スローなPCライフ

がんばらないでPCの世界を楽しむつもりです。

Ubuntu

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全7ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]

[ 前のページ | 次のページ ]

 新しくubuntu18.04になったところで不安定になった場合に備えてシステムのバックアップをとることにしました。
 今回から用いるツールはTimeshiftというシンプルなツールです。
 ユーザーデータは対象外です。含めることも可能だけれど推奨されません。
 16.04から移行したところなので、ユーザーデータについては今すぐは必要ないので、別途バックアップします。


Timeshiftのインストール

$ sudo add-apt-repository ppa:teejee2008/ppa
$ sudo apt update
$ sudo apt install timeshift

初回のtimeshift起動でセットアップが始まります。
 スナップショットのタイプを選択、我がシステムではデフォルトのRSYNCでNextボタンをクリック
イメージ 1

 どこを対象にするかを選択。当然システムが入っているドライブを選択してNextボタンをクリック
イメージ 2

 レベルを選択。
 月、週、日、時、ブートがあり、それぞれに残す履歴数を指定。
イメージ 3


追記 2019/2/27現在Ver.19.01になっており、さらに保護の対象を指定するようになっています。
デフォルトのままにしました。

以上で設定は完了になります。
設定は、後で変更することができます。

バックアップ
Createをクリックするとバックアップが始まります。およそ5分程度。
スナップショットが保存される場所は /timeshift/snapshots になります。

 Timeshiftは1時間に1度実行され、スナップショットの期限が切れた時にのみスナップショットを作成するという仕様になっています。
 なので特定の時間帯に動くというものではありません。

システムの復元
 復元ボタンをクリックすることで復元されます。
 システムが起動できない場合は、ubuntuのライブメディアから起動し、ライブシステムにTimeshiftをインストールし、メインシステムでスナップショットを復元できるとのこと。
 復元後は再起動が必要。

Timeshiftの詳しい情報は Timeshiftをご覧下さい。
 英語サイトですが、Google翻訳でベージを翻訳すると日本語で読めます。Google翻訳の翻訳精度がすごく良くなって便利になりました。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

Ubuntu18.04でGYAO!

18.04に移行してまだFirefoxにUserAgentを偽装するアドインを追加してないのですがGYAOを見ることができました。どういうこと? 今までの苦労はなに? 予期してなかったのでうれしい!

参考  UbuntuでGYAO!

追記
 「ひょっとして」と思ってlinuxを対象外にしている銀行にもアクセスしてみたところ、ログインに成功し入出金の確認もできました。
  UserAgent偽装アドインが本当に必要なくなったみたい。本当にうれしい。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

ubuntu18.04に移行

 ubuntu18.04日本語Remixイメージを入手できるようになったので早々にインストールしました。

 16.04のデスクトップに執着はないので新しいデスクトップも良いのではないかと思っています。
 画面の最小・最大・閉じるの位置がWindows同様に右側になったのがうれしい。
 
 インストール手順については他のサイトで紹介されているのに従いました。
 今回は今までとは違いライブDVDではなくライブUSBメモリーを使いました。
 ライブUSBメモリーは、その作成からインストールまで極めてスピーディで作業を進められます。一旦USBメモリーをこれに使うと、通常の使用ができる状態に戻すにはGpartedを使わなくてはならないというのが面倒ではありますが。

 ブラザーの複合機(プリンタ、スキャナー)についてはメーカーサイトで確認すると新しいバージョンが用意されていたので、これを使いました。インストーラが新しくなっていて、以前より簡単になっていました。ブラザーさん、有難う!
「使用するDevice URIの番号を選択してください。 ->」で14番の自動設定を選べるようになっていました。
 連続してプリンタとスキャナーのセットアップが終わってしまいます。

 ほとんどのその他アプリケーションもUbuntuソフトウェアから行いました。
 当然と言えばそれまでですが、アプリケーションのバージョンも更新されていてうれしい。

 あと、残っているのはVirtualBoxとWindows10ですが、仮想マシンを起動するところでエラー発生してWindows10~インストールできず。そう使うものではないので後日挑戦することにしておきます。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

ubuntuを16.04から18.04に変更する準備をしています。
その際に、郵便番号辞書を事前準備しましたので、差し替えしました。
マイボックス からダウンロードできます。必要な方はご利用下さい。

辞書の入れ替え手順は、「mozcの郵便番号辞書作成」の後方に記載しています「mozcへの郵便番号辞書の登録方法」を参照ください。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

Kindle電子書籍

 AmazonのKindle本を読みたくなりました。
 Kindle本はKindle端末かKindleアプリでないと取得も読む事もできません。
 そこでAndroidタブレット端末と仮想環境のWindows10にKindleアプリをインストールしてKindle本を取得しました。
 タブレット端末で読むのは良いですね。どこでも読めますし。
 
 Ubuntuでも読めると将来の電子書籍のリストに対して安心を得られるかな思い、電子書籍管理ソフトの Calibre をUbuntu16.04にインストールしました。
 このソフトは数多くの電子書籍フォーマットを変換できるのです。EPUBに変換しておけば特定の電子書籍リーダーに依存しなくて済むと考えたのです。
 ところが市販されている電子書籍はほとんどが特定の環境に限定されています。そこでKindleのDRM制限を外すプラグインを設定しました。
 しかしDRM外しが上手く出来ません。DeDRMのインストールに手違いが有ったのかと何度か試すも状況は変わらず。
 
 念の為、仮想環境のWindows10にもCalibreとDeDRMをインストールして試してみるとすんなりとDRM解除に成功します。
 Ubuntuソフトウェア経由でインストールしたCalibreのバージョンが古いからかと、Calibreダウンロードから最新版をインストールし直しましたが、やはり上手く行かない。
 ソースを見るとWinの環境上のPython2.7を使ってKindleキーを用意する必要があるような事が書かれていました。

 Windows10側にもCalibreをインストールして試したところ、こちらでは成功しました。
 これで読めることは読めますが、縦書き表示がおかしい。文字が90度横向いています。フォント設定の問題ではないかと予想しています。
 日本語でなければ大丈夫なのでしょう。 
 結果として現時点では縦書きの本に使えない状況です。

 今回は断念するとして、調べてわかったことを以下に残しておきます。

・Calibreそのもののダウンロード
 Calibreダウンロード
・プラグイン
 ダウンロード元からDeDRM_toolsの最新版のzipファイルをダウンロード。
 2018/2/15時点の最新版 DeDRM_tools_6.5.5.zip
 この中に含まれるDeDRM_calibre_pluginがプラグインが入っているディレクトリ。
 さらにその中にある"DeDRM_plugin.zip"が目的のプラグイン。
・プラグインの組み込み
 Calibreを起動して、メニューから設定→Calibreの動作を変更するをクリック
 ∪瀋蠅硫萍未らプラグインをクリック
 プラグインの画面の右下の「ファイルからプラグインを読み込む」をクリック
 ぅ廛薀哀ぅ鵑硫萍未涼罎離侫.ぅ觀措哀廛薀哀ぅ鵑離螢好箸涼罎DeDRMがあればOK
・Andoroid端末上での電子書籍の保存場所
 メインストレージ>android>data>com.amazon.kindle>files
・Windows10上での電子書籍の保存場所
  C:\Users\ユーザー名\OneDrive\ドキュメント\My Kindle Content
・KindleアプリがないLinuxは何らかの方法でKindleキーを準備しなくてはならない?

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全7ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]

[ 前のページ | 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事