長文書く用のブログ

2d2f2bf2f75a452471b5d6743a9f25f66ecb81f9

全体表示

[ リスト ]

皆さんはJASRACってご存じですか。ナスダックではありません。JASRAC(日本音楽著作権教会)です。
以前からのエントリーで分かる通り、私は著作権というものに大きな関心を持っており、また、著作権における誤解が元でトラブルが起こっているのを見ると、(やっぱこのネット社会では、もっと著作権法に関する教育と、それに並行して現代に合わせた法改正が必要なのではないか?)と思わざるを得ません。
まあそれは、例えば二次創作の合法の可否とか、違法ダウンロード罰則化の適用範囲とかなわけですが、ここでは割愛します。

で、著作権モラル、と言う意味では、最近よくぶっ叩かれまくっている存在がありますよね。そう、JASRAC。
この団体、何故叩かれまくっているかと思えば、「著作権ヤクザ」とレッテルを貼られ、過度な徴収を行い、名前とは裏腹音楽の使用に関する萎縮効果を生み出し、害悪である、と言われているわけですよ。
それは適切な解釈なのか?著作権法と音楽業界のお金の流れを振り返りながら、考えます。

まず、著作権と言うのは、著作人格権、著作財産権、二つがあると思ってください。厳密には著作隣接権という著作権とは違うものが著作権法に定義されているのですが、それは追々。
著作権っていうのは、作品を作った時点で自動発生するもので、これを無方式主義といいます。あなたが今ブログの記事を書いたとし、それが思想や考えを表現する作品であるならば、それは特許のように登録しなくても、あなたには自動的に著作権が生まれます。
で、さっきなんで二つ紹介したかというと、著作権の中でも二つが性質が違うものだからなんですよ。
著作人格権、これは著者が作品を公開するかどうか、氏名の表示をちゃんとされるかどうかと言った、著者にしか発生せず、しかも永久的に保護される権利です。
対して、著作財産権。著作物がどう使われるかを独占する権利です。勝手にコピーされない、勝手に演奏されない、勝手にネットにアップされない、勝手に翻訳されない、とこういった感じですね。で、この著作財産権、実は他人に譲渡できます。
小室哲哉さんが詐欺で捕まった、なんて事件がありましたが、あれは自分の楽曲の著作財産権を持っていなかったのに、その権利を買わないか?と働きかけたことで起きたわけですよ。

さて、この著作権の基本を踏まえた上で、JASRACについて説明します。
JASRACは、平たく言うと、その譲渡できる著作財産権をまとめて預かり(信託されるとJASRACは表現します)、利用したい人に使用金額を徴収することで、使用の許諾を行う機関なわけですよ。で、徴収したお金は著作財産権利者に還元する、というわけなのです。
よくJASRACがぶっ叩かれる理由に、このお金の流れが不透明だ、とか、自分の著作物をJASRACに申請して使ったのにJASRACから振込がない、って言った不満が聞こえます。もちろんそれらの指摘は当然です。ただ、知らないが故に勘違いをしている。
それは、JASRACが誰から著作財産権を預かっているか?という問題。
実は、作詞作曲した音楽家の方々から直接預かるケースは稀です。
殆どが、音楽出版社という、楽曲の権利管理を行う企業から預けられているのです。なんちゃらミュージックパブリッシングとか、なんちゃら音楽出版とか、スタッフロールを見ている方なら見たことあるって人もいるはず。
本来音楽家が持っていたはずの著作財産権がなんで音楽出版社が持っているんだって話になりますが、そりゃCD出すときにレコード会社と契約を結ぶでしょう?あのときにもう、著作財産権を音楽出版社に預けるって契約になっちゃってるんですよ大抵。
つまり、メジャーデビューするアーティストの権利っていうのは、どこもかしこも音楽出版社に譲渡されているのです。もちろん、それはJASRACに委託して、管理を一元的に行うことが目的なのでしょうが、音楽家にそれを説明しているのか、そしてJASRACから支払われる使用料金を、音楽家にちゃんと払っているのか、と言う疑問は残ります。音楽出版社は、レコード会社の傘下になっていることも珍しくはないですから、要は、音楽業界の汚い部分って、実はJASRACだけじゃなく、音楽出版業界、そのバックにいるレコード会社の問題でもあるんですよ。
これに言及するアーティストは大変少ないです。私の知る限り表立って発言しているのは平沢進先生くらいなものですよ。
で、JASRACを叩く人間もこれに関して無知であることが大変多い。
JASRACの使用料金の分配が適切かどうかは大変な問題ですが、JASRACがいくら正常になろうが、音楽出版社が適切な再分配を行わない限り、アーティストにお金が入ることはないわけです。
何もJASRACを疑うなというわけではありません。どっちもまとめて疑ってかからないと、この問題は全く好転しない、そう言いたいわけですよ。

私は音楽が好きです。ポップスもロックもバラードも聞きます。映画やアニメのサントラも聞きます。クラシックも洋楽も聞きます。
ここまで日本で音楽が栄えているのも、JASRACのような管理を一元化する管理団体があることによる、利用促進効果が大いにあると私は思うんですよ。テレビで流れる曲、動画サイトで流れる曲、カラオケで歌われる曲、ライブハウスで演奏される曲。これらは全部管理団体があるから合法的に成り立つのではないでしょうか?
しかし、管理団体はその存在故、極めて社会上の公的さを求められます。国会議員がお金の使い方にうるさく言われたり、政策や法案決定に強い力を持つ与党がいつも国民や野党にうるさく言われるのと全く一緒で、再三申し上げるとおり、疑うな、と言う意味ではありません。
ただ、国会議員が不要か?内閣が不要か?答えはノーですよね。社会的に必要な存在であるからこそ、不正が無いよう目を光らせる。この観点で、JASRACの動きには目を光らせていただきたい。
だから、なんとなくネットのまとめブログみてギャーギャー騒ぐ無知なアホネチズンはホントさっさと引っ込んで欲しい、あ、間違えた。
えーっと、故に、ただ嫌いだからって理由でJASRACをバッシングして、しかもそのバッシングが著作権法において間違った視点からされていたり、音楽出版社と著作財産権の話をすっ飛ばしてされていたりすると、どうにも違和感があるんですよ。
もうちょっと、叩く相手のこととカラクリを分かってから叩かないと、何も改善されないに決まっているじゃないですか。ただのあなたの憂さ晴らしならば、それはサンドバックにでもやりましょう?
中川淳一郎氏のモノカキ廃業じゃないですけど、詳しくもない人が空中戦でギャーギャー言うのは虚しいし、ぶっちゃけただのノイズです。

まとめ
・JASRACが悪だと思うなら、音楽出版社の話も視野に入れよう
・音楽管理団体そのものの恩恵は理解しよう
・それでもJASRACが暴走しないかの監視は必要なのでその点では厳しく見よう(特に法改正の誘導とか、ね。だから著作権法の動向は大事なのです)

追記
カッとなって勢いで書いたら、音楽教室について書く機会を失いました。
が、私なんかよりよっぽど正確に福井健策弁護士がコラムを書かれておりますので、骨董通りの法律事務所をご参照頂ければなと思います。

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事