新潟のんびり自然生活

マイペースで自分らしく、より健康的に、より楽しく快適に、より自然に・・・

イメージ 1

全国各地で新しいお米の銘柄がぞくぞく登場していますね。
コシヒカリのような有名ブランドをターゲットに
美味しいお米との市場評価を不動のものにしたいとの思惑が見え見え。
そんな新ブランド米が乱立ということのようです。

さて今年から新潟県が魚沼産コシヒカリに加えたいブランド米
それが「新之助」で、先日の某テレビでも美味しいと絶賛されていましたが
ご覧になりましたか?

この「新之助」、噂には聞きつつ、まだ食べてみてなかったのですが
先日、近くのスーパーでお手頃サイズの袋を発見!
試しに買って試食してみることにしました。

洗い方(研ぎ方というのは古い炊飯方法)ですが
精米された普通の市販米らしくヌカの付着は少ない感じだったので
手早くきれいに流水で洗い流し、水から上げて約30分。
これを適切なの水分量でガス炊きしてみました。

前評判通り、やや大粒で食べ応えがある感じで
炊いたすぐでも、時間がたっても、とても弾力がありました。
甘みはいつも食べているコシヒカリよりは少し弱めかな。
コシイブキに近い感じでしょうか。
でも噛んでいくほど甘みが増していくようなところもある気がします。

時間がたっても弾力があるところがおにぎりなどに向くそうで
大粒な感じとか、弾力具合などは若い人には評価が高いようです。
ちなみにこの前に、普通に電気釜でも同じ方法で炊いてみたのですが
印象としてはほとんど同じ感じの弾力ごはんになりました。

本音を言わせてもらいますと
いつも食べているコシヒカリのほうが好みかな♪

イメージ 2


イチョウが色づき始めるとソワソワ・・・
今年こそバッチリ銀杏(イチョウの実)を拾わねば・・・
例年、気づくと時期をはずして後の祭り状態。

知り合いからもらったり、安く売っていたら買ったりして
冬の銀杏を確保していたのですが
今年は少し前から情報収集できたおかげで
なんとかゲットできたのでした。

イメージ 1

というより、必要十分すぎるほど確保できたのでした。
こちらの地域、今年はどうも銀杏のラッキーイヤーらしく
大きな銀杏の木の下には
大量の銀杏が拾い放題状態だったので
気の済むまで拾い集めたら
いつのまにかバケツに半分くらいに・・・

柔らかい果肉部分は水でふやかして落とし
しっかりと乾燥させて保存します♪
食べ方はいろいろですが
いちばん簡単なのは紙封筒に数粒入れ
電子レンジで約1分チン♪

破裂するのがいやな人は
先にカラを軽く割ってからチンすればOKです♪
ついでですが銀杏の風味とか味が
木によってだいぶ違うようですね!

そうそう、先日、お休みのときに
ワインのセールスが来ました。
試飲とグラスプレゼントについ吊られて
約束してしまったのでした。

イメージ 2

ワインの説明を聞きながら順番に試飲・・・
とてもいろんな特徴のあるお味でしたが
好みに合うものは限られそう。

お値段をなかなか言わない。
少し特別なときに楽しむとか
人にプレゼントするのにどうか
という感じの内容と価格のようです。

同じ瓶をある程度の数
まとめて注文して送料別途というやりかたらしく
適当にいろんな種類を楽しみたいこちらとは
あんまりあわないような感じでした。

ワインそのものは、もちろん好きですよ♪

毎年、楽しみにしている落花生
今年もたわわに採れました♪

イメージ 1

去年は少し遅く収穫したせいか
色の悪いのとか腐りかけとかもけっこうあったけれど
今年はしっかり収穫時期を把握できたかな♪

穫りたての落花生は
食べられる量だけ摘んで洗って塩ゆで。
これが絶品!!!
作っていないと楽しめない最高の秋の味覚♪

残りは茎に付けたまま
ぶら下げて自然乾燥。
ゆくゆくは年末年始のお楽しみ♪

おつぎはこちらの里芋。
鍬を入れると下の方が粘土質
水はけの悪さが逆に
里芋などにはどうも向いてるのでは・・・

今年も立派な里芋がいっぱい
親芋、子芋、孫芋・・・
うちでは食べれるのは
なるべくみんな活用です♪

イメージ 2

おつぎは蕪。
蕪、大好きなんですよ
もしかしたら大根より好きかも♪

植え時期とか、収穫までの期間とか
比較的、作りやすいお野菜(のはず)。
立派な蕪をめざして
つぎもまた植えなくちゃ!

イメージ 3


今回の台風は直撃に近くイメージ 2
真夜中、短時間ではありますが
かなりの風と雨で目が覚めました。
ただし、睡魔には勝てず・・・ムニャムニャ

翌朝、少し明るくなって
家の周りの見回りをしたところ
雨よけにしていたプラスチック板が破損していました。

菜園のほうは、かぼちゃの棚が少し変形。
手で少し持ち上げ、インシュロックを増し締めでOK。イメージ 1
カボチャなどのツル関係や残っていたトマトが
風に翻弄された形で残っておりました。

インゲンのほうはというと
独特なテント型の柵が傾いていましたが
手でヨッと直して問題なし。
なんとか今朝の収穫もできて一安心です。

さて、台風前にいただいた紅玉。
じつはこの時期に採れるそうでイメージ 3
ジャムにすると話したところ
木から落ちたものをいただいたのでした♪

さっそく皮をむき、刻んでジャムに。
60%の砂糖で約30分間、煮込みます。

できあがりは、さすが紅玉。
酸味と風味、レモンを入れなくても最高のおいしさ♪
いま紅玉ってなかなか手に入らないんですよね。イメージ 4
来年もまた行かなくちゃ!

煮沸したリサイクル瓶に移し替えて保存。
自家製パンにジャム、ヨーグルトにジャム
そしてそして、アップルパイが楽しみです♪♪
先日、スイーツ教室を開催しました。イメージ 1
わが料理教室は年2回、特別なイベントを開催しています。
といっても毎年、9月がだいたいスイーツ教室。
ついでに3月は食事会なのですが・・・

今年こそは和菓子をと準備を進めてきたのですが
和菓子の講師になってくれる
地元の職人さんがなかなかみつからず
結局、仲のいいいつものケーキ屋さんに
お願いすることになったのでした。(^^;)イメージ 2

今年は何を作ろうか?
講師といっしょに頭をひねってひねって・・・
ベテランのご婦人方もお好きそうなものということで
季節感のあるモンブランを作ることに・・・

もちろん、みなさんの技量とか会場の設備事情とか
材料費とか、時間配分とか・・・いろいろ検討して。イメージ 3
あと、見た目や味も (^_^)v

作ることにしたのは
「紫芋のモンブラン」と「和栗のモンブラン」。
できあがりは写真のとおり(これは講師が作ったもの)
かなり美味しそう (*^_^*)

ちなみに、どの材料もじっさいに
お店で使っているかなり厳選されたもの。

クリームだけでも脂肪分のちがいで
3種類も使っています!
栗なんかも国内最高クラスの熊本産とか!

普通ではなかなか手に入らない材料が多く
家庭で再現できるかというと疑問でしたが
みなさんにはかなり満足していただけたご様子です♪

[ すべて表示 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事