河野談話を守る会のブログ

<ナイス>を押せば【転載】勝手にOK

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全190ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

藤岡信勝の主張の背後

                     1映画『主戦場』を巡るやりとり

最近、映画『主戦場』に登場した右派たちがミキ・デザキ監督と映画配給会社「東風(とうふう)」を告訴した。

藤岡らは、大学院生だったデザキ監督のインタビューを受けた際は「学術研究及び卒業制作のため」と説明されていたのに「商業映画として一般公開した」として、著作権や肖像権の侵害したと主張している。

しかし、テザキ監督は、最初から一般公開する可能性があったことをメールで伝えていたと証拠付きで述べている。https://www.excite.co.jp/news/article/Litera_4752/



藤岡らは【「映画で『歴史修正主義者』『性差別主義者』などのレッテルを貼られ、名誉を毀損(きそん)された」】という主張もしているのだが、かなり噴飯ものである。そもそも『歴史修正主義者』『性差別主義者』は評価に過ぎないし、彼らへの評価として適切である。参加者の一人は、「フェニミズムを始めたのはブサイクな人たちなんですよ。ようするに誰にも相手されないような女性。心も汚い、見た目も汚い。こういう人たちなんですよ」と暴言を吐いている。こうした暴言の主を「性差別主義者」と評価しない方がおかしいのではなかろうか。https://lite-ra.com/2019/04/post-4682.html


            2、藤岡信勝と右翼組織


さて当会では、ここで話題の藤岡信勝が中心となって造った<自由主義史観研究会>に右翼団体・日青協(日本青年協議会)の機関誌の投稿者やその傘下団体<日本教育研究所>の一員が多く参加していたことを論証してきた。

日青協は、近年の日本会議研究の中で、日本会議の事務局組織としてスポットライトを浴びた右翼組織である。
「「大東亜戦争肯定史観」と「東京裁判史観」「コミンテルン史観」のいずれにも与しない立場」「偏らない」と述べていた<自由主義史観研究会>だったが、最初から右翼団体が深く関与した集団であった。
『噂の真相』1997年2月号によると、東大本郷キャンパスの近くにあった自由主義史観研究会の事務所は、上原卓や入川智紀が入り浸っていたという。

イメージ 1
                   (『噂の真相』1997年2月号)

藤岡は最初から右翼団体とずぶずぶの関係だったが、それを隠しながらファンの多い「司馬史観」を全面に押し出していたのである。


              3「善玉・悪玉史観」という言葉


イメージ 3

                                 
その藤岡には『「近現代史」の授業改革双書 近現代史教育の改革―善玉・悪玉史観を超えてー』藤岡信勝著/96年3月/明治図書)という著作があるのだが、この中の「善玉・悪玉史観」というフレーズは、かなり古い日青協の機関誌『祖国と青年』に書かれていたフレーズである。

昭和50年11月号の『祖国と青年』の中で、日教組を批判しながら土橋史郎はこう書いている。

イメージ 2




            昭和50年11月『祖国と青年』

すでに藤岡信勝らが使っていた「自虐史観」という言葉が、神社本庁の機関紙「神社新報」で宣伝されて来た言葉であることは論証したが、
藤岡の理屈の多くが右翼人士の使う理屈の焼き直しに過ぎなかったのである。








開く コメント(0)

開く トラックバック(0)


<「米国で慰安婦の碑ができたからイジメが蔓延デマ」に関する杉田水脈の言い訳>
あまりの醜さに吐き気がする

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2014年2月3日の衆議院予算委員会 で杉田水脈はこう述べた。
【海外にいる同胞の日本人が被害をこうむっています。こういった像が実際に建ってしまうんですよ。子供たちがいじめに遭ったりとかするような問題も実際に出ております。】
ところが映画『主戦場』の中では、日系人と役所の人(正確な肩書は覚えていない)のインタビューがなされ、日系人は「私は碑がある公園の近くに住んでいるが、そんな話は聞いたこともない」と答え、役所の人も”そんな事はない、相談に来てくれ”と言う意味のことを述べていた。
これに対する杉田水脈の言い訳
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
開始35分くらいから
「それはその時は具体的にお母さんたちの話というのは実は聞けなくって、前に行った人達の話なんかを基に、後まあ説明してくださった方のお話を基に書いたのですが」
「私はだから「これが真実だ」と書いたわけじゃなくて、お話が聞けなかった、だから代弁者の内藤さんから話を聞いただけ、代弁者の内藤さんの話はこうだったという内容を書いただけ」
ナレーションでは、杉田水脈が国会で、「子供たちがいじめに遭ったりとかするような問題も実際に出ております。」と断言するシーンが映しだされていた。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
togetterまとめでの杉田の発言
「実際に嫌がらせを受けた在米邦人の方が証言されたのをご存知ないのですか?」というのも、まったくの嘘なのである

開く コメント(1)

開く トラックバック(0)




併合に向かう流れ 明治初期から中期にかけてのまとめ
《征韓思想とは、「朝鮮が天皇に服属すべきものであり、その天皇を中心とした体制が日本の本来の姿、国体であるとする理念であって、王政復古して国体を顕現するからには、朝鮮は服属の礼を示さねばならなず、朝鮮側が拒否する場合には武力をもってそれを実現すべし」という思想 (〇吉野誠『明治維新と征韓論』p227)》
イメージ 1

佐田 白茅(さだ はくぼう)は1868年(明治初年)には「朝鮮は応神天皇以来、(朝貢の)義務の存する国柄であるから、維新の勢力に乗じ、速やかに手を入れるがよろしい」という建白書を政府に提出。
1870年(明治3年)3月、その佐田 と森山茂は釜山に派遣され、書契問題で紛糾していた朝鮮との予備交渉。この過程で朝鮮側の態度に憤激した佐田は、同年4月に帰国したのち政府に征韓を主張する報告書を提出した。

琴秉洞によれば、明治維新後政権の中枢に入り込んだ吉田松陰の弟子で征韓論を唱えた中心人物は木戸孝允だったが、それを草の根に広げ日本中を熱狂させたのが佐田白茅であり、初年以後3度にわたって建白書を提出している。佐藤信淵にならって朝鮮征服は「30大隊あればことが足りる」と述べており、琴秉洞は「朝鮮従属を早くから提唱した佐田白茅の朝鮮蔑視の根は深い」と評している。(琴秉洞『日本人の朝鮮観』p52-p55、明石書店 2006)
イメージ 2


これが日本側の外交官だったわけだ。侵略主義者が外交官なんだから、まともな外交になるわけがない。
こうして佐田 や森山の征韓論を受け、1870年 外務省が太政官あてに『対朝鮮政策3か条』を提出
第ニ策「天皇の使いとして木戸孝允を派遣し、王政復古政策の国書受理拒否を責め、通商条約締結をもちかけ、これを朝鮮側が拒否するなら武力発動に及ぶ」
第三策「朝鮮懐撫のため、宗主国である清国と「比肩同等」の条約終結を先行させ、ついに朝鮮を「一等を下し候礼典」で扱い、「遠く和して近く攻る」の方策」
おいおい。

1873年 閔妃と高宗が大院君を追い落とし高宗の親政を始めると日本に対する姿勢を軟化した。日本政府は、天皇が外交を司る以上朝鮮は日本に服従しなければならないという「朝廷直交」論に替えて、妥協案としてあった「対等」論によって条約を締結しようとした。この時点で日本側は本音を隠して、近づいていく。やがて1900年代に「朝鮮征伐」の夢想をかなえるのだが、それはともかく1873年の話だ。
「対等」論によって条約を締結しようとした日本だが、しかし書契には、「皇上」の文言が使われ、森山茂は儀礼の場で洋服の着用を主張し軋轢を招き不調。いつもそうだが「対等」とか「平等」とかいう言葉は、日本では言葉の中にだけ存在している。
1875年4月、森山理事官は「軍艦を発遣し、対州(対馬)近海を測量せしめ、以て朝鮮国の内訌に乗じ、以て我応接の声援を為さんことを請うの議」という強硬な征韓意見を寺島外務卿に提出した (『韓国併合』海野福寿p15)。
イメージ 3


大日本帝国政府は軍艦を送り、1876年 江華島で条約交渉 <日朝修好条規>による不平等条約締結した。
中塚明の『現代日本の歴史認識』p146〜によると、長く定説とされていた「飲料水を求めている時に銃撃された」も歴史の偽造だという。井上海軍少佐の報告書には「水」の文字がならんでいるが、この報告書は10日も経て書かれており、事件翌日の報告書<9・29報告書>には、「飲料水を求めて」などとは書いておらず、「分捕り品一覧」まで添えてあるという。また戦闘は3日に渡ったのである(p168〜)。これについて後に元帥にまで登りつめた井上は、要約すると「3日もいたとなれば国際法上の問題になるから、国際法上許されている「飲料水をもとめて」と主張したのだ」という意味のことを述べている(p173、大正13年5月22日の海軍大学校の講話)。
つまり「3日間戦闘した」となると国際法上問題なので、「飲料水を求めたら砲撃された」という被害者なりすまし話に差し替えたのである。
ネトウヨはしばしば、<ホントは加害者なのに被害者に成りすます論理>を振り回すが、国家ぐるみの「被害者偽装」に、日本の歴史は彩られている。

イメージ 4


ここ数年、安倍政権下による自衛隊日報や森友問題での公文書の隠蔽、偽装が取沙汰されているが、その安倍たちが理想とする神権天皇制国家は歴史偽造大国であった。歴史修正主義という言葉があるが、わが国における歴史修正主義の歴史(都合の悪い歴史の削除改竄)は長きにわたる伝統なのである。

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

<昔書いて、そのまま公開し忘れていた記事>


       朴裕河に味方意識を持っている産経新聞
産経は加藤達也に裁判の行方をレポートさせている。未婚の女性である朴クネ元大統領のセクハラ記事を捏造し、逮捕されたあの加藤達也である。産経のお仲間である安倍政権が動いたり、多くの新聞が「言論弾圧」を主張したため、釈放され、結果として加藤はウヨクたちのスター記者の一人となった。それまでほとんど書いていない『正論』や『WILL』に突然頻繁に登場するようになり、言論の勝利を語るという塩梅だ。まるで「言論の自由」の戦士扱いだが、元はと言えばゲスの勘繰りのようなセクハラ記事である。(『朝鮮日報』が「秘線」としか書かなかったものを(無根拠に)「証券筋の男」として性関係を匂わせたhttps://blogs.yahoo.co.jp/kounodanwawomamoru/64960167.html
ゲスの勘繰りによれば、朴裕河への有罪判決は、「今回の裁判は朴教授を有罪とすることで「親日勢力」を攻撃する韓国司法の姿勢を見せたものではないか」という。

三権分立がいまだに建前でしかない日本では裁判官が政府に忖度して判決を下すことが十分考えられる。2000年ころ、森発言を受け批判がやまない自民党が働きかけ、最高裁の名誉棄損の基準を甘くさせたのはそれなりによく知られた出来事である。
しかし、韓国司法が三権分立をただの建前にしているという根拠はまるで存在しないではないか?むしろ憲法裁判が可能な韓国は日本よりはるかに三権分立を達成していると言える。韓国の
三権分立は、特に慰安婦問題に見られた。慰安婦問題での発言がほとんど無かった李明博大統領は2011年8月31日に出た憲法裁判所の「韓国政府の不作為」を違憲とする判決を受けて、12月の訪日日韓首脳会談で慰安婦問題を言及するようになったのである。これに対して、産経「正論」などの右派論壇は「大統領任期が末期になると反日強硬姿勢を示し、人気取りをする」という証明されていない一種の神話(デマ)を流してきた。

       2011年8月31日憲法裁判所「韓国政府の不作為を違憲判決」
イメージ 2


朴裕河も心強い味方を得たものだ。朝日や毎日は朴裕河を応援しているとは言え、まだ嫌韓(反韓)妄想と煽動には歯止めがかかっている。しかし、ろくに取材しないままデマのような記事を書き、読者に韓国への反感を訴えることで支持されている産経新聞には歯止めはない。元より韓国が好きすぎて、絶対に日本に帰って来ない黒田勝弘さえ、今では「韓国好き」を公言できず、煽動記事を書く有様だ。
「真実の探求」などより「日本人は優れた民族なのでその名誉を守る」とかいう戦前のような宗教イデオロギーの目的を達成したい日本会議と連動して歴史修正主義を拡散させている産経にとって、国連や米国に訴えていた朴クネ政権は大敵だったが、文政権はさらに大敵なのであろう。今後どんな難癖をつけるか?
産経新聞を読むことは、脳の中を金属の機器で掻爬されるような不快感があるが、日本人の責任として眼が離せないのである。

     <2017-10-28産経>

イメージ 1


開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

お引越しのお報せ



ヤフーブログのサービス終了を受け
当会「河野談話を守る会のblog」は、引っ越すことになりました。

引っ越し先には、ヤフーから移行ツールが発表される5月からハテナやアメーバ、ライブドアなど複数を考えています。

先駆けて、FC2にミラーサイトを造りました。



これからもよろしくお願いいたします。

「河野談話を守る会」一同


開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全190ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事