河野談話を守る会のブログ

<ナイス>を押せば【転載】勝手にOK

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索


右派のデタラメ「慰安婦」論が日本に及ぼしている害悪
   <見えはじめた孤立化への道>
   = 日本は自ら慰霊碑をつくるべきである
   

千葉県鴨川市花房778 慈恩寺にあるらしい慰安婦慰霊碑

<なぜか、ウヨクさんが「本物だ」と掲載している動画>


千葉には城田すず子さんが造った慰霊碑があり、大阪にも元兵士が造った慰安婦の碑があり、沖縄にもある。
戦時中は、漢口の公園にも、軍によって慰霊碑(供養塔)が造られていた。(山田清吉『武漢兵站』)

(山田清吉『武漢兵站』より
イメージ 1



どっから見ても、各国の慰安婦の碑に、そんなにこだわる理由は存在しない。





「20万が云々」とかいう話なのかも知れないが、こういう人数がはっきりしない碑文には、被害者サイドができるだけ納得できる数字を書くのが当たり前である。
だいたい「20万」がダメだというなら、確実な資料で人数を確定してから文句を言うべきである。それもできないくせに文句だけをつけるのはいかがなものか?
何かと言えば「20万人の強制連行は日本を貶める」というのだが、じゃあ何人だったんだ?
まさかただの憶測にすぎない上、矛盾だらけの秦郁彦の「2万人以下」説が理由じゃないだろうな。

秦郁彦の慰安婦数の問題    <秦郁彦論説 慰安婦の数の変遷の歴史>
   https://blogs.yahoo.co.jp/kounodanwawomamoru/64350703.html
     <秦氏の慰安婦の数の計算間違い>
  https://blogs.yahoo.co.jp/kounodanwawomamoru/64358410.html 

しかも今度のサンフランシスコの像は「(被害者が)何十万人」としか書かれていない。https://matome.naver.jp/odai/2151147808273755901

大阪市の吉村洋文市長は「数十万人が性奴隷にされた」など、像の碑文に書かれていることが「日本政府の見解と異なる」から、決議案を拒否しなければ姉妹都市関係を解消すると申し入れたそうだが、異なったから何が問題なんだ?

海外の自治体が、日本政府の見解に従わなければならないという何らかの取り決めがあるわけではないだろう。

まさか、歴史学者でも何でもない安倍たちの見解が絶対的に正しいとでも言うのか?

正しいどころか無茶苦茶である。
安倍政権のデタラメ  <強制連行は本当に無かったのか?>
   http://www.restoringhonor1000.info/p/blog-page_27.html 


こんなヤクザのようなイチャモンで「姉妹都市関係を解消」とは?
大阪市民は損害賠償請求をすべきである。

こうして日本は今、国粋主義者たちの狂った「慰安婦」論によって、孤立化の道を歩いている。
あるで、あの戦争の時のように。

問題は、被害者の人権をまるで配慮しない右派に蔓延するデタラメな「慰安婦」論であり、早急に手を打たない限り、これからも孤立化は加速していくに違いない。














開く コメント(0)

開く トラックバック(0)



  まっとうな歴史研究を「自虐史観」として攻撃してきたのは誰か?

これまで右派は、満州事変にはじまる14年間の戦争について、まっとうな歴史研究の成果を「自虐史観」と述べて攻撃してきました。

「「侵略戦争」発言は自虐史観だ」とか
「南京虐殺があったというのは自虐史観だ」とか
「慰安婦の被害を述べるのは自虐史観だ」とか

皇軍(日本軍)の非道行為を少しでも指摘されるとそれを「自虐だ」と非難するわけです。「南京虐殺があった」と書いている本に「自虐史観」とレッテルを貼って価値を全否定することを、何かに憑かれたように一生懸命やっています。

「戦争にどちらが正義とは無いことを連合国視点で書いているから自虐だ」とか
植民地支配でインフラ設備が進んだことや欧米列強からの独立が早まったことを教えないから自虐」とか
「日本にも正義があったのに、自虐史観を教えている」とか・・・。

中には「自虐史観は、日本人の自信を失わせてはフヌケ化・無気力化する、とんでもない宗教であり、自虐史観の宗教から目覚めてもらっては困る勢力が、これまで日本で幅を利かして支配していた。」などというまったく根拠のない陰謀論のようなものを唱える人々もいます。

「自虐史観の宗教」というのですが、しかし、こうした理解はまったく逆であるというしかありません。
むしろ、「自虐史観」という言葉の方が神社本庁という宗教団体によって使われ、宣伝されてきた言葉です。
それをまず示しておきます。


        『神社新報』が使い広めた思想としての「自虐史観」攻撃

 『神社新報』は神社本庁の機関紙です。この機関紙が60年代から使っていたのが、「自虐史観」という言葉です。1965年(昭和40年)8月14日の【若木談話室】は「・・・当時を闇黒のように言う自虐史観は誤りである」と書いています。



藤岡信勝が『自虐史観の病理』を書く30年も前に「自虐史観」という攻撃的な言葉が発明されていたわけです。

その後、1967年9月2日の【維新の志士にまなぶ】(鳥巣通明)という記事でも、「もう自虐史観から解放されてもよいのではないか」という主張があります。
(注 下村博士の説を紹介している文章なのですが、下村博士という人が誰で、いつ何を言ったのか、はまったく分かりません)

「自虐史観」でキーワード検索すると1946年〜2008年までで、55件の記事が見つかりますが、それ以外にも「自虐」「歴史」は約90件あり、例えば1958年(昭和33年)の【若木論壇 歴史教育協議会の声明に駁す】という記事には「自虐的な歴史教育に血眼になったのは誰か」という文章があります。

さらに1959年(昭和34年)7月18日には、村尾次郎が「日本政府罪悪史」という言葉を使いながら「歪んだ自虐主義に陥るだけ」と主張しています。

村尾次郎は、あの皇国史観平泉 澄の弟子であり、当時文部省の教科書調査官に就任し、家永三郎が執筆した『新日本史』を検定で不合格処分にしました。さらに後の右翼教科書『新編日本史』の執筆者でもあります。

そのあたりの事情はすでに書いていますので、読んでおいてください。

ですから、「自虐史観の宗教」という上記の主張は誤りであり、逆に「自虐史観などと攻撃をする側が、神社本庁という宗教の影響を受けている人々」なのです。「信者さん」と言った方がよいかもしれません。ネトウヨに神社の信奉者が多いことはすでに述べました。日本民族の中で、原理主義的な神道信者が暗躍しているというのが、現代の世相なのですhttps://blogs.yahoo.co.jp/kounodanwawomamoru/65835486.html

それから、言うまでも無い話ですけど、1950年代とか、60年代には「南京虐殺を唱えるのは自虐史観だ」「慰安婦問題を唱えるのは自虐史観だ」とかいう主張はありません。そういう具体的なものがなくて、ただ自虐的だと言っています。具体的な主張が出てくるのはずっと後の話です。


  
     
            自虐史観」という主張の展開

イメージ 1


「自虐史観」という言葉は、当時東大の教授であった藤岡信勝が中心になって展開した自由主義史観研究会や新しい歴史教科書をつくる会でしばしば使われ、藤岡は1997年9月に題名に使用した『自虐史観の病理』を書きました。しかし、それまでにもこの言葉とその思想は、『神社新報』で使われ、やがて神社界に近い関係にある「日本を守る会」や「日本を守る国民会議」など右翼団体の人々によって広まりました。その様子を探ってみます。

例えば、1993年(平成5年)9月13日、当時の細川首相が「侵略戦争」発言したことに、反発した千人規模集会が、千代田区の日本工業倶楽部大ホールで開かれました。【日本は侵略国ではないー細川内閣糾弾国民集会】と題されています。

小堀桂一郎、中村粲、佐藤勝巳、加瀬英明、黄文雄、小田村四郎(元行政管理庁事務次官)、松永永芳(前靖国神社宮司)、泉谷達(ビルマ独立参加)、黛敏郎、佐藤和男、など右翼運動を知っている人間ならおなじみの名まえが登壇しています。この時、満場一致で採択した案文が「詔勅否定」「英霊冒瀆」「国益毀損」「自虐史観強制」の断固糾弾、責任を追及する、というものでした。(『神社新報』H5-9-20

「詔勅否定」とか「英霊冒瀆」とか神道信者以外には意味がない言葉に加えて、「自虐史観」が入っています。
それにしても今頃「詔勅」とは、なんてファナチックな人々なのか?いまだに天皇を神にしておきたいわけです。そういう人たちは「侵略戦争」を否定したいわけです。

この細川首相の「侵略戦争」発言の際には、右翼団体、靖国を含む神社、産経新聞、正論など・・・・から激しい非難が沸き起こり、自民党議員たちも<歴史検討委員会>を造りました。その会議の席上で、後の首相の橋本龍太郎は「細川発言は・・遺族として耐えがたい。東京裁判に毒された歴史観を立て直し、正しい歴史観を確立してもらいたい」と発言しています。


藤岡信勝は「「東京裁判=コミュンテルン史観」と呼ばれるのがふさわしい暗黒=自虐史観・・・」(『自虐史観の病理』p254)と書いていますが、「東京裁判史観」という言葉も、「自虐史観」と同じ意味合いの言葉で、しばしばいっしょに使われています。

それから、安倍首相は2013年4月23日の参議院予算委員会で「侵略の定義は、これは学界的にも国際的にも定まっていない」と発言しましたがそれは、1994年の<歴史検討委員会>の勉強会ですでに主張されていることです『大東亜戦争の総括』P330)。初当選したばかリの安倍議員も、<歴史検討委員会>の一員でした。ちなみに、その10年も前の『神社新報』1982年(昭和57年)9月13日1面の葦津珍彦の記事<日本は列国植民地か 検定教科書の不見識 上 独裁政権下の歴史観>が、すでに「侵略の語は国際的意味が固まらない」と主張しています。しかしこれはただの不見識な意見というしかありません。

この<歴史検討委員会>の勉強会の特徴の一つは、一人もまともな歴史学者を呼んでいないことです。

多くが<神政連>や<日本を守る国民会議>など右翼団体の参加者や親派であり、学者であっても英文学をやってる人とか、産経記者を呼んで、彼ら好みの歴史を語らせるという歪んだ形の勉強会でした。講師は思い思いに、妄想的に処理された歴史修正主義論説を語っており、「東京裁判史観」であるとか、「WGIP」とかをいたるところで述べています。
「東京裁判史観」という言葉は、小堀桂一郎(『大東亜戦争の総括p329)、大原康雄(『大東亜戦争の総括p373)たちが述べ、佐藤和夫は、「東京裁判史観」を述べると同時に、「自虐的な史観」と述べています(『大東亜戦争の総括p202)。1994年12月には産経新聞の安村廉も、社会党を批判しながら「自虐的な史観」と述べています『大東亜戦争の総括p405)

これよりも約10年前の1984年(昭和59)4月20日、この<歴史検討委員会>の中心にいた奥野誠亮衆院議員(当時、元特高警察課長)は、<英霊にこたえる会>の第10回総会で、

イメージ 2

『神社新報』s59−4.30 3面)

と述べています。「自虐精神」という言葉とWGIP論につながる「占領政策の後遺症」という言葉に注目していただきたい。


これまで、当会では、様々な論説や運動が神社界から飛び立ったことを証明してきました。
例えば、「美しい国(すばらしい国)」という主張
WGIP論の元となる「日本人は占領軍に洗脳されている」という主張もhttps://blogs.yahoo.co.jp/kounodanwawomamoru/66051391.html
神社界から飛び立ったもののひとつです。
「慰安婦問題否定論」は神社界によって育てられhttps://blogs.yahoo.co.jp/kounodanwawomamoru/66002276.html?type=folderlist、神政連は、「慰安婦問題」を歴史教科書から削除すべく暗躍していましたhttps://blogs.yahoo.co.jp/kounodanwawomamoru/66029472.html

そして今回は「自虐史観」という言葉とその背後の思想も、神社界の産物だということが明らかになったわけです。



*2019年6月11日 文章を一部改変しました
     








開く コメント(1)

開く トラックバック(0)




<在特会元会長の桜井誠氏のヘイト裁判に続き、保守速報管理人を訴えた裁判でも、李信恵さんが勝訴>

ライターの李さんは以前、ネットで「しまふくろう」を名乗る人物に殺害予告までされた。その男性は後につきとめられ、書類送検になっている。
<保守速報>は少し前から過去のまとめ記事をバンバン削除していたが、もう遅いんだよね。
「チョウセンジンは出て行け」「帰ってくるな」「死ね」などの言葉が全て記録されており、43の記事が脅迫・業務妨害・名誉毀損・侮辱・人種差別・女性差別・いじめの7つの項目に当てはまっている。被告側は「転載しただけ」と言い張ったが、転載記事も、つけ加えたり、強調したりしてその行為も新たな名誉毀損行為になることも判決で認められている。

<李信恵氏「保守速報」ヘイトスピーチ裁判、大阪地裁が保守速報管理人に200万円の損害賠償を命じる>

レイシスト(差別主義者)がのうのうと生きていける世界なんてどこにもない。
21世紀に始まりつつある普遍的価値観の世界には、レイシズムが存続する余地はない。KKK、ナチズム、ザイトクなどの日本の差別主義者たちも同様である。

日本の国学は本居宣長の『馭戒慨言(ぎょじゅうがいげん)』以来、朝鮮蔑視と中国への敵意を煽ってきた。その国学を国家として採用した明治憲法下の大日本帝国では差別主義が横行した。安倍が大好きな地元の英雄吉田松陰も朝鮮蔑視の信奉者であり、中朝侵略を助長した。

現在日本で行われれている差別主義は、その歴史的残余である。

しかし、「日本を守る」=「在日、朝鮮半島、中国の悪口をいう」「断交」などと思い込んでいるらしい、差別主義に染まりきった者たちにそんなことを言っても無駄っぽいが。

まあ、それ以外の人が聞けばいい。




<強調し、煽動する保守速報の記事>

イメージ 2


========(参考)========

「ついにまとめブログ「保守速報」がヘイトスピーチで訴訟沙汰に、ひっそりと記事削除中」

「保守速報がヘイトスピーチ訴訟で敗北、大阪地裁が200万円の損害賠償支払いを命ずる」

安倍首相がヘイトスピーチで提訴されたまとめブログ「保守速報」をFBでシェア



開く コメント(0)

開く トラックバック(0)




時事通信によると韓国の文在寅大統領は7日、トランプ米大統領の歓迎夕食会に、元慰安婦の李容洙さんを招待したそうだ。

https://www.jiji.com/jc/article?k=2017110700779&g=use

米大統領、元慰安婦を抱擁=歴史問題クローズアップ―韓国

11/7(火)
【ソウル時事】韓国の文在寅大統領は7日、国賓として訪韓したトランプ米大統領の歓迎夕食会に、元慰安婦の李容洙さんを招待した。

 韓国メディアによると、トランプ氏は文大統領と共に会場で李さんを出迎え、あいさつを交わし、握手したり抱き合ったりした。

 李さんは慰安婦問題をめぐる日韓政府間合意の撤回を求め、積極的に発言している。合意に批判的立場を取る文大統領としては、慰安婦など歴史問題の存在をクローズアップさせ、米政府の合意への支持切り崩しを図る狙いもありそうだ。

 李さんは、米議会で証言するため英語を学ぶ元慰安婦を主人公にした韓国映画「アイ・キャン・スピーク」のモデルとされている。韓国大統領府当局者は「トランプ大統領が訪問した日韓には慰安婦など歴史問題もある」と招待の理由を説明した。

 李さんは2007年2月、米下院小委員会で慰安婦の実態について証言するなど活発に活動。15年4月、安倍晋三首相が米議会で演説した際には、議事堂で傍聴した。15年12月末に発表された日韓合意については「公式謝罪と法的賠償を欠いている」と批判し、受け入れを拒否している。


ところがこれに対して日本政府は抗議したらしい。

こんな風になっている。


(FNN)

日本政府、韓国の元慰安婦招待に抗議

11/07 
韓国政府が、7日夜の晩さん会に、いわゆる元従軍慰安婦を招待したことなどについて、政府は、外交ルートを通じて、抗議したことを明らかにした。
菅官房長官は、「一昨年の合意は、慰安婦問題の、最終的で不可逆的な解決について、日韓両国間で確認したものであり、国際社会が高く評価した。この合意が、着実に実施されることが重要で、引き続き、韓国側に対しては、粘り強く、あらゆる機会を通じて、合意の着実な実施を求めたい」と述べた。
菅官房長官は、日韓両政府が国際社会の場で、慰安婦問題をめぐり、非難し合うのを控えることを申し合わせた、2015年の日韓合意に反するとの立場を示した。
そのうえで、「外交ルートを通じて、わが国の立場をしっかり申し入れている」と述べ、韓国政府に抗議したことを明らかにした。
さらに、晩さん会では、韓国が領有権を主張している、島根・竹島の韓国の名をつけた「独島エビ」が提供されたことがわかった。
これについて、菅官房長官は「他国の要人をどのように接遇するかについて、政府としてはコメントを差し控えるが、どうかとは思う」と述べ、韓国政府の対応に不快感を示した。
こうした動きは、韓国が領有権に対する考えを、アメリカ側にアピールする狙いがあるとみられるが、菅官房長官は「日本の立場は、米国から完全理解が得られている」と強調した。



韓国が晩さん会に元慰安婦招待 官房長官 日本の立場を申し入れ

菅官房長官は午後の記者会見で、韓国政府がアメリカのトランプ大統領を歓迎する晩さん会に元慰安婦を招待したことについて、日米韓の緊密な連携に悪影響を及ぼすような動きは避けるべきだとしたうえで、韓国側に日本の立場を申し入れたことを明らかにしました。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171107/K10011214581_1711071746_1711071749_01_02.jpg
この中で菅官房長官は、韓国大統領府がアメリカのトランプ大統領を歓迎する7日夜の晩さん会に元慰安婦の女性1人を招待したことについて、「おととしの日韓合意は、慰安婦問題の最終的で不可逆的な解決を確認したものであり、国際社会が高く評価した。韓国側には、粘り強くあらゆる機会を通じて、合意の着実な実施を求めていきたい」と述べました。

そのうえで、菅官房長官は「北朝鮮問題への対応で日米韓の連携強化が求められる中、日米韓の緊密な連携に悪影響を及ぼすような動きは避ける必要がある。韓国側には外交ルートを通じてわが国の立場を申し入れている」と述べました。

また、記者団が「晩さん会には、島根県の竹島の韓国側の名称である『独島』という名称がついたエビが提供されることになったが」と質問したのに対し、菅官房長官は「他国の要人をどのように接遇するかについて、政府としてコメントは差し控えるが、いかがかとは思う」と述べました。


元慰安婦の方を夕食会に呼ぶと日本政府が抗議したという話である。

その理屈は「合意は国際社会が評価した」とか「合意の実施を求める」なのだが、「合意は国際社会が評価した」とか「合意の実施を求める」が、どうして抗議する理由になるのか?

もしかしたら、「慰安婦の方々が被害を受けたと述べる事自体が合意違反だ」という理屈なのだろうか?

いずれにせよ、コジつけでしかない。

安倍はかつて米国で「(慰安婦の方々は)非常に困難な状況の中で辛酸なめられた」と述べた。https://blogs.yahoo.co.jp/kounodanwawomamoru/63855718.html
また合意の際にも「元慰安婦の方々の筆舌に尽くしがたい苦しみ」と述べ、謝罪したのではなかったのか?「多数の女性の名誉と尊厳を深く傷つけた」と岸田も述べている。

ところが、本音では「被害を受けた」「日本の責任」なんて思ってもいない。
だから、こういう所業ができるのである。

脳みそが溶けているとしか思えない政権である。




ぽこぽこさんがYahoo!ニュース 速報や地震情報もをリツイートしました
そうか日本はとうとう戦時性暴力被害者とその全支援を否定し非難するという人倫にもとる国家だと宣言したわけだな。
ぽこぽこさんが追加






開く コメント(0)

開く トラックバック(0)


                     山口敬之の捏造記事発覚す

2013年、アメリカに赴任した山口敬之は、「外交関係者とやら?」に示唆を受けた公文書を探し、14年7月、米軍司令部が「韓国軍による韓国兵専用慰安所」と断定する書簡を米国立文書保管所(NARA)で見つけたという。

さらに山口は、米海兵隊の歩兵部隊長だったアンドリュー・フィンレイソン元大佐に話を聞き、元大佐は

韓国軍の慰安所は、確かにサイゴンにありました。よく知っています。
米軍司令官が指摘している韓国の慰安所とは、韓国軍の兵士に奉仕するための大きな性的施設です。
韓国兵市にセックスを提供するための施設です。
それ以外のなにものでもありません。

などの話をしたことになっている。

山口は取材の成果として『週刊文春』2015年4月2日号に〈歴史的スクープ 韓国軍にベトナム人慰安婦がいた! 米機密公文書が暴く朴槿恵の“急所”〉」と題する記事を書いた。記事はスクープとして取り上げられ、『文春』は7ページにも及ぶ大特集を組み、大宅壮一ノンフィクション賞の候補作ともなり、広く右派論壇、ネトウヨに拡散した。

いや、右派だけではない。影響を受けた韓国の『ハンギョレ新聞』などもこれを信じ込んだようだ。

ところが、このスクープ記事がまったくの作り話であることが、『週刊新潮』の取材で発覚している。週刊新潮』2017年10月26日号《山口記者の捏造か 詩織さん準強姦逮捕状の男にもう一つの罪 安倍総理を援護したくて虚報発信》という記事である。

イメージ 1


まず、NARAで発見したという公文書については
山口氏が問題の根拠として記事で取り上げた米国の公文書に「慰安所」や「慰安婦」という単語はない。売春宿として利用された施設の存在を示す記述はあっても、それが韓国兵専用であったとは読み取れない

という。

確かに山口がNARAで発見した公文書(サイゴンの米軍司令部が、同じくサイゴンの韓国軍最高司令官・蔡命新(チェ・ミュンシン)将軍に送ったという「書簡」)に は「Welfare Center」(直訳:福祉センター)、「The Turkish Bath」(トルコ風呂)とは書かれているが、「Comfort Women」(慰安婦)とか「Military Prostitutes」(軍隊売春婦)とは書かれていない。
山口は、「Welfare Center」を「慰安所」と翻訳して、あたかもそれが慰安所資料のように、装ったのである。

「The Turkish Bath」(トルコ風呂)は韓国専用のように書かれていたが、『新潮』記事では歴史学者有馬哲夫教授が資料を読み解き、「韓国軍専用だった事実はない」としている。

『文春』山口記事の目玉の一つは、アンドリュー・フィンレイソン元大佐へのインタビューなのだが、『新潮』元大佐に直接取材した内容からは山口の記事がまったくのデタラメであることが分かる。
元大佐は言ってもいない事を書かれ、“慰安所の証言者に仕立て上げられてしまった”のだ。


                      新潮が公開しているインタビュー動画)


『新潮』はこう書いている。

山口氏は〈サイゴンをはじめ南ベトナム各地を転戦。(中略)韓国軍の実情に詳しかった〉とその経歴を紹介しているが、「週刊新潮」の取材にフィンレイソン氏自身はこう答える。
「そんなことは一度も言っていません。私はサイゴンでは戦闘に参加しておらず、現地をよく知っているわけではない。韓国軍海兵隊と過ごしたのも僅か2時間だったと思います」


サイゴンでは戦闘に参加しておらず、現地をよく知っているわけでもなく、韓国軍海兵隊と過ごしたのも僅か2時間だった・・・・という人物の箔をつけるために、山口は「サイゴンをはじめ南ベトナム各地を転戦。韓国軍の実情に詳しい」という経歴を作話したのである。


《「米軍司令官が指摘している韓国の慰安所とは、韓国軍の兵士に奉仕するための大きな性的施設です。韓国兵士にセックスを提供するための施設です。それ以外の何ものでもありません」》

と山口が書いた部分には、
「私は取材時に慰安所(Comfort Station)という言葉を使っていない。そういう用語が出ていたならば、発言に気を付けていたでしょう」

と元大佐は答えている。

山口が元大佐の話として書いていた「施設は内部が多くのブロックに分かれていて」「特に梅毒が蔓延してました」というのも嘘で、元大佐は
「馬鹿げている。そんなことは決して口にしていません。そもそも流行していたのは淋病なのです」

という

フィンレイソン元大佐は、「意図的に文脈から切り離したり、言ってないことを私の発言にしようとする人物には一度も遭遇したことがない・・・」と呆れ果て「彼のやり方には失望している」とも述べている。

また、リサーチャーを務めたグリーン誠子氏は自分が調査したことを告げ、山口が公文書館を訪れIDを作成したのは2014年10月22日だという。山口が全米各地を回ったというのも嘘だったわけだ。
もう何から何まで嘘という。
これをTBSが報道しなかった理由がよく分かる。

一体何が起こっているのだろうか?
この話はかつて、このブログで追及した大高未貴による安秉直氏に関する捏造・歪曲インタビュー話によく似ている。https://blogs.yahoo.co.jp/kounodanwawomamoru/folder/1564633.html?m=l&p=1


                捏造記事の常習犯『週刊文春』

大高が『週刊文春』2014年4月10日号に書いた記事では、大高が安秉直ソウル大名誉教授にインタビューしたのだが、断りなく勝手に週刊誌の記事にしたあげく、「全員と面談調査」とか「実質的な調査失敗」とか「河野談話はおかしい」と言ったかのように事実を歪曲して書いたのであるhttps://blogs.yahoo.co.jp/kounodanwawomamoru/64679564.html

ところが、日本に知人が多い上に、ご本人も日本語が堪能な安秉直氏にいずれ、話が伝わるのは当然だった。『証言 強制連行された朝鮮人軍慰安婦たち』という著作の信憑性を貶めるための証言者にしたてあげられた安教授は抗議文を送り、不快なやりとりが繰り広げられ、フィンレイソン元大佐と同様、呆れ果てたのである。詳しいことは、いくつか書いた記事を読めばわかるはずである。
正直なところ、慰安婦問題を否定するために、こんなことまでやるか、と驚いたのがこの記事だった。

水間政憲の友人らしい新谷学編集長は、日本政府と『産経』などがやっている「歴史戦」のお仲間であり、捏造や歪曲も辞さない歴史戦記事を2014年ころから連発していたのである。


       安倍政権(日本政府)の歴史戦への参加

ところで、山口が記事を書いた後、見事にその構造を見抜いたブログがあった。慰安婦問題などで鋭い記事を書くので有名な『誰かの妄想ハテナ版』である。
小森(産経記者)が書いた『文春』記事では、山口の記事が安倍首相を「悪漢」とののしった「ダデン女史をたじたじとさせた」と愉快そうに書いている。安倍を「悪漢」と表現するのはなかなか新鮮だ。日本では元恩師からして安倍を「バカ(正確には2つのムチ)」と呼んでいる。

それはともかく、3月26日発売の文春』の記事が、英訳され3月26日にネルソン・レポートに掲載され、米国務省報道官が3月26日の記者会見で記事に関する質問を受ける、という不自然な状況に反応したこのブログでは、「おそらく安倍政権による根回し」と推理している。この推理は正しい。いや、状況はそれ以上にやっかいである。文春』の記事やネルソンレポート、記者会見だけではなく最初から最後まで、安倍政権が関わっている可能性があったのだ。そこは『新潮』も書いていないのだが、一体山口に示唆したという外交関係者とは誰で?安倍政権とはどういうつながりなのだろうか?
『新潮』記事では、この記者会見の前に山口が山田重夫駐米公使(当時)や佐々木賢一郎駐米大使とかわしたメールのやり取りが記載されており、記事のゲラや公文書のコピーを山田公使に届けている様子が書かれている。そして公使は、報道が出たら根回しすると述べており、25日の朝に山口は「産経記者が朝の朝刊で展開してから、午後の官房長官会見で質問することになりました。菅さんは・・・安倍総理の答弁に沿ったラインで答弁します。明日木曜日の国務省会見で聞いても大丈夫ですか」とすっかり官邸とも打ち合わせが済んでいる様子を書いている。(こういうのを”すり合わせ”というんだっけ?)答弁内容は、公使の指導の下、あらかじめ決められていたのである。(詳しくは雑誌を読むべし)


その後、我々(当会)の間でも、山口敬之がTBSワシントン支局長をクビになったことについて、いくつかの推理をした。その一つが「山口は安倍とくっついていて、小森(産経記者)らと共に【歴史戦】に勝つために、この《韓国軍のベトナム慰安所》を捏造して、その経由がTBS内で問題になり、首になったのではないか?」という推理である。その時点で証拠は何もなかった。こうした推理は「当たらずとも遠からじ」である。
TBSは山口のこのスクープを報道しなかったばかりではなく、山口を辞めさせた。これについて山口自身は、「寄稿に至る手続きが問題だった」と書いている。https://www.j-cast.com/2015/04/28234229.html?p=all 
今回の記事で、TBSが山口を本社に召還し、「本社が認めなかったものを他媒体で紹介したことについて」事情聴取がなされたらしい事が分かった。そして帰国した山口によって詩織さんへのレイプがなされたのである(『新潮』記事P43)。
その頃はまだ山口が安倍とこれほど親しいのを知らなかった。それが分かるようになったのは、伊藤詩織さんに対する準強姦事件のもみ消しが発覚したからである。http://news7-web.com/yamaguti/ https://togetter.com/li/1115124
悪事というものは結局はこんな風に絡み合っていて、いずれは発覚するものらしい。
昔うちのじいさんが言ってたように、悪いことをすれば必ずその報いを受けねばならないのだ。

この問題で「安倍政権(日本政府)の歴史戦への関わり」としては、別の方向からも指摘があった。

『週刊金曜日』に、米国での歴史戦について時折、レポートを書いている小山エミ氏は、自分で調べてこう書いている。

エミコヤマ @emigrl 2015-10-18 03:39:02 「ヴェトナム系アメリカ人団体」がヴェトナム戦争時の韓国軍による性暴力について韓国政府の謝罪を求めている、という件。韓国政府の謝罪を求める運動はこれまでも韓国ほかで起きていたけれど、この「市民団体」は背景がおかしすぎる。 

エミコヤマ @emigrl 2015-10-18 03:40:32 これまでこの問題で活動していたどの団体とも関わりがないし、ヴェトナム系アメリカ人の人権団体や女性団体とも無関係。設置には、外国政府(つまり日本政府)のためのロビー活動をしている企業H社が関わっている。


 エミコヤマ @emigrl 2015-10-18 03:42:27 代表者となっているのは、ルイジアナ州選出のヴェトナム系アメリカ人の元下院議員と、同じくルイジアナでヴェトナム系アメリカ人の経済活動関係の団体をしている人。でも住所はワシントンDCの私書箱。 

エミコヤマ @emigrl 2015-10-18 03:45:23 それまで何の活動もしていなかったのに、韓国大統領の訪米に合わせて突然登場して、いきなり記者クラブで会見したり、ウォール・ストリート・ジャーナルにカラーの意見広告を出している。しかも、寄付を募っている様子すらない。どう考えても怪しいでしょこれは。



「ヴェトナム戦争時の韓国軍による性暴力について韓国政府の謝罪を求める団体が突然記者会見をしたが、この団体はヴェトナム系アメリカ人の人権団体や女性団体とも無関係で、日本政府がロビー活動のために雇っている大手法律事務所がやっている」・・・・というのだ。つまりベトナムの件で韓国を糾弾する団体は、日本政府のダミー団体だというわけだ。少し後で同じことを『朝鮮日報』や韓国世界日報』が報道している。https://togetter.com/li/888447

2013年ころから、安倍政権が海外歴史戦のために、予算を組んでいることは知られていた。500億円という話もある。しかし、こうした予算がどんな事に、どんな風に使われたかについて、我々にはほとんど情報が届いていない。その一部が高額な報酬を求めるノーム・コールマン前上院議員やホーガン・ロヴェルズ法律事務所に流れたわけだ。2007年のやはり安倍政権の時に、米国慰安婦決議を阻止するためにそれなりに巨額を法律事務所を使ったことがある。もちろんそれは無駄使いだったし、今回もすでに無駄使いになっているが。
それにしても、準強姦に記事の捏造。ジャーナリストとしても、人としても終わっている。安倍サマのお友達はどうなっているのか?



(30日、加筆、動画データ貼りつけ、一部修正)









開く コメント(3)

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事