映画狂の日記

スターウォーズの、ブルーレイが発売決定、早速予約しました。

全体表示

[ リスト ]

ブーリン家の姉妹

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

愛は、分けられない。


解説: 16世紀のイギリスの宮廷を舞台に繰り広げられる愛憎劇。どちらも国王の寵愛を受けながら、まったく異なる道を歩むことになる美しい姉妹の劇的な人生を鮮やかに映し出す。本作ではナタリー・ポートマンとスカーレット・ヨハンソンという当代きっての若手女優の夢のような共演が実現。その兄役を『ラスベガスをぶっつぶせ』のジム・スタージェスが好演する。後にイギリスに黄金時代をもたらしたエリザベス1世の母の壮絶な生涯に息をのむ。(シネマトゥデイ)
 
あらすじ: 16世紀、イングランド国王ヘンリー8世(エリック・バナ)には男子の世継ぎがなかった。いら立つヘンリーが愛人を求めていることを知った、野心家のブーリン卿(マーク・ライアンス)は聡明な長女のアン(ナタリー・ポートマン)を愛人候補に仕立てる。だが王が目に留めたのは、結婚したばかりの気だての良い次女メアリー(スカーレット・ヨハンソン)だった。(シネマトゥデイ) 

キャスト・スタッフ
監督 ジャスティン・チャドウィック 製作総指揮 スコット・ルーディン 、
デヴィッド・M・トンプソン 原作 フィリッパ・グレゴリー 音楽 ポール・カンテロン
脚本 ピーター・モーガン
ナタリー・ポートマン(アン・ブーリン)スカーレット・ヨハンソン(メアリー・ブーリン)
エリック・バナ(ヘンリー8世) デヴィッド・モリッシー(トーマス・ハワード(ノーフォーク公爵))クリスティン・スコット・トーマス(レディ・エリザベス・ブーリン)
マーク・ライランス(トーマス・ブーリン卿)ジム・スタージェス(ジョージ・ブーリン)
ベネディクト・カンバーバッチ(ウィリアム・ケアリー)オリヴァー・コールマン(ヘンリー・パーシー)アナ・トレント(キャサリン・オブ・アラゴン)エディ・レッドメイン(ウィリアム・スタフォード)ジュノー・テンプル(ジェーン・パーカー)トム・コックス(−)マイケル・スマイリー(−)
イアン・ミッチェル(−)アンドリュー・ガーフィールド(−)ビル・ウォーリス(−)
※( )内は役名
allcinema ONLINE :


歴史物は、大好きなので楽しみにしてた映画です。

ドロドロの宮廷劇で見ごたえはありました。

『エリザベス/ゴールデンエイジ』のときにも、この時代のことを少し調べたんですが、

ヘンリー8世の節操のなさには、呆れてしまうほどでしたね。

后は6人変わってますし。

この時代の、イギリスは男尊女卑が激しく、娘は貴族の出世の道具としか捉えられなかったのも

新たな発見でした。

姉妹を、同じ人物に嫁がせたりと、日本に置き換えると平安時代の貴族や平家がやってたような

記憶がありますが、どこの国でも同じような事が繰り返されてるのが、わかりますね。

『エリザベス』の前章的な映画でもありますが、、アンの激しい性格が描かれてましたが、

エリザベスとダブって見えるところもあり、見比べてみるのもいいですね。

また、完全な策士、策におぼれるタイプでしたね。

ナタリー・ポートマン、スカーレット・ヨハンソンと若手の演技派の競演でしたが、

この二人の役が、逆でも面白かったかも知れませんね。

僕的には、イメージ的には逆のほうが合ってるかなと思いました。

ファーストカットとラストカットがダブるが妙に切なかったですね。



https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/96/43/kouji_sg1/folder/1001571/img_1001571_35083674_3?1224907620

閉じる コメント(10)

顔アイコン

この映画、日本のイギリス国教会(聖公会っていうんですが)の新聞にレビューがのってて、「国教会誕生の時代が描かれるが、教会の話がまるで出てこない」ってぶーぶー言ってておもしろかったです。
当時、結婚は政争の具。世継ぎ誕生こそ女王の使命ですからね。ハチじゃないんだから、勘弁してよ。と思っちゃいますが、「王妃マルゴ」とか、歴史が動く時代の物語は楽しいです。観たい。

2008/10/29(水) 午前 9:08 [ ふゆうん ]

そういえば、教会の話は出てこなかったですね。
こういう歴史物は、面白いですよね。
観られたら、感想聞かせてくださいね。

2008/10/29(水) 午後 0:41 [ ティルク ]

内容も興味深く、見応えありました。スカちゃんの悪役ですか?
ナタリーのアンはさすが!と思いました。素敵なお2人に拍手です!
トラバありがとうございます!トラバお返しさせて下さいね^^

2008/10/29(水) 午後 5:59 くるみ

見ごたえある作品でしたよね。
TBありがとうございました。

2008/10/30(木) 午後 11:03 [ ティルク ]

顔アイコン

小さなころはお姫様や上流のお嬢様に憧れたものですが、今や
これだけ色々な映画を見てくると、さすがにそうは思わなくなりました。ほんと道具でしかなく、日本の大奥なんかと同じだったのですね。そうですね。このふたり。逆でもおもしろかったかもしれません。TBさせてくださいね。

2008/10/31(金) 午前 0:10 car*ou*he*ak

確かに、こんな現実を見せられると、お姫様とかにはなりたくないですよね。

2008/11/1(土) 午前 0:00 [ ティルク ]

ふむふむ、どこの国も同じなのねぇ。早く観たいですね。

2008/11/23(日) 午後 0:06 nobuko

歴史は繰り返すっていいますけど、ほんとどこの国でも
同じようなことが、行われてたのは確かですよね。

2008/11/23(日) 午後 2:48 [ ティルク ]

アバター

ファーストカットの楽しそうな雰囲気が、ラストカットではとても切なくなりますね。うまい演出です。
二人の女優が素晴らしい演技を見せてくれましたね。ちなみに僕は二人とも好きです。
この後、また『エリザベス』が観たくなってしまいました。

2009/2/11(水) 午後 10:53 出木杉のびた

同じようなカットですが、意味合いは違ってきますよね。
僕は、「エリザベス」を見ましたよ。

2009/2/12(木) 午前 6:43 [ ティルク ]

開く トラックバック(3)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事