河野談話を守る会のブログ

<ナイス>を押せば【転載】勝手にOK

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索


「韓国の性接待」の話題をネトウヨに振られて、つい

「・・・美人を接待に使う文化があるためその意思が全くなくても女を見ただけで触っていいんだと思う人が出てきます。韓国の学会にお邪魔したとき、たちの悪い行動にびっくりした経験がありました。」
と答えてしまった三浦瑠麗 Lully MIURA @lullymiura(東京大学政策ビジョン研究センター講師)
ご指摘の点と繋がりますが美人を接待に使う文化があるためその意思が全くなくても女を見ただけで触っていいんだと思う人が出てきます。韓国の学会にお邪魔したとき、たちの悪い行動にびっくりした経験がありました。白人女性にはしなかった。韓国の女学生と同一視されて初めて内情が分かったものです。
https://twitter.com/lullymiura/status/987162043982594049

つまり、自分も韓国の学会で「触られた」と言いたいらしい。

このヘイト混じりのコメントに反応したのが、これまた政治学者の木村幹。
「またかなり適当な事を。いつのどこの学会の話やねん。・・・」と批判。
論争に発展した。
これに、研究者として堅い議論が定評の池内恵が参加。

追い詰められた三浦は「木村先生は私に厳しい」と涙目。

安倍ちゃんと月刊『正論』の覚え目出度い三浦瑠麗さん だが、このところ失態続きである。去年の年末は「クールビューティー」としてちやほやされ、テレビに出ずっぱりだったが、例の「スリーパーセル ヘイト発言」とか「親告罪発言」で無知が露呈。炎上つづきである。改憲刺客として産経『正論』が持ち上げていたが、もうそろそろ終わりが近いのだろう。

ところで木村幹の慰安婦問題に関する解説(著作もあり、自民党の部会でも話している)は、いずれは批判しなければならないだろう。




開く コメント(0)

開く トラックバック(0)





当会ブログ記事【神社本庁と「新しい歴史教科書をつくる会」の同志的関係】で、神道政治連盟と加戸守行元愛媛県知事、若江進松山市議などが右翼教科書を採択させるために暗躍していることを書いた。

その若江進市議のホームページを今回改めて読み直すと、H23年度(2011年)の「活動報告」に、愛媛県教科書改善協議会の名誉会長に加戸守行が就任したことが書かれている。これで加戸守行と「教科書改善の会」などとの関係が理解できるのだが、問題は、その会合が行われたのが、愛媛縣護國神社内のみゆき会館であることだ。

(若江進市議のホームページ)該当部分 http://wakae.net/katudo/h23.htm

イメージ 1



すでに神道政治連盟が「新しい歴史教科書をつくる会」の教科書採択活動をしていたことは述べたが、これはその延長線上の活動であろうと思われる。

また、「続いて午後2時からは、毎年恒例の日本会議愛媛県本部主催の憲法講演会が開催されている」事も見逃せないところだ。日本会議はその役員に神社界の人間が多く参加しており、その目的(指向性)は神道政治連盟とほぼ一致している。そして「教育」はその柱の一つである。「教科書改善の会」は日本会議の椛島有三、 小田村四郎、中西輝政、伊藤哲夫などが顔を揃えており、安倍との特別なつながりが取沙汰される加計孝太郎も賛同者として名を連ねている。また上杉千郷(学校法人皇學館理事長)、大原康男(國學院大學教授)、小堀桂一郎など『神社新報』にしばしば登場する神社界の人々も参加している。



(愛媛縣護國神社ホームページ http://www.gokoku.org/

(愛媛における教科書運動)



(2017-7-15 東京新聞『こちら特報部』「加戸前愛媛県知事どんな人」)

イメージ 2



追記)2018-4-23
昔、元「新しい歴史教科書をつくる会」会長の西尾幹二はブログ記事で
じつは、ここからが微妙で、言いにくい点なのですが、要するにわれわれにとって兄弟の組織、親類のような関係にある団体「日本会議」です。

「つくる会」の地方支部は大体「日本会議」と同じメンバーで重なります。

と書いています。「日本会議」と「つくる会」は兄弟組織であり、地方支部は一体化しているという事です。ところで、本ブログでは、日本会議の地方組織が、神政連や神社庁に本部を置いている例が多いことを述べてきました。おそらく愛媛も、つくる会が分裂するまでは「日本会議」「つくる会」「神政連」はほぼ一体化した組織であったと思われます。



開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

日高親男 『南海をゆく−第153海軍航空隊戦没兵士の霊に捧ぐる鎮魂の記録』1984
     アマゾン
昭和20年、ルソン(フィリピン)
「(ルソン・インファンタの“自活生活”中)わが兵士のなかにもよくない奴がでてきた。数名が群れをなして群盗と化し住民の集落に夜襲をかけ、食糧を強奪し・婦女子を強姦・なかには一家みな殺しを犯す者が出てきた」

「このような犯罪行為は兵隊だけが行ったわけではない。士官のなかにも自ら先頭に立って住民の部落に潜入し、掠奪や婦女暴行を行った者もいた。わけても兵学校出身のキャリア組の少佐の一人などは、部下がかどわかして連れてきた村の娘を現地妻として、終戦まで同棲した」 (p234)
      

「群れをなして群盗と化し住民の集落に夜襲をかけ、食糧を強奪し・婦女子を強姦・なかには一家みな殺し」

「士官のなかにも自ら先頭に立って住民の部落に潜入し、掠奪や婦女暴行を行った者もいた」

「村の娘を現地妻として、終戦まで同棲」


山本七平によるとフィリピンでは敗戦時、皇軍将兵は「石もて逃げるように」日本に帰ってきたというが、それも不思議ではない話である。フィリピンでの皇軍将兵の強姦の多さは軍中央も把握していて、陸軍省の局長会議を記録した陸軍省局長会報(『陸軍省業務日誌摘録』金原節三) には

「南方軍の犯罪件数二三七件。大体において支那事変に比し少し。14A〔第一四軍〕には強姦多し。女が日本人向きなるを以ってなり」

「南方の犯罪六一〇件。強姦罪多し。シナよりの転用部隊に多し」

「大尉がクアラルンプールにおいてマレー人の妻女を強姦」(マレー)

「ジョホールの第三王女をだまし、写真機を詐取し、強姦」(マレー)
「比島方面においても強姦多かりし」
と記録されている。



開く コメント(1)

開く トラックバック(0)




3月28日、杉田水脈による外務委員会質疑(午前9時〜)

外務省官僚は、「慰安婦問題は女性の人権問題ではなく外交問題だ」などとは一言も言ってないが、
「慰安婦問題は女性の人権問題ではなく外交問題だと確認できた」とまとめる杉田水脈

こうした無理目なアリバイ造りがなされた以上、おそらく今後「人権問題だ」という認識に対する攻撃がなされるものと思われる。

そして「外交問題だからもう終わった」と言いたいわけだろう。

しかし、一言も言ってないことをまとめてしまうとは、本当呆れた知性である。(笑)

もし日本政府が「慰安婦問題は女性の人権問題ではない」と答弁したら、日本国内だけではなく世界が沸騰するであろう。したがって政府はそんなことを最初から言えるわけがないのである。



             <簡単省略文字起こし>
8:40秒ころから

杉田の質問 「慰安婦問題は外交問題なんでしょうか?」

外務省 「国と国の外交ルートを含む問題でありまして、・・・日韓請求権協定によって解決。これまで政府が慰安婦問題を外交問題化すべきではないと述べていたのは、蒸し返すべきではないという意味です。」

10:20ころから

杉田 「これは外交問題だとお答えいただき・・・。これは女性の人権問題というのではなく外交問題だと確認できた」



(しかしコメントしているネトウヨ人数少なー)

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

伊藤桂一

伊藤桂一金一勉編著『戦争と人間の記録・軍隊慰安婦』現代史出版会、1977年発行。
(その168・1)
「(同書中、伊藤桂一執筆の「慰安婦と兵隊」。伊藤は、戦時中、軍隊で中国で朝鮮人慰安婦の世話係もやり、戦場慰安婦の心情に詳しいという)戦火が拡大し、長引き、兵力の動員が際限もなく続くにつれて、慰安婦も、とうてい、志願者や経験豊富の玄人ばかりを集めるわけにいかなくなった。数が足りないのである。ことに、慰安所というものが、兵站なみに必要視されてくると、どの部隊でもその設置を考える。そのため、慰安婦を外地へ連れて来て間に合わせるため、ついに手段を選ばぬ業者が出てくることになったのである。つまり、女をだまして連れてくるわけである。料亭や酒場で、水商売をやっている女を好条件で釣り、うまく話に乗せる。ところが目的地に着くと、慰安婦としての仕事が待っている。女が、死ぬ気で抵抗すれば抵抗できないこともなかったにしろ、おどされたり、因果をふくめられたり、慰安婦の使命感?まで説かれてみると、いまさら帰国したからといって別にいい暮らしが待っているわけではないし、ずるずるに、慰安婦の仕事に入ってゆくことになったのである」「日本の軍隊に、最大の貢献をしてくれたのは、質量ともに朝鮮人慰安婦であるだろう。戦場慰安婦、といえば、そのイメージは、朝鮮人慰安婦に尽きる、といえるかもしれない。朝鮮人にしても、強制されて出て来る者も多かったし、また、何をやっても内地の女よりは秀れているのだ、ということを認めさせるために、あえてがんばっていた女たちだっている。複雑な心情がそこにある」「慰安婦も、置かれる場所によって、その運命も千差万別だったが、私のみたところ、その町における彼女たちの生活の実情についていえば、かなり恵まれていたのである。なぜなら、彼女たちは、みんな借金を抜き、結婚資金をたくわえ、かつ、結婚のとき持ってゆく、家具衣装箱も充分用意していた。あと、足りないのは、結婚する相手だけだったのである。この相手にしても、国に帰れば、いくらでもみつけることができるのである」「考えてみれば、彼女たちにとっては、結婚こそが、涙ぐましく切実な願望であり、おそらくそれだけを一縷の明るみとして、苦業に耐えてきたわけである」(18〜26ページ)



開く コメント(0)

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事