スローなPCライフ

がんばらないでPCの世界を楽しむつもりです。

Ubuntu

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全7ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]

[ 前のページ | 次のページ ]

ライブUSBの作成

 先日調べた軽量Linuxの中で同じUbuntu仲間のlubuntuのライブUSBメモリを作ってみしまた。
 Windows上でLinuxのライブUSBメモリを作るという記事は多いのですが、今回はUbuntu上でライブUSBメモリを作る作業となります。

 Windowsの記事で良く出てくるツールにUnetbootinがあります。Ubuntu用もあるのですが今回は使いませんでした。
 今回使ったのはUbuntuに既にインストールされているツールで、start Disck Creater (usb-creator-gtk)を使いました。

作業の流れ
1)lubuntuのisoファイルをダウンロードする。
2)ライブUSB用のusbメモリーをスロットに差し込む。
 ライブUSB用なので容量はさほど必要なく、手持ちの古い4GBを利用しました。
 インストールする起動用のUSBにはUSB3.0で大容量の製品を別にしたいところです。
 今回はライブUSBを作るところまでで止めています。
3)Dashを起動し検索窓にUSBと入力すると
 「ブータブルUSBの作成」というのが見つかるので、これを起動する。
イメージ 1

4)先にダウンロードしたisoファイルを指定する。
5)差し込んだusbメモリーが選択されていることを確認して「ブータブルUSBの作成」をクリック
イメージ 2


 時間計測してませんでしたが意外と短い時間で書き込み完了しました。
6)ここで、とりあえずはライブ起動するか確認。

 ここまで出来ていれば、いつでもインストールできます。

 確かに起動は速いです。lubuntuはかなりアプリケーションの添付を絞っているので、自分で追加インストールする必要があるようです。
 日本語入力mozcも自分でインストール・設定しなくてはならないようです。
 こうした手間を考えるとXubuntuの方がよいかも知れません。

 ここまでの結果、とても簡単にそれもかなり気軽にライブUSBメモリーを作れることがわかりました。
 もうDVDに焼く事は今後無くなりましたね。ということはDVDドライブも必要なくなるってことですね。

 今回は、突然ですが緊急起動用OSを作っておきたい思い、取り組んでみました。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

軽量Linux探索

現状確認


 持ち主は普段スマホを使っていて新しいPCを買う気にはなっていないようなので、サポートが切れたVista搭載のPCをUSB起動の軽量Linuxで復活させられるか試してみました。

 対象のPCはNEC製VALUESTAR VN750/MG(AMD64Athlon✕2 2GHz RAM2GB HDD160GB)
 この製品は9年前の製品です。

 調べるとUSB−FDDは起動に使えるようですがUSBメモリーはできません。目論見はこの段階で破綻!
 次にLinuxが起動できるかを確認するためにUbuntu16.04のライブDVDでの起動を試みました。
 BIOSのBoot順位を確認していますが、DVDからのブートはせずにHDDのVistaが起動します。
 ということはLinux使えないってこと?
 ここでCPUとLinuxの相性問題に気づきます。
 AMD64 Athlon✕2の場合、コツがあるとの情報を参考に、マザーボードの設定を変更するもやはり失敗。ということでHDDへのインストールも不可能という状態。

 軽量Linuxで再生するという案はここで消滅することになりました。

 我がPCのUbuntu16.04は何の不満もないので軽量化する必要を現時点では感じていません。
 今後のアップグレードで重くなれば考えなければならなくなるかも知れません。
 でもその際はデスクトップ環境の入れ替えである程度済ませられるのではないかと思っています。
 ということで軽量Linuxを探す必要もなくなった訳ですが・・・

サイト紹介


 既に軽量Linuxについて調べられたサイトを見つけています。折角なので紹介しておきます。



 Windows7/Windows8.1の延長サポートはそれぞれ2020年1月14日と2023年1月10日で期限切れとなります。
 その頃には再び、ブラウザでネットを見られて、メールとオフィスソフトが使えたら十分という人たちの中でLinux化を考える人が増えるかも知れません。そのような人たちにはubuntu系が一番抵抗が少ないと思います。
 ZorinOS、LinuxBean、Lubuntu、Peppermint、そしてPuppyLinuxあたりを検討すると良いと思います。
 その他に必要なことは他人に頼らずに自分で調べて対応するということでしょうか。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

日本語入力の切り替え

 WindowsのMS−IMEに慣れているのでmozcではMS−IMEモードにしています。
Windowsでは「カタカナ/ひらがな/ローマ字」のキーを押すだけで日本語モードに切り替わるので便利ですが、Ubntu16.04の設定ではCtrl+Spaceと「半角/全角」キーでの切り替えとなっています。
 やはりこれでは使い難く、今ひとつ日本語入力が不便というのが正直なところでした。

 今回、「カタカナ/ひらがな/ローマ字」キーで日本語モードに切り替わるようにしたところ、使い勝手が向上したように思います。

設定方法 (環境:ubuntu16.04 Mozc(Fcitx))
(ubuntu18.04の場合は、fcitxをインストールしておく必要があります。2018/05/24追記)
イメージ 1


 現在の入力メソッドの設定をクリック

イメージ 2

 全体の設定タブを選択し、拡張オプションの表示にチェックを入れる。

イメージ 3 
 
 入力メソッドをオンにの「空」のボタンの一つをクリックすると
 「設定したいキーの組み合わせを押して下さい。」とメッセージボックスが表示されるので、
 「カタカナ/ひらがな/ローマ字」キーを押す。
 するとボタンの表示が「Hiraganakatakana」に変わる。

 入力メソッドをオフにの「空」のボタンの一つをクリックし、同様に「無変換」キーを押す。
 するとボタンの表示が「Muhenkan」に変わる。
 「無変換」キーを使ったのは殆ど押すことが無いのに使い良い位置にあるから。
 これてオン/オフともに親指で操作できる。

イメージ 4


 一旦設定したが「空」に戻したい場合Escキーを押すと戻る。

 この画面で入力メソッドのオンオフに「カタカナ/ひらがな/ローマ字」キーを設定すれば、より便利かとやってみましたが、「かな」から「英数」に切り替えた後に「かな」に戻す方法が無くなってしまうので止めました。

 わずか2つのキーの設定ですが、親指で切り替えが出来るので便利になりました。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

 テキストエディタgeditは軽量で使い良いのでブログの下書きなど文章の作成に利用してます。
 ところが困ったことが時々発生します。
 現在の入力位置を示すキャレット(カーソルとも呼ばれます)が消えることが有ります。その状態になると今どこに文字が入力されるのかさっぱりわからなくなります。矢印キーでの移動も出来なくなりますので、マウスで移動するしか無くなります。
 長い間、どうした時にこの状態になるのか分からなかったのですが漸く突き止めました。

 ファクションキーのF7です。その状態の解除もF7で出来ます。

 日本語入力中のF7キーは全角カナへの変換を行いますか、日本語入力中でない場合に押すとこの問題が発生します。
 解除方法がわかったのて゛、もう困ることはないでしょう。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

軽量Linux

 Vista搭載の一体型PCがあるので、これをUSB起動で使えないものかと、本気で軽量Linuxを探す気になってきました。
 Ubuntuのファミリーにも幾つかあるようですが、Linux Beanというのが良さそうな情報が有りました。
 暫く検討に時間を取ってみようかと思います。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全7ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]

[ 前のページ | 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事