映画狂の日記

スターウォーズの、ブルーレイが発売決定、早速予約しました。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

八日目の蝉

 

優しかったお母さんは、私を誘拐した人でした

原題:−
製作年度: 2011年
別題:−
製作国・地域: 日本   上映時間: 147分
allcinema ONLINE(外部リンク)
八日目の蝉
写真拡大
解説: 誘拐犯の女と誘拐された少女との逃亡劇と、その後の二人の運命を描いた、角田光代原作のベストセラー小説を映画化したヒューマン・サスペンス。監督は、『孤高のメス』など社会派エンターテインメント作品で定評のある成島出。誘拐された少女の大学生時代を井上真央が演じ、愛人の娘を誘拐する女性に永作博美がふんするほか、小池栄子や森口瑤子、田中哲司など実力派俳優が勢ぞろいする。(タイトルの「蝉」は、「虫」に「單」が正式表記)シネマトゥデイ(外部リンク)
八日目の蝉
写真拡大
あらすじ: 子どもを身ごもるも、相手が結婚していたために出産をあきらめるしかない希和子(永作博美)は、ちょうど同じころに生まれた男の妻の赤ん坊を誘拐して逃亡する。しかし、二人の母娘としての幸せな暮らしは4年で終わる。さらに数年後、本当の両親にわだかまりを感じながら成長した恵理菜(井上真央)は大学生になり、家庭を持つ男の子どもを妊娠してしまう。シネマトゥデイ(外部リンク)
 

評価 5点満点 4点

誰に、感情移入するのかで、感じ方が違ってくる作品じゃないかと思います。

どの立場でも、感情移入できる作品ともいえますが。

二人の母、加害者であり、被害者であるともいえます。

生みの母、子供誘拐されてるので、被害者ですが、きっかけになったともいえる

セリフは、言葉の暴力で、比重的には、連れ去った方が、加害者としての

比重が大きいですけど。

暗にこの辺くだりで、マスコミ批判が、隠れたテーマーかも知れないですね。

生みの母が、ヒステリックな面だけ、強調されてた、感じで、

内面の葛藤が描かれてないのは、少々残念。

映画の時間的制約もあるので仕方ないかも知れませんが。

すべての、元凶である父親が、いい人に描かれてたのも・・・ ・

いきなり現れた、ルポライターにすんなり心を許してしまうのも

どうかなと、思いましたが、4歳の時から、人との対人関係が上手くいかない

ので、心の隙間に入られたって感じでしょうか。

この役は、小池栄子が好演が光りましたね。

小豆島に、着いてからは、小豆島の観光PRになった感じでしたが。

キャストの、好演が光る映画でしたね。

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事