ここから本文です
書に関すること

書庫全体表示

さくら舞う

イメージ 1

以前も紹介したオルゴールの編曲をしておられる方の依頼で
作詞をしました。
タイトルが「さくら舞う」と言う曲で、その曲を今は紹介できないのが
残念ですが、ちょうど今の時期のように桜がひらひら舞い落ちる情景を
見事に音符で表現したとても美しいメロディーで
故に少々プレッシャーもかかりましたが、何とかできましたので
紹介させていただきます。

現在この詩全部を例によって書いていますが
長いので、どこかで間違えたりしてなかなかですので
後程と言うことで、早くしないと時期遅れになるし
今回は詩だけです。

   
    「さくら舞う」

1、ひらりひらり舞いながら 散る桜の花びら
 ゆれる心からかって 風の手がふれたから ふわり

 旅立ちの日さえ 知っているように
 やさしくほほえんで ひらりひらりひらり舞い落ちる

 夢見るように歌うよに 散る桜の花びら
 いつの日にかまた会える その日を想いながら ふわり



2、ひらりひらり舞いながら 散る桜の花びら
 青い空にあこがれて その頬(ほほ)をそめながら ふわり

 喜び悲しみ そっと抱きしめて
 涙は見せなぃよぅに ひらりひらりひらり舞い落ちる

 一つ一つ思い出を ゆびおり数えながら
 ささやくように雪のよに 散る桜の花びら ふわり

    ともに過ごした時はきっと 
    枝を離れても忘れない

 ひらりひらり舞うように 散る桜の花びら
 ゆれる心からかって 風の手がふれたから ふわり

  • アバター

    こんにちは。

    大五郎さんの定番コメントが頭にぼっと浮かんでおりますが(笑)
    こちらも花吹雪、風もないのに散る花びら。
    どたばたうっさいチョロ助。
    詩にもなりませんです、はい〜♪

    我楽

    2010/4/10(土) 午前 11:30

  • こんにちは

    素敵な詩ですね・・・心にしみこんできます。
    桜はもうそろそろ葉桜に・・・楊貴妃桜(ボタン桜)が咲き始めいます。

    誘われる言葉がいっぱいです。

    清苑

    2010/4/10(土) 午後 0:03

  • アバター

    わ〜あ〜〜いいですね〜〜!!(*^-^*)

    「ゆれる心からかって 風の手がふれたから ふわり」此処の辺り
    どうしてそんな言葉が出てくるの?って思います。
    すごすぎです!!
    「枝を離れても忘れない」
    「ここ更新されても忘れないです!ハイ!^^」

    大福うさぎ

    2010/4/10(土) 午後 1:13

  • 素敵な詩ですね。
    読んでいて、心が穏やかになりました。

    香

    2010/4/10(土) 午後 2:32

  • 顔アイコン

    ともに過ごした時はきっと
    枝をはなれても忘れない
    恋人に語っているような
    詩ですね。
    思いもかけずロマンチックな
    人柄を見ました。☆

    [ さんさん ]

    2010/4/10(土) 午後 6:37

  • 顔アイコン

    「散る花ありて咲く花あり」と、私の退職で幹部の言葉でした。
    桜の季節も終わりに近づいてきましたね。

    [ - ]

    2010/4/10(土) 午後 8:41

  • 顔アイコン

    我楽さん
    こわもての話ですね。
    でも大体人は見かけによらないと言いますからー。

    こうがい

    2010/4/10(土) 午後 9:09

  • 顔アイコン

    清苑さん
    楊貴妃桜ってどんなのかわかりませんが
    艶やかな桜なんでしょうね。

    こうがい

    2010/4/10(土) 午後 9:14

  • 顔アイコン

    大福うさぎ さん
    ありがとうございます。
    歌詞を作るのは好きで沢山ありますので
    これからぼちぼち書きたいなって思ってます。

    こうがい

    2010/4/10(土) 午後 9:16

  • 顔アイコン

    香さん
    穏やかな曲だったので、詩もそんな感じにしてみました。

    こうがい

    2010/4/10(土) 午後 9:17

  • 顔アイコン

    さんさんさん
    歌詞なので、やはりロマンチックな表現が多くなります。
    単なる現実逃避型だと思います。

    こうがい

    2010/4/10(土) 午後 9:21

  • 顔アイコン

    雨邨さん
    私もですがお久しぶりです。
    その幹部の方の言葉も素敵ですね。

    こうがい

    2010/4/10(土) 午後 9:23

  • 楊貴妃桜・・・・は楊貴妃が愛したといわれるあでやかな八重桜のことです。

    桃の花と大体同じ時期に咲く桜です。

    清苑

    2010/4/10(土) 午後 11:09

  • 顔アイコン

    おお!!
    遠山の金さんの「この桜吹雪が眼にはいらねぇ〜かい」の図柄の元画ですね(笑)

    曲が先にあって、その曲に詩を付したということですね。
    ん〜〜〜〜、あの強面の・・・・。
    ↑一応・・・。

    大五郎

    2010/4/12(月) 午前 10:35

  • 顔アイコン

    清苑さん
    わざわざありがとうございます。
    これから出会えるように気をつけておきます。

    こうがい

    2010/4/12(月) 午後 11:58

  • 顔アイコン

    大五郎さん
    桜と来て遠山の金さんが出てくるとこなんかやはり世代がでますね。
    強面ですけど、作詞は好きです。

    こうがい

    2010/4/13(火) 午前 0:06

  • アバター

    詩のことは皆さんが書いて下さっているので、そちらにお任せすることにして。

    この写真、すごくいいんですけど、こうがいさんが撮られたんですか?
    写真にも☆で、ダブルポチでした。v(^_^)

    ちぇしゃ猫

    2010/4/13(火) 午前 10:15

  • 顔アイコン

    ちぇしゃ猫さん
    写真もと言いたいところですが、画像がなくては
    寂しいのでネットで拾いました。
    偶然ですが、ほんとに素敵な写真ですね。

    こうがい

    2010/4/13(火) 午前 10:42

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事