ここから本文です
BIENVENU 海山ヒロの我が家へようこそ
バルト三国から、帰ってきました。

書庫全体表示

うむ。こちらは中々順調に執筆で着ているのでは。
前回の予告通り、主人公の視点に戻りまして、異世界漫遊記を再開いたします。

お楽しみいただければ幸いです。

070 ひと狩り行こうぜ!

「セバスチャン。今日のお昼って、もう決めてる?」


 うららかな日差しを受けて、お 馬ヒッポ と街道を行く。
 いや〜すっかり日差しが春めいてきましたねぇ。まだ暦で言えば 異世界こちら でも冬のはずですが、街道わきの灌木をゆらし、頬をくすぐりながら吹きすぎる風が甘いです。

 皆様お久しぶりです。 越谷優こしたにゆたか @異世界漫遊中でございます。
 はぐれ者の村周辺で仕入れたオクトープスの干物を土産に、しばらく実家におりましたが。また戻ってまいりました。あ、もちろん地元名産の紅葉ま○じゅうは、ぬかりなく 箱ダンボール 買いしております。

 いや〜魔導って便利。青いネコ型ロボットのポケットの様な収納鞄に入れておけば、腐る事もなく。元気にお留守番中の愛するメイドちゃん達にはもちろん、たぶん元気にお仕事中の阪本先輩と……う〜ん。ルーカスさんにもあげるかな。今後またお休みをいただくための布石として。
 いや、賄賂じゃありませんよ? ただのお土産です。

 そんな風に、お土産の配分に思いをはせておりましたらば。


「目的の街には夕刻までにつきそうですので、お昼は軽いものにしようと考えておりました。 猪型魔獣ファング のカツのサンドウィッチにミネストローネのスープでしたらすぐご用意できますが?」


 はい、素敵執事様の「(主の空腹に気づかず)ちょっと申し訳ない」微笑み頂きました〜!!

 っく! これが格闘ゲームならばクリティカルヒット。一発で「You Lose!」の文字が画面にでかでかと表示される事でしょう。
 もうね。いつもきっちりオールバックで決めている朽ち葉色の前髪が、朝からの乗馬で少しだけ乱れて。ひいでた額に二三本こぼれかかって、それがまた、また……!



続きはどうぞ、こちらから→https://ncode.syosetu.com/n8930bs/89/
最初からなら、こちらから→https://ncode.syosetu.com/n8930bs/

コメディー小説ブログランキング参加用リンク一覧

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事