映画狂の日記

スターウォーズの、ブルーレイが発売決定、早速予約しました。

全体表示

[ リスト ]

告白

告白が、あなたの命につきささる。

原題:−
製作年度: 2010年
別題:−
製作国・地域: 日本   上映時間: 106分
allcinema ONLINE(外部リンク)
告白
写真拡大
解説: 2009年本屋大賞に輝いた湊かなえの同名ベストセラー小説を原作に、教え子にまな娘を殺された中学校教師の復讐(ふくしゅう)を描くミステリー。『嫌われ松子の一生』の中島哲也監督がメガホンを取り、事件にかかわった関係者たちの告白によって真相が明らかになっていく緊張感あふれるドラマを作り上げた。『ヴィヨンの妻 〜桜桃とタンポポ〜』の松たか子がヒロインの狂気を体現するほか、『キラー・ヴァージンロード』の木村佳乃、『重力ピエロ』の岡田将生らが共演する。シネマトゥデイ(外部リンク)
告白
写真拡大
あらすじ: とある中学校の1年B組、終業式後の雑然としたホームルームで、教壇に立つ担任の森口悠子(松たか子)が静かに語り出す。「わたしの娘が死にました。警察は事故死と判断しましたが、娘は事故で死んだのではなくこのクラスの生徒に殺されたのです」教室内は一瞬にして静まりかえり、この衝撃的な告白から物語は始まっていく……。シネマトゥデイ(外部リンク)
 

キャスト・スタッフ

 
監督
中島哲也
製作総指揮
原作
湊かなえ
音楽
脚本
中島哲也
※( )内は役名
 
 

評価 5点満点 4点

それぞれの立場からの、告白するってパートで、作られてた映画出したが、

中でも、松たか子演じる、森口先生の告白が冒頭から引き込まれる

感じでした。タイトルロールも中々、出てこなかったですね。

情念が表立って出てこない、復讐劇が心理的に恐怖をあおった感じを

強く感じましたね。

中島監督の作品は、原色の色が強いイメージの色使いを、される

監督ですが、今回は、逆にモノトーンな印象で、意外な感じも受けましたが、

今 回の映画の内容ならピッタリだったと思います。
 
 
 
 

閉じる コメント(26)

カーブミラーの映像〜流れる雲血〜中島マジック満開ではなかったでしょうか。韓国映画に対抗できる ただひとりのマジシャンだと(^^ゞ
TB させていただきま〜す。

2010/6/12(土) 午前 11:13 たんたん 返信する

これはとっても面白そうですね〜。
観れるのはいつになるやら、でも楽しみに待つとします。

2010/6/12(土) 午前 11:22 pu-ko 返信する

私も観に行ったのですが、とてもよかったです。中島監督の映像センスは好きです。原作本を読んでいても面白いと感じました。

2010/6/12(土) 午後 1:18 [ 私の部屋 ] 返信する

中島監督の作品「パコと魔法の絵本」とは真逆の作品でしたが、
湊かなえさん原作の告白、今までに無い毛の色をした作品だと感じました!
かなり内容としては重かったので、いろいろと考えさせられました。
ウェルテルのように生徒に接すれば心を開いて入れると思いがちですけど、それは勝手な自己満足・・・本当の意味で生徒のことを100%理解できる先生なんていないと思うし、とても難しいですよね。。。

2010/6/12(土) 午後 9:00 ken 返信する

ダークブルーの映像が怖さを増していましたね。
中島監督らしい「告白」だったと思います。
トラバありがとうございます!トラバお返しさせて下さいね^^

2010/6/13(日) 午前 10:35 くるみ 返信する

アバター

冒頭の森口先生の告白シーンから、もうすっかり引き込まれてしまいましたね。
今回、色を抑えた撮影ですが、確かにこの作品のトーンと合っているように思いました。
中島監督の映像表現に脱帽です。

2010/6/13(日) 午前 11:48 出木杉のびた 返信する

たんたんさん)
中島マジックを、堪能できる映画でしたね。

2010/6/13(日) 午後 2:07 [ ティルク ] 返信する

PU−KOさん)
重いテーマーですが、面白い作品でした。
見られたら、レビュー楽しみにしています。

2010/6/13(日) 午後 2:10 [ ティルク ] 返信する

私の部屋さん)
原作読まれてるんですね。中島監督の映像センスは
僕も好きですね。

2010/6/13(日) 午後 2:11 [ ティルク ] 返信する

KENさん)
『パコ・・・』とは、真逆の作品でしたね。
重いテーマーで宇野で、考えさせられる映画でしたね。
生徒のことは、100%理解できる先生なんていないですね。

2010/6/13(日) 午後 2:13 [ ティルク ] 返信する

くるみさん)
抑えた色使いが、怖さを、増してましたね。

2010/6/13(日) 午後 2:15 [ ティルク ] 返信する

のびたさん)
冒頭の森口先生の告白から、引き込まれましたね。
色を抑えた、撮影が、作品のイメージにあってましたね。

2010/6/13(日) 午後 2:16 [ ティルク ] 返信する

これは早く見たい作品です。
見終わった後にどれだけ重い気分になるのか・・・・・

2010/6/13(日) 午後 10:03 アスカ 返信する

原作読んだ時ちょうど長男坊が中2だったのでより衝撃的でした〜でもお松さんを始め役者さん達の怪演、中島監督のビジュアル映像はドンピシャでした〜モノトーンの中の空の青さ、牛乳の白さ、血の赤さが際立ってより怖かったです〜〜(((((゚Д゚ )
TBさせて頂きました↓

2010/6/13(日) 午後 10:25 沙粧 返信する

アスカさん)
見終わった後は、少しドンよりな気分には、なりますが、
いい作品でした。

2010/6/16(水) 午後 4:41 [ ティルク ] 返信する

沙粧さん)
モノトーンな、映像のため、返って、空の青さや、牛乳の白さが目立ってましたよね。

2010/6/16(水) 午後 4:42 [ ティルク ] 返信する

顔アイコン

重くて暗くて、後味悪いけれど映画として素晴らしいと
思いました。
モノトーンが合ってましたね。
TBさせてくださいね。

2010/6/17(木) 午後 7:22 car*ou*he*ak 返信する

重くて、暗く、後味も良くないですが、映画としては、素晴らしい作品でしたよね。モノトーンの映像も作品にあってましたよね。

2010/6/29(火) 午後 7:00 [ ティルク ] 返信する

アバター

従来の中島監督の映像イメージとは異なるところが、また凄いなと思いました。
モノトーン映像と、松たか子の冷たく淡々と語る告白が、うまくマッチしていたと思います♪。

2010/7/3(土) 午後 8:58 ffa**77 返信する

ふあろうさん)
従来の中島作品のイメージを覆す作品でしたが、また監督の
凄さを見せ付けられた感じがする作品でしたね。

2010/7/7(水) 午後 2:11 [ ティルク ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(9)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事