コウさんのコウ通大百科 PART1

当ブログの更新は終了していまして、コメントしても返信は行いません。今後は「コウさんのコウ通大百科 PART2」をご覧ください。

全体表示

[ リスト ]

 新日本製鉄(新日鉄)の八幡製鉄所の八幡工場と戸畑工場を結ぶ鉄道が、今回ご紹介する通称「くろがね線」です。
 この鉄道は、正式には「八幡製鉄鉱滓(こうさい)鉄道」とも呼ばれておりますが、それよりも「くろがね(鉄)線」の方が言いやすいと言ってもいいでしょう。
 経歴は、昭和5年にこの路線が完成、総延長は6キロで当初は複線であったそうです。また、電化もされており(800V)、この区間には自社の電気機関車が使用されています。そして、この間にはJR線との接続がないのが特徴でもあります。ちなみに、JR線との接続は、鹿児島線黒崎駅の東側にある操車場でつながっていて、そこからレール輸送列車が発着しています。
 この「くろがね線」や構内には、先述のような電気機関車やディーゼル機関車が使用されていて、この八幡工場〜戸畑工場のほか、両工場の構内で使用されていて、工場ごとの移動には欠かせない存在となっています。特に、工場構内に関しては、いろんな工場棟が存在してるため、これらを運ぶ貨車の移動には欠かせない存在になってるようです。
イメージ 1
イメージ 2
イメージ 3

 さて、「くろがね線」に戻すと、八幡の工場から宮田山トンネルにかけては長く大きいトラス橋が目にします。近くには鹿児島線も存在してるので、つい「鹿児島線を抜けてないのかな?」と一瞬疑問になってしまうほどです。
イメージ 4
イメージ 5

 その約1200メートルの長い宮田山トンネルを抜けた戸畑側です。よく見ると、先述のように、過去は複線だったのがわかります。その片側は、パイプラインになっているのもわかるでしょう。また、画像をよく見てみると、枕木がコンクリート枕木になってるのがわかります。
イメージ 6
イメージ 7

 その反対側です。この「くろがね線」は踏切がなく、ずっと戸畑までは立体交差になっていて、必ず自動車用の橋が続いています。また、線路の両側は片側ずつの一方通行になっていて、車線が分かれているのが特徴です。
イメージ 8
イメージ 9

 そして画像が戸畑工場の入口部分で八幡側、画像10が戸畑工場側となっています。画像11では、ちょうど画像4の機関車によって入換がなされていました(奥を見ると少々わかります)。尚、ここで通称「くろがね線」は終わりでもあります。
イメージ 10
イメージ 11

 今回ご紹介しましたが、この「くろがね線」については以前から取材をしたかった所でもありました。今回、北九州に行く機会が得られた事で、これらが見れたことは本当によかったと思います。ただ、列車が運行されてるシーンを見れなかったのは残念ではあるのですがね。

 詳しくはYou Tubeにて撮影されてた画像をご覧下さい。
 

 (注)構内画像については、公道上から見える範囲内でのみ撮影しています。

この記事に


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事