ここから本文です
BIENVENU 海山ヒロの我が家へようこそ
さすがにそろそろ、日常に戻らねば。

書庫全体表示


これもまた粗探しのようになってしまうのかもしれないが、やっぱり納得いかないので、書く事にしよう。
東野圭吾著「探偵ガリレオ」のドラマの、第一章と第二章を観た。
細部の違いはあるが、大方短編集の設定と同じであった。

主役の物理学の天才・湯川学(あだ名:ガリレオ)が作者があて書きしていた佐野史郎さんではなく、イケメン枠のである事福山雅治であることははすでに知っていたので、そこはいい。

彼が謎ときをする際やたら大仰なエフェクトがはいる点や、「はっはっはっ、実に面白い」「さっぱりわからない」などという決め台詞を毎回吐くのも、まぁいい。
小説とテレビは違う物であり、テレビドラマではよりキャッチーな、一昔前ならばそのドラマを観た子供たちや若者がその台詞を真似する様な台詞やポーズが必要とされるのだろうから。

わたしがどうしても納得、というよりも受け入れがたいのは、主人公の相棒である女刑事の人物造形である。
女刑事の薫役は、イケメン枠である福山氏に対応させるため、深読みすれば小説では周囲がほのかに邪推する程度であった湯川との恋模様を描く為だろう、美人の条件を満たした柴崎コウさんが演じている。

彼女自身に不満はない。
だが彼女の、白目が底光りする大きな目に毎回湯川を睨みあげさせているのには、何の意味があるのだと演出家だかプロデューサーだか監督だかに問いたい。

なんというかなぁ……。
柴崎コウさんの演じる薫を観ていると、同じく彼女が演じた『どろろ』のコソ泥・どろろを思い出してしまう。

彼女の役どころは、既に書いたが刑事である。
新米ではあるものの、人の生き死にを扱い、その仕事に就かなければ一生触れることのないかもしれない、他人の一番隠しておきたいだろう部分を暴く仕事についているのだ。
そして、民間人である湯川に、無料か有料(小説では無償であった)か知らないけれど、協力を仰いでいる立場だ。しかも先輩刑事の紹介で。

そんな人間が、毎回感情もあらわに自分が信じ込む「正義」を一方的に振りかざしてどうする。

戦国時代を幼い時から一人で生き抜いてきたどろろならば感情のままに突っ走ろうが、「善意」で協力してくれている人間を怒鳴りつけようが構わないだろうが、彼女は公僕であり、刑事なのである。
それ以前に、社会人であり大人であるはずだ。

もしわたしが彼女の先輩の立場であれば、彼女のそんな態度を知った瞬間、一緒に菓子折りでも持って謝りに行かせ、担当を変える。
もちろん二度と関わらせない。

所詮絵空事のテレビドラマにいちいち目くじら立てないでも。
そう言われればそれまでだが、絵空事を描くにしてもある点ではリアリティを追及しなければ、そのドラマに奥行きは生まれない。登場人物に共感も出来ない。ゆえに、ドラマを楽しめないし、ハマることもない。
そしてテレビドラマと原作小説を比べること自体が間違っているのかもしれないが、原作の薫はちゃんとした刑事だったのを知っているだけに、余計納得いかないのだ。

なんだろう。久しぶりに日本のドラマを観たからより違和感を覚えるのだろうか。

しかし同じく原作のある日本の警察モノ・『SP〜赤と白の捜査ファイル〜』は、原作と人物造形をかなり変えており、かなりキャラ立ちした登場人物ばかりであったが、ちゃんとリアリティがあった。

そう。このドラマの薫役には、古臭さを感じるのだ。
古臭さという表現で通じなければ、一昔前の、「トレンディドラマ」や学園物のキャラクターをそのまま引っ張ってきたような感じがする。
役どころとしては喧嘩ップルの女性側。意地っ張りな幼馴染。そんな役どころ。

毎回事件が終わって湯川に事後報告する際、捜査中には後ろでくくるだけだった髪をきっちりブローして化粧もランクアップさせているシーンからも、それが感じられる。
これ絶対、製作側は男だろう。しかも一昔前のベタな恋愛ドラマが好きな。

あぁあぁ……失敗した。
実は『ガリレオ』を観たのはこれが初めてではなく、映画『容疑者Xの献身』を以前テレビで観たことがあったのだ。
堤真一氏と福山氏の緊張感ある掛け合いがみもので、ストーリーも良く、最後にほろりとさせられていたので、連続ドラマも面白いだろうと思っていたのだが……。

そうだな。『容疑者Xの献身』には、薫はほとんど出ていなかったような気がする。

後2本も借りてしまった。
映画とスペシャルドラマバージョンなのだが、どうか薫の出番が少ない様に。もしくは造形が変わっている事を祈るとしよう。

映画ブログブログランキング参加用リンク一覧

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事