★昭和とVANと橘浩介

人生は、いつも今から・・・VAN多治見 橘浩介

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1   イメージ 2

今日も 寒い!全国どこでも寒い1日だったに違いない。ただいま外気温 3度です。うぅぅ〜さむぅ〜〜

今日は、昔なつかしいVANが送り出した、ドンキーとスパニッシュの話題でもしようかな。

ドンキー・コートではなく、スパニッシュ・コートと言う。糸瓜衿が懐かしいスパニッシュ・コートです。

ドンキーコートもVANが作った造語であって、今日は紹介しませんが、スパニッシュカラーの紹介です。

昔はコットンスエードとか、コーデュロィなんかありました。ここに、1960年代後期の旧VANヂャケット。


          イメージ 3


画像上が、当時のスパニッシュコートです。ドンキーコートと違いは、糸瓜衿は革のラッチが違いますね。

ボタンは包みタイプの雰囲気は昔ながらです。 「街の中のカントリー・タッチ!」キャッチがいい!

なんでも、ゴム編みのニットを使った大きな襟をスパニッシュ・カラーと、言うことから一般的に観戦用の

コートとして、VANが、1960年代後期に考案されたのが始まりなんです。「積極的に着よう。」VAN

当時のメンクラなど読んでいると、キャッチコピーが、ほんとに旨い!その気にさせるんですよね。

それにしても '60年代の製品は今では貴重! 大変貴重ですね。細部に至るまで作りも素晴らしいのです。


イメージ 4   イメージ 5

こちらのスパニッシュが、VANの1970年代、初頭のスパニッシュ・コートです。織ネームでわかるよね。

このあたりから、本格的にヘビーデューティ時代の幕開けです。1972年あたりから、VANは、カントリーを

テーマに数多くのキャンペーンが始まるわけ。マイ・ウッディ・カントリィーもそのうちのひとつだしね。

マッキノウ・クルーザ、スタッグ・コート、CPOヂャケット。ダウン・ジャケットも、60/40クロス

マウンテン・パーカも数たくさんありました。当時のスポルディング、カンタベリ、ノースフェイスなど。

これらは全部VANが最初に日本に輸入したんだと言う事実。皆さん知ってました?知らなかったでしょう。

数多くのブランドをアメリカから輸入 VANが独占してました。また、それらからたくさんのヒントを

得て、機能性やデザインなど。VAN独自に改良していったわけです。このボタン くるみのボタンがいい!

金具ではなく、首のところもちゃんと革なんですよね。昔のものは 細部に至るまで拘っていました。


イメージ 6   イメージ 7


裏地が、ブラック・ウオッチ柄のものとか、その他タータンチェックなど。ヴィエラやフラノを使いまして

表が、ヘビー・コードと言われる太目のコール天。うどんのような、コーデュロィですよ。あと綿ギャバでも

スエード風に仕上げたもの。コットン・スエードなんか、ランチコートなどでよく使用されてました。

裏に、ボアなんかを張ったりしてたのもありましたね。今では、フリースなるような素材を使いますね。

ランチコートと言えば、そうそう、下の画像ががランチコートです。これも、VANの造語なんです。


イメージ 8   イメージ 9


正式名は、シアリング・コート。知ってました?? 毎度、同じような記事を書いてるのでわかるよね。

ここへ来られる皆さんは知ってますね。カウボウイが、羊の革の1枚ものが本格的なもの。ムートンが

本場かもしれないけど、あまりにも高価過ぎてしまうので、VANが、コットンであしらったのです。

当時は一部商品で本物のムーとがありました。高価でした。先日紹介した、Mr.VANの毛皮とかね。

でもそれらは一部のお金持ちしか買えなかったのと絶対数は少なかったかと思います。

1970年代に入ってからだと、1971年あたりからかな。 当時は確か・・¥17800-くらいだったかな。

1971年のメンズクラブで見ると、そう!¥17800-になってます。当時は消費税がないので、¥17000くらい?

一番上の1960年代後期、スパニッシュは、もっと高かったと思うなぁ。お金持ち坊ちゃんしか着れなかった。

きっとそうに違いない。これら旧VANの当時ものを含め、VAN多治見は、多数サンプル保管しています。

現行の商品や、ヴィンテージものなど。これらの内容に関して、興味・関心があれば気軽にご連絡ください。

ひょっとしたら〜お宝なる掘り出し物があるかもよ〜 VAN多治見 宝探しゲームだな。笑

そうそう!先日、1949年生まれだから、63歳か とても仲の良い女性3人組がいらして、1970年代の

ダッファーコートをお二人が買っていかれました。もの凄く喜んでおられて、アタシも嬉しかったですよ。



●詳しい詳細などご希望の方は、下のVAN多治見ホームページまで。

     VAN多治見のホームページへリンクします。

この記事に

閉じる コメント(6)

コートにも色んなネーミングがあるんですネ〜★
中の生地がタータンなんて洒落てる★★★
スパニッシュコート!!ネーミングも洒落てマス!!!

2012/2/27(月) 午後 2:35 [ よっちゃん ] 返信する

顔アイコン

VANが送り出した和製英語なるアイテムネームは
たくさんありますよ。コートに限らず、
スタジャンもトレーナーもそうですしスイングトップも
スニーカーの呼び名は同じだけど
SNEKERをSNEEKERとスペルを書き換えたりね。

2012/2/27(月) 午後 3:37 橘浩介 返信する

顔アイコン

そう言えば以前橘さんがプロデュースされたサックスブルー
のギンガムボタンダウンの僕のサイズってまだありますか?
よろしくお願いします!

2012/2/27(月) 午後 4:30 [ プレインズ ] 返信する

顔アイコン

プレインズさん。
サックスブルーのBDプルオーバーですよね。
あれは1反つぶして、即完売でした。
残念!また製作しますね。

2012/2/27(月) 午後 5:28 橘浩介 返信する

顔アイコン

私もギンガムのプルオーバーが欲しいです!
サックス、オレンジ、ペパーミントみたいなのが良いな!

2012/2/27(月) 午後 9:04 [ milktea ] 返信する

顔アイコン

milkteaさん。
ミントグリーンならまだあったかも?

ギンガムチェックは永遠不滅だよね。

2012/2/27(月) 午後 11:52 橘浩介 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事