映画狂の日記

スターウォーズの、ブルーレイが発売決定、早速予約しました。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全193ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

源氏物語 千年の謎

年の時を越え、今、
「源氏物語」誕生の秘密が明かされる――

原題:−
製作年度: 2011年
別題:−
製作国・地域: 日本   上映時間: 136分
allcinema ONLINE(外部リンク)
http://prop.movies.c.yimg.jp/pict/uploader/37/8a/339723_150x150_004.jpg
写真拡大
解説: 日本が世界に誇る傑作長編小説「源氏物語」誕生の秘密に、斬新な解釈で迫る歴史スペクタクル。作者である紫式部が生きる現実と、光源氏らが生きる物語の世界が時空を超えて重なっていくさまを描き出す。監督は、『愛の流刑地』の鶴橋康夫。紫式部を中谷美紀が熱演するほか、光源氏役に『人間失格』の生田斗真、式部が思いを寄せる藤原道長役に東山紀之と、豪華キャストがミステリアスな王朝絵巻を彩る。シネマトゥデイ(外部リンク)
http://prop.movies.c.yimg.jp/pict/uploader/37/8a/339723_150x150_005.jpg
写真拡大
あらすじ: 平安時代、娘が帝の子を産むことを望む関白・藤原道長(東山紀之)は、紫式部(中谷美紀)にある命を下す。そこで彼女は、絶世の美男・光源氏(生田斗真)と彼を取り巻く宮中の女性たちの物語を執筆することに。やがて、源氏を愛するあまり生き霊になってしまった女性の情念と、道長への思いを秘めて執筆に打ち込む式部の心が重なり……。シネマトゥデイ(外部リンク)

評価 5点満点 2点

源氏物語自体は、読んだことも無いですが。

何年か前に、東映で製作された物も、紫式部と、藤原道長も出ててまたね。

これも見ては無いんですが、まったく、『源氏物語』に触れた事の無い人には、

分かりにくい作りだったですね。せめて、人物が出てきた時は、

字幕テロップぐらい出したほうが、良かった気がします。

正直、これは、何の役だろうと分からない人も・・・ ・

安部清明が、出てきたあたりから、主役が誰だか分からなくなってきて、

中盤あたりでは、田中麗奈か、東山紀之、中谷美紀、窪塚洋介、生田斗真

誰が、メインなのか・・・

バランスを取らなければ」なら無いところをグチャグチャなった感じに

受けました。

生霊騒動が終わった後は、少し、ダラダラとした感じにも取れたので、

中盤盛り上げすぎた感じましたね。

開く トラックバック(1)

映画 怪物くん

欲望渦巻くカレーの王国…今、ワガママは伝説になる。

原題:−
製作年度: 2011年
別題:−
製作国・地域: 日本   上映時間: 103分
allcinema ONLINE(外部リンク)
http://prop.movies.c.yimg.jp/pict/uploader/6e/6a/339775_150x150_004.jpg
写真拡大
解説: 藤子不二雄A原作、アイドルグループ嵐の大野智が主演した人気テレビドラマ「怪物くん」の映画化作品。怪物ランドから“カレーの王国”にたどり着いた怪物くん一行が、カレー王国の姫の誘拐事件に巻き込まれる騒動を描いていく。怪物くん役の大野智やドラキュラ役の八嶋智人ら主要キャラクターをドラマのレギュラー陣が続投するほか、新たに北村一輝、上川隆也らが共演。監督は、『アヒルと鴨のコインロッカー』などの中村義洋。インドロケの美しい景色や、映画版ならではの壮大なスケール感に期待したい。シネマトゥデイ(外部リンク)
http://prop.movies.c.yimg.jp/pict/uploader/6e/6a/339775_150x150_005.jpg
写真拡大
あらすじ: 怪物ランドの王位継承式の日、怪物くん(大野智)は国民から大ブーイングを浴びてしまう。怪物くんは何もかも投げ出し、お供を連れて日本へ。ところが、着いたところは日本ではなく“カレーの王国”。そこで怪物くんたちは権力者ヴィシャール(上川隆也)に頼まれ、反乱軍に捕らえられたピラリ姫(川島海荷)と王子様を救出しに向かうが……。シネマトゥデイ(外部リンク)

評価 5点満点 2,5点

アニメのカラー版の世代なのですが、TV ドラマ版は、少し見た程度ですが。

3怪物は、イメージに合ってましたね。

TV では、手足は伸びなかったが、映画で予算が出たのか、手足ものびてましたね。

映画は、TV シリーズのその後って感じでしたが、その後の割には、

怪物くんが、キャラクターがTV版の方に逆戻りしてたし、

デモキンも、同じでしたが。

悪役で、上川隆也が、出てましたが、この存在がユル〜くなりそうなところを

締めてた感じがありましたね。

アニメ版の、OP 、ED 曲も劇中聞けましたが、ED 曲は2番の方かな、

聞き覚えのある歌詞とは、違ってたので。

映画版作るなら、アニメ版の劇場版、『怪物ランドへご招待』をリメイクした方が

良かった気もしますが。

個人的な、見所は、微妙なドラゴンと、加賀丈史の怪物くんファッションですね。

2D 版でしたが、TV で十分かも。
◎ エスポワールシチー
 
○ トランセンド
 
▲ ソリタリーキング
 
△ テスタマッタ、ワンダーアキュート、フリソ、ミラクルレジェンド、ニホンピロアワーズ
  ダノンカモン、トウショウフリーク
 
3連単
 
6,16→6,16→2、5,910,11,12,13,16
 
2強対決ですが、2強だとか、どちら飛ぶことや、共倒れがもありますが、
 
今回は、両方とも叩き3走目で、大丈夫じゃないかなと。
 
後は、手広買いたいと思います。

アントキノイノチ(2011

それでも、遺されたのは未来。

原題:−
製作年度: 2011年
別題:−
製作国・地域: 日本   上映時間: 131分
allcinema ONLINE(外部リンク)
http://prop.movies.c.yimg.jp/pict/uploader/2f/6b/339355_150x150_001.jpg
写真拡大
解説: 歌手さだまさしによる小説を、『ヘヴンズ ストーリー』が第61回ベルリン国際映画祭国際批評家連盟賞などを受賞した瀬々敬久監督が映画化。複雑な過去を持ち心を閉ざした若者が、遺品整理業という仕事を通じて再生していく姿を描く。主演は『告白』『悪人』の岡田将生と、『東京公園』の榮倉奈々。2人を見守る重要な役どころで、ネプチューンの原田泰造が出演するほか、若手注目株の松坂桃李、ベテラン柄本明ら多彩な顔ぶれが脇を固める。シネマトゥデイ(外部リンク)
http://prop.movies.c.yimg.jp/pict/uploader/2f/6b/339355_150x150_002.jpg
写真拡大
あらすじ: 高校時代、とある事件がきっかけで心を閉ざしてしまった永島杏平(岡田将生)は、遺品整理業を父親に紹介してもらい働き始める。そこで出会った久保田ゆき(榮倉奈々)や仕事仲間と共に過ごすうちに、杏平は少しずつ心を開き始める。そんなある日、ゆきは衝撃的な過去を杏平に告白し、彼の前から姿を消してしまう。シネマトゥデイ(外部リンク)

評価 5点満点 2,5点

テーマーや、切り口は悪くない作品だと思うのですが、

2時間くらいの上映時間では描くのには無理があったかなって気がします。

どちらかと言うと、連続ドラマ向きの感じもしましたね。

遺品整理の現代パートと、主人公の過去のトラウマの過去パート、

現代社会が抱える問題を、描いてますが。

こののバランスが悪かったかも知れないですが、

作品のテンポも悪かった。

ラストの展開は、すべてを台無しにしてる感じがします。

キャストの演技や、テーマーが良かっただけに残念な気がします。

新少林寺

 

守れ。人々の希望のため――

原題: 新少林寺/SHAOLIN
製作年度: 2011年
別題:−
製作国・地域: 香港/中国   上映時間: 131分
allcinema ONLINE(外部リンク)
http://prop.movies.c.yimg.jp/pict/uploader/38/cb/340492_150x150_001.jpg
写真拡大
解説: ジェット・リーを一躍スターダムに押し上げた1982年のカンフー映画の歴史的金字塔『少林寺』を、29年ぶりに現代によみがえらせたカンフー・アクション大作。『香港国際警察/NEW POLICE STORY』のベニー・チャンが監督を務め、少林寺が大炎上する中、命懸けで戦う男たちの姿を近代武器と伝統武術による戦いを織り交ぜながらダイナミックに活写する。アンディ・ラウ、ニコラス・ツェー、ファン・ビンビン、ジャッキー・チェンらアジアの大スターによる夢の共演や、エモーショナルなエンディングが待ち受ける新しい少林寺の世界に注目だ。シネマトゥデイ(外部リンク)
http://prop.movies.c.yimg.jp/pict/uploader/38/cb/340492_150x150_002.jpg
写真拡大
あらすじ: 辛亥革命の時代の中国、ごう慢な将軍・候杰(こうけつ、アンディ・ラウ)は、権力拡大の野望を抱くも、部下・曹蛮(そうばん、ニコラス・ツェー)に裏切られ、愛する幼い一人娘も失い、自身はお尋ね者の身に。すべてを失った候杰は、少林寺の料理係(ジャッキー・チェン)の家で髪を切り、出家することを決意するが……。シネマトゥデイ(外部リンク)

 

評価 5点満点 4点

オリジナル『少林寺』が、少林寺黎明期を舞台の作品であるのならば、

今作は、少林寺の終焉を描いた作品でしたね。

カンフー映画で、よく燃やされるのですが確か、清朝時代だった記憶してたら、

それは、南派の福建少林寺で、今回のは、北派の嵩山少林寺で実際にこの時期に

破壊されたらしいですね。

オリジナルは、ヒロイン以外は、全員が中国武術のチャンピオンを

集め、中国武術のPR的な感じで、見せるカンフー映画でしたが、

今回は、ドラマ部分がメインでしたね。そのため、若干迫力不足にも感じて

しまいましたが。やや強引な感じでしたが。

でも、方丈役は、オリジナルで、蟷螂券の使い手の師匠演じてたり、

俳優は引退してたのに、この作品のために復帰

個人的に好きな、カンフースターである、ウージンの出演は良かったですね。

彼の出演作では、『少林武王』が個人的に好きな作品ですね。

ジャッキーが演じた役は、昔ジャッキーが、出演した少林寺が舞台の、『拳精』などの

作品で演じた役のその後みたいな、感じでしたが。

ジャッキーのアクション部分だけ、ジャッキーワールドで悪くはないんですが

この場面だけ浮いてた気もします。

やっぱり、少林寺ってタイトルがついてるからには、少しのシーンでも

良いから、ジェット・リーには出てほしかったな。

開く トラックバック(1)

全193ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事