映画狂の日記

スターウォーズの、ブルーレイが発売決定、早速予約しました。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

GANTZ: PERFECT ANSWER

 

大切な物を守るため、彼らが犠牲にするものとは。

原題:−
製作年度: 2011年
別題:−
製作国・地域: 日本   上映時間: 141分
allcinema ONLINE(外部リンク)
GANTZ: PERFECT ANSWER
写真拡大
解説: 「週刊ヤングジャンプ」の奥浩哉の人気コミックを実写映画化したSFアクションムービー『GANTZ』2部作のクライマックスとなる後編。死を迎えた男女たちが黒い謎の球体“GANTZ”に召集され、“星人”と呼ばれる強敵たちとの戦いを繰り広げる様をダイナミックに描く。二宮和也と松山ケンイチの日本を代表する若手俳優が主人公を演じ、吉高由里子や田口トモロヲなどバラエティー豊かな俳優たちが集結。激しいアクションと、原作とは異なる映画版オリジナルのラストは必見だ。シネマトゥデイ(外部リンク)
GANTZ: PERFECT ANSWER
写真拡大
あらすじ: 死を迎えるその瞬間、黒い謎の球体“GANTZ”に呼ばれた男女たち。幼なじみの玄野(二宮和也)と加藤(松山ケンイチ)もまたGANTZに召集され、“星人”という異形の者との戦いを強いられていた。玄野は戦いの中で生き抜くことを選び、加藤は暴力と戦いを否定する。そして、終わりのない戦いの過程で、2人はある選択を迫られる。シネマトゥデイ(外部リンク)
 

評価 5点満点 3点

原作が、終了してない作品の映画化の難しさが出た作品ですね。

1作目は謎のままで、今作につなげる意味で、いい作りだったと思いますが。

GA NTZ は謎のままで、終わらしてる時点で、消化不良に感じてしまいました。

1のラストで、出てきた、山田孝之演じる、重田も居なくても成立していたような

感じで、生きてないし、小島多恵が最後の鍵になったのも、伝わりにくい。

玄野の答えを、導くために無理やりな感じてしまいました。

アクションシーンは、1より進化してましたね。

1より、戦いを経て、スキルアップしているので、戦いのシーンは、

見ごたえありましたが。

問題は、ラストです、あのラストは、『仮面ライダー龍騎』のラストに

よく似ています。戦いで死んでいった人間が、蘇るし。

自らを犠牲にした、玄野の存在が忘れられてる点も似てるなと感じました。

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事