープを投げて応援するのは モッタイナイ? と
トイレから、トイレットペーパーを持ち出して 舞台に投げ込んで
「きゃーきゃー」と 下手な演奏にもかかわらず踊ってくれたのは このクラスだけ

でぇ・・・・
皆さん、お勉強はできませんので(笑)
定期テストの平均点が いつもビリなのも このクラスだけぇ。(笑)

よしっ、次はビリを脱出するぞ!
しかし、まともに勉強したらよいのに
全員で カンニングしまくるという 作戦を考えるのが このクラスだけぇ(悲)

放課後に集まって色々な案を出すのですが、全部バレそうな感じですっ。
とにかく不公平なく、全員が得点を上げられるカンニング方法・・・
あーでもない こーでもない 議論は続きます。
そんなことをしているヒマがあれば 勉強したらよいのにねっ(笑)

で、
私が提案しましたっ。
教室に掲示している学級新聞を カンニングペーパーにしてしまう作戦ですっ。
この頃は、学年で壁新聞大会などがありまして
大きな模造紙に 新聞を作って 教室中の壁に 貼りだしているのです。

スポーツ大会とか 行事とか 記事の内容は 色々です。

その記事を 全て カンニングペーパーにしてしまえっ! 作戦ですっ。

物理や数学の公式 歴史の年号 人物 英単語のスペルなどなど

しかも、遠くから見えるように いつもよりデカい字で・・・後ろの掲示板に貼らずに、教室の黒板両側の掲示板に 貼るのです。

本当に 作るのが大変でした(/・ω・)/
でも、作っている時に ちょっとは 勉強にもなりましたけど(笑)

で、クラス全員で、バレないように こそこそするのではなく、全員が自信を持って
堂々と行う等の「実践?について」の説明もいたしますっ。

あはは。バレずに最終日まで一応は、順調でしたよ。
しかし、最終日の保健体育のテストで・・・
試験監督の〇〇センセーが・・・「あれ?」
学級新聞を 読んでいるのです。

みんな ドキドキでしたっ。
しかし、そういう事態に備えての口達者な要員も揃えていましたので、なんとかセーフ。

クラス一丸となって 行った集団カンニング
平均点順序結果は?
・・・・・・・・・・・どん!
はい、やっぱり学年ビリでしたっ(爆)
カンニング新聞を作る人が、どこが重要なのか分かっていませんからぁ・・・ざんねーん( ;∀;) ヤマを外しまくりでしたっ。

でも、私は このクラスが大好きでした。
それぞれが 個性的で ユーモア溢れて
勉強よりも 何かに 打ち込んでいる。

大嫌いな古文の教師の 結婚が決まったとの情報を得て
クラス全員が 「あいつも 結婚できるんかぁ。嫁になる顔見て見たいわっ!」
とか 陰口だけじゃなく
「おいっ、それを利用して 授業をつぶせへんか?」
「えっ、なにそれ? どうやって?」

「あいつ、みんなから嫌われているやろ? あいつもそれ知っとるわ。それでな、クラス全員で、授業が始まったら サプライズして 喜ばせてやんねん。」

「あほかっ、調子のるだけやんか!」
「ちっちっちっ、あいつの性格を分析したら、嫌われている生徒から、サプライズされたら、嬉しくなって 教室飛び出していくはずや。それで 授業はカット。自習になって、俺たちが自由を謳歌するっ( `ー´)ノ」

そして 計画を練り、女子も男子も 仕事を分担し、その古文の時間がやって来た。

きりーつ れい 着席!

ドラムが鳴り始めます。
クラッカーが バーンと飛んで
女子たちが 横断幕を 掲げます。

いっせーのーでぇ
「センセー、ご結婚 おめでとうございます!」
ドラムが鳴り、ギターが流れ
チェリッシュのテントウムシのサンバ を みんなで 合唱します(古くてすみません)

♪あたなぁーと私が 夢のーくにぃー
♪森の小さな教会で 結婚式をあげましたぁー
♪照れてるあなたに 虫たちが
♪くちづけせよと はやしたて
♪そっと あなたは くれました。

「ひゅーひゅー。センセー もう キスしたんやろぅ?」
「キスだけかぁ・・・?」
「いやーん」ばかばかっ と おかま役の男子が照れます(笑)

♪赤 青 黄色の衣装をつけた
♪てんとうむしが しゃしゃりぃでてぇー
♪サンバにあわせて おどりだすぅー

(ここで、テントウムシに変装した男子が、踊りだしますっ)

そして 古文の大家先生(時効だから 本名ですっ)の周りを クラス全員でかこんで 踊ります。

あはっ、 あの嫌われていた大家先生の眼から涙ですよー(^^)/
「おまえら 4組は いつも こうや!」
「変や こんな クラスで 授業なんかできるかっ!」
そう言って、涙を流して 教室を出て行きましたっ。

マジで作戦大成功(^^)/

女子は女子で マンガやおしゃべりをして
男子は男子で トランプの大富豪や室内卓球をしたり、
それはそれは 楽しい自習の時間になりましたっ。

それから 大家センセーが 4組を見る目が変わり
できの悪い生徒の気持ちも 少し分かってくれるような 教師に 
成長されていきましたよっ(^^)/

そして やがては こんな私がひょんなことから教職の道に・・・
でも 同じように
サプライズしてくれた 子供たちが居ました。
やられてしまいますとね・・・ちと 涙がでちゃうんですわっ(笑)
6年生だと手が込んでいまして・・・
3年生だとバレバレですねー。

そんな みんなで おもろいことやろう!
そんな クラスが 理想です。

それぞれが 持ち場があり
ちょっとでも 役がある。
そして
学校が楽しい・・・

明日 何が あるのかぁ? 明日 何を 考えてやろうかなぁ?

本日もニュースや、新聞で不登校から自死し、学校・教育委員会と遺族がもめている記事が2件ありました。

明日の朝、みんなで センセーを驚かせよう!
明日の朝 子供たちを 驚かせてやる!

勉強も大切ですが
それよりも
命の方が大切です。

そして かけがえのない 学生時代に
ほのぼのとした おもひでと
学生時代だからできる「経験」を 積んで欲しいと思います。
イメージ 2











台風10号崩れの低気圧が、東北のお山に悪天候をもたらせていますが、悪天候の方が静かに♨に入れるのでは? 強行しましたっ!
行先は八幡平です(^^)/
イメージ 1
ガス・風雨が強い中、山頂までのハイキングは諦め、藤七♨にさっそく入ることにしました。 標高が約1400m有るために、寒く感じます。
イメージ 2
混浴と書かれていますが、ちゃんと男女別々になっております。
イメージ 3
おう、野趣な♨(^^)/ しかも 風雨がきついので、だぁれも居ませんよ(笑)
イメージ 4
ちょっと ぬるいですが 極楽極楽(#^^#) 
イメージ 5
しかし、何カ所も露天風呂があります。 一番上に行こうっと(^^)/
イメージ 6
かなりの坂道を登って、最上段の露天風呂に着きました。(スリップに注意です)
イメージ 7
うわっっちちちっ!( ゚Д゚)  足を突っ込んだら、火傷をしそうな温度です。うーん、コレは50℃以上あるんではないかい? どうあがいても入浴は不可能でした。
イメージ 8
シャワーなんかありません。温泉の源泉と川の水をバルブを調節して、温度を決めます。ああ、なんだか野趣溢れて いいなぁ。
イメージ 9
内湯です。こういうのが本物の♨ですよねー。硫黄の臭いが漂い、周りは全て木で作られています。桶だけがプラスチックですが・・・。
イメージ 10
コレは、ずっと浸っていたい 湯舟でした(^^)/
イメージ 11
外に出ますと、風速15m.雨とガス 気温18℃ 火照った体に気持ち良い感じ('◇')ゞ
イメージ 12
標高1560mの展望台です・・・晴れたら絶景らしいのですがっ。
イメージ 13
本日は、コレでございますっ(ー_ー)!!
でも、晴天なら、人が多くて静かな♨には 入られません。痛しかゆしです。
イメージ 14
標高が下がった「ふけの湯」では、ガスが取れて、眺望も見えました。よっしや、温泉のハシゴですがなっ。行くでぇー。
イメージ 15
標高1100mに位置する ふけの湯 源泉秘湯の宿? でございます。
内湯も思いっきり野堀?的な 離れの露天風呂も 行き来は自由です。
イメージ 16
その辺からボコボコ蒸気が立ち上がっていて、硫黄の臭いがプンプンします。
イメージ 17
何カ所も露天風呂はあるのですが、もう、ふやけ気味なのでココだけに浸かることにしました。
イメージ 18
41℃くらいの 丁度 気持ちがいいお湯です。長い湯道を通して温度を下げているようです。
イメージ 19
ギブスを外して、骨折している腕に源泉を掛けています。いかにも源泉そのものなので、効能がありそうですっ(^^)/
イメージ 20
ああっ。青空が見えてきました(^^)/ 白い雲と温泉の蒸気のコラボです。
イメージ 21
ふぅー。ココも一日中浸かっていれそうですぅ。
イメージ 22
勿論宿泊もできますよ(^^)/ 昭和の感じなのが これまた哀愁を誘います(#^^#)
イメージ 23
眠たそうなアキアカネさん。
イメージ 24
全く人間を怖がらない アキアカネさん。
イメージ 25
見てるだけぇーの おいら。
イメージ 26
地熱発電所の巨大タービン。
イメージ 27
ブナ林
イメージ 28
大峰や台高の太平洋側のブナは、黒っぽく枝を大きく横に針伸ばしますが、日本海側のブナは、白っぽく真っすぐに伸びます。種類が違うそうです。
兵庫県では、扇ノ山が 日本海側のブナに相当します。氷ノ山は、混合しているそうです。

ブナの森は素敵なのですが・・・直ぐ横にこんな看板がっ( ゚Д゚)
イメージ 29
このクマさん・・・怖すぎですね。
でも、この地域では多くの被害者さんが出て、全国的にも「有名」ですので、これぐらいの顔でも 仕方がありませんね。

関西は暑いのかなぁ?
東北は、少しマシになってきました。

八幡平の山頂までのハイキングは、できませんでしたが、まったり秘湯♨に浸るのも、これまた風情があって よかったかもです('◇')ゞ

 


山の日雑感

本日は山の日でしたが、腕の怪我のこともあり・・・一日中家で暑さの中・・・ごろ寝でした。
毎年山での遭難者数が増え、半数が60代以上で、命を落とされた方も300名を超えています。
原因の第一位は、道迷いです。

これだけスマホで自分の位置が確認できる時代なのに・・・やはり、スマホを持たない60代以上が多いからでしょうか?
私もズバリそれに当たりますが・・・(/・ω・)/

若い時に登山をやり、50代からにわかに昔取った杵柄で始める人。
50代くらいから山を始めて、SNS等で情報を仕入れて、直ぐに沢やバリエーションに入り、ベテランな気持ちに陥る人。
原因は色々とあるようですが・・・

このブログを閲覧していただいている年代層も、やはり50代以上の割合が多いですので、お互いに気をつけましょう。(山で骨折している人間が偉そうに言えませんよねっ)( ;∀;)

スポーツクライミングってのは、インドアで行いますので 登山とは別口でしょうが、若くなければ厳しそうですね。

ロッキーと言う映画が 私たちの年代では 青春の華でした。
そのロッキーの最終作で 60才に近づいたロッキーが・・・
「歳を取ると、何もかもできなくなり奪われてしまう。ただ、チャレンジする気持ちまで奪い取らないでほしい。」
そういう セリフの場面がありますが・・・

何もスポーツや登山だけでなく、日常生活においてもできなくなる事との闘いとあきらめの毎日です。

明日は、元職場の若手君たちと お山でキャンプです('◇')ゞ
丁度親子位の年齢差。

今の若い人に対する中年以上の年配の評価が厳しいです。
事あれば「ゆとり世代やろ?」です。
今の50代だって 若い時には「新人類」と言われ 煙たがれたのですよ。

世代が違えば、育つ環境も違います。
生まれたときからネット社会、子供のころからスマホ時代。
中年以上の皆さん、子供の頃にそんなの無かったですよね(笑)

明日は、話をゆっくりと聞き役に回る予定です。
先ずは話を聞いてあげること。
私たちベテランは直ぐに話を断ち切って叱ってしまう癖があります。

何でも否定 否定形に入る中堅・ベテラン・特にお局さん保身命系の管理職は、自分と同じ価値観を押し付けてくるから、どうしようもないですね。

だから、その若手が10年後にはまた、同じように新人さん達に価値観を押し付ける。

確かに、「今の若いもんは・・・」このセリフ・・・
大昔に耳が痛いほど聞かされてきたのですよ。
どの時代に生きている人も。

吉本で起こった騒ぎも ジェネレーションギャップが根底にあるかと思います。

さて、今日は山の日。

山の日と決められたら、富士山に行かなければっ・・・と 想う国民性ですから、本日は富士山や北アなど 満員でしょうね。
ただ、盆休みを長期的に取得しやすくなったのが 一番の狙いだったのかも???

海の日 山の日  

海千山千の中高年が
海のモノとも山のモノともつかぬ 若者を
自分の形にはめ込んでしまう 愚かな 老人にだけはならぬよう
気を付けたいものです。

マジで暑いです・・・
ギブスを巻いていますので、それもキツイデス(ー_ー)!!

取りあえずは、明日のキャンプ地を 標高380m地点から740m地点に変更しました。
例年よりも夜間の温度が3℃も高いです。
やはり、涼しい所で 熱く? 語り合いたいですよね(笑)


イメージ 1
たまりにたまっていたお手紙や暑中見舞いのお返事をやっとこさ書きました。遅くなってごめんなさい<(_ _)>

で、今年の夏は異常(毎年ですがっ)なのです。
自宅は森で囲まれ、標高もそこそこあるのに一向に気温が下がらないのです。夕方になっても夜になっても30℃キープ(外気温)
なので室温は33℃以上もあります。

流石に古いエアコンを電気代を気にしながらかけてしまいました💦
しかし、体がだるーい。💦

仕方がないので氷ノ山でも行こうと思いましたが、行く気力がなく、六甲山で眠ろうと考えました。
イメージ 2
車がすぐそばに置けて、夜には誰も来ない所・・・そう、ダイヤモンドポイントです。
しかし、標高が740mですので、微妙な感じです。
イメージ 3
それでも下界よりは少し涼しく感じましたが、今年の夜に気温が下がらないのはココ六甲山でも同様でした。
イメージ 4
それでも、風が少し涼しくなり、防虫スプレーをかけまくって外でディナータイム。
テントの中は暑くて無理でした。
イメージ 5
最近、野菜を食べていなかったので、キュウリの丸かじりをしたら、美味しかったです(^^)/
炭水化物(カップ麺)ばかり食べていますので、それもありますがっ。
イメージ 6
車の側でキャンプすると こういう贅沢ができますね(^_-)-☆
イメージ 7
六甲山の北側は夜景がしょぼいですけど、夜景を観ながらのんびーりとコーヒータイム至福の時です。 気温も下がって来て、やぶ蚊も流石に防虫スプレーのおかげで退散しました。

どどーん。花火の音が聞こえます。あれ?今日は神戸港で花火大会かぁ? 表六甲だと見えるのですが、ココは裏六甲。音だけですよー( ;∀;)
イメージ 8
こちらの夜景は、加古川や姫路の播磨地区です。
イメージ 9
やっと23.7℃で、涼しくなってきました(^^)/ この時刻、神戸では28.6℃ 大阪では29.3℃でしたので、標高740mのココでは5℃程気温が低くなっています。
しかし、例年ですと、もう2℃程低いのですが・・・23.7℃は、ギリギリ許せる範囲ですねー。 お山だと22℃を切ってほしかったです<(_ _)>
イメージ 10
あれ? 花火が上がっていますよ ピンボケ手振れでごめんなさい。
イメージ 11
ちょっとアップに・・・三田市の方向ですが・・・
神戸港花火大会に対抗?してかなぁ?
結構、何発も上がっています。
イメージ 12
ほぉー。フィナーレですかね。めっちゃめっちゃ遠くなので、小っちゃく見えましたが、ラッキー(^^)/
調べると第41回三田まつり花火大会だったようです。
しかし、それよりも、直ぐ下の大池の街辺りで何か、盆踊り大会?が開催されていて、司会者のお姉さんの声がキンキンに山の上まで聞こえてきましたよ<(_ _)>
でも。夏ですねー。夏祭りは子供の夢ですから。ヨーヨー 金魚すくい りんご飴
イメージ 13
ふぅ、シュラフカバー半分かけて丁度。 エアコンの風じゃなく、自然の風は気持ちがいいです。
イメージ 14
テントの中で23.5℃なら、まぁ、いいかんじですが、シュラフに潜って眠りたいので、やはり標高1500m以上は上がらなくてはダメですね。
因みに現在の富士山の気温は7.2℃ですっ(笑) これなら夏用のシュラフでも寒いかっ(/・ω・)/
来週は、寒い所へ行くぞぉー・・・
イメージ 15
ほい、ぐっすり寝て早起きして六甲山最高峰まで来ましたよ(^^)/ 狙いはご来光です。
イメージ 16
流石に900mを超えるここでは、この気温。風もあって 連日のうだるような暑さがウソのようです。
茹だるって? 茹でられる程の暑さッていうことですかね?
イメージ 17
何だか六甲と思えない雲海ができていますよ。ご来光は微妙ですがっ。
イメージ 18
六甲枝垂れ辺りの無線電波塔だけがかろうじて見えていますが、南からの湿った空気が六甲にぶち当たって、雲がどんどん発生しています。
イメージ 19
電波塔UP。
イメージ 20
今年の夏は、このように湿った空気がどんどん南から押し寄せるので、夜間も気温が下がりません。それが六甲山に遮られ上昇して雲になっています。例年ですとこのような六甲を超えていくような雲はそないに発生しませんが・・・今年は多く見られます。
イメージ 21
アマチュア無線の方がいました。少しお話しますと、先ほどまで福島の方と更新していたようです。車はここまで上がりませんので、アンテナや資材を担ぎ上げるのが大変だったかも?
スマホがあるのにも関わらず、こうして無線にハマっている人もいるのですね。スカイプだとテレビ電話もできるのに・・・しかし、これが男のロマンですね。
イメージ 22
涼しい風が吹いている、六甲最高峰です。
イメージ 23
その涼しい中で、モーニングです(^^)/
イメージ 24
おおっ、キュウリをくわええていましたら、奇麗なご来光がっ(^^)/
イメージ 25
スタバのカップで・・・これぞ モーニングコーヒー。重たかったですけれど(笑)
イメージ 26
モーニングトマト? 
イメージ 27
ダイソーの300円のリュック。重宝しています(^^)/ 耐久性がどないなのか?ですがっ。 めっちゃコンパクトになりますので。
イメージ 28
ふー、早朝のお山の散歩は気持ちがいいですねー。
イメージ 29
お家方向は、靄って見えませんねー。自宅は今頃もう、30℃突破でしょうね。
イメージ 30
これぐらいの気温だと、朝の散歩も毎日行けるような気がします。
イメージ 31
流石に空気さわやかです。 下界の藪山は 空気もぉわー・・・やぶ蚊だらけ。
イメージ 32
1時間程まったり散策しましたら・・・
イメージ 33
ベースキャンプのダイヤモンドポイントに銀マットを敷いて、ごろんと二度寝。
マジで二度寝してしまいました。
イメージ 34
これじゃ、体がなまると思い、下界におりてサイクリングを敢行しましたっ💦
猛烈に暑いですっ。
イメージ 35
先ほどまで昼寝をしていた 六甲山が見えています。全く気温が違います💦
イメージ 36
腰が元通りになりますように・・・健康祈願。
イメージ 37

えっ、こんなところに3重の塔があったのですかっ。 知りませんでしたっ。
イメージ 38
神社の太い大きな木が バウムクーヘンに・・・。
イメージ 39
よく登る稚児ヶ墓山です。今日はもう、勘弁を・・・暑すぎますっ💦
頭が痛くなってきました。
イメージ 40
日陰に止めていた車の車外温度が41℃ですっ。 もう ふらふら。 自宅に帰って水風呂を浴びて、エアコンをかけなければ ヤバそうです💦

毎年、エアコンなどかけっぱなしで眠ったことはありませんが、もう地球温暖化の猛暑で、仕方がありませんね<(_ _)>

古いエアコンですから1時間35円くらいかかりますが、ガソリンを使って六甲山まで行くと往復600円位かかっちゃいます。

でも、天然の涼しいお山の風と、エアコンでは起きた時の体のだるさがまるで違いますね。
また、避暑の旅に出かけたいと思います。
でも 標高1000m超えないと、この夏は快適に眠られないですねっ。

皆さんは、エアコンかけっぱなしですか?
それとも 扇風機ですか?

昔は扇風機をかけっぱなしで眠ると死ぬ!って言われていましたが、そんなことはありません。(笑)

ああ、今夜も室温まだ30℃以上・・・室外も27℃・・・

でも 電気代もったいないので 窓開けて 扇風機(温風機?)で 眠るとします。

山で寝ますと、下界での熱帯夜に体が暑耐えられなくなってしまうかもですね<(_ _)>




全55ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事