オーガニック ファクトリー 耕房 野の風

野菜と暮らす農業日誌〜自然と共に生きる〜

全体表示

[ リスト ]

麦ふみ作業

あけましておめでとうございます。
色々な方に見てもらっているみたいで、本当に有り難く思います。
 
また今年も色々頑張っていきたいと思います。
やはり健康第1なので、しっかり体調管理などもして頑張ろうと思います。
 
どうぞ皆様、今年もよろしくお願いします。
で、去年の分で投稿し損ねている分もありますので、少しずつ報告したいと思います。
 
 
 
さて今年初の投稿です。
 
去年麦まきの投稿をしたと思います。
そこで、11月後半に種まきをした分と、12月に入ってから種まきをした分と比べると、
成長が全く違う!と言う投稿をしたのですが、おぼえていますか?
 
段々気温が下がると初期成育に差が出ると言う事らしいのですが、その差をまず見てもらいたいと思います。
 
まずは、11月中に種まきした田んぼの成長です。
イメージ 1
長いやつは5cmくらいは伸びています。
 
 
で、次が12月に入ってから種まきした芽です。
イメージ 2
今やっと芽を出したくらいです。
まだ芽を地上に出しきれていない麦もたくさんあるみたいです。
 
 
ほんの数日しか違わないのですが、適期作業は大事ですね。
 
 
 
と言う事で、芽が長く伸びている田んぼの分だけを麦ふみしました。
麦ふみは、雑草の生育抑えや、麦自体の根っこを張らせるためなどと言われています。
イメージ 4
         ↑ 麦ふみ前
 
         ↓ 麦ふみ後
イメージ 5
と言うか全く分からないですね・・・。
何枚も画像を撮ったのですが、どれも分かりにくくて。
ズームなども写したのですが、分かりにくいので、これくらいにしておきます。
すいません。
これから芽が伸びていくに連れて、分かりやすくなります。
 
 
 
で、また違う田んぼの画像です。
イメージ 3
こんな感じでいつも乾燥していたら良いのですが、今のところ大量の雨も無く、無事成長しています。去年は、まだ芽が小さいうちから雨に悩まされました。
その田んぼがここです。で、早めに溝を切って排水効果があるように手を打ちました。
 
もちろん雨も無くては困ります。もちろん太陽の光も大切です。
良い具合にはいきません。何と言っても自然との闘いですので。
どう対応出来るかなのでしょうね?
 
 
まだ芽が短い麦達は麦ふみしていません。これから成長を見て判断していきますし、
土寄せなどの作業もあります。またこれからの成長が楽しみです。
 
また報告します。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事