「三億円事件の真犯人」(勝どき書房)

府中三億円事件は、2019年12月10日で、事件から51年となります。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1
                          ●写真は、「三億円事件の真犯人」(勝どき書房)の表紙 

■□勝どき書房□■□■□■□■□■□■□
   ★〜「三億円事件の真犯人」〜★ 
          2019/07/09
□■□■□■□■□■□■□■殿岡駿星□■

  ◆「三億円事件の真犯人の家の前を歩いてきました」
    読者S氏からの連絡「危険だからやめてください」◆

先日、広告代理店に勤めるサラリーマンS氏から「三億円事件の真犯人の家の前を歩いてきました。犯人生きていましたよ」という連絡をもらった。わたしの著作「三億円事件の真犯人」を読んで、実際に家の前まで行ったのだ。

わたしは、びっくりして「それは危険だ。やめてください。絶対に家には近付かないでください」といいました。「三億円事件の真犯人」に書いてある通り、犯人の自宅は、東武東上線池袋から、準急で30分乗った小さな駅で下りて駅から歩いて30分の田園地帯にある。

その駅名は書いていないが、S氏は、本を読んで、いろいろ検討した結果、その駅が分かったらしく、実際に家の場所を特定したそうだ。辺りは明治時代に開拓した田園地帯だ。農地の中を走る一本道に家々が並んで建っている。その中の一軒が犯人の家だが、S氏はすぐに見つけたらしい。

農家がズラリと並んでいるのに、なぜ犯人の家だと分かったのか? S氏は「他の農家と犯人の家は塀が違っていた」という。たしかに、その辺りの農家は、生け垣かブロック塀がほとんどだ。しかし、犯人の家の塀は、鉄筋コンクリートで、高さが1メートル70センチもある。それほどの、しっかりした塀がなぜ必要なのか、S氏は首をひねったそうだ。

門は附近の農家とほとんど同じで、特にお金をかけた様子はない。中庭も、主屋も物置も駐車場も、特に豪華な感じはしない。ところが、塀だけが異常にしっかりしている。S氏は、無意識に家を守ろうとしているのではないか、と考えた。そして、しばらく家の前で、様子を見ていた。すると、犯人らしい老人が出てきて、農作業を始めた。その顔が、間違いなく、本に出て来る犯人にそっくりだった。

しかし、S氏は恐くなって逃げ出した。犯人が大きな鋭い目で、睨んだそうだ。すでに、80歳を超しているが、その面影はある。「三億円事件の真犯人」に、犯人の人相が書いたが、目が大きく、細面でヒゲがなく、身長は168センチ、ぴたりだった。知能指数が160を超すといわれていたので、老人でも冴えた顔をしている。S氏はひと目見た瞬間に分かった。

わたしは、S氏に「ご承知の通り、三億円事件は単なる多額強盗事件ではない。その裏に人の命が関わっている。安易に近付くと危険だ」といった。S氏は「分かっています。ですから、すぐに逃げてきました」といったのです。

しかし、それにしても塀を見ただけで、犯人と分かったのは素晴らしい。S氏にいうと彼は「塀というものは、それほどお金をかけません。この附近の農家は生け垣がほどんどです。それも、低いです。ところが、犯人の家の塀はコンクリートでした。それも、道路に面したところだけでなく、裏庭のところまで塀で囲んでいました。近所の農家は、裏まで塀がないのです。生け垣もなく、裏はそのまま藪になっています。ところが、犯人の家だけは、裏に回ってもしっかりしたコンクリートの塀が屋敷を囲んでいるのです。塀にこれだけ金をかけられるのは、よほどの金銭的な余裕がないでできませんからね」という。

もしかすると、真犯人はまだ何かにおびえているのではないだろうか。事件から50年は過ぎているが、まだだれかから脅されているのではないか。「三億円事件の真犯人」では、犯人を脅した男が1億以上を受け取って、その後は1円も要求していないと書いている。しかし、それだけでなかったのかもしれない。

それに、三億円事件を調べていた男が、犯人の家の近くで行方不明となり、その後にどこかで死体となって見つかった、という事件も起きているらしい。それに近い話は、いくらでもあるのだ。中には、犯人の家に忍び込み、金を奪おうという男がいたかもしれない。そんなこんなで、立派なコンクリートの塀が必要なのだろうか。

犯人はなにも言わないが、コンクリートの塀は何かを語っているように見える。とっくに時効になっているので、警察に追われる心配はない。しかし、まだまだ真犯人にしてみれば、脅される心配はあるのだろう。

ところで、「三億円事件の真犯人」は、勝どき書房で直売しています。急いで読みたい人は、郵便振替で送金、申し込んでいただければ直送します。送料込みで2000円です。
  郵便振替 00120-9- 538001 資)勝どき書房
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ブログ「三億円事件の真犯人」(勝どき書房)を更新しました◆
  詳しくはブログで。  http://blogs.yahoo.co.jp/koureipaso
…………………………………………………………………………
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆「夢道サロン」第34回は7月13日(第2土曜日)午後2時から5時まで、勝どき書房の「橋本夢道資料室」で開催します。参加者には自由なテーマで話してもらいます。「橋本夢道・俳句」「狭山事件・えん罪」「憲法・政治」「歴史」など。その内容はブログ「夢道サロン」などで紹介します。聞くだけでもけっこうです。参加費無料。初めて参加希望の方は事前にメールをください。 syunsei777@yahoo.co.jp  
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆第3回「自由俳句の会」は8月24日第4土曜日午後2時から開催します。メール投稿も可能です。季語や、575のリズムにこだわらず、自由な気持で俳句を作り学ぶ会です。橋本夢道の俳句を学び、また自作発表の場とします。投句の中から金銀銅賞を選定し、ブログで報告します。年会費は1000円です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ★〜★〜★〜★〜★ 勝どき書房の本紹介★〜★〜★〜★〜★
  ◆本にしたい原稿がありましたら、ご相談ください。
  ……………………………………………………………………………
イメージ 2
◆『橋本夢道物語  妻よおまえはなぜこんなに可愛いんだろうね』
  殿岡駿星著・46判上製・424頁、口絵8頁、定価1900円・税別
  激動の昭和を反骨の精神で生き抜いた自由律俳人橋本夢道の生涯。
   ブログ読者の直売特別割引  1000円(送料込み)
……………………………………………………………………………
◆「橋本夢道の獄中句・戦中日記 
   大戦起るこの日のために獄をたまわる」
  殿岡駿星編著(A5版、320頁)定価 2000円税別
   ブログ読者の直売特別割引  1000円(送料込み)
……………………………………………………………………………
◆「小さき村なれど」−成田の寒村でキリスト教伝道に
生涯を捧げた元幕臣飯田栄次郎の物語−
 小松栄三郎著(四六判 236頁)定価1800円税別
     全国書店で好評発売中
……………………………………………………………………………
◆『南瓜大玉の日の本國憲法私案』南瓜大玉著・46判並製272頁
  ちょっと待てよ!日本憲法を「私」ならこう変える。
  「檻」も「框」も取り払って
 天皇制廃止・大統領制・国防軍・地方自衛隊
   定価2000円税別・全国書店で好評発売中
 ……………………………………………………………………………
◆『狭山事件 50年目の心理分析』殿岡駿星著・46判並製440頁
 「狭山事件・取材ノート」を土台に事件のデータ、
 家族の証言などを心理的に分析し事件の真実を追求。
  全国の書店で購入を。定価3200円税別  
……………………………………………………………………………
◆『三億円事件の真犯人』殿岡 駿星著   ・46判上製・332頁
  埼玉いた真犯人が40年後に事件のすべてを語る
  BSスカパー・テレビ東京に著者が出演、真相を語る
   ◇第2版・好評発売中 定価1700円・税別
  ………………………………………………………………………………
◆「こんばんは、毛利小平太です。−霊談忠臣蔵−」
       殿岡駿星著・46判上製・360頁。
   切腹も仇討ちも討ち入りも人殺しは間違いだ
   定価2000円・税別・ブログ読者割引 送料込み1000円
…………………………………………………………………………………
◆「火 みちのく一関忠臣蔵」小野寺苓著
   46判・ハードカバー、332頁、2000円税別
  全国書店で好評発売中。火は常に胸中に在り、
  灯りにもなれば、火事にもなる。
 ………………………………………………………………………………
◆「狭山事件の真犯人」殿岡 駿星著・46判上製・302頁
  犯人とされている石川一雄さんは無実だ
  女子高校生殺人のトリックを暴き真犯人を推理
   定価1800円税別 ブログ読者直売割引 1000円(送料込み)
………………………………………………………………………………
◆「新聞記者はなぜ殺されたのか」殿岡駿星著・46判並製・328頁
 毎朝新聞さいたま支局記者が殺され、さいたま困民党を
 名乗る犯行声明が届いた。親友の記者が真相を追求
 定価2300円税別・ ブログ読者直売割引1000円(送料込み)
………………………………………………………………………………
 □勝どき書房から直売希望の場合は下記に送金をお願いします
    郵便振替NO  00120-9- 538001  資)勝どき書房 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ★「勝どき書房」のネット配信、ブログのアドレス
☆「殿岡駿星」   https://ameblo.jp/ashashio10ri10n  ;
☆「自由俳句の会」 https://blog.goo.ne.jp/jiyuuhaiku
☆「自由俳句の会」 https://blogs.yahoo.co.jp/sen2ousyunkai
☆「コラムゆりかもめ」 http://blogs.yahoo.co.jp/syunsei777
☆「夢道サロン」(橋本夢道の会) http://blogs.yahoo.co.jp/tukisimamudou
☆「狭山事件の真犯人」http://blogs.yahoo.co.jp/sayama506351
☆「三億円事件の真犯人」  http://blogs.yahoo.co.jp/koureipaso
☆「勝どき物語」 https://blogs.yahoo.co.jp/nhksirami
☆「勝どき書房 書籍案内」  https://blogs.yahoo.co.jp/asashiounnga
☆無料メルマガ「コラムゆりかもめ」  http://www.mag2.com/ 
 ◆ メールでの連絡は  syunsei777@yahoo.co.jp  
…………………………………………………………………………
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━






.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事