ここから本文です
koubejyunntarouのブログ
お山に行きましょう(^^)/

書庫はいきんぐぅ

記事検索
検索

全46ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

うん? 意外と雨が降らんがな。 よしっ、リハビリ登山に出かけよう(^^)/
イメージ 1
太陽も出ていますが、念のためにジャンプ傘をストック代わりに出発でーす(^^)/
イメージ 2
今朝の雨に洗われて、なんとも緑のきれいなこと! 新緑の季節を思い出しました。
イメージ 3
池の側に かわいい花いっぱい。
イメージ 4
                 乱立
イメージ 5
              キノコのタワマン。
イメージ 6
おっ、初入荷ですぞ(^^)/
イメージ 7
やぶ蚊が多いので スイッチオン! 効くのかなぁ・・・耳元でぶぁーんですがっ。
イメージ 8
第一峠に到着。めっちゃ蒸し暑いです。低山はこれだから堪えます。
イメージ 9
効いているのかなぁ? まだ 刺されていません。
イメージ 10
体力低下ですっ(ー_ー)!! トラロープ掴んで へとへと・・・
イメージ 11
稚児ヶ墓山 三角点 はいたっち。H569m也。ちょっとは涼しく感じます。
イメージ 12
いつもは道の無いVRの裏手からゴソゴソとこの山頂に出てくるのですが、本日はハイキング道で 正面ルートでした。
イメージ 13
稚児の墓跡です。実はここの方が標高は少し高く 600mジャストです。やったぁ!東京のネームバリュー№1の高尾山に1m勝ったぞ( `ー´)ノ 
ってか 稚児ヶ墓山など、関東の方には通じませんがっ。マイナー過ぎます。1m勝ったところで なんの意味もなくぅ(笑)

しかし、雲行きが怪しいですよー。 ラジオでは4時過ぎに大阪が雷雨に見舞われるとか言っていたけれど・・・まっ、大丈夫やろう、ここは神戸市北区ですっ(^^)/
イメージ 14
神戸ブランド 神戸居留地ですっ。1本64円のパチモン業務スーパー専用です。うぅ
水臭いですっ(ー_ー)!!
イメージ 15
大阪や神戸は30℃突破していますが、低山のココでも5℃低いですね。それと風がありますので、涼しいです。
イメージ 16
ほい、降りましょう。何だか 雨の匂いがしてきましたよっ。それに虫が一匹も居なくなりました。
あっ、雷ゴロゴロ鳴り出しましたっ。
イメージ 17
わっ、急がないと やばいかもぉー。 長年の勘で 雨の匂いがするっ。いそげっ。
たったったっ。
イメージ 18
雷にやられたのかなぁ。 
イメージ 19
4時だと言うのに、森が暗くなってきましたよー。
イメージ 20
うーん。 カッパは持ってきていないけれど・・・。 まぁ、傘があるしな!
イメージ 21
まっ、イザとなれば このように木と木の間に傘を挟んで 雨宿りするでぇー(^^)/
イメージ 22
げっ、木に挟み込み過ぎて 傘の骨が折れましたっ(ー_ー)!! 折れてるのは左腕だけでいいっちゅうにー。アホやなぁ・・・・
イメージ 23
おいっ・・・急に真っ暗けになってしまった。 ヤバい。 コレ。来るかっ💦
イメージ 24
キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!! って  コレ この雨 ハンパないですぅ。
イメージ 25
ああああ・・・傘など お山では役に立たんわっ。 横殴りの雨で、全身びしょ濡れの刑に処されています。
イメージ 26
おいっ。・・・( ;∀;)
イメージ 27
道が川になってますがなぁ。
イメージ 28
沢登りかっ!
イメージ 29
滝のような雨ですよー。シャワークライミング的なっ( ゚Д゚)
イメージ 30
はいたっち も 余裕がありません。 
イメージ 31
車に乗り込んで、エアコンの暖房を入れますっ。
イメージ 32
あれ? 下の村に降りてきたら ぴたりと止みました。
イメージ 33
お山はガスって まだ 雨が降っているように見えますが・・・
イメージ 34
ずぶ濡れのTシャツを着替えて、無人販売店へ。 全部100円かぁ(消費税込)
イメージ 35
ナスとキューリを 買いました。
わたしゃ、鈴虫かっ(笑)
いや、なんだか 急に焼きナスが食べたくなったので・・・。

結局、ゲリラ豪雨の僅か10分程度に捕まっただけで、全身びしょ濡れ。やっぱり傘は、ゲリラでは全く役に立ちませんでした。
まぁ、気温が25℃前後ですので、濡れていても 大丈夫ですが、15℃以下の風雨に長時間お供してしまいますと、ちょっと危険が伴ってまいります。

一番厄介なのは、みぞれと冷雨です。

やはり、高い山にはそれなりの「雨具」が必要ですね。






イメージ 1
ううう。何回飛んでも おら 登られねーだよ。
イメージ 2
ねぇ、おじさん、救助隊の人ぉ?  おらを 助けてちゅーだいな。
イメージ 3
へい。お待ち。 はしご車でごぜーます。 はやく 登ってちゅーだいな(^^)/
スルスルするっと登って、救助大成功(^^)/
イメージ 4
人?助けの後のコーヒーは うんまい(#^^#)
イメージ 5
アップルパイの気持ち。
イメージ 6
鉢伏山方面(兵庫県側)
イメージ 7
三の丸方面(鳥取県側)
イメージ 8
お掃除。
イメージ 9
さて、帰るかぁ。一泊ありがとう。
イメージ 10
カペラ ズームアップ。 あれ? 月曜日なのに車が増えていますよ。
イメージ 11
今日は、快晴(^^)/ 山 山 山・・・山の香りが素敵ですよ。
イメージ 12
なんだか 少し痛みが引いた感じがします('◇')ゞ
イメージ 13
帰りも 自然治癒療法・・・ブナさん お願いします。
イメージ 14
貫禄のブナ。
イメージ 15
だけど、ネマガリダケに覆われた土地では、幼木は育ちません。氷ノ山のブナも次世代がピンチです。
イメージ 16
ウッドハウスの大屋町避難小屋は、自然とマッチして 素敵な小屋です。
イメージ 17
朝は、フィトンチッドがいっぱい いっぱいの ブナ林。 ふぅわー。気持ちいい。
イメージ 18
国土地理院の車です。初めて見ました。
イメージ 19
はい、たっち。
イメージ 20
自宅に帰ってきたら 真っ先に ヤモリくんが お帰りぃー????
ここは 山と変わんないっ(爆)


骨折してしまって いじけて((笑))いましたが、
リハビリを兼ねて 氷ノ山のリニューアル山頂避難小屋で のーんびりと過ごそうと決心して よかったです。

ブナ林 洛陽 雲海 ガス 寒さ 満点の星&天の川 ご来光 朝のフィトンチッドの薫森・・・そして 愛くるしいヒメネズミ。

来てよかった・・・。

こういうのんびーり登山は 怪我をしないとなかなかできないので、まぁ、たまにはいいですねぇ(^^)/

生きている内に できるだけ多くの自然と接したいと思います。ケガや腰の病気が良くなったら、遠征にも出たいです。

忙しい現役バリバリの皆様も、たまぁーには 森を歩くのもいいですよ(^^)/

氷ノ山に行ってきました(^^)/
イメージ 1
秋っぽくなったかと思えば、まだまだ夏の空(^^)/
イメージ 2
森の木陰で 「京都の満彩弁当の気持ち」 一番暑い時刻なのに22℃。涼しいー。
イメージ 3
本日のお荷物16.5kg テント一式 お泊りセットと水が重ーい('ω')ノ
イメージ 4
腰は、大丈夫みたいです。 折れた腕は、シビレが治りませんよー(ー_ー)!!
イメージ 5
おー、ブナ林の道。 風が爽やか心地よいです。来てよかったぁ(^^)/
イメージ 6
荷物が重いので、ここ、中腹(H1240m)の大屋町避難小屋に泊まうか?
いや、新装オープンの山頂小屋まで がんばるか・・・悩みます。
でも、山頂小屋の方がより涼しいですし、新装オープンになったことやし・・・・
どっこいしょ。上がりましょう( `ー´)ノ
イメージ 7
自然治癒 ブナさん お願いしますっ。
イメージ 8
非公開の神大ヒュッテ(H1320m)。ココの水場は現在全く枯れています。
イメージ 9
おおっ。つい最近、新装オープンになった山頂避難小屋が見えました!(^^)!
イメージ 10
ほい、もう30回以上登っている氷ノ山山頂です。三角点の石が壊れたので、取り換え中で、新しいのは 10月に運ばれるそうです。(H1509.6m)
イメージ 11
ふぅわー( ゚Д゚) 新装オープンに使われた資材や撤去物・足場などがヘリで運べるように所狭しとセットされていました。
イメージ 12
おおー、なんだかピッカピカの小屋に変身しましたよー(#^^#)
イメージ 13
がちゃ。うわー。スムーズに開きます。 一度、真冬に登って来て、このドアが開かなくて、めっちゃんこ寒い中で ジャムパンを食べたことがあります。
イメージ 14
めっちゃ冷え込んだ、ガス吹雪の日に・・・・
イメージ 15
このドアが全く開かずに・・・うぇーん💦 でしたっ( ;∀;)  コレで安心して冬場も来れそうです(^^)/
イメージ 16
おおおー。ペンキ塗りたての臭いですよー。
イメージ 17
お風呂?(笑)  囲炉裏が なんとステンレスに変わっちゃっています。後程、ここで2匹が 遭難してしまいましたがっ。
イメージ 18
二階ですっ。床が完全に入れ替わっています。新築の香りが漂っていますよ(^^)/
でも・・・毛布や布団は全て撤去されていました。
泊まる方は、マイシュラフ持参じゃないと 寒いですよ。後で、搬入してくれるのかもしれませんが・・・。
イメージ 19
昇降口には、穴を塞ぐパネルがありました。 そうそう、夜にボケーと起きて、ここを踏み外してしまうと、大けがをしてしまいますから・・・重宝します(^^)/
イメージ 20
しかし・・・山頂付近だけにガスがかかり始めて、お楽しみの洛陽が怪しくなってきました。
イメージ 21
唸るような風になり、どんどん北から雲が発生し、山頂付近にぶち当たります。
イメージ 22
あー・・・黄昏空は無理かぁ・・・銀マット敷いて ごろり。外はガスって気温14.9℃で風速10m前後。 小屋の2階は、18℃。 快適 快適ぃ♪
イメージ 23
今夜のディナー。きつねうどんですぅ。
夕日を見ながら食べようと思いましたが、ガスと強風に揺れるチシマザサ(ネマガリダケ)を見ながら いただきまーす。 まぁ、これも 寒いくらいで丁度いいかぁ。
イメージ 24
おおっ、ちょっとだけ晴れたっ(^^)/ ・・・と思ったら、直ぐに次の雲の塊が押し寄せてきて・・・
イメージ 25
こんな世界になっちゃいます。
イメージ 26
コーヒーをいただきます。 おおー、寒いのでホットで体が温まりますぅ(#^^#)
イメージ 27
一階に、椅子が置いてありましたので、それを二階に持ち上げて(腕がコレですから苦労しました)それに座って、窓の景色を見ながらのコーヒタイムは最高です(^^)/
但し、これで洛陽が観れたらなぁ・・・。
イメージ 28
お腹も膨らんだので、アウターを着て外に出ました。 はぁ、あの下界の猛暑が懐かしい(笑) 寒さですっ。
ヘリが運ぶ荷物はどれぐらい重いのか・・・サンタクロースになった気持ちで引っ張ってみました。 びくともしませんでしたよっ。 ヘリは力持ち!
イメージ 29
おおっ、久しぶりに太陽が顔を見せました(^^)/ 洛陽イケるかっ???
イメージ 30
うーん。コレが精一杯でしたが、生で見ると なんだか荘厳な洛陽でしたよ。
イメージ 31
気温、12.9℃ 風速 北の風 風速10m前後 体感気温 3℃かなぁ・・・。
まるで 盛夏のアルプス2500m〜級の気温です。

いやー、1510mの氷ノ山でも、夏場にこれだけの涼しさ(やや寒い)を味わえるなんてラッキーです。 
因みに同じ25日の18:00の神戸の気温は、28.1℃(アメダス)でした。
なんと 15℃程も違いますっ。
イメージ 32
チラッと だけ 洛陽です。
イメージ 33
おおっ。生で観ると 荘厳ですよ('◇')ゞ
イメージ 34
しばし 見とれていました。 ちょっとだけでも黄昏ることができました。
イメージ 35
ローソクの炎が暖かく感じます。
イメージ 36
冷えてきましたので、念願の?シュラフを出して もこもこ被ります(^^)/
イメージ 37
7時に寝て、9時過ぎに起きてしまいました。外はどうなってるのかな?と窓を開けたら、天の川と満天の星。
いつものようにカメラを向けても、コンデジでは撮影できませんでしたので、イメージですっ(ー_ー)!!
イメージ 38
今度は、真夜中の1時に起きてしまいました。外に出ると風が強いですが、三日月が東の空に出ていました。ご来光が望めそうです(^^)/
イメージ 39
黎明期
イメージ 40
ゴジラの背みたいな雲
イメージ 41
うおーっ。空がオレンジからゴールドに輝き始めました。
イメージ 42
ゴジラの背も輝き始めました。来るかっ。
イメージ 43
えっ! アイガー北壁とそっくりですよー。
イメージ 44
おおっ・・・・
イメージ 45
キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
イメージ 46
おはようございます。
イメージ 47
小屋の中にも朝日が差し込んで 暖かくなってきました。
イメージ 48
と言っても、小屋内に設置している寒暖計では 11℃。 ♪冬の匂いがしたぁ♪
イメージ 49
誰もいない 1510m 。  今年の夏は怪我をして アルプスに行けなかったけれど
ひしめき合うテント村や小屋よりも こうして 一人静かに大自然と向き合える方が素敵かもしれません。
イメージ 50
小屋内で ゴソゴソしている音が 聞こえてきました。
なんやぁ?  と  下に降りてみると・・・
1階にあるステンレスの囲炉裏にハマって、脱出ができないヒメネズミが困っていました。
これだけの新装工事が終わって 静かになったから戻ってきたのでしょうか?

動画です。動きがとっても かわいいですよ(#^^#) お時間があれば、ご覧ください。

後半は、明日にレコupします。
レコupできるのも 今月の8/31日まで。
このYahoo!ブログに しつこく(笑) レコupしているのは もう私だけかなぁ?

でも、最後の日まで 頑張ってUPしたいと思います。
その後は、自動的にコチラのブログに飛んでしまいます。

9月からは、また こちらも 覗いてもらえれば嬉しいです('◇')ゞ


蒸し暑くて午前3:30に起きてしまいました💦
ええい。 六甲山に ご来光と避暑に行こう(^^)/
イメージ 1
六甲山頂です。あっ イマイチのご来光です。
イメージ 2
土星な感じ?
イメージ 3
ヒルガオがまだ目覚めていませんね。
イメージ 4
旧六甲最高峰跡 山頂は、長い間、米軍のパラボラアンテナが占領していました。
イメージ 5
931mまで登ると、流石に涼しいですよ(^^)/
今日の神戸のこの時間の気温は、27.9℃ ココは、20.9℃ 7℃も涼しいです。
しかも 風があって 眠りたくなりました。
イメージ 6
りんごスティックの気持ち。
イメージ 7
あはは。インスタントですが。。。いただきまーす('◇')ゞ
イメージ 8
涼しいのと、自然の中で飲むホットコーヒーは 超うんまい(#^^#)
イメージ 9
直ぐ横に猪のお家がありました。 ツンツンしてみても ご本人はいらっしゃりませんでした。ブイブイ。
イメージ 10
ガス(雲)が どんどん 流れて行きます。
イメージ 11
まだまだ 幼児的な ブナ。 温暖化に負けずに 大きく育ってよ( `ー´)ノ
イメージ 12
夜露いっぱいのアザミ
イメージ 13
うん? まだ野イチゴが ありますよ。 小さいので今日は食べませんね。
イメージ 14
山頂は、市街地よりも降水量が600mmも多いのと、霧(ガス)の発生もあり、苔がたくさん発達しています。
イメージ 15
鮮やかな黄色い花が 目に着きました。
イメージ 16
エゾゼミさんの 羽根が落ちていました・・・お疲れ様。そろそろ夏も終わりですね
イメージ 17
ネジバナ
イメージ 18
涼しいので なかなか 移動できません(笑)
イメージ 19
ココでのトマトの丸かじりは、これまた「うんまい!」
イメージ 20
この「くるみもち」 けっこう イケますよ(^^)/
イメージ 21
ガスがかかって 満月のような 太陽さん。
イメージ 22
現在の本当の最高峰です。931mしかないんですが、雲の上に居ます。
イメージ 23
太陽が出ると ヒルガオが開き始めました。 んじゃ、アサガオでないかい?
イメージ 24
かわいい 花。
イメージ 25
ガスがそろそろ 取れてきました。
イメージ 26
あれ? UFOですか?
イメージ 27
移動が速いですよー。
イメージ 28
UP。 燕たちでしたっ(^^)/ 市街地に居ると思いましたが、こんな山頂まで飛んでくるのですね。多分、エサのトンボが沢山いるからかなぁ?
イメージ 29
大阪は、靄ッて 良く見えませんが、朝から暑そうな感じですねぇー💦
イメージ 30
ふぃー。明日は処暑。 この夏は時間がたっぷりあったのに 骨折してしまい 大きなお山に遠征に行くことができませんでした。人生って・・・そんなもんかぁ💦
イメージ 31
夏の朝は 六甲でもよく雲がかかって ちょっぴり高山的な感じになりますよ(^^)/
イメージ 32
そろそろ 秋の花とバトンタッチの時期ですね。
イメージ 33
でも・・・まだヤマアジサイが 奇麗に咲いていましたよ。 実はこのヤマアジサイは、遠くは昔・・・大峰山脈から 移動してきたのです。
あっ、ブナも 同じく祖先は 大峰山脈から受け継いだのです。

標高約800mに位置する「記念碑台」の屋根のあるベンチで 寝転んでいたら 余りに涼しいので ちょっぴり寝込んでしまいましたっ。

明日は寒冷前線が通過し、雨が降ります。
そして いよいよ あの蒸し暑い高気圧から 解放されるかもです(^^)/
明日の深夜こそ、久しぶりにタオルケットを被って 眠れるかもしれませんね。

帰りにお買い物にスーパーに寄りますと・・・
キャベツにやキュウリにトマトのお値段が高い(/・ω・)/
そろそろ 夏物野菜は お終いかなぁ・・・
なので もやしを買いました(笑) 

茹でると 栄養分が失われますが、ラーメンと一緒に茹でてしまいましたっ。
モヤシ炒めにした方が 良いそうですね。
イメージ 1
近くに大湯環状列石(ストーンサークル)があるので 寄ってみました。
イメージ 2
縄文時代の日時計?との所説もありますが、古墳と考える学者もいるようです。
縄文時代は、のんびーりと人々が暮らしていたので、時計など要るのかなぁ?
イメージ 3
ここでの洛陽は、インスタ映えとなっておりますが、まだまだ陽は落ちません。
イメージ 4
まだまだ 暑いですっ。
イメージ 5
粘っていましたが、係員さんに退去命令を受けました💦 (無料ですが17:30閉演だと知りませんでした。ごめんなさい。)
イメージ 6
辺りは、そばの花が一面に咲いていました。
イメージ 7
帰りのバスです。午前5:43 盛岡行。 間違いないです。
運転手さんも 笑顔で乗車するときに一人一人に声をかけています。往路で乗り間違えたバスとは雰囲気が全く違いました。
イメージ 8
ボケていますが、本日は岩手山が奇麗に見えていました。
イメージ 9
やはり2000mを超えると、山はでっかく見えますね。
イメージ 10
盛岡駅前に着きました。市街地からもしっかりと岩手山が望めるのですね。冬はきれいでしょうね。
イメージ 11
盛岡って来れば、わんこそば と 冷麺ですね。
昔チャレンジしましたが、35杯くらいでギブアップしたことを思い出しました。
イメージ 12
往路は、「はやぶさ」の座席指定は全く取れずに、鈍行の「やまびこ」でまったりと来ましたが・・・あれ? 復路の「はやぶさ」ガラガラですよー(^^)/。もう、昨日が帰省帰りのピークだったと思われます。
イメージ 13
東北新幹線は、フリーのWi−Fiは使用できますが、東海道新幹線では、使用できませんでした。何故なのかなぁ? セキュリティの問題かと思われます。
イメージ 14
何気ない窓からの風景ですが、流れる景色がめっちゃ速いです('◇')ゞ 日本最速320kmは伊達じゃありません。東海道新幹線のぞみは、285kmですので その違いは歴然としています。
イメージ 15
2時間チョイで東京に着きました。えっ? 人が少ないです。
イメージ 16
東京ばな奈の前にも誰も人はいません。閑散としています。
イメージ 17
博多行きのぞみ165号 自由席は、ご覧の通り ガラガラ閑古鳥が鳴いています。
イメージ 18
富士山は全く雲に覆われ見えませんでしたが、伊吹山は山頂まで見えました。1377mと高くはありませんが、独立峰なので大きく見えました。
しかし、この伊吹山と岩手山が合体しても、富士山の高さには届きません。そう思うと、いままで何気に冬富士に出向いていましたが、とんでもない高い山だったのですね(/・ω・)/
イメージ 19
13:01分、新神戸着。 のぞみは博多までがんばってくださいねー( `ー´)ノ
あ・あづい・・・( ゚Д゚)💦
ミストサウナに入っている感じです。
イメージ 20
しかし、東京駅と比べて、普段は人出が見られない新神戸駅が、とても賑わっています。東京に帰る人が多いのかもです。
昔は、新神戸に「のぞみ」は停車しませんでした。それから一部の「のぞみ」が停車するようになり、神戸空港がオープンする前に、飛行機との競争対策として新神戸にのぞみを全停車させたとの専らの噂です。
「なんで新神戸みたいな山奥の駅に止まるんだ! 京都・大阪は良いとして、神戸に停車する理由もないだろう?」と思われがちですが、実際にアンケート調査によれば、新神戸よりも新横浜・品川の方が のぞみ停車不要論が高い数値が出ました。
しかも関東在住の方の意見が圧倒的に多かったです。

しかし、それでも神戸〜東京間は、2時間45分。
大昔の蒸気機関車では、神戸〜新橋間は、20時間10分ですから隔世の感ですよね。

※東北新幹線
 東京〜大宮までは、最高時速110km区間です。
※東海道新幹線
 品川〜新横浜までは、最高時速160km区間です。
イメージ 21
神戸市営地下鉄です。最高速度90km(地下から地上に出てからですがっ)
イメージ 22
久しぶりの地元バス。間違わないようにしなければ💦 でも、高速バスでないので、間違えても野宿はしないで済みます(笑)
イメージ 23
東北の実家を出たのが午前5時20分です。自宅に着いたのが14:34なので、移動時間は、9時間14分ですかっ( ゚Д゚)
腰が痛くなるわけですっ。お山に行くよりも腰に負担がかかる感じです。

家に着いたら、食べ物がありませんでしたので 早速買い出しに・・・
イメージ 24
前のキャンプで、若者さんが こういうのをしていました。
そういえば、蚊に刺されていませんでした。
デッキでコーヒーを飲むときはいつも 虫除けスプレーでしたので、経済的にも皮膚的?にも良くないので 騙されたつもりで購入してみました。
240時間も効くのなら、経済的にお安いです。
電池付き、マット付で税込み800円チョイ。Amazonではもっと安いです。
イメージ 25
スイッチを入れると 小型モーターが回り 遠心力?で マットからの薬をまき散らし、蚊が寄ってこない仕組みです。
仮面ライダーの変身ベルト?(笑) 的な構造です(^^)/

2日間使用しましたが、一匹も刺されていませんので、効果があるのかもしれませんし、もしかして、台風の易経か酷暑続きで蚊が少なくなったのかもしれません。

本当に効くのなら、虫よけスプレーよりも 良いかと思います。

やっぱし、関西の暑さは 体に堪えますね(ー_ー)!!
フェーン現象の暑さは、湿度が低いので まだ 何とか耐えれます。
関西の暑さは、やはり湿度も気温も高すぎです💦

腕の骨折の痛みや、シビレがなかなか取れません。
数年前のくるぶし骨折も 完全に痛みが消えたのは1年ほどかかりました。
それと似ている痛みです。
でも、足ではありませんので ハイキングには行けます。

東北の八幡平では、下界は酷暑でも17℃〜20℃でした。風が冷たく感じました。
兵庫県で この風に近い値が出る所は、ギリで氷ノ山ですかね・・・
いつもケガや故障して 無理ができない場合は
氷ノ山に出かけています。

六甲山は すぐそこですが 標高が低いので
下界よりは涼しいですが、肌寒いまでには まだまだ 無理があります。

今年の夏は のんびーりと秋を迎えられます。
こんなプレッシャーのない 夏の終わりを迎えるのは、人生初だと思います。

9月1日は、児童生徒の命が一番天国に旅だつ割合が多い日です。
最近は、授業数確保で 8月下旬からの2学期スタートが増えましたので、9月1日が前倒しになるかと思います。
プレッシャーに勝たないとダメなのですが、
学校に行くよりも死んだ方がマシと考える児童生徒が実際に増え続けていますので、
教員には、「宿題や提出物を忘れても黙認せよ」の通達が今年も上から舞い降りてくるでしょうが・・・
本当の原因は、そんな宿題や提出物では ありません。

違った自分を演じなければならない苦痛や
人間関係の疲れ
もちろん イジメも あります。

判らない授業 ついていけない自分
複合的に 居場所の無い 辛い場所に また 戻らなければならないという
辛さ・・・

我々の年代の頃も 学生の頃は、夏休みが終わるのが嫌でした。
教師からの体罰も 罵倒など心が折れるような恐怖指導?は日常茶飯事の時代です。
不良やつっぱり軍団も幅を利かして、弱いモノいじめも現代よりも 直線的だったかと思います。

それでも 私の周りでは不登校や自死は 見られませんでした。アホな事ができた時代でもあったからかもしれません。

マスコミは100%学校が、教師が悪いと デカデカと記事を上げますが、37年間現場に携わってきた私が思うに・・・
100%学校が悪いとは言い切れません。

こんなことを現役の時に書きますと、えらいこっちゃですが
退職して初めて 本音を書くことができます。

学校に問題があることは確かです。
変わらない所を変えずに、いつまでも いつまでも 保身だけが取り柄ですから。

しかし、家庭での悩みを抱えている子供たちも少なくありません。

一方的に原因を追究し合うと、結果論で済まされます。
マスコミは市民サイドを敵に回すと 営業が成り立ちません。
だから 一方的に学校を 叩くと それで良いのです。

学校も改革せねばなりませんし
家庭 地域 敷いては社会全体で 教育を考えないと 
この問題は いつまでも いつまでも 増え続けていくことになろうかと思います。

○○委員会が すみませんでした・・・
と 深々と頭を下げても 命は帰って来ません。

教育予算が、世界的に見て恥ずかしいほどの日本です。
色々ともめている隣国は、教育予算が高いです。
西欧諸国も高いです。
日本は、びっくりするほど 国の教育費の低さに驚かされます。
そして、
異常に サービス残業の多い教員。授業よりも、生徒に寄り添う仕事よりも別の仕事に精を出さなければダメな変な国 日本。

真面目に教育についての社説を書いても 売れません。
ゴシップ的に読者・視聴者を煽り、結果論を叩き続けている方が 売れます。

夏の終わり、子供たちが 学校に行きたくないそぶりを異常に感じましたら、
感情的に無理やりに 叱りつけないで
サボりたいだけなのか 本当に行けない程の恐怖の場所なのか・・・
親御さんの方も 時間を取って 子供さんと向き合って欲しいと思います。

学校は、不登校のマニュアルみたいなものがあり 生徒指導や管理職がそれに沿って担任に指示を出します。
私みたいなタイプ(笑)は、個々の生徒による事情で 動きを変えられますが
面子を保とうとする傾向のある管理職が存在する学校では、若い教員は そのマニュアルに徹底的に従わされます。

人間の悩みなど、十人十色。 学校に行きたくない理由は 複合的に絡めてそのパターンは 何万と違います。
なのに・・・
それを 組織・保身最優先管理職存在学で校はマニュアル通りに動かないと 担任は組織からポンや(村八分)にされてしまいます。
特に若い教師は、完璧にアウトになってしまいます。

私は最近思います。
教師はAIロボでいいのだと。
生徒の環境データをどんどん集めて、それによってAIが 判断を下す。
そこには、保身や組織などの人間的要素は 入りません。

経験が豊富な教師のアドバイスも、時代が違ってきていますので
あてにはなりません。
組織は、所詮管理職の考えに従わねば ダメです。
なので 自分が思うことの反対のアドバイスでも忖度しなければ あかんのですわ。

また 管理職は、その上からのアドバイスも忖度しなければならず
そんなことを繰り返していると 一体 子供を助けるためなのか? 自分を守るためなのか? 正直な教師程 そのジレンマに悩んでしまうというのが この世界の現状なのです。

だから きっぱりと そんな忖度など気にせずに 判断できる
AIロボの出現が 望ましいのです。

どこぞやの管理職と どこぞ屋の委員会が 裏で忖度を繰り返し、一人の女子中学生の自死の原因を葬ろうとした 事件がバレました。
どこの自治体かは 皆さんならご存知でしょうね。

確か 日本一 若者の東京流出が多い、日本一人口が減っている自治体です。
確か 組合とのなれ合いで 議会もオール与党で 変革がまるでない自治体です。

はぁ・・・溜息でます(ー_ー)!!
郷土愛は、強制するモノでなく 感じるモノなのですよー。
だから 簡単に出て行っちゃうのですっ。
こんな街を見捨てて・・・


全46ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事