映画狂の日記

スターウォーズの、ブルーレイが発売決定、早速予約しました。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

 
 

火星ワンダーランドへ、ようこそ

 
原題: MARS NEEDS MOMS
製作年度: 2011年
別題:−
製作国・地域: アメリカ   上映時間: 89分
allcinema ONLINE(外部リンク)
解説: 文明が発達した火星を舞台に、母親を連れ去られてしまった少年マイロが体験する冒険を最新のVFXでダイナミックに描き出すSFアニメ。『バック・トゥ・ザ・フューチャー』シリーズのロバート・ゼメキスが製作にあたり、監督は『タイムマシン』のサイモン・ウェルズが務める。少年マイロの声を『オースティン・パワーズ』シリーズのセス・グリーンが担当。まるで本当に宇宙旅行をしているかのような奥行きを感じさせるリアルな3D映像に引き込まれる。シネマトゥデイ(外部リンク)
あらすじ: 母親とケンカばかりの9歳の少年マイロ。ところがある日、その母親が何者かにさらわれる事件が発生。マイロは母親を夢中で追い掛けるうちに、ロケットに飛び乗ってしまう。ロケットが到着したのは、高度な文明と技術の発展を遂げた火星。マイロは母親を救うため、火星の地に一歩を踏み出す。シネマトゥデイ(外部リンク)
 
公式サイト 
http://www.disney.co.jp/movies/milo3d/home.html
 

評価 5点満点 3,5点

3Dメガネが、今回から軽量のサングラスタイプに変わって、

今までより、明るい映像で、観やすかったです。

映画のほうは、ストーリーは悪くないと思うんですが、

リアルな、3D アニメは、子供受けは難しいかな。

観客は、たった二人・・・

予告編で、流れてた、『これがほんとの、落下星。』ってギャグが

滑ってのかも知れ無いですが。本編では。セリフ変わってましたけど。

火星人のデザインが、ET に似てたのは偶然か、特に火星人のボスは

凄く似ていた。

アニメ映画では、珍しい、モーションキャプチャーの撮影シーンを

エンドロールに入れてたのは、斬新だったですね。

開く トラックバック(1)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事