竹工房 大塚

釣りがメインのプログだったのが農業メインになってもうた。

農作業

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全22ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

連休中の農作業

毎年の恒例になった連休の農作業、今年も4月29日か

ら5月7日迄、孫の遊び相手を兼ねてクタクタな連休で

した。



さらに、4月中旬に(覚えはないけど)首筋を痛め、右肩

と腕が我慢出来ない位の痛さだったので病院で診察し

てもらうと、頚椎の骨の隙間が狭くなり神経を圧迫して

痛みが出てるとの事で、薬とシップ薬を処方してもらい

ましたが今も痛みは取れません。



なので連休中の農作業は、体と相談しながら少しづつ

行いましたが、お天気が良い日が続いたので予定通り

終わることが出来ました。





連休初日の4月29日(土)まずは田んぼの耕しを行い

ました。


イメージ 1


イメージ 2



2ヶ所の田んぼを耕したところで腕の痛みでギブアップ

午後は横になって休憩(孫の相手)をしてました。



30日(日)は畦切りと草刈りを行いましたが、1ヶ所の田

んぼだけでダウン。



イメージ 3



トラクターで耕すと四隅角や、コンクリ畦際はどうしても

耕しきれないので、クワやスコップで掘り起こしますが、

これが一番体に堪える作業で、体の痛みを我慢しなが

らの作業は2時間が限度でした。



5月1日と2日は仕事をし、


3日(水)は先日耕してたもう一か所の田んぼの畦切り

と草刈りでダウン



イメージ 4


イメージ 5




4日(木)は、息子の嫁と孫が明日実家(鹿児島)に帰る

ので娘が孫を連れて泊まりに来たため、農作業は中止

して孫達と1日遊びました。



家の横の川が、護岸工事したおかげで砂場になってい

てみんなで川遊び。



イメージ 6





夕食は庭でBBQ


イメージ 7



ジイジは焼き係で最後の焼きそばしか食べませんでし

たが、孫達(おとな)は大喜びでした。




5日(金)は午前中息子の嫁と孫を駅まで送り、昼から

種まき。


イメージ 8



今年から品種を変えたので苗を作る作業が倍になり娘

の孫達のお手伝い(大きな迷惑)で150箱に種をまきま

した。


夕方娘たちが帰った後は家の中がシ〜ンとしてやっと

いつもの生活に戻れました。



6日(土)は最後に残ってた田んぼの耕しを行い


イメージ 9



夕方から連休疲れをいやすため日田の温泉へ行き、夕

食はスタミナつける為、焼肉を食べ帰ってきました。



7日(日)は前日耕した田んぼの畦切りと草刈りを行い、


イメージ 10



イメージ 11


暑さでダウンしてそのまま夕方までひと眠り


夕方涼しい時に家の横の川原の草刈り


イメージ 12


で今年の連休も農作業で終わりましたが、椎の痛み

と筋肉痛で体ガタガタです。

歳は取りたくないですね!!





秋の収穫祭第1弾終了

今年は8月に猛暑日が続いたため、例年なら早もの米

の 『夢つくし』 は9月15日前後が収穫時期ですが、今    

年は早くなって8月末には熟れて収穫時期を迎えてまし

た。

仕事の都合や天気予報で6日〜8日で稲刈り行う予定

にしてましたが、1日がお天気良かったので休んで稲刈

り行いました。




平日なので当然一人作業です。

まずは軽トラに自転車や必要道具を乗せ田んぼへ


イメージ 1



コンバインが回れるように田んぼの4隅を手で刈ります。

イメージ 2



4隅を刈り終えると、自転車で家に帰りコンバインに乗り

換えて田んぼへ


イメージ 3



11時過ぎに稲刈り開始



当日は曇りで暑くなく、コンバインも調子が良くてスムー

ズに刈り取りできました。

イメージ 4


コンバインのタンクが一杯になると、軽トラに積んでる

ネットに入れ替えます。

イメージ 5


途中から、乾燥・籾摺りをお願いしてる方が手伝いに来

てくれ、刈った籾を運んでくれたので、15時前に終了


イメージ 6



今年は刈るだけで運ばなくてよかったので楽ちん作業で

した。




2日は午前中は畑へ行き、秋に植える野菜の準備をし

て栗山の様子見に行くと、たくさん落ちてましたので収穫


イメージ 7





午後からは、前日刈った稲の籾摺り


イメージ 8



イメージ 9



嫁も手伝いのために仕事休んでくれましたが、30kgの

袋は抱えきれないため私が担当

30kg×54袋の積み下ろしは腰に堪えました。





早く終わったので、自家消費分18袋を保冷庫に入れ、

残りを農協に供出しました。


イメージ 10




昨年まではここまでの作業を一人で行いましたが、今年

は手伝いがいて随分楽な稲刈りでした。

毎年このような稲刈りであってほしいもんです。


残りは10月ですが、この分はカントリーに出すため刈る

だけで、運ぶのはお坊ちゃまが担当しますが今年からコ

ンバインの操縦も教えるつもりです。














8月に入り、連日の猛暑でバテバテの毎日ですが、畑

の野菜も1週間に1度の水やりでは到底間に合わず、

瀕死の状態です。





8月に入り、トマトが殉職


イメージ 1


今年は48個の収穫があり、農作業のおやつとして重宝

してました。





キュウリも瀕死の状態です。


イメージ 2


今年は4本植えて今までに76本収穫しました。




なすびやピーマン・パプリカは何とか生き延びてます。

イメージ 3


イメージ 4


が、

水分が不足してるのか、収穫してもみずみずしさがあり

ません。


イメージ 5




欲を言えば、3日に1回位夕立が欲しいですね。




ブルーベリーも今年は全滅です。

イメージ 6


今年はびっしり出来てましたが、乾燥しすぎて実が落ち   

てしまいました。

残念でしたが、うれしい誤算もありました。






フルーツの苗木を植えて4年になりますが、今年から実

がつくようになりました。


プラムは油断したすきにカラスからやられましたが、桃

は5個のうち何とか2個は収穫

イメージ 7



来年が楽しみになりました。





さらに、毎年鹿さん達から新芽を食べられてたデコポン

やみかんにも実がつきました。


イメージ 8


イメージ 9




昨年から食べられない様金網で囲ったのが良かったの

か分かりませんが、冬の収穫時期が楽しみになりまし

た。






 コメのほうは順調に育ち、夢つくしは穂が出ました。

イメージ 10


あと1か月ほど出稲刈りです。


ヒノヒカリは今月末くらいに穂が出ます。

イメージ 11


どちらも順調に育ってますが、猛暑で病気が発生しない

か気がかりです。


連日の猛暑で、休日は草刈り以外何もする気が起きま

せんが、みなさん元気で過ごしてくださいね!!

農作業全開

昨日日曜日は久しぶりにお天気良かったので農作業が  

はかどりました。



朝食前に畦の草刈りを行い、朝食後は 『夢つくし』 を

植えて1か月になるので、イモチ病予防のため農薬撒

き。

イメージ 1





苗も順調に育ってます。

イメージ 2





ここが終わると一旦家に帰り、発電機や機材等に積み

替え別の田んぼへ




此処の水路は堤防が途中から低く、大雨になると越して

田んぼの中に入ってたので、4mの角材2本をアンカー

ボルトで固定して高さを上げました。


イメージ 3


これで入らないと思いますが、しばらく様子見です。



此処の苗は植えてから2週間、やっと落ち着きました。

イメージ 4






昼食後は、草刈り機を積んで畑へ。



楽しみにしていたプラムを収穫しようと行ってみると無

い。

イメージ 5


今年初めて実が出来て楽しみにしていたのに、カラスさ

ん達から先に食べられました。


今度捕まえて忘年会で焼き鳥にして食ってやる!!




桃はまだ大丈夫だったので、袋かけをして隠しました。


イメージ 6






気を取り直してなんちゃって果樹園の草刈り、


イメージ 7


イメージ 8




運転するだけですから楽ちんで、次の草刈りが待ち遠

しい。


イメージ 9



3時のおやつは、横を流れる小川で冷やしたトマトと

キュウリの丸かじり。

イメージ 10







休憩後は、野菜をカラスさん達から守るためネットで囲

いました。

イメージ 11



イメージ 12



1週間に1度しか来ないので、畑周辺は、動物達の楽園

になってます。



風呂上がりで体に貼ったシップの数は12枚。

本日は動くたびに アイタタタ です。

1回目の田植え終了

先週末に早もの(夢つくし)の田植えが終了しました。

4月後半から始動して、メインの田植えが半分終わりま

した。

今年は5月に雨の日が多くてなかなか田んぼが乾か

ず、



毎日仕事終わった後、田んぼチェックして状態のいい日

に会社休んで耕してました。



最初は、畦の草刈りからスタートです。

イメージ 1



次に、田んぼが乾いてる時期に1回目の耕しを行いま

す。


この時にトラクターに付属した畦切りローターで畦を切

り、スコップとクワを使い畦の隅々を耕します。

イメージ 2



イメージ 3





その後は、田植えから逆算して10日くらい前に2回目

の耕しを行いますが、田んぼは乾いてないと出来ない

ためお天気とにらめっこです。

イメージ 4




2回目の耕しが終わると、後は水を入れて代掻きをして

田植えですからお天気はあまり気になりません。




田植え1週間前に畦の草を刈り、水を入れ始めます。

イメージ 5


イメージ 6







田植え2日前に代掻きをしますが、この時は専用のロー

タリーに付け替えます。

イメージ 7


イメージ 8




我が家で使ってる田植え機ですが、昨年軽トラで運ぶ

時に荷台から落としてしまい、ハンマーとバールで何と

か使えるようにしてましたが、28年も使ってますのでそ

ろそろ買い替えの時期になってました。





新車は軽自動車が買えるくらいしますので、小作農家と

してはなかなか手が出せないため中古品を買いました





その田植え機には、田植えと同時に肥料を撒く装置が

付いていますが、雨天時は肥料が湿気を吸って詰まる

ため田植えができません。




予定してた日曜日は雨予報だったため、急きょ土曜日

の昼から田植えを行いました。





早朝に田んぼの水を落とし、午前中に田んぼまで苗や

機械を運びます。


イメージ 9


イメージ 10




早めの昼食を済ませ、家族総出で田植えしましたが、今

年は途中からスペシャルゲストも参加しました。


イメージ 11





おかげでずいぶん遅く終了!!


イメージ 12




このまま3日間水を入れず、その後水を入れて除草剤

撒きます。





遅もの(ヒノヒカリ)は、6月2週目を予定してますが、今

まで予定通り進んでますので一安心です。

全22ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事