河野談話を守る会のブログ

<ナイス>を押せば【転載】勝手にOK

全体表示

[ リスト ]


『週刊金曜日』7月4日号に掲載されている能川元一氏の「右派の「慰安婦」問題歪曲の卑劣」がなかなかの切れ味を見せている。昨日、今日探究したぐらいで理解できるような知識ではなく、長年の蓄積があってはじめて書ける文章である。彼は専門研究の題材が「南京事件」だったはずだが、さすが研究者である。みごとに的に命中している。
 
イメージ 1

解説がてら、読みどころをいくつかあげておこう。(この文章は私の言葉による解説なので、それなりにアレンジされており、能川氏とは違う言葉を使っている部分もある。さらにいくらか省略しているので了承していただきたい)

① 産経新聞は、慰安婦関係の記事というと必ずと言っていいほど「吉田清治」「朝日新聞の捏造」などと書く。右派の造った物語の中では、「「慰安婦」問題とは『朝日新聞』が吉田証言などを利用して捏造したものなのだ」とされている。
しかし、これは事実とは言い難い捏造のストーリーにすぎない。
「朝日が吉田キャンペーンをした」と産経は書いているが、朝日の1985年から今日までのデータベース検索で「吉田清治、慰安婦」で検索してヒットする該当記事は10件にすぎず、しかもそれには訪韓や講演を報せるだけの記事も含まれている。この手の告知記事は、読売新聞も95年8月15日の夕刊に掲載している。
産経新聞を同様に「吉田清治、慰安婦」で検索すると38件がヒットする。

② 産経新聞は、5月21日の記事で「河野談話は吉田証言などが「下敷き」に作成されたとしているが、根拠は何か?
今回の政府の検証報告で、それは否定されているではないか!
(これについて『週刊金曜日』は、産経編集部に質問状を送ったが、返答は無いという)

③ 「朝日新聞」の記事では、「慰安婦」問題で最も大きい歴史の節目であった金学順さんのカミングアウトと提訴、吉見教授による軍関与を証明した92年1月11日の記事で、吉田証言には一切言及していない。
しかるに、なんとかしてコジつけて批判したい右派は、例えば、西岡力は『sapio』2012年8月22、29号において「吉田証言に乗っかった悪意を持つ誤報だった」としている。

④ さらに右派は金学順さんが、「キーセン」だった事を「朝日が報道しなかった」と非難している。しかしこれは、他の全国紙も同様であり、「産経」を含む全ての全国5紙が、91年12月6日付けの夕刊において「キーセン」としての経歴にはまったく触れていないではないか。
朝日をはじめとする新聞各紙が訴状を見れば分かったはずの「キーセン」と書かなかったのは、当然であり、日本軍慰安婦として「強制売春」させられたのが問題だからである。

もっと様々な意見、主張、情報が盛り込まれているが、この辺でいいだろう。後は自分で読んでいただきたい。

すでに述べたように『週刊金曜日』は、産経編集部に「5月21日の記事で「河野談話は吉田証言などが「下敷き」に作成されたとしているが、根拠は何か?」「河野談話は「慰安婦」の「強制連行」について言及しておらず、それがどこで吉田清治に結びつくのか?」という質問状を送ったが、返答は無いという。

産経新聞はとっとと答えなさい!

自分の歪曲・捏造報道を頬っかむりしないように。



この記事に

閉じる コメント(1)

同感

2016/5/4(水) 午後 7:32 [ 弱者のための合気道 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事