陶芸人のひとりごと

元気ですが、このブログは閉じました。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

思い出の模様

今日は、父とお別れしてちょうど2年の日でした。
突然の肺炎で静かにさよらなしてしまった父。
毎年、父が倒れた季節の1月から今日までは、なんとなく気持ちが沈みます。
せっかく、仕事を辞めたのに、集中力が高まらないのです。

でも、法事も日曜日に無事に終わり、今日も天気の良い中、墓参りに行き…
父からも「もっと頑張らないと、追われっぱなしだよ」といわれたように思います。

イメージ 1

これは、父のために作っている湯飲み。
平等院鳳凰堂の唐草をモチーフにして線彫りしています。
平等院は、父と行った最後の旅行地なのです。
だから、これは思い出の柄でもあり、父への祈りでもあります。

イメージ 2

香たてと、湯飲みと小鉢。
父に気に入ってもらえるかな?

以前は、線彫りも鉄筆や、針などでやっていましたが最近発見した新しい道具…
それは、「えんぴつ」しかも、ちょっと芯の硬いHなど。
えんぴつ削りでとがせば、いつでも先のとがった、しかも握りやすい道具になります。
オススメですよ^^

卸さない問屋…

実は、5月の連休に知り合いの窯元さんと一緒にイベントをすることになりました。
イベントのタイトルは
「新茶を愉しむ和の器展」
霧島市にある城山公園の茶室を借りて展示即売するイベントです。

新茶を愉しむ…ということは???
もしかして、急須を作らなければ話にならないのでは・・
と気付いたのは、タイトルが決まってから。

もっと時間があって、ちゃんと急須も作れるはずだったのに、まだまだ。

学校を卒業してちょうど2年が経過しましたが…
その間に作った急須は、わずか3個(^^;)
急須をメインに作る作家さんていらっしゃいますが
メインで作らない作家さんの展示で急須を見ることって少なくないですか?

いつも、不思議だったんです。
「なんで、みんな急須作らないの?」
自分で作ってみて、初めて答えが見えてきた気がしました。

はっきり言って、急須は、面倒くさいっ!!
お皿やカップを作る手間に比べたらかなりのパーツが必要だし。
細工をする行程も多い…。私ならたぶん作らない…(結論)

イメージ 1

でも、今日は頑張って本体とフタを作ってみました。
意外に久しぶりにひいたわりには、上手に出来たかも?
これは、いけるか?いけるかも〜?

と思ったとこで「そうは、問屋が卸さない…」状態。
注ぎ口と取っ手が思うようにひけない…。うが〜っ。
急須って、たぶんひたすら急須を作るときはいいけど、1個だけ…とか無理です。
今の私にはやっぱりちょっとハードルが高かったようでした。しくしく

友人の家で

先日、友人の家に遊びにいったときに
友人の手作りのシフォンケーキを食べました。
最近のお母さんは、なんでも手作りしてて凄いですよね。

イメージ 1

ふんわりと柔らかくてとても美味しいシフォンケーキと珈琲…
なんとカップが私の器でした^^

さらに、友人のカップも同じく私の器
イメージ 2

しかも、同じ時代のものではなくて、上が最近のもので
下の器は、それよりも2年ぐらい前のもの。
自分の器が人の家で使われているのを見るのってなんだか新鮮です。

しかも、こうやって時代の違うものだったりすると
この頃の作風の方が好きだな…などと思ったりします。

いつまでも友人達にとって使いやすくて、大切に使いたい器を
作ることが出来る陶芸人でありたいと思った一日でした。

趣味の陶芸の場合

夜に陶芸するときは、一体何をやっているかといいますと…

イメージ 1

こんなことをやっています。
陶ボタン作り^^
あまった粘土で、テレビなどを時々見ながら、聞きながら…
指先だけの作業で出来るのでとても楽しいです♪

イメージ 2

時には、こんな風に絵付けもしたり。。。
陶ボタンって壊れやすいけど、その分とても大切に使ってもらえそうな
気がします。
友達にあげると結構喜ばれたりして、またまた嬉しさ倍増です。


今日は、久しぶりに中鉢程度の大きさのロクロをしました。
明日は、朝から削りの作業予定です。

鶴丸城の桜

今日の鹿児島は薄曇…でしたが、でも花見でかなり賑わっていた各地。

私は、一昨日鹿児島市内にある鶴丸城跡のお堀の周辺の桜を見てきました。
実は、鹿児島陶芸展の展示を見るつもりで足を運んだのですが…
(鶴丸城の跡には、歴史資料館の黎明館という建物が建っています)

会期が翌日からだったようで、搬入などの作業が行われていたようで残念。
今年は、同期の長さんが入選したので見たかったのに。

イメージ 1

これが、鶴丸城のお堀です。
夏には蓮の花がとても綺麗です。
この構図が一番好きだったりします。
イメージ 2

建物は、幾度となくあった戦災や火災で跡形もなく堀だけがある鶴丸城。
この物悲しい雰囲気が好きだったりします。
イメージ 3

実際のソメイヨシノは満開でもそんなに桃色していませんよね。
しかも、ひたすら花、花、花ばかり。
なんだか、とても気持ちがゆったりした気分になれる花だから不思議です。

皆さんも素敵なお花見できましたか?

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事