ここから本文です
BIENVENU 海山ヒロの我が家へようこそ
バルト三国から、帰ってきました。

書庫全体表示

お暑うございますね。
この暑さにうちのノートパソコンさんたら、すっかりへそを曲げられたご様子。
豪雨で少々涼しかったのも、彼女のお怒りの原因か。

っていったってね。
晴れているのに河川が氾濫したわが故郷広島の状況に比べれば、電気もガスも水道も通常通り供給され、本当に熱い時間帯は、クーラーとアイスノンで冷やされている君は天国にいるんだよ? と説教をしたくなります。

実家は今のところ被害がありませんが、大阪北部地震と言い、今年の西日本は大荒れですねぇ。

そんな中で、二か月ぶりに更新したのがこちらです。

074 ピッチャー振りかぶってぇ、第一球、

「ほら、いつでもどうぞ?」


 へぇ〜こんなところに、こんな花が咲いてんだ。
 お。あれは…… 薊あざみ かな? 白い蓮華の横にすっくと伸びてる。うんうん、きれいな赤紫だねぇ。
 その横に咲いているのは、ポピーかな? 黄色にオレンジ、お、紫まである。

 そうか〜ここら辺は、森から離れているから、土地の栄養分が薄いのかな? だから森の中に生えている植物みたいに大きくもないし、時々動いたりもしない? 地球あっち のものと実によく似ている。
そうだよなぁ。魔獣はびこる異世界といえども日差しや風がおんなじならば、やっぱり植生は似るんだろうなぁ。吹く風に松の新葉の匂いまで感じる。初夏だねぇ。


「どうした? 怖くて手も足も出ないのか? 少しは楽しませてくれよ」


 はあ〜実家近くの河原を思い出すなぁ。ちょうど5月の連休が終わった頃、こんな強い日差しが目を指すようになってさ。でもまだ風が十分涼しいから、日陰に入ればひんやりする事もあって、汗はすうっと引いて。

 あれ。この赤紫の花、良く見たら薊じゃなくてピンクの蓮華だわ。あ〜遠目でみたら、おんなじぼんぼり型だもんなぁ。でもよく見たら、葉っぱもとげとげしていないし、横の白い蓮華とおんなじ形してるわ。
 へ〜でも蓮華って、つつじみたいに色が混ざり合わないんだねぇ。白は白、ピンクはピンクで群生するのね。


「……おい? 少しはなんか言えよ」


 お。アレに見えるは河原によく生えていた、イネ科の植物ではないですか。あの穂先に雀が器用に止まりながら、種を啄んでて……あれでもこっちの雀って、 雀型魔獣ハーピー だわ。火を吹く以前に体長3メートルくらいあるから、これには乗れまい。


続きはどうぞ、こちらから→https://ncode.syosetu.com/n8930bs/93/
最初から読みたい方は、こちらから→https://ncode.syosetu.com/n8930bs/


コメディー小説ブログランキング参加用リンク一覧

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事