陶芸人のひとりごと

元気ですが、このブログは閉じました。

全体表示

[ リスト ]

初めての抹茶碗

結局、先日の「新茶を愉しむ和の器」には焼き上がりが間に合いませんでしたが…

初めて、抹茶碗として器を作ってみました。
茶の道は、とても奥深いもの。
たぶん、お約束事のほんの一部しか実現出来ていないような抹茶碗です。

でも、自分ではけっこう気に入っていて、現在のイベントでもお値段高め。
(いつもの自分の中での値段設定です。笑)
売れなくてもいいもの。自分で大切に記録として残しておきたい抹茶碗になりました。

イメージ 1

こちらは、何のへんてつもない自作の乳白釉薬を厚がけしたもの。
貫入もほどよく入りました。
でも、まだ手にした感じがしっくりこない重さだったり、大きさだったりするので
要改善です。

イメージ 2

抹茶碗をよく作る陶芸家の人に
「絵は、抽象的な方が器がひきたつよ」とアドバイスされたにもかかわらず…
どうしても、器の形を見ていたら絵のイメージがわいて描いてしまった器。
新緑の紅葉と紫陽花です。
一番右手は、切れていますが…
私なりの抽象的な絵。唐津風?です。
これは、それなりに味わいがあるのですが、まだまだ形に侘び寂びがあるわけでは
ないので、未熟な器の感じがします。

閉じる コメント(18)

顔アイコン

抹茶碗自分も時折作りますが!型にとらわれる事ないと思いますよ!表千家にでも出すなら別として!図柄とても涼しげで素敵だと思います。アドバイス鵜呑みにせず!自分を形にした方がと!自分はいつも思ってます。

2007/5/14(月) 午前 10:57 [ chevroletimpala1959 ]

白いお茶碗きれいですね。使っているうちに貫入に色がはいるでしょうから、きっと侘び寂びはそれからじゃないでしょうか。

2007/5/14(月) 午後 0:46 pur**u50a

陶芸家の方によると、抹茶碗は作る前の心構えからして違うと言われますね〜。ある程度気力が充実してる時じゃないと作れないとも。「だからぐい呑みより高いんだよ。」と聞きますが・・・。私ら素人にはよく分かりません ^^;。紫陽花の抹茶碗がいいですね〜、もうちょい大きめの写真で見たかったかも。。。

2007/5/14(月) 午後 4:16 越前屋平太

顔アイコン

抹茶茶碗は決まりごともあるようですし、難しいですね。こう月さんのは、一目見てこう月さんのだと解る個性がいいですね。

2007/5/14(月) 午後 5:36 yo

顔アイコン

私は一番上の白いお茶碗が好きです。カンニュウが入っていて使っていくうちによい色が出てくるのではないでしょうか。

2007/5/14(月) 午後 9:45 紫陽花窯

顔アイコン

新緑の紅葉もっと大きい写真で見たいですわ! すごく綺麗〜 本当に貫入もほどよく入りましたね。傑作ポチです。

2007/5/14(月) 午後 10:59 SAWA

きれいな貫入が出てますね。絵も素敵です。春の日差しの下野点で一服いただきたくなるお茶碗です。

2007/5/15(火) 午後 10:10 美釉

☆たかさんへ 最初の1つは、ちゃんと収縮も計算して大きさを測ってひいてみました。形がかたくて…気に入らない。ということで、思うままにひいてみたら自分で欲しくなりました。笑 まだまだ先は長いのですけど楽しい器でした。

2007/5/15(火) 午後 11:15 kou*et*1203

☆プラスさんへ 抹茶の緑を映えさせる器をイメージで、白い雪のような器にしてみたくて白い茶碗は作りました。少し形が硬いので、もっと柔らかい器だったらなお良かったかもしれません。見た目よりちょっと重たいです。汗

2007/5/15(火) 午後 11:16 kou*et*1203

顔アイコン

貫入が綺麗に入って〜素敵なお茶碗ですね!!下の粉引き?のお茶碗もこう月さんならでは〜〜^^//唐津風の鉄絵もいいですね〜〜!!^^v

2007/5/15(火) 午後 11:18 masumiharu

平太さんへ☆なるほど。そうなんですね。相変らず勉強になります。何しろ未熟者なのですみません。陶芸をしていても、ぐい呑みと抹茶碗の気力うんぬんは、よくわからないですが。↑の抹茶碗は「今、作らなくていつ作る?」という気力で一気に作ったものでした。笑

2007/5/15(火) 午後 11:18 kou*et*1203

yoさんへ☆ありがとうございます!絵を描くのは、邪道か…とも思いましたが、清水焼きなどの抹茶碗は、たっぷり書かれているし。器と共存する絵ならばいいのでは…と思ってあえて今回は描いてみました。今の私らしい器です。

2007/5/15(火) 午後 11:20 kou*et*1203

紫陽花窯さんへ☆ありがとうございます。白い釉薬は、以前テストで作ったもので今回、初めてちゃんとした作品にかけてみました。厚がけしているので少し深みがあって、とても好きな感じに仕上がりました。やっぱり自分の釉薬は愛情が違いますね。笑

2007/5/15(火) 午後 11:22 kou*et*1203

sawaさんへ☆傑作ありがとうございます!リクエストにお応えして?明日にでもアップの写真をとってみますね。なんだか、皆さんに褒めていただけただけでこの器の生まれてきた意味が輝いて見えてきました。嬉しいです。

2007/5/15(火) 午後 11:23 kou*et*1203

美釉さんへ☆嬉しいですね〜。野点…まさにそんなイメージで作ってみました。新緑の初夏にかけて使って欲しい器だと思っています。でも、抹茶碗としてだけではなく、母はお茶漬けを食べたい…と申しています。笑

2007/5/15(火) 午後 11:24 kou*et*1203

ますみさんへ☆いつも、いつもありがとうございます!時には、絵でごまかしていて…と思われているような気がして絵を描くことにためらいを感じることもあるのです。でもこうやって、絵があってもなくても褒めていただけるととても嬉しい私です。

2007/5/15(火) 午後 11:26 kou*et*1203

顔アイコン

日本の茶陶は素晴らしいです^^。使える茶碗を作ることは難しいでしょうね〜

2007/5/20(日) 午後 8:53 66

66さんへ☆茶陶をされる方を尊敬しちゃいます。近場にいらっしゃったら色んな話を聞いてみたいと思いますよ^^とりあえず、今回の器は、自分用です。抹茶をたてることからまずは始まりです。笑

2007/5/21(月) 午後 4:43 kou*et*1203


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事