映画狂の日記

スターウォーズの、ブルーレイが発売決定、早速予約しました。

全体表示

[ リスト ]

今、勇気ある冒険が始まる。

原題: THE ADVENTURES OF TINTIN: THE SECRET OF THE UNICORN
製作年度: 2011年
別題:−
製作国・地域: アメリカ   上映時間:−
allcinema ONLINE(外部リンク)
解説: 数多くの名作を生み出したスティーヴン・スピルバーグが監督を務め、世界中で愛されている漫画「タンタンの冒険」を映像化した冒険ファンタジー。17世紀に姿を消した帆船ユニコーン号の模型を手にした少年タンタンが、愛犬スノーウィと共にその行方を追う姿を生き生きと映し出す。『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズのピーター・ジャクソンが製作に参加し、最高のVFX技術を提供。原作のイメージを損なうことなく新たに生まれ変わった冒険記に目が離せない。シネマトゥデイ(外部リンク)
あらすじ: ある日、タンタン(ジェイミー・ベル)は、ガラスケースに陳列されていた帆船の模型に魅了され購入する。ところがその直後から、彼は見知らぬ男たちに追いかけ回されるハメになる。何とその船は17世紀に海賊の襲撃によって消息を絶った伝説のユニコーン号で、模型のマストにはある暗号が記された巻物が隠されており……。シネマトゥデイ(外部リンク)

評価 5点満点 4点

試写会で見てきました。

『タンタンの冒険』のタイトルは知ってるぐらいの作品でしたが。

少年記者が、謎を追いながら活躍する母権アクションで家族で見るには

いい作品ですね。久しぶりのスピルバーグ監督作でしたが、

ここ最近はいま一つって作品が多かったなかで、久々の復活も

感じさせる作品でしたね。

特にOPクレジットのアニメは、作品の世界観を上手く表してましたね。

CG もリアルでしたが、相棒役の船長の片側の鼻だけ、鼻毛が

出てるという細かい、こだわりも感じましたし、犬のスノーウィの活躍も

良かったですね。船長の。『ビックリフジツボ』ってセリフも

残ってしまいますね。

実写ではなく、CG で映像化したのは、原作のイメージを壊さないって

配慮だったと思うのですが、これが良かったと思います。
 
字幕で見ると、タンタンって『ティンティン』って聞こえるのが気になってしまいました。

全国一斉試写での上映、字幕が一部、見づらいところがあったのが

残念でしたが、(字幕が被ったり、半分切れてたり)

閉じる コメント(6)

試写会で見られたんですね〜☆
最初の予告見た時はコケそうって思ってたんですが‥第2弾予告で面白そうって感じました。
最近のスピルバーグ作品にはワクワク感が感じられなかったんで今作には期待したいです(^^)

2011/11/16(水) 午後 7:26 [ syunen20 ]

試写会で見てきました。最初の予告編の時は、確かにどうなんだろうって感じでしたが、面白かったですよ。

2011/11/27(日) 午後 10:32 [ ティルク ]

くるみも試写会です!
しかも、字幕の3D・・・ラッキーでした♪
大変、楽しかったです^^
トラバ、お返しさせて下さい☆

2011/12/2(金) 午後 8:37 くるみ

試写会だと、3Dメガネも無料でしたし、お得感がありますよね。

2011/12/2(金) 午後 10:46 [ ティルク ]

アバター

英語読みだとティンティンで、フランス語読みだとタンタンになるみたいですね。
日本語の響き的にタンタンを選んだんじゃないでしょうか。
映画は映像的に、物凄く素晴らしいと思いました。

2011/12/7(水) 午後 10:30 出木杉のびた

日本語響き的には、タンタンの方が良いですね。
映像は、素晴らしかったですね。

2011/12/8(木) 午後 7:55 [ ティルク ]

開く トラックバック(2)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事